Huluドラマ『GONE/ゴーン』シーズン1 第4話、あらすじ・キャスト・感想

第3話につづき、『GONE/ゴーン』シーズン1、第4話「クリスタル」のあらすじ、感想を書いて行きます。

※この記事にはネタバレが含まれておりますので、ご注意ください。


source:Hulu

ロードアイランド州ブルックヘイブン、午前9時36分、非番の保安官補、グレッグ・クレックナーは、妻キャッシーのため、花屋で妻が好きな百合の花を買い、産婦人科にいる、妊娠7ヶ月の彼女の元へと向かいます。

するとあやしい男が、妻を連れて行こうとしているところに出くわし、追いかけるのですが、グレッグはその男に警棒で殴られ、倒れている隙に妻は無理やり車に乗せられ、誘拐されてしまいました。

キックとビショップは、手始めに夫のグレッグを疑うのですが、調査や聞き込みの結果、彼は事件には関わっていないことがわかりました。

キャッシーが妊娠7ヶ月ということから、生まれてくる子供の幼児売買を疑ったチームは、あちこちの産婦人科や小児科で過去に働いていて、キャッシーの病院で先月まで働いていた、ダニエル・ラモスという一人の男にたどり着きました。

夫のグレッグは捜査状況が知りたく、キックとビショップに尋ねるのですが、捜査については話すことができず、グレッグはがっかりします。

キャッシーの友人で、図書館司書のシャーリーンに話を聞きにいった時、「キャッシーが時々図書館でパソコンを使っていた」と言っていたことをキックが思い出しました。

そのことにより、ジェームズが図書館のパソコンの履歴をチェックしたところ、キャッシーはバーチャルコミュニケーションサイトによくログインしていたことを突き止めました。

そこで、ダニーXという男と接触していたことが分かり、さらにそのダニーXがリーダーの、ライジングサンというグループに、慈善寄付の分類でお金を払っていたことが分かったのです。

さらに詳しく調べてみると、複数の女性がライジング・サンに寄付していることがわかり、その女性たちのうち、過去3年に4人も行方不明になっていたことが分かったのです。

更に詳しく調べていったところ、ダニエルの現在の偽名と借りている事務所が分かり、その事務所に突入すると、引出の中には行方不明となっていた女性たちの免許証がたくさん見つかったほか、パソコンをチェックしたところ、ケンドラ・メンフィールドという名前に偽造したキャッシーの免許証データが出てきました。

そこへ警察無線を聞きつけたキャッシーの夫グレッグがやってきて、そのパソコン画面を見て、どうなってるんだ、ちゃんと見せろと取り乱すのでした。

その後キックとビショップの二人は、行方不明となっていた一人の女性を発見するのでした。そして、そこから意外な真実が判明するのでした。

フランク・ノバク/クリス・ノース

FBI捜査官で、かつて子供の頃誘拐され、犯人と暮らしていたキックを救出しました。誘拐・失踪事件の特別編成チームを組織し、様々な難事件を解決していきます。

キット(キック)・ラニガン/レヴェン・ランビン

15年前全米を震撼させた幼児誘拐事件の被害者で、5年間誘拐犯夫妻と過ごしていました。フランクのチームで、誘拐事件の捜査に当っています。

ジョン・ビショップ/ダニー・ピノ

元陸軍でFBI捜査官で、キックの相棒です。正義感が強く、犯人を見つけるため人を疑い過ぎるところがあります。

ジェームズ・フィンレイ/アンディ・ミエンタス

キックの友人で優秀なハッカーです。キックと共に捜査の手助けをしています。

マヤ・ケネディ/トレイシー・トムズ

FBI特別捜査官で、15年前にフランクと一緒にキックを救いました。

ポーラ・ラニガン/ケリー・スールフォード

娘のキックが、誘拐捜査チームに入ったことを知り、凄く心配しています。傷害で訴えられたキックを救おうとします。

今回の物語の舞台は、キックが救出されて15周年の記念日ということで、周りが騒がしくなっており、キックはあるカメラマンに付きまとわれたりして、非常にウザい思いをしておりました。

見ているこちらも、ウザいヤツだと思っていたところ、こっちの気持ちが分かったのか、キックは見事にぶん殴ってくれました。しかし、そのせいでカメラマンはキックを訴え、逮捕されてしまいました。

フラッシュバックで、誘拐されたPTSDのせいか、救出5年後の若いころに、人を殴って留置場に入れられ、それを迎えにきたフランクの姿が描かれていましたが、きっと奇跡の救出劇とかで、救出以降ずっとカメラマンなどに追い掛け回され、嫌な思いをしていたのだろうと思うと、胸が苦しくなってきます。

もちろん暴力で解決するというのは反対ですが、これまでのキックの状況を想像するとしょうがないのではと思ったりします。

そのカメラマンの訴えから救ってくれたのは、母親のポーラ・ラニガンです。これまでは、過去の事件の本を書いたり、テレビに出てたりと、キックを自分の売名に使っていたのかと思っていましたが、実は娘の事を深く愛していたのですね。

また、図書館司書のシャーリーンにキックとビショップが話を聞きに行った時に、シャーリーンの夫に前科があったこと、子供が死産だったことから、ジョンがシャーリーンを疑った質問をした時の、シャーリーンの悲しそうな顔に心が痛みました。

これまで捜査本部から出なかった、フランクとジェームズが、初めて現場に出ます。そして二人とも良い仕事をしました。

今回の誘拐事件は、最終的にはこちらが想像していたのと、全く違う方向へとたどり着き、見事に意表を突かれました。

最後にある人物が登場したのですが、ちょっとこの人は、・・・
これから、ストーリーに深く絡んでくるのでしょうか?個人的には絡んで欲しくないのですが、ここで出してきたということは絡んでくるのでしょうね。

ゴーン シーズン1 第1話 『パイロット』

ゴーン シーズン1 第2話 『ライド』

ゴーン シーズン1 第3話 『タイガー』

ゴーン シーズン1 第4話 『クリスタル』

ゴーン シーズン1 第5話 『救世主』

ゴーン シーズン1 第6話 『家族写真』

ゴーン シーズン1 第7話 『行かないで』

ゴーン シーズン1 第8話 『ローマ人たち』

ゴーン シーズン1 第9話 『緊急事態』

ゴーン シーズン1 第10話 『弁護士と移民』

ゴーン シーズン1 第11話 『汚れた霊』

ゴーン シーズン1 第12話 『復活』

『GONE/ゴーン』シーズン1は、2019年2月14日現在、Huluにて5話まで配信されております。
※配信状況や配信話数、内容はサイトにてご確認ください。