ブレイキング・バッド シーズン1全話あらすじ、感想、ネタバレ、動画配信先

放送終了後5年以上過ぎても色あせない名作海外ドラマというのはそれほど多くはないと思います。そんな名作の一つに、間違いなく「ブレイキング・バッド」は含まれると思います。

そんな名作「ブレイキングバッド」をシーズン1から振り返ってみたいと思います。

※この記事にはネタバレが含まれていますので、ご注意ください。


source:IMDb

ウォルター・ホワイト/ ブライアン・クランストン

この物語の主人公で科学の高校教師です。温厚で真面目な性格ですが生徒には尊敬されていません。検査の結果肺癌が見つかります。

ジェシー・ピンクマン/アーロン・ポール

ウォルターの教え子で、キャプテン・クックという名前でチリパウダー入りのメス精製を行っていました。ウォルターの相棒となりメスの精製・販売を行います。自分でも薬をやっているジャンキーです。

スカイラー・ホワイト/アンナ・ガン

ウォルターの妻で、2人目の子供を妊娠中です。ウォルターとの夫婦仲は今は悪くありません。

ウォルター・ホワイト・Jr.(フリン)/RJ・ミッテ

ウォルターとスカイラーの長男です。脳性麻痺により、若干の言語障害と軽度の運動障害があり、松葉杖を必要としています。ジュニアと呼ばれることを嫌がり、フリンと呼ばれたがります。

マリー・シュレイダー/ベッツィ・ブラント

スカイラーの妹でウォルターの義妹です。ストレスにより盗みを働きます。夫はハンク・シュレイダーです。

ハンク・シュレイダー/ディーン・ノリス

麻薬取締局(DEA)の捜査官でマリー・シュレイダーの夫です。ウォルターの義弟で陽気で社交的な性格です。非常に家族思いで、フリンのことを可愛がっています。

スティーブン・ゴメス/スティーヴン・マイケル・ケサダ

DEAでのハンクの同僚で相棒です。

トゥコ・サラマンカ/レイモンド・クルス

ドラック売買の元締めです。スキニー・ピートの紹介でジェシーが大量にメスを売ろうとしますが、金を払わずジェシーをボコボコにし、重傷を負わせます。

クレイジー・エイト/マックス・アルジニエガ

メスの卸売販売をしている男で、タンピコ家具店の息子です。本名はドミンゴ・ガヤルド・モリーナ。

エミリオ・コヤマ/ジョン・コヤマ

ジェシーの元相棒で、クレイジー・エイトのいとこです。ハンク達が突入した時に逮捕されましたがすぐ保釈されました。保釈されたのちクレイジー・エイトと共にウォルターを脅し、メスの作り方を聞き出そうとしますが、ウォルターにリン化水素で殺害されます。

バッジャー/マッド・L・ジョーンズ

ジェシーの悪友で、保護観察中のため心を入れ替えたふりをし、着ぐるみを着て仕事をしています。

スキニー・ピート/チャールズ・ベイカー

ジェシーの悪友の1人で、トゥコ・サラマンカと刑務所で同房だったため、ジェシーにトゥコを紹介します。

ウェンディ/ジュリア・ミネシ

ジェシーと関係のある娼婦で、フリンに薬の怖さを教えていたハンクに声を掛けられます。

エリオット・シュワルツ/アダム・ゴドリー

かつてのウォルターの同窓生で、大学時代ウォルターと共に起業した会社の社長で大金持ちです。

グレッチェン・シュワルツ/ジェシカ・ヘクト

ウォルターのかつての恋人でしたが、現在はエリオットの妻で会社の共同経営者です。

第1話 化学教師 ウォルター・ホワイト

ニューメキシコ州アルバカーキに住むウォルター・ホワイトは、妻と脳性麻痺の長男と暮らす、ごく平凡な生活を送っており、化学教師と放課後洗車場でアルバイトをして生活を支えています。

