3年A組-今から皆さんは、人質です-第8話、キャスト・動画配信先

3年A組-今から皆さんは、人質です-第7話にて、ついに武智が捕まってしまいましたが、澪奈の殺害には関与していないようです。

今回はどのように物語が進んで行くのか、あらすじ、キャスト、感想、動画配信先などを書いていきます。

※この記事にはネタバレが含まれていますので、ご注意ください。


source:Hulu

第7話で逮捕され警察で取り調べを受ける武智はあいもかわらず自分は悪くないと繰り返し、事件に関しては黙秘を続けるのです。しかし郡司の捜査により、相良文香にもお金を渡し買収しようとしていて、元文部文化大臣の牧原丈一郎と繋がっていることがわかりました。

朝になりいつも通り「俺の授業を始める」と言う柊に、生徒たちは武智も捕まったし、もうここにいる理由がないのではと聞くのですが、柊は景山が亡くなった原因は武智がベルムズに依頼したフェイク動画だったが、それが全てではなくむしろこれからが本番だと話し、さらにその答えは明日になればわかると伝えるのでした。

この日3年A組は自習となり、柊は生徒たちにカバンや携帯を返し、家族と連絡をとってもSNSに書き込んでも良いと言いますが、自分に協力していることは伏せて欲しいと言います。そしてもし共犯だということになれば、生徒たちが普通の生活に戻った時に支障をきたすこととなり、それだけは絶対に避けたいと言うのです。

そのためにも生徒たちが悩んだら「ぐ、くる、ぱ」で考えろと話すのでした。そして「大事な決断をする時は、ぐっと踏みとどまって、くるっと頭を一周させれば、ぱっと正しい答えが浮かぶ」と言うのです。

久しぶりに生徒たちは以前のような和気あいあいとした時間を過ごしています。しかし堀部瑠奈は武智が逮捕されるきっかけとなった動画に違和感を感じ、一人解析を続けます。

するとその動画に映っていた武智は、別の人物に顔を合成したことがわかり、さらに詳しく調べると武智の顔の下にあったのは柊の顔だったのです。

困惑した生徒たちに柊はなにも説明もせず、その動画をどうするかは自分たちで決めろと言い残し美術室へと戻るのでした。

そこに五十嵐管理官から電話が入り聞いていると、郡司が五十嵐を追求し始め、文香が五十嵐の実の娘であること、武智と元文部文化大臣牧原丈一郎の名前をあげ、復讐のためにしているのかを尋ねるのですが、五十嵐はそんな相手ならこんな犯罪をすることはないと話すのです。

やがてその場に、本城理事官を筆頭に大勢の刑事たちがあらわれ、郡司の部下宮城の告発により五十嵐はこの事件から外されてしまうのでした。

一方3年A組では柊の動画をマインド・ボイスにアップするかどうかが議論されていました。

生徒たちが話し合っている中、西崎がさらに動画の違和感を感じとり、結局はこの動画自体がフェイクであったことにたどり着くのです。

しかし景山澪奈のフェイク動画が流出した時に、フェイクだということを知っていながら何もしなかった西崎は、武智がこの先も殺人犯としてレッテルを貼りつづけられることを危惧し、柊の動画をアップしようとするのですが瑠奈が西崎を止め「ぐ、くる、ぱ」と言い、もっとちゃんと考えようと言うのでした。

それを監視カメラで見ていた柊は、自分の想いが生徒たちに届いていたことに安堵し、涙を浮かべるのでした。

そこに郡司刑事が校舎に侵入し、さらにSITが突入準備を始めるのでした。

1話「衝撃的学園ミステリー開幕!」、2話「真相発覚!? 心震わす魂の授業」

3話「急展開! 衝撃の真実発覚!」、4話「事件は核心へ―。必見の第4話」

第5話「生徒逃走!? 警察突入! 運命の1時間」

第6話「容疑者は教師!? 怒濤の第2部開幕」

第7話「対決! 犯人教師!? 真相、繋がる―」

第8話「最大の衝撃!真相は今日、覆る―」

第9話「最後の授業。全ての謎が繋がる日」

第10話・最終回「終幕来たる。この日の為に事件は起きた」

柊一颯/菅田将暉

この作品の主人公で美術教師及び3年A組担任です。大学の時にスーツアクターをやっており、次回作でヒーローを任されると言うときに癌が見つかり教師になりました。当初は人物像もつかめず、景山澪奈の真相をあばくことだけが目的かと思われていましたが、それだけではなく、卒業していく生徒たちのために人質事件を起こしたことが分かってきました。余命いくばくもなく、当初に比べかなり身体も弱ってきているようです

