ヒーロー4人が大集結。ドラマ『ザ・ディフェンダーズ』 あらすじ・感想

デアデビルジェシカ・ジョーンズルーク・ケイジアイアン・フィストと、Netflixマーベルドラマのヒーローが大集結し、それそれのシリーズで別々に描かれてきた物語が、この物語で一つになり、終わりを迎えます。

※この記事には一部ネタバレが含まれています。


source:IMDb

ニューヨークのヘルズキッチンでヤミノテはある狙いにより、騒ぎを起こすこととなります。

アイアン・フィスト、ルーク・ケイジ、ジェシカ・ジョーンズ、デアデビルの4人は、それぞれ別々に行動をしていましたが、やがてニューヨークのヘルズキッチンで出会うこととなります。

それぞれ好き勝手に行動していたのですが、やがて4人は力を合わせ悪の組織ヤミノテと戦うこととなっていくのでした。

マシュー・マードック/チャーリー・コックス

ザ・ディフェンダーズの1人デアデビルで通称マットです。幼いころの事故により目が見えません。しかし見える人以上に戦うことができます。

ジェシカ・ジョーンズ/クリステン・リッター

ニューヨークノヘルズキッチンで探偵を営んでいます。あることにより人並み外れた怪力とジャンプ力を手にします。キルグレイプとの戦いで心に傷を負っています。

ルーク・ケイジ/マイク・コルター

ピストルの弾さえ跳ね返す鋼鉄の皮膚を持ち、そのピストルをグニャリとまげてしまうほどの怪力の持ち主です。また身体能力も高く走るスピードや幅跳びなども人並み外れています。

