メゾン・ド・ポリス 第6話、あらすじ・キャスト・感想・見逃し動画配信

メゾンドポリスも後半に入りました。第6話「伝説の刑事」のあらすじ、キャスト、感想、見逃し動画配信先を書いて行きます。

※この記事にはネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

ある日メゾンドポリスにて、ひよりと高平がバレンタインチョコを作っていると、いきなり高平の娘、小梅が訪ねてきました。

小梅はメゾンドポリスの住人たちのことを、高平の部下だった人たちだと、そしてひよりは、捜査一課のエースだった高平に憧れて、指導してもらうためにここに通っていると、父に聞いていると話すのでした。

そんな高平のことを、軽蔑しているかのような目で見つめるひよりたちでした。

今回小梅が訪ねてきたのは、ある事件を解決して欲しいためで、その事件とは、小梅のボーイフレンドの祖母、大浦春江が、鍵のかかった自宅で、何者かに頭部を殴られ、お金を奪われたという強盗事件で、玄関に鍵が掛っていたことにより、春江の家族たちが疑われたほか、現金を保管していたタンスから、小梅のボーイフレンド、中松駿の指紋が出たため、孫の駿も容疑者となっているという事件でした。

部下と言われていたおじさんたちや、ひよりは面白くないものの、伊達の指示により、渋々ひよりと夏目が捜査にあたることになってしまいました。

しかし、捜査となったらついつい真面目にやってしまうひよりと夏目のほか、協力しないと言っていた迫田や藤堂も、どうにも事件が気になってしょうがないようです。

そして、高平が解決したかに見せかける、謎解き晩餐会が始まるのでした。

牧野ひより/高畑充希

柳町北署に刑事として配属されたばかりの新人刑事で、「デスタンス事件」の捜査のためメゾン・ド・ポリスへ行ったことにより、おじさんたちと知り合います。後に彼らのリーダーらしきものになります。

夏目総一郎/西島秀俊

元警視庁捜査一課の敏腕刑事で、現在はメゾン・ド・ポリスで雑用をしています。ひよりと一緒に聞き込みにいったりなど捜査することが多いです。

伊達有嗣/近藤正臣

メゾン・ド・ポリスのオーナーで、元警視副総監です。落ち着きがあり、シブいおじさんです。今でも警察関係者に顔が利きます。

迫田保/角野卓造

元現場主義で熱血漢の所轄刑事でした。今は膝や腰に爆弾を抱えていますが、道場で子供たちに柔道を教えています。ただ口での指導だけです。

藤堂雅人/野口五郎

元科学捜査のプロで、ちょっとキザなところがあります。鑑識係の杉岡沙耶は2番目の元妻です。

高平厚彦/小日向文世

元警務課勤務で、現在はメゾン・ド・ポリスの管理人として、家事全般を担当しております。ずっと警務課勤務だったので、捜査能力はイマイチどころか、全然ダメダメのようです。

杉岡沙耶/西田尚美

鑑識係で、藤堂の2番目の元妻です。ひよりと一緒に飲みに行ったりとか相談に乗ったりとかしています。結構酒癖は悪いみたいです。

瀬川草介/竜星涼

メゾン・ド・ポリスに出入りする御用聞きで、食材や日用品を届けているほか、おじさんたちに依頼され、ひよりのスパイ活動などもします。

新木幸司/戸田昌宏

柳町北署刑事課の課長で、ひよりの上司です。メゾン・ド・ポリスに住む迫田の後輩で、迫田のことが少々ウザいようです。

原田照之/木村了

柳町北署刑事課の刑事で、ひよりの先輩です。

間宮朝人/今井朋彦

警視庁捜査一課管理官で階級は警視です。夏目の元上司で、ひよりに夏目に関するある良くない話をします。

主なゲスト

高平小梅/水谷果穂

高平の娘で、事件の解決をメゾン・ド・ポリスの父へ依頼しに来ます。事件があった時間駿の部屋にいて、駿は犯人ではないと言うのですが、父には部屋ではなく喫茶店にいたと言いました。それがバレた時は顔が固まって無表情になってしまいました。

中松駿/水石亜飛夢

小梅のボーイフレンドで、ギタリストです。春江の孫で、よく春江の家へ訪ねていってるようです。

大浦春江/吉田幸矢

自宅にいる時に、誰かに後頭部を殴られ意識不明の重体となりました。家族全員になにかしら疎まれているようです。

中松富江/福田温子

春江の長女で、会社社長婦人です。買い物好きのため内緒の借金もあるようで、春江の遺産を狙っています。

大浦英二/森本のぶ

春江の長男で、スーパー大浦屋の現社長です。春江が株を譲ってくれないため揉めていたようです。

大浦寿三郎/松永大輔

春江の二男で、古着屋を経営しています。しかし、経営が上手くいっていないようで、春江の遺産を狙っています。

大浦藤子/小山内映里香

寿三郎の妻で、春江の身の回りの世話をしているのですが、親族の中で片身の狭い思いをしています。

制作:共同テレビ・TBS

原作:加藤実秋「メゾン・ド・ポリス」シリーズ(角川文庫)

脚本:黒岩 勉

主題歌:WANIMA「アゲイン」(unBORDE/Warner Music Japan)

今回のストーリーはド定番とも言える、親が子供に自分を良く見せようとして嘘をつき、それがバレないように仲間にサポートしてもらうという、ほのぼのコメディドラマでした。

またミステリーの部分も、おじさんたちの中での解決が早すぎたため、捜査や鑑定が少なく、延々と晩餐会でのコメディドラマのような、高平の謎解きもどきが続くという、これまでのメゾンドポリスとは、違う内容になっていますね。

ただ、あいかわらず高畑さんをはじめとし、メゾンのおじさんたちメインキャストは、全員安定した演技の上手さを見せてくれ、ド定番のストーリーでも、面白くも感動的に見せてくれました。

容疑者となっていた大浦家の人々ですが、全員がそこそこ人としてどうなんだ?と思ってしまうようなキャラクターで、これ、全員犯人ってことでいいんじゃね?とか思ってしまいました。

そして確かに高平の言う通り、小梅は男を見る目がなさ過ぎで、この駿って孫はどうしようもない男でした。ただストーリー上のミスリード役としては、結構良い仕事をしていたと思います。

そんな小梅ですが、父の高平の事は大好きなようで、そんな風に娘に愛されている高平が、羨ましくなりましたし、最後の方は感動的でした。

そんな父娘のストーリーだった今回ですが、ひよりの方の父娘物語も、1話からほんの少しだけ描かれたりしておりましたが、おそらく今後なんらかの展開がありそうな終わり方でしたので、この先の物語も期待できると思いますし、楽しみです。

ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム

話数 放送日 タイトル 視聴率
第1話 1月11日 デスタンス 12.7%
第2話 1月18日 PTA総選挙 12.4%
第3話 1月25日 青い死体 10.7%
第4話 2月 1日 なかよしくらぶ 10.2%
第5話 2月 8日 メゾン・ド・ギルティ/td> 9.6%
第6話 2月15日 伝説の刑事 9.9%

『メゾン・ド・ポリス』はパラビで配信されています。