3年A組の生徒

茅野さくら/永野芽郁

この作品のヒロインで学級委員長です。クラスで奴隷と呼ばれていましたが、柊と接することによりどんどん変わっていきました。

逢沢博己/萩原利久

校内をカメラで撮影していた生徒で澪奈のドキュメンタリーを制作中でした。柊の内通者で、柊が倒れた時に生徒たちが逃げるのを身体を張って止めようとしますが、あっけなく倒されてしまいました。

秋庭凛/秋田汐梨

かつて柊が倒れ携帯電話が手元に戻った時、真っ先に「ただいまネット世界に生還しました」と投稿しました。

浅見沙也/若林薫

書道部ででメガネをかけている子です。かつて柊が倒れたときに帰宅したいと言っていました。

石倉光多/佐久本宝

ダンスグループに所属していて甲斐グループの一人です。甲斐の家族のことを知り甲斐に協力を申し出ます。堀部瑠奈に好意を寄せていて、瑠奈と同じ電脳部所属に所属する西崎に距離が近いと言って嫉妬します。

魚住華/富田望生

柔道部に所属し食欲旺盛で大柄な女子です。かつての須永の発言により、自分に好意を寄せているのではと思っているうちに須永に好意を寄せるようになります。武智が柔道でスポーツ推薦をしてくれて進学が決まっていましたが、武智が捕まってしまったため、瀬尾と推薦がダメになっても頑張ろうと誓いました。

宇佐美香帆/川栄李奈

かつては自分の好感度を上げるため景山澪奈の人気を利用していたのですが、澪奈には友だちと思われていました。SNSで「やり逃げX」と名乗り澪奈を中傷し、ドーピング疑惑動画もSNSにアップしていました。
そのことを反省したのち、茅野さくらたちと真相を追及しはじめます。

甲斐隼人/片寄涼太

短気で暴力的です。これまではなにかと柊に食って掛かっていました。里見海斗に景山澪奈の動画と撮るように指示した人物で、ベルムズに関係する人物に頼まれ澪奈を引き合わせるのですが、澪奈が拉致されそうになり助けます。母親が半身不随で動けないため、好きなダンスも辞めバイトに明け暮れお金にも困っていたため動画の依頼を受けます。やがてベルムズの関係を打ち明け、友人たちにも心を開きます。

景山澪奈/上白石萌歌

水泳部のスター選手でしたが、ドーピング疑惑などの様々な要因があり、自ら命を絶ってしまいました。

金沢玲央/新條由芽

おさげ髪の少女で、魚住華が須永の発言を勘違いしていたことに若干イラっとしていました。

河合未来/搗宮姫奈

もともと香帆や華と仲が良かった子です。香帆が「やり逃げX」だと知って離れていきました。のちに真相を暴くため、茅野さくら、香帆、華と協力します。

熊沢花恋/堀田真由

水泳部部長で澪奈に嫉妬心を持っていましたが、それを克服し部活を頑張っていました。

小宮山愛華/日比美思

諏訪唯月グループの一人で、風呂に入れない状態が続いていた魚住華に臭いと文句を言っていました

里見海斗/鈴木仁

イケメンで人気があります。景山澪奈に告白するも振られてしまいました。その仕返しで水泳全国大会のロッカー室で景山澪奈の飲み物を飲んでいる動画を撮影しました。その後その動画がドーピング疑惑動画となり、宇佐美香帆のバッグの中に入りました。
3話のペナルティーで殺される5人のうちの1人です。

須永賢/古川毅

甲斐グループの一人で甲斐の家庭の事情を知ってからは甲斐をサポートすることとしました。魚住華が臭いと言われていた時にかばったため、華が好意があると思い込んでいました。今では華に好意を抱かれているようです。

諏訪唯月/今田美桜

クラス女子のカーストトップで、読者モデルをやっています。かつて芸能事務所に所属するための支度金を稼ごうと、ベルムズの喜志が経営するガールズバーへ面接を受けにいったことがあり、その後喜志と付き合うこととなりました。

瀬尾雄大/望月歩

3話での、ペナルティーで殺される5人のうちの1人で、陸上部で短距離をやっています。武智に紹介されスポーツ推薦で進学が決まっていましたが、武智の逮捕により魚住華と推薦がダメになっても頑張ることを誓います。

