『トレース 科捜研の男』第5話あらすじ、感想

『トレース 科捜研の男』第5話の視聴率は10%と、10%前後で安定してきたように思います。

今回のストーリーでは、まだ真野の事件には触れていませんが、今回の事件は科捜研らしくて、かなり面白かったです。

以下第5話のあらすじと感想を書いて行きます。

※この記事にはネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

スポンサーリンク


18年前、1歳の女児ユウちゃんが誘拐され、身代金3千万円要求されるという事件がありました。その要求に島本夫妻は身代金を払い、指定されたコテージへ向かったのですが、そこにユウちゃんはおらず、誘拐犯と思われる暴力団の準構成員、神崎徹の遺体があったのでした。

そして現在、黒鷹山の山道を少し離れたところで、スナックに勤める海東奈津美の殺害遺体が発見されたのでした。死因は頭部を強打されたことによる脳挫傷で、遺体は一旦埋められた後にまた掘り出された形跡があり、遺体の周辺には被害者とはまた別の、犯人のものと思われる人物の毛髪が見つかっていたとのことです。

その毛髪鑑定を行った沢口ノンナは、そのDNA型が18年前に誘拐され、そのまま行方不明となっている島本優の物であると虎丸刑事たちに話すのでした。

島本彩花/矢田亜希子

18年前誘拐された島本優の母親です。18年間優の居所を探し、夫婦でビラを撒くなどしていました。

島本彰/山中聡

彩花の夫で優の父親です。彩花同様18年間優の居所を探し、夫婦でビラを撒くなどしていました。

島本優(遠藤レイカ)/山本舞香

18年前1歳の時に誘拐され、そのまま連れ去られてしまいました。海東奈津美の遺体の周りには彼女の毛髪がたくさん落ちていました。児童養護施設で育てられその時の名前は遠藤レイカです。

上野郁子/安藤玉恵

島本優が育てられていた、児童養護施設の園長です。優を実の子同様に思っていたと証言しています。

神崎徹/石垣佑磨

18年前に1歳の島本優を誘拐し、島本夫妻から3千万円の身代金を要求した犯人です。島本夫妻からお金を受け取る前に海東奈津美に刺殺されました。

海東奈津美/滝沢沙織

黒鷹山の山道を少し離れたところで、遺体となり見つかった女性です。18年前の誘拐犯、神崎徹を殺害した犯人です。

主な登場人物は第4話の主な登場人物を参照ください。

虎丸刑事が海東奈津美の過去を探り、神崎徹とのつながりと海東が神崎を殺害したことが判明したときに、島本優が自首し、海東奈津美の殺害を自白しましたが、その裏には悲しい真実がありました。

今回の島本優の行動には複雑な原因が絡み合っており、何人もの人間関係や、過去のつながりが複雑に絡みあっていて、意外な結びつきへと向かっていくところが非常に面白く、楽しめました。

また今回のストーリーでは、これまで以上に鑑定による解析がなされていたように感じ、髪の毛が優の物であること、優の父親・母親のことなどをすぐに鑑定により判明し、より科捜研の男というタイトルに近付いて来たように思います。

犯人については、ほぼストーリー上のミスリードもなく、想像通りの犯人でしたが、なぜ誘拐事件が起きたかや、なぜ優が自首したかなどの真相についての解明は面白かったです。ただ、長いこと子供ができなかった夫婦に、後出しで小学生くらいの子供がいたというのは、少しだけ無理やり感がありましたが、ゲストも全員演技が上手く、ストーリーも感動的で、非常に楽しめました。

そしていよいよと言うかついにと言うか、予告映像を見る限り、25年前にまだ真野が子供の頃遭遇した事件で、真野の両親と姉が殺害され、自殺した兄が犯人として、被疑者死亡のまま書類送検で決着したことになっている『武蔵野一家殺人事件』の真相に、第6話以降に迫って行きそうで、ここからの後半が非常に楽しみです。

『トレース 科捜研の男』の見逃し及び全話配信は、2019年2月6日現在、月額888円(税抜)にてフジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】で配信されております。また、初回1ヶ月無料お試し期間がありますので、お試ししてみてはいかがでしょうか。