Huluドラマ『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』シーズン2、キャスト・あらすじ・感想

ハンドメイズ・テイルもシーズン2となりましたが、相変わらずの鬱展開が続きます。
シーズン1で慣れたかとも思いましたが、やっぱり慣れるものではないですね。

でもそれなりに所々で、息抜きもできるシーズンでした。

※この記事にはネタバレが含まれています。

source:Hulu


シーズン1ラストで、自分が産んだ子供と共に自殺しようとしたジャニーンへの石打ちの刑の実行を拒否したジューンや多くの侍女たちは全員捕えられ、全員首に縄を掛けられ、絞首刑台に立たされます。

やがて合図とともに執行人がレバーを引きます。しかしガタンという音がしただけで、侍女たちは落ちずに、結局は侍女たちを脅かすためだけのことでした。

そののち、雨の中で侍女たちは石を持って腕を前に出し続けるという罰を受けるのですが、ジューンの妊娠がリディアおばに伝えられ、ジューンは罰を逃れます。

ある日病院へ妊娠検査へ行ったジューンが、検査後帰ろうとするとブーツの中に鍵が入っておりました。その鍵により病院を抜け出すことに成功し、手引するものの手により冷蔵車で廃墟に連れていかれました。

そこでジューンを待っていたのは、ニックだったのです。しかし、そこの廃墟からすぐに移動することはできず、だれかが迎えに来るまで待っているようにニックはジューンに伝えるのでした。

一方、シーズン1で車を奪い、警護の人をひき殺して捕まったエミリーは、コロニーに送られていました。そこでは、不衛生な環境の中、放射能汚染物質を除去する仕事をさせられていたのでした。

ある日コロニーに、肉欲の罪で司令官の元妻がやってきました。エミリーは体調の悪い彼女を気遣い、親切にするのでした。さらには彼女に、期限は切れているかもしれないけどと言って、抗生物質も渡すのでした。

しかし、その薬は抗生物質ではなく、毒薬で間もなくその司令官の元妻は亡くなりました。エミリーは司令官を手助けしていたその妻たちも憎んでいたのでした。

その頃ジューンは、支援者のパン屋の男に連れられ逃亡を図りますが、協力者の隠れ家がバレたため連れていけないと言われます。

しかしジューンは無理やり助けを元め、協力者の家族をも巻き込んで逃亡するのでした。
逃亡を続け、カナダ行きの飛行機場で夜を待ち、見知らぬ男と共にジューンは飛行機に乗り込み、やがて飛行機は滑走を始め、もうすぐ離陸という時に突然襲撃され、ジューンは政府軍に捕らえられるのでした。

ジューン・オズボーン(オブ・フレッド)/エリザベス・モス

本作の主人公で「侍女」のオブ・フレッドとして、フレッドの侍女となっております。子供ができないため、セリーナ夫人が計画しニックの子供を宿します。

フレッド・ウォーターフォード/ジョセフ・ファインズ

ギレアド共和国の建国から関わっていた司令官の一人で、セリーナを妻に持っています。妻との間に子供を授かることができなかったため、オブフレッドと儀式を行います。

セリーナ・ジョイ・ウォーターフォード/イヴォンヌ・ストラホフスキー

フレッドの妻で、フレッドと共にギレアド共和国建国の活動をしていました。

エミリー/アレクシス・ブレデイル

シーズン1で、車を盗難し人をひき殺したためコロニーに送られました。

ジャニーン/マデリン・ブリュワー

シーズン1で、自分が産んだ子供と共に自殺しようとした罪で、石打ちの刑を言い渡されますが、侍女が拒否したため助かります。のちにコロニーに送られます。。

リディア/アン・ダウド

身分はおばです。最近は訓練センターのみならず、あちこちに出没し、侍女たちを肉体的にも精神的にも痛めつけています。

ニック・ブレイン/マックス・ミンゲラ

どうやらフレッド・ウォーターフォードを監視していた節があります。ジューンの子供の父親(内緒)です。

ルーク(ルーカス・バンコール)/O・T・ファグベンル

死亡したと思われていましたが、生き延びてカナダで暮しています。

モイラ/サミラ・ウイリー

ジューンの学生時代からの友人で、シーズン1でなんとかギリアドから逃げ出し、カナダでルークと暮らし、反ギリアド活動をしています。

リタ/アマンダ・ブリューゲル

身分は女中です。ウォーターフォード家で家事を担当しています。なにか秘密があるっぽいような・・・

リリー・フラー/タチワナ・ジョーンズ

2代目のオブ・グレンです。ジャニーンへの石打ち刑を拒んだため、舌を切られてしまいます。のちにある計画を実行します。

今回もかなりの鬱展開が繰り広げられるわけですが、ジューンが飛行機に乗り込んだ時は、ひょっとしたらカナダへ逃げられるのかな?などと思いもしましたが、さすがはハンドメイズ・テイル、そんなに簡単には逃げられませんね。

1,エミリー

シーズン2では、エミリーの過去も描かれておりました。大学で教鞭をとっていた時に、ギレアド共和国の圧政が始まり、同性愛者の彼女はどんどん肩身が狭くなっていったようです。

