『ベター・コール・ソウル』シーズン1、キャスト・あらすじ・感想

この『ベター・コール・ソウル』は、ブレイキング・バッドのスピンオフ作品で、ブレイキング・バッドに登場する、弁護士のソウル・グッドマンが主役となり、シーズン1からシーズン4まで配信されています(2019年1月27日現在)。

もちろん製作総指揮・企画は、ブレイキング・バッド同様ヴィンス・ギリガンですので、ブレイキング・バッドの世界観のまま楽しむことができると思います。

そのほかのシーズンの感想はこちらです。

海外ドラマ『ベター・コール・ソウル』シーズン1は、スローな感じでストーリーが進みましたが、シーズン2となり更にブレーキング・バッドの世界に近...
『ベター・コール・ソウル』もシーズン3に入り、ようやくブレイキング・バッドの「あの人」が出てきそうな気配がしてきました。 もうヘクターも出て...
『ベター・コール・ソウル』シーズン3にて、ようやくガス・フリングも登場し、『ブレイキング・バッド』の世界がどんどん近付いてきました。シーズン...
※この記事にはネタバレが含まれておりますので、ご注意ください。

ジェームス(ジミー)・マッギル/ボブ・オデンカーク

この作品の主人公でのちのソウル・グッドマンです。まだこのころは貧乏な弁護士で、公選弁護でやっと食いつないでいるようです。乗っている車は、片方の後部ドアだけが赤茶色い、黄色のスズキ カルタス エスティームです。

マイク・エルマントラウト/ジョナサン・バンクス

ブレイキング・バッドではおなじみの人物です。元フィラデルフィアで警官をしていました。現在は裁判所の駐車場管理人です。

チャック・マッギル/マイケル・マッキーン

ジミーの兄で、ハムリン、ハムリン&マッギル弁護士事務所創立者の一人で、代表パートナーです。現在は本人いわく電磁波過敏症により、外へ出る事もできず、ほとんど隠居生活状態となっております。

ハワード・ハムリン/パトリック・ファビアン

父の後を継ぎ、ハワード、ハワード&マッギル弁護士事務所の代表パートナー弁護士となっております。

キム・ウェクスラー/レイ・シーホーン

ジミーの友人で、ハワード、ハワード&マッギル法律事務所で働いている弁護士です。

トゥコ・サラマンカ/レイモンド・クルス

ブレイキング・バッドにも登場しています。地域での麻薬販売のリーダー、非常に気性の激しい人物ですが、祖母のことは非常に大切に思っているようです。

トゥコの祖母/ミリアム・コロン

スペイン語しか話せません。当たり屋を車で轢いたのですが、逃げてしまいます。

イグナチオ・バルガ(ナチョ)/マイケル・マンド

トゥコの手下で、トゥコのブレインというか、難しい内容を分かりやすく説明する担当みたいな感じです。

舞台はブレイキング・バッドから6年ほど前のニューメキシコ州・アルパカーキです。

口だけは達者ですが、名前も売れてなく公選弁護人として、どうにか日々の生活費を稼ぐ、貧乏弁護士のジミー・マッギルは、電磁波過敏症のため外出することもままならない兄のチャック・マッギルの面倒を見ながら、なんとか大きな仕事を見つけ、成功することを日々夢みていました。

一方、過去にフィラデルフィアで警官をしていたマイク・エルマントラウトは、亡くなった息子の妻と、孫の面倒を見るためにアルパカーキへと引っ越し、ジミーが通う裁判所の駐車場で管理人をしていて、いつも駐車シールが足りないジミーにシールを取りに裁判所へと戻らせるのでした。

ある日、会計係の横領事件で、当事者夫婦の弁護士になるため、画策しているうちに、ギャングのトゥコやナチョと関わることとなり、彼の人生は動き始めるのでした。

ブレイキング・バッドのスピンオフですので、ブレイキング・バッドの世界観の触れるだけで楽しめると思いますし、ブレイキング・バッドを見ていない方も、一つの作品として楽しめると思います。

1,ジミー=ジェームス・マッギルについて

全シーズンを通してですと、まだ無名の弁護士だったジミーが、いかにブレイキング・バッドのソウル・グッドマンへと変わっていくのかが描かれていくストーリーとなっておりますが、シーズン1では主にジミーの人物像が描かれており、まだソウル・グッドマンにはなりません。

それでも、彼の鮮やかな弁舌や、とっさの屁理屈などは十分にソウル・グッドマンとしての資質を持っております。また弁護士になる前には、相棒とちょっとした詐欺を働いたことも描かれており、昔からズル賢かったようです。

2,ジミーとチャックの兄弟関係

ジミーは、過去にいろいろと迷惑をかけた兄に恩返しの思いもあるのか、非常に兄思いで、外に出れないチャックのため、買い物などの身の回りの世話をほぼ一人で行っております。

兄のチャックは、ジミーが弁護士になった今も、シカゴで詐欺などを働いていた「滑りのジミー」と呼ばれていた頃と、なにも変わっていないと思っていて、心の中ではジミーを信用していないようです。

3,その他の人々

シーズン1では、ブレイキング・バッドでの主要登場人物は、ソウルを除いてだと、まだマイクとトゥコの2人しか出てきておりませんが、他にも魅力的な人物が大勢登場しております。

まず、ジミーとキムの関係やハワードとの関わりがどういうものなのか、どうなっていくのかなどが見どころです。

また、なぜマイクはフィラデルフィアから、ニューメキシコ州アルパカーキへとやってきたのかという悲しい話や、トゥコやナチョなどのギャングたちが、この物語にどういう風に関わっていくのかなど、見どころはたくさんあります。

プレイキング・バッド本編ファンの方でも、主人公ウォルターよりソウル・グッドマンやマイク・エルマントラウトのファンという人も結構いると思います。そういった方にとっては本編よりも面白いドラマと言えると思いますし、ブレイキング・バッドを知らない方でも、普通のドラマとしても、十分楽しめると思います。

シーズンを通して、ジミーは確かにズル賢く口達者で真正直な人間ではないでしょうが、非常に人間味があり、親近感が沸くキャラクターとなっていますので、どんどん続きが見たくなってきます。

終盤に出てくる、ジミーと兄のチャックとのエピソードが、結構キツかったです。ジミーはズルいこともしますし、過去はあくどい事もしてきたのでしょうが、弁護士として一生懸命頑張ってきてましたし、兄にも尽くしてきたのにと思ってしまいます。

それでも、何かとチャックのことを気にかけているところに、人の良さが表れていると思いますし、その人柄に魅かれて見続けてしまうのだと思います。

『ベター・コール・ソウル』シーズン1の動画は2019年1月27日現在Netflixで見放題にて配信されています。
また同じく2019年1月27日現在、U-NEXTではポイントで、amazonプライムビデオTSUTAYA TVdTVでは有償にて配信されています。