立野寛人/森山瑛

成績が優秀な生徒で、武智を信じようとしていた瀬尾が逃げようとしたとき一緒に柊を襲撃します。父は音楽プロデューサーです。

辻本佑香/大原優乃

かつて柊が倒れた時、ヒトカラに行きたいからと帰宅を申し出ますが、最終的には教室に残りました。非常に歌が上手く、彼女のオペラはBGMと間違えるくらいのクオリティーです。

中尾蓮/三船海斗

甲斐グループの一人です。第1話で、柊に胸を刺されて死亡したと思われていましたが、柊のトリックでした。水越涼音と付き合っています。

西崎颯真/今井悠貴

3話でのペナルティーで殺される5人のうちの1人で電脳部に所属しています。マインドボイスに流出した防犯カメラ映像を堀部瑠奈と共に解析し、武智の顔を割り出します。

花岡沙良/横田真悠

かつて里見海斗と付き合っていましたが、里見海斗が澪奈を好きになったため別れたようです。

兵頭新/若林時英

野球部に所属するお調子者です。武智を信じようとしていた瀬尾が逃げようとしたとき一緒に柊を襲撃します。

不破航大/飛田光里

筋トレが大好物ということです。

堀部瑠奈/森七菜

電脳部に所属し、3話でのペナルティーで殺される5人のうちの1人です。マインドボイスに流出した防犯カメラ映像を西崎颯真と共に解析し、武智の顔を割り出しましたが、違和感を感じ柊の顔を割り出しました。

真壁翔/神尾楓珠

元水泳部の選手で、澪奈を守るため暴行を受けて選手生命を絶たれてしまいました。その後水泳部のマネージャーとなります。

光永葵/西本銀二郎

吹奏楽部に所属する生徒で、武智を信じようとしていた瀬尾が逃げようとしたとき一緒に柊を襲撃します。

水越涼音/福原遥

中尾の恋人で、かつて水泳部に所属していました。ずっと自分が坪井先生になびかなかったため水泳部を辞めさせられたと思っていましたが、実は激しい運動をすると命が脅かされる不整脈に侵されていたため、坪井がセクハラ・パワハラまがいの辞めさせ方をしたということを知り、坪井の悪評をマインドボイスに流そうとしていた自分を恥じます。

柳本稔/高尾悠希

食べることが好きで、パワー系男子です。

結城美咲/箭内夢菜

3話でのペナルティーで殺される5人のうちの1人です。水越涼音に頼まれ坪井の悪評をマインドボイスに投稿しようとしますが、柊に阻止されます。

※茅野さくら以外の生徒は、あいうえお順です。

魁皇高校の教師

武智大和/田辺誠一

平成最後のカリスマ熱血教師とかなんとか言って、人質事件中でもテレビに出ていました。実は澪奈を貶めるフェイク動画をベルムズに依頼したhunterでした。しかしいまだに自分がやってきたことは問題のないことだと思い続けています。

森崎瑞希/堀田茜

3年C組担任教師で、人気が高いようです。甲斐の家へ行って料理を作り、手助けします。柊に気があるようです。

坪井勝/神尾佑

体育担当で、水泳部の顧問教師です。水泳部での指導はかなり厳しく、追い詰められて退部する生徒までいました。水越涼音も彼氏と遊んでいたからという理由で退部させますが、本当は涼音の病気のためで、自分はそんなやり方しかできないと話します。森崎先生と甲斐の家を訪ね、家ではご飯を食べる担当でした。

佐久間現/バッファロー吾郎A

実家が介護施設を経営しており、甲斐の母親の件で助けになりました。

市村浩一/ベンガル

魁皇高校の校長先生で事なかれ主義のため厄介ごとを嫌います。インタビューでこんな事件があっても当校を受験してと言います。

警察関係者

五十嵐徹/大友康平

警視庁一課の理事官で柊とつながっていました。相楽文香は実の娘ですがそのことは本人には伝えていません。柊との繋がりがバレて担当から外されてしまいます。

郡司真人/椎名桔平

瀬ヶ山署生活安全課の刑事で、柊の元同僚相楽文香にたどり着いたほか、様々な謎を現場で解明していきます。自身も教師だった過去があり、教え子を死なせてしまったことから犯罪撲滅のため警察に転職しました。