同僚の男性職員はある日同性愛者だと言うことで、大学構内で首を吊るされていました。それを見たエミリーは、妻と息子と共にカナダへ出国しようとしますが、結局なんだかんだ理由をつけて、自分の卵子で子供を産んだエミリーはその後侍女にされてしまったようです。

というか、キリスト教てこう言う教えだったんでしたっけ?結局神が裁いている訳ではなく、教義の都合の良いところを都合よく解釈して、一部の人間が私利私欲のために利用しているだけだと思うのですが、ギレアド政府の上層部にはそんなことを考えた人はいなかったのでしょうか?・・・なんか後に一人出てきたような気もします。

2,2代目オブ・グレン

シーズン2でもギレアド共和国の、侍女に対する圧政が続き、シーズン1で、ジャニーンの石打ちの刑を拒んだため、2代目のオブ・グレンはなんと舌を切られてしまいました。

それにしても、舌を切るというのはどんな罪に対する、なんの罰なんだろうかと思わずにいられません。なんだか、石打の刑を拒むというのと舌を切るというのが、全く結びつかないので、ギレアドの刑罰の基準はどうなっているのだろうと思ってしまいます。

そんな舌を切られたオブ・グレンですが、センター再建のセレモニーで、多くの司令官が集まり、フレッドがスピーチをしている時に、外にいる侍女たちに逃げるように合図を出し、演台へ駆け寄って行って自爆しました。

これにより、多くの侍女も亡くなったのは非常に残念で悲しい想いですが、オブ・グレンも無念を晴らせたのではないでしょうか。
個人的にはテロというのは許せませんが、この物語の場合ギレアド政府が、元々アメリカ合衆国に対するテロ組織だったようなものですし、女性たちに対してもテロ組織みたいなものですから、テロ鎮圧的な意味があったのではないでしょうか。

この事件で、なぜか司令官より逃げた侍女の方が多く亡くなったようで非常に残念ですが、結果として侍女が不足したため、エミリーとジャニーンは侍女として戻されます。とりあえず、劣悪な環境から解放されて良かったですが、ジャニーンは喜んでいたので良いですが、エミリーにしたら、侍女として生きるより、コロニーにいた方がまだ自分らしくいれたのかな?などと考えてしまいます。

3,セリーナ夫人

シーズン2早々から、オブ・フレッドを嫌っていたセリーナ夫人ですが、彼女が逃亡し損ねて戻ってから、ますます険悪になります。さらには、オブ・フレッドが子供を産んだらすぐに別の地域へ追いやって欲しいとまで言い出します。

またオブ・フレッドが逃げたとか、逃げてなかったとかひと悶着ありまして、なんとか無事に子供も生まれた訳ですが、セリーナ夫人はオブ・フレッドに子供を近づけることさえも嫌がり、まるで駄々っ子のようになっていましたが、これまでジューンに煮え湯を飲まされ続けてきたのだから、気持ちは分からなくはないですが、ヒステリックな部分がこれまで以上に目立った気がします。

そんなセリーナ夫人ですが、子供と暮らすうちに子供への愛が深まり、徐々に男たちや国のことより、子供のことを一番に考えるようになってきて、ある行動を取ったため、指を切り落されたりもしました。

この時点でもう完全に男たちは、女性のことをモノとしか見ていないということが分かりすぎるくらい分かりましたので、セリーナ夫人も結局見切りをつけ始めていたのではないでしょうか。

4,ジューン

あいかわらず、ジューンは波乱万丈な生活を送っている訳なのですが、逃亡に失敗し戻されてからは洗脳続きで、あげくの果てには、結果的に逃走を無理やり手伝わせたパン屋夫妻の夫は顔に袋を被せられて首を吊らされていたり、その子供はどこかに養子に出され、妻は侍女にされたということをリディアおばに聞かされ、ついに罪悪感から完全に心を失ってしまったようになっており、非常に心配しました。

特に突然大量の出血をしても、なぜか隠してなんでもない振りをしたりとか、あのまま行ったら完全に流産していたかもと思わずにいられませんでしたが、やがて吹っ切れたかのように元気を取り戻します。

子供が生まれてからも、セリーナ夫人には遠ざけられていましたが、あの手この手でどうにか家へと戻ります。やがて、少しずつセリーナ夫人とも話をするようになり、それなりに仲直り?できたのではないでしょうか。

ともかくいつもジューンのバイタリティと言うか、生き抜く力には関心いたします。

そんなジューンも最後の最後に、とてつもない決断をし、何かに立ち向かう決心をしたようで、そこでシーズン2は終わりを迎えました。

シーズン3のジューンはこれから一体どうなっていくのでしょうか。ただ一つ想像できることは、おそらく娘のハンナを見つけ出し、一緒に逃げるのでしょうが、その前にギレアド共和国内で生きていけるのかどうかが心配です。

『ハンドメイズ・テイル』シーズン2はHuluで

※配信状況や内容はサイトにてご確認ください。

ハンドメイズ・テイル