ダニー・ランド/フィン・ジョーンズ

武術の達人で、気を集めることで強靭な拳を持つ「アイアン・フィスト」になることができます。ランド社の大株主で大金持ちです。

アレクサンドラ/シガニー・ウィーバー

ヤミノテのリーダーで、死亡したエレクトラを蘇らせた張本人です。余命宣告をされたため、生きながらえようとヘルズキッチンの地下のあるものを狙っています。

フランクリン・ネルソン/エルデン・ヘンソン

マットの大学時代からの友人で弁護士です。

マダム・ガオ/ワイ・チン・ホー

ヘルズキッチンでのチャイニーズマフィアのボスで、ヤミノテの幹部です。

コリーン・ウィング/ジェ シカ・ヘンウィック

ダニー・ランドの恋人でダニーと一緒にヤミノテと戦います。

ミスティ・ナイト/シモーヌ・ミシック

ニューヨーク市警の刑事で、ルークに頼み事をするため現れます。

エレクトラ/エロディ・ユン

デアデビルシーズン2で死亡しましたが、ヤミノテの力により蘇り生ける兵器「ブラック・スカイ」となり、全ての記憶も失っています。

クレア・テンプル/ロザリオ・ドーゾン

ザ・ディフェンダーズシリーズではおなじみの看護師でルークと深い付き合いがあります。

アイアンフィスト、ジェシカ・ジョーンズ、ルーク・ケイジはいずれもシーズン1を終えて、デアデビルはシーズン2を終えてからストーリーが始まります。

アイアンフィストのダニーは、クン・ルンが消滅したあと、ヤミノテを追っていました。

ジェシカは、人を言葉だけで自在に操るキルグレイブとの戦いに苦労の末ようやく勝利したのでした。

またルーク・ケイジはダイヤモンドバックとの戦いを終え、自らの罪を認めシーゲート刑務所に収監されていました。

一方デアデビルはヤミノテの戦いでエレクトラを失い傷心にありました。

それらの戦いを終えた現在、彼らはどうしているのかを紹介します。

1、ヒーロー達の現在『アイアン・フィスト』

アイアン・フィストのダニーとコリーンは、カンボジア・ブノンペンの下水道で、女に追われていた男の助けに入りるのですが、男は女に刺されてしまいます。

男はダニーに「敵はニューヨークにいる」と言い残して息絶えます。

それを聞いたダニーとコリーンはニューヨークへと向かって行きます。

2、ヒーロー達の現在『ジェシカ・ジョーンズ』

ニューヨークのヘルズキッチンに住むジェシカは、キルグレイブとの戦いで心に深い傷を負っていました。

その傷を癒すため、現在は探偵業を休業しており、酒に頼って一人バーで朝まで酔いつぶれていました。

3、ヒーロー達の現在『デアデビル』

ヤミノテとの戦いで、かつての恋人エレクトラを失ったマットも、デアデビルとしての活動を辞める決意をしていました。

また親友のフォギーやカレンとも離れ、一人で無料弁護活動をしながら弁護士として生きていく決意をしていたのでした。

しかし、やめる決意はしたものの、心の中にはデアデビルに戻りたいという葛藤があり、夜になるとビルの屋上で、人々の声を聴いていました。

4、ヒーロー達の現在『ルーク・ケイジ』

彼はシーゲート刑務所に収監されていたのですが、無罪が証明され、マットの親友で弁護士のフォギーが身元引受人となり、シーゲート刑務所を出所することができました。

出所後看護師のクレア・テンプルの家にいた彼の元に、ニューヨーク市警のミスティ・ナイトが現れ、ある事件のことで、少年を保護して欲しいと依頼されました。

5、悪の組織ヤミノテ

ヤミノテのリーダー格であるアレクサンドラは、病院で検診を終えると、医師に死期が近いことを告げられます。

マンハッタンの公園で、ヤミノテの幹部マダム・ガオに、アレクサンドラはある計画を早めるように命令しました。

6、全員が集まるまで

ある日、ジェシカの元へ、「ジョン・レイモンドという建築士をやっている夫を探してほしい」と、妻とその娘が訪ねてきましたが、ジェシカは追い返してしまいます。

その後ジェシカが部屋へ入ると、「ジョン・レイモンドを探すな」という謎の電話がかかってきました。

そのことで、逆に勝手にジョン・レイモンドを探し始めたジェシカは、すぐさま彼の潜伏する部屋を見つけ、踏み込んだのですが、既にジョンはおらず目にしたのは大量の爆薬でした。

そのすぐ後に、ニューヨーク・ヘルズキッチンを震源地とするマグネチュード4.6の地震が起こり、街は人々の悲鳴であふれかえっていました。

その様子を、ビルの上から、ヤミノテのアレクサンドラと眺めていたのは、死んだはずのエレクトラでした。

エレクトラは、アレクサンドラの手により蘇り、ヤミノテの生ける兵器「ブラック・スカイ」となっており、全ての記憶も失っていたのでした。

この頃は、まだ4人ともバラバラに活動していましたが、ルークは保護を依頼されていた少年を追っている際に、ダニーとコリーンに出会います。

マットは、自殺したジョン・レイモンドの件で、取り調べを受けているジェシカの前に、弁護士として現れます。

その後4人は、紆余曲折を経て、ヤミノテに立ち向かうため、力を合わせることになる・・・・・のかな?

まずはなにより、アクの強いこの4人のヒーローが大集結し、力を合わせヤミノテに向っていくところですが、個々のアクが強いので、なかなか完全に一つにまとまれきれなかったりもします。はたしてこの4人が力を合わせることができるのかどうかも見どころです。

また、それぞれのドラマのサブキャラクターも出演し、それぞれ活躍していくということろもポイントの一つです。

そして、ヤミノテのリーダー格アレクサンドラを演じているのが、なんとあの「エイリアン」シリーズや、「アバター」などで有名なシガニー・ウィーバーということですので、彼女が演じる悪役というのもかなりの見どころだと思います。

最後に、ヤミノテの幹部の一人「ムラカミ」役を演じてるのが、ハリウッドで活躍している日本人俳優のユタカ・タケウチさんです。

彼が演じる「ムラカミ」は、セリフが全て日本語で、「自分は自分のしゃべりたい言葉を話す」という唯我独尊的なキャラクターで、熊をも倒す強さを持っている、というキャラクターも見どころの一つではないでしょうか。

あいかわらず、ヤミノテを倒すことと、正義感だけで行動しがちなダニーは、一人で浮いちゃっているような感じがします。

一方ジェシカは、気ままでマイペースですし、ルークは常識人すぎるしで、二人ともヤミノテとかなんだそれ?状態ですし、マットはと言えば、エレクトラが気になって、戦っている最中でもエレクトラを説得し始めるしと、こんなので大丈夫なのかな?と思っておりました。

なんだかんだ言っても、4人が集まると強く、アクションシーンも見ごたえがありますが、さすがに怪力・防弾ルークとか、武術の達人マットやダニーとかのメンバーに囲まれていると、あら不思議ジェシカが普通の女の子に見えちゃったりもします・・・・・

最後に、『ザ・ディフェンダーズ』は、『デアデビル』シーズン1・2、『ジェシカ・ジョーンズ』シーズン1、『ルーク・ケイジ』シーズン1、『アイアン・フィスト』シーズン1、『ザ・ディフェンターズ』の順に見ると、すんなり腑に落ちると思いますし、その後のそれぞれのドラマのシーズンもより楽しめると思います。

『ザ・ディフェンダーズ』は現在、Netflixで見放題にて配信されています。