日曜劇場『グッド・ワイフ』3話 キャスト・感想・第4話について(ネタバレあり)

日本版の日曜劇場「グッド・ワイフ」第2話に続いて、第3話も見てみました。キャスト陣の演技も充実してきて、益々面白くなってきました。今後どうなっていくのか、非常に楽しみになってきました。
※この記事にはネタバレが含まれておりますので、ご注意ください。

蓮見 杏子(はすみ きょうこ)/常盤貴子

物語の主人公で16年ぶりに弁護士に復活し、活躍を見せています。

蓮見壮一郎(はすみ そういちろう)/唐沢寿明

杏子の夫で、不倫スキャンダルが発覚した上に、収賄容疑で逮捕され、拘留されております。

多田征大(ただ まさひろ)/小泉孝太郎

神山多田法律事務所の共同代表パートナーで、蓮見杏子の司法修習時代の同期です。どうも杏子に・・・・・

神山佳恵(かみやま よしえ)/賀来千香子

神山多田法律事務所の共同代表パートナーで、朝飛光太郎を正式採用したいようです。。

円香みちる(まどか みちる)/水原希子

神山多田法律事務所で、調査を主に担当しております。前職は検察事務官で壮一郎の何かを知っていそうです。

朝飛光太郎(あさひ こうたろう)/北村匠海

神山多田法律事務所で仮採用中の新人弁護士です。杏子と正式採用のイスを争っております。

佐々木達也(ささき たつや)/滝藤賢一

東京地検特捜部の特捜部員で、どうも壮一郎の味方っぽい感じの人です。

脇坂博道(わきさか ひろみち)/吉田鋼太郎

壮一郎の後任として特捜部長となりました。壮一郎をなんとしても起訴したくてたまらないみたいです。

蓮見隼人(はすみ はやと)/小林喜日

杏子の長男です。母親思いの良い子のようです。

蓮見綾香(はすみ あやか)/安藤美優

杏子の長女です。

蓮見幸枝/高林由紀子

壮一郎の母親で、杏子の姑です。

林幹夫(はやし みきお)/博多華丸

壮一郎の弁護士です。とりあえず壮一郎の思惑通りには動いてくれているようです。

3話の主なゲスト

河合映美/江口のりこ

東神鉄道の弁護士で、妊婦です。都合が悪くなると妊娠を言い訳にし、交渉を中断するなどします。

井口晴乃/安藤聖

脱線事故により、東神鉄道運転士の夫を失います。ある弁護士の紹介により、杏子へ東神鉄道への、過労死訴訟を依頼します。

安西博嗣/高木渉

東神鉄道の社長です。杏子への小川祥子の証言により、河合弁護士の仲裁を押し切り和解案に応じようとします。

小川祥子/山本裕子

東神鉄道で労務担当をしている従業員です。のちに杏子に過労の証言をします。

北原隆司/平原テツ

元東神鉄道の運転士で、退職後豪華な家具を揃えた立派なマンションに住んでいます。のちに脱線事故に関する最も重要な証言をします。

主題歌 – BUMP OF CHICKEN「Aurora」
制作 – CBS Corporation、TBS

杏子と多田、朝飛は、回送列車の脱線事故により、死亡した運転士の妻の代理人を務めることとなりました。

対する東神鉄道の代理人で、妊婦の弁護士、河合映美は、杏子たちの1億円の請求に対し、運転士の居眠り事故だと主張し、見舞金として50万円での和解を提案します。

交渉の席でも、東神鉄道側が不利になると、自身の妊娠を巧みに利用し、体調不良として交渉を中断したり、従業員の口止めのため、杏子たちを誤った方向へと誘導したりと、何かと巧妙な手口で邪魔をします。

グッドワイフ第1話「家族の裏切り」

グッドワイフ第2話「その男、黒か白か」

グッドワイフ第3話「隠された罠」

グッドワイフ第4話「過去との決別」

グッドワイフ第5話「夫婦の条件」

グッドワイフ第6話「崖っぷちの選択」

グッドワイフ第7話「消された真実」

グッドワイフ第8話「裏切り者」

グッドワイフ第9話「堕ちた正義」

グッドワイフ第10話「最期の審判」

今回のストーリーは、米オリジナルのシーズン1第5話「苦渋の選択」がベースとなっており、オリジナルストーリーも、訴訟相手の会社代理人として妊婦のパティ・ナイホルムが登場し、今回の河合映美同様、クライアント側が不利とみると、体調を理由に中断したりしていましたし、係争内容も、鉄道会社の過重労働が争点となっておりました。