宮城遼一/細田善彦

郡司刑事の部下でこれまでは空気のような存在でしたが、郡司の命令を無視して五十嵐管理官のことを本城理事官にチクります。

本城諭/篠井英介

五十嵐の素性がバレたため、後釜の理事官として指揮をとることとなりました。

その他の関係者

相楽文香/土村芳

以前、咲宮高校で教師をしており当時柊と交際していました。現在は精神的な不調により自宅療養中です。かつて武智と面識があり自らも武智にワイロを渡されたり、フェイク動画を流出されたりした過去があります。

相楽孝彦/矢島健一

相楽文香の父で、ヒーロー番組などを制作している撮影所の社長で、柊を手伝い火薬や小道具の偽の手足などを柊に渡していました。文香は妻の連れ子で実の子供ではありません。

甲斐道代/山下容莉枝

甲斐の母親で事故で脊椎を損傷したため寝たきりとなっています。皆の助けもあり佐久間先生の実家が経営する介護施設にお世話になることとなりました。

制作著作:日本テレビ

制作協力:AXON

脚  本:武藤将吾

主 題 歌:ザ・クロマニヨンズ「生きる」(HAPPYSONG RECORDS / Ariola Japan)

チーフプロデューサー:西憲彦

3年A組 第6話の「信じる、信じないゲーム」に続き、今回は「ぐ、くる、ぱ」という怪しいワードがまた出てきました。なにかまた裏があるのかと思い、そんな目でずっと見ていましたが、今回は純粋に生徒たちに自分の想いを伝えたかっただけのようで、そのワードを使い必死に考えている生徒たちを見て、ここまで大きく成長している生徒たちの姿に、柊だけではなく見ているこちらも感動しました。

作品中で五十嵐が管理官という立場でありながら、柊の手伝いをしていたのは、文香が自分の実の娘であったためだということがわかりましたが、その裏にさらに大きな黒幕がいるということも描かれています。そしてその黒幕は元文部文化大臣の牧原丈一郎でもないようです。

ここまでの流れから、あと怪しそうなのはまだエピソードに出てきていない佐久間現先生・森崎瑞希先生・校長先生と郡司の部下宮城あたりですが、あえて意表を突くため、今回初登場した「ミラクル三井」本城理事官の可能性もあります。

また巷では、茅野さくら犯人説や景山澪奈が生きている説、景山澪奈は文香の妹説などさまざまな憶測が飛び交っていますが、柊が物語の中で全ては明日明らかになると言っていましたので、次週色々なことが明らかになるようです。

前回文香が相楽の実の娘ではないことが描かれていたことから、文香の実の父親は五十嵐で、それもあり柊を手伝っていたのだろうと言うのはある程度推測できましたし、茅野さくらの態度から流出した監視カメラ動画も柊と茅野さくら(おそらく)の二人ではないかとも推測できましたが、まだなぜそこまで手の込んだことをやったのかが不明となっています。

ここまで手の込んだ仕掛けをしてきたのですから、黒幕というのは元文部文化大臣の牧原丈一郎程度の小物ではなく、もっと大きく意外な人物や組織であることを期待したいと思います。

そして今回は「ミラクル三井」本城理事官がやってきて、五十嵐理事官の邪魔をしますが、「トレース科捜研の男」で虎丸刑事の邪魔をするだけでは気が済まないのでしょうか。

3年A組-今から皆さんは、人質です-も残すところあと2話となりました。もっともっと見ていたい気もしますが、ラスト2回でどう決着をつけてくれるのでしょうか非常に楽しみです。

ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム

話数 放送日 サブタイトル 視聴率
第1話 1月 6日 衝撃的学園ミステリー開幕! 10.2%
第2話 1月13日 真相発覚!? 心震わす魂の授業 10.6%
第3話 1月20日 急展開! 衝撃の真実発覚! 11.0%
第4話 1月27日 事件は核心へ―。必見の第4話 9.3%
第5話 2月 3日 生徒逃走!? 警察突入! 運命の1時間 10.4%
第6話 2月10日 容疑者は教師!? 怒濤の第2部開幕 11.7%
第7話 2月17日 対決! 犯人教師!? 真相、繋がる― 11.9%
第8話 2月24日 最大の衝撃!真相は今日、覆る― 12.0%

『3年A組-今から皆さんは、人質です-』の見逃し配信はHuluで

※配信話数・状況・内容等はサイトにてご確認ください。

スポンサーリンク