3年A組-今から皆さんは、人質です-第6話、キャスト・動画配信先

日テレドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』も第6話となり、より一層真実に近付いて来たような気がします。今回は最後に驚くような人がフェイク動画を依頼した犯人だと言われてしまいました。

ここからは、物語のあらすじ、感想、キャストなどを紹介していきます。

※この記事にはネタバレが含まれていますので、ご注意ください。


source:Hulu

第5話で柊は、景山澪奈を死に追いやった動画の作成をベルムズに依頼した人物は、魁皇高校の教師であるといいました。そしてSNSのマインドボイスにも、景山澪奈を陥れた犯人は魁皇高校の教師ですと投稿しました。街はその投稿により色めき立ちます。

夜が明け柊はいつもの通り「俺の授業を始める」と言い、いきなり「信じる、信じないゲームを始めよ~う」と言いますが、生徒たちはとうとうイカレちまったと言って、相手にしませんでした。

一人、柊に「なんですかそれ?」と尋ねる茅野さくらに「信じろ」と言い、その後おもむろにメガネを外し「信じるな」という訳のわかないことを言うだけでした。

その後生徒たちは久しぶりのシャワーののち、眠りにつきました。その時柊は生徒たちは誰も死んでいないと、マインドボイスに3年A組全員の証拠写真と共に投稿するのでした。

その翌日柊は、メガネを外しおもむろに「さ~盛り上がって行こうか」と叫んだ後、教師たちに電話し、ベルムズにフェイク動画を依頼した「hunter」と言う教師に名乗り出るように要求し、夜8時までに名乗り出なかった場合は教室を爆破すると言うのでした。

驚き騒ぎ出す生徒たちに、「おまえたちと仲間になったつもりはない、俺がおまえたちに協力を求めたのは、真実を暴くために命を差し出してほしい、そういう意味だ」と言い、先生たちを説得してみるか?と言うのでした。

その後おもむろにメガネを掛け、「いいか、上辺だけで物事を見るな、本質から目をそむけるな。」と言い、教室から出ていく柊に、茅野さくらは「あっ!」と何かを感じたようでした。

一方郡司刑事は、再び相楽家へと話を聞きに行きますが、「一颯は私のためにあんなことしているんでしょう、だったら刑事さんに全部話した方が」と言う文香へ、父の孝彦は黙ってろと言い、「もう私たちにかまわないでください」と言い、門を閉めるのでした。

その後先生の内だれが犯人かを生徒たちは、話し合っていたのですが、かつて水泳部だった水越涼音は、先生の坪井勝のせいで水泳部を辞めさせられた、と言い、生徒たちの間でも最終的に坪井先生が犯人ということでまとまったのでした。

1話「衝撃的学園ミステリー開幕!」、2話「真相発覚!? 心震わす魂の授業」

3話「急展開! 衝撃の真実発覚!」、4話「事件は核心へ―。必見の第4話」

第5話「生徒逃走!? 警察突入! 運命の1時間」

第6話「容疑者は教師!? 怒濤の第2部開幕」

第7話「対決! 犯人教師!? 真相、繋がる―」

第8話「最大の衝撃!真相は今日、覆る―」

第9話「最後の授業。全ての謎が繋がる日」

第10話・最終回「終幕来たる。この日の為に事件は起きた」

柊一颯/菅田将暉

この作品の主人公で。3年A組担任で美術教師です。学生時代は特撮撮影所でバイトしており、身体能力を買われスーツアクターをやるようになりました。当時癌が見つかったため、アクション俳優を止め、教師になりました。余命いくばくもありません。