ただ日本とアメリカの訴訟手続きにかなりの違いがありますので、日本では行わない証言録取(アメリカでは、審理開始前に双方弁護士立ち合いで、必要な証人に宣誓供述を取ります。かなり厳しい質問などもありますので、弁護士が証言の内容にアドバイスをしたりします。)のシーンを事前交渉場面に置き換えたりと、見事にストーリーを日本仕様に変更してあったと思います。

今回は夫の母親で姑の蓮見幸枝が、杏子の自宅で料理をしているシーンがありましたが、米オリジナルのアリシアだと、姑にもかなりキツい物言いをする、アメリカ的な自分の意見をはっきりと言うキャラクターですので、日本には合わないと思っていましたが、日本版だと姑にはもっと柔らかい気を使った態度をとっていたのも、いかにも日本的だと思って見ていました。

また、米オリジナルでは会社の従業員の女性が証言をすることにより、係争が解決に向かうのですが、今回のストーリーでは、東神鉄道労務担当の小川祥子が、過労の証言を杏子にしたため、一旦和解へと向かいます。

今回特に驚いたのが、過重労働を認めるということで、双方和解して終わりなのかと思っていたのですが、実は祥子の証言は、会社が列車の整備を怠っていたことを隠すための目くらましだったということです。

オリジナルも列車部品不良が事故の原因でしたが、従業員の告発から列車部品不良へとストーリーが向かっていたので、日本版での、過重労働で一旦和解に向かった後に、杏子が真相に気付き、整備不良が発覚するという内容には感動すら覚えました。

今回は壮一郎のストーリーにも動きがあり、杏子が整備不良に気付いたため、東京地検の脇坂特捜部長の過去の不祥事が表に出てくることとなりました。

今回の一番のポイントは、杏子が整備不良に気付く理由が、実は杏子が壮一郎に面会に行ったときに、子供が小さかった頃の思い出話で壮一郎が話した

「隼人が初めて自転車に乗った時いくら練習してもヘタクソで、何度も転んで泣いてたろう。」「でも調べたら隼人が悪いんじゃなくて自転車が壊れてた」「根本が違ってたんだ。」

という内容を思いだし、杏子は根本=電車本体ということに気付いたのです。

そして最後に、井口晴乃に杏子を勧めた弁護士が、林幹夫弁護士だということもわかり、全て壮一郎の計画で、杏子自身も壮一郎に利用されていただけだったようです。

ここで、杏子が第2話で脇坂特捜部長に話していた

「子供を利用することだけは絶対に許さない」

ということにつながっていくんだろうなと思いました。

壮一郎は子供の思い出話を利用して、自分のために脇坂のスキャンダルを暴くという、杏子にとっては絶対に許せないことをしてしまったことで、壮一郎は保身第一で、杏子や家族のことをそこまで想っていないということに気付いて、杏子は涙を流したのでしょう。と思うと非常に切ないラストでした。

予告を見ると、以前住んでいた男子高校生の傷害致死容疑と、壮一郎逮捕後、真っ先に連絡を絶った高校生の母親という内容から、シーズン1の第3話『過去との決別』が元ネタとなっていると思われます。
予告にもあったように、オリジナル同様「朝飛光太郎」の初法定ということになり、なんらかの失敗をしてしまうことになるのでしょうか。

また第4話には、俳優の浅野忠信さんとミュージシャンのCHARAさんの息子で、俳優の佐藤緋美さんも、ドラマデビューとのことですので、こちらも非常に楽しみです。

グッドワイフはパラビで配信されています。

ちなみに、米オリジナル『グッド・ワイフ』は2019年1月28日現在U-NEXTアマゾンプライムビデオNetflixなどのVODサービスで配信されております。