現代のホームズ。ドラマ『sherlock / シャーロック』あらすじ・感想

あのシャーロック・ホームズが現代のロンドンへ帰ってきました。

2010年から英国BBCで、現在シーズン4まで放送された海外ドラマで、ちょっと変わり者のシャーロック・ホームズが難事件を次々と解決していくサスペンス&ミステリードラマです。

ads by amazon

アフガンへ軍医として従軍していた、ジョン・ワトソンは、負傷によりロンドンへ戻り、苦しい生活を送っていました。

安く暮らせるところを探していたジョンに、古い友人がルームメイトを探しているという、シャーロック・ホームズを紹介しました。

超変わり者のシャーロックではありましたが、背に腹は代えられずにルームメイトとして暮らしていくことになりました。そこからジョン・ワトソンとシャーロック・ホームズの奇妙な共同生活が始まるのでした。

1、現代のシャーロック・ホームズ

これまでのシャーロック・ホームズと言えば、現場で出向き、調査して推理してといったスタイルでしたが、現代のシャーロック・ホームズは違います。

もちろん現場へは出向きますが、彼らは颯爽とパソコンやスマートフォンを駆使し、情報収集・発信・通信をしたりします。またジョン・ワトソンも手描きで本は執筆せずに、ホームズの事件解決のストーリーはブログに綴っていきます。

またこのシャーロック・ホームズは、とても変わり者で、人の心が読めません。と言うか、人の心のことなんてあまり気にしません。ホームズに好意を寄せている女性に対しても、酷いことを言ったりします。なので、友人と呼べる人はほとんどいないと思われます。(皆無かも。)

そのことは、自分でも理解しているようで、自分のことを『高機能社会不適合者』という風に呼んだりもしています。

ただ非常に知能は高く、彼の「精神の宮殿」(自分でそう呼んでいます)にはかなりの知識が入っており、彼の頭にあるロンドンの道路情報や、一方通行情報などを利用して、車の速度や自分たちの速度を計算し、ショートカットしながら、普通に走るタクシーに追いついたりもしました。

2、周辺の人々

ジョン・ワトソンについては、さっきも書いたとおりホームズのブログを書いていますが、それ以外にもホームズの身の回りの世話をしたりしています。女好き?なのか頻繁に恋人ができ、後に本人も知らずにあるとても危険な女性と結婚し、子供ができます。

また、ホームズには、マイクロフト・ホームズという兄がおり、謎の組織 政府の要職についている模様です。

兄も非常に知能が高く、シャーロック・ホームズより優秀であるという風に描かれていました。

3、その他見どころ

基本的に1話完結なので、気楽にサクサク見れます。と言いたいところですが、1話90分ほどありますので、結構ボリュームがあります。その代わりと言ってはなんですが、1シーズンは3話となっております。

また、悪党?敵?役も非常に知能が高く、シャーロックを上回る仕掛けを施したりするため、みんなを巻き込んでの大仕掛けをすることとなってしまいました。

先程も書いたように、1話90分で1シーズン3話なので、あっという間に終わってしまう感じを受けるかもしれませんが、1話1話非常に内容が濃く、ストーリー展開も複雑なので、非常に面白く、見ごたえがあります。

特にシーズン2のラストへのストーリーの持って生き方は、実に見事で、見ているこちら側は凄い衝撃を受けました。

その他、ジョンの結婚からその後にかけてのストーリーも逸品だと思いますし、非常に面白いです。(もちろん、全てのストーリーが素晴らしいと思います。)

なにより、サスペンス&ミステリードラマとしての完成度が非常に高く、見ておいて絶対に損はないおすすめドラマの一つだと思います。

『sherlock / シャーロック』は現在、U-NEXT及びamazonプライムビデオで、ポイントまたは有償にて配信されています。

スポンサード・リンク

SHERLOCK/シャーロック (字幕版)