茅野さくら/永野芽郁

この作品のヒロインで、学級委員長です。自ら進んで行動をするようになってきました。今回、柊のある行動の謎に一人だけ気づきました。

水越涼音/福原遥

かつて水泳部でしたが、中尾蓮と付き合っていたことを理由に、水泳部顧問の坪井勝に退部させられました。坪井がhunterだとみんなに言います。

坪井勝/神尾佑

水泳部顧問で、厳しい指導をするためパワハラ先生と思われたほか、かつて水越涼音を退部においやったことから、hunter第一候補となりました。本当は良い先生でした。

相楽孝彦/矢島健一

相楽文香の父で、特撮を撮影していた撮影所の社長です。大学生の柊がバイトしていた縁があり、今回の事件の手助けをしていました。

※『3年A組-今から皆さんは、人質です-』の他の登場人物については「『3年A組-今から皆さんは、人質です-』第3話・4話、主な登場人物・キャスト」を参照ください。

今回生徒の予想では、水泳部で生徒にも熱血指導をし、涼音を部から辞めさせた坪井先生が犯人だと思われていたのですが、実は生徒思いの良い先生であることが分かりました。

そのことにより、柊はちゃんと生徒本人たちの頭で考え、見極めないと、間違った方向に進み、人を大きく傷つけてしまうということを強く言いたかったようで、冒頭に柊が言った「いいか、上辺だけで物事を見るな、本質から目をそむけるな。」につながっていくのですが、柊が最初からこうなることが分かっていたとしたら、大した策士ですし、すごい先生だと思います。

また今回の涼音のように、安易にネットに人の悪評を動画でアップするということは(結果的にしてませんが。)、その上げられた人が善人だろうと悪人だろうと、アップした人の手を離れ、半永久的にネットの世界でその人の悪評が残り、善人だとしても長く苦しめられることになります。また、アップした本人の動画も半永久的にネット上に残り続けるため、自分自身にいつ悪意が向いてくるかも分かりませんので、非常に怖いことだと思いますし、その行為についてはよく考えなければいけないと思います。

それにしても、坪井先生は涼音が心臓病で水泳ができないからと言って、ああいうやり方で辞めさせるのはどうなんだろうとも思います。普通に心臓病だから、このまま続けると死ぬぞ、と言って説得すればいいだけですし、自分にはああいうやり方しかできなかったと言われても、その当時は恨むことしかできないでしょうし、恨まれてもしょうがないとも思います。

しかしそれ以上に、今回の水越涼音の行動に対し彼女を説教している時の、柊の迫力はすごいものがあり、演じていた菅田将暉さんの演技力の高さが遺憾なく発揮されていたと思います。特に直接説教を受けていた水越涼音を演じていた、まいんちゃん福原遥さんは、演技とはいえ、怖くなかったのか心配になりました。

その後結局8時を過ぎても、誰も名乗り出なかったため、教室は爆破されてしまいました。と思ったら、爆破されたのは3年B組の教室で、3年A組の生徒は全員無事でした。もちろん教室を爆破した時は、メガネを外していました。

結局最初から最後まで、柊の「信じる、信じないゲーム」だったということだったようで、メガネを掛けている時は本当のことを言い、掛けていない時は嘘を言っているということらしく、気づいていたのは茅野さくら一人ということです。

という内容ですが、ストーリーが少々意表を突こうとし過ぎていて、無理しすぎているような気がします。それでも面白かったし、感動できたので良しとします。

そして気になるが、どの先生がベルムズに依頼をしたのかですが、柊は武智大和が犯人だと言います。

しかしこのまま武智大和が犯人というのは、ここまでの伏線からして面白くありませんし、ちょっと安易すぎると思いますが、まだ4話もありますし、きっと裏にまだまだなにかあることでしょう。

また新たに分かったことは、相楽孝彦はアクションヒーローを撮っている会社の社長で、柊の人質事件をを手伝っていたようです。これでまた一つ人間関係が解明されました。生徒たち以外では、あとは五十嵐徹と理事官との関係でしょうか?
まだ先生たちに、なにか裏があるかも知れませんね。

あと残り4話となりましたが、次回以降も期待して待ちたいと思います。

『3年A組-今から皆さんは、人質です-』の見逃し配信はHuluで

※配信状況、配信話数・内容はサイトにてご確認ください。

スポンサーリンク