ある日洗車場でのアルバイト中に倒れ、救急車で病院へと運ばれ検査を受けた結果、肺癌が見つかり余命2年を宣告されるのでした。

かつて自身の誕生日の時、麻薬は儲かるということを聞いていたウォルターは、義弟のハンクに頼み込み、キャプテン・クックと名乗る男の、覚せい剤の一種メタンフェタミン(通称メス)精製現場突入に同行することとなりました。

DEAのチーム突入後、ウォルターは車の中で現場検証が終わるのを待っていました。すると2階から逃走する見覚えのある一人の男を目にするのでした。その男こそウォルターのかつての教え子で、のちに相棒となるジェシー・ピンクマンだったのです。

その後ウォルターは、メス精製のため学校から器具一式を盗み出し、精製拠点となるキャンピングカーも手配し、メス精製を始めるのでした。

第2話 新しい相棒

ウォルターはクレイジー・エイトとエミリオをリン化水素で倒したのですが、死亡したと思われていた二人の内、クレイジー・エイトはまだ生存しており、キャンピングカーを抜け出し道をフラフラ歩いているところを、再びウォルターに捕まりました。

エミリオの死体とクレイジー・エイトをこのままにしておけない二人は、エミリオの死体を強力な酸で溶かし、クレイジー・エイトは殺害することにしました。

結局誰がどっちをやるかはコイントスで決め、ジェシーは死体処理を、ウォルターはクレイジー・エイト殺害することになりました。

一方妻のスカイラーは、あるきっかけによりジェシー・ピンクマンの存在を知ります。ウォルターを問い詰めると、葉っぱを買っただけと言い訳をしますが、スカイラーはジェシーの家へと出向き、もう夫にマリファナを売るなと告げるのです。

丁度死体の始末をしようとしていたジェシーは、死体が見つからないように必死で隠しながら、スカイラーをやり過ごします。その後死体を二階まで運び、バスタブの中に入れフッ化水素酸を注ぎ込むのですが。

第3話 人間の成分

バスタブや二階の天井までフッ化水素酸により溶けてしまい、赤いどろどろの液体となり降ってきたエミリオの遺体を、無言で二人で片付けることとなりました。

クレイジー・エイトの始末を決めかねていたウォルターは、始末せずに済む理由を考え始め、やがてクレイジー・エイトにも自分を説得するように話すのでした。

ウォルターはクレイジー・エイトに食事を持って行った際、肺癌の影響により気絶し食器を割ってしまいます。目覚めたウォルターは食器を片付け、台所へと持って行き皿を組み立てなおしたところ欠片が足りないことに気づくのです。そしてクレイジー・エイトが皿の欠片で自分を刺そうとしていることに気づき、泣きながらとどめを刺すのでした。

その頃DEAはウォルターがメスを精製していた場所を見つけ出し、そこにあったクレイジー・エイトの車と落していったガスマスクも入手するのでした。

第4話 家族への告知

DEAではクレイジーエイトの車から発見された99.1%という純度の高いメスと、押収したガスマスクのフィルターから検出されたメスが同一ということで、新たなメス精製者の存在に気付くのでした。

ある週末ウォルター家とシュレイダー家とで楽しく食事をしていたのですが、ウォルターは自身の肺癌のことを話すのでした。

家族たちはウォルターにセカンドオピニオンを勧め、マリーが癌の名医を紹介してくれるのですが、診察の保証金に5千ドル必要となり、メス精製で稼いだお金を銀行で小切手にしてもらいに行きます。駐車場に車を停めようと空くのを待っていると、ちょっとした隙にケン・ウインズの車に停められてしまいました。

ある日運転中猛烈に咳き込んだウォルターが車を停めると、ガソリンスタンドでケン・ウインズの車を見つけました。駐車場の件を根に持っていたウォルターはその車のボンネットを開け、バッテリーをショートさせ、爆発させるのでした。

第5話 ウォルターの選択

ウォルターと決別しメス精製を諦めたジェシーは、まともな仕事をしようと面接を受け営業職を希望したのですが、募集していたのは着ぐるみを着て呼び込みを行う仕事でした。そこで着ぐるみを着て呼び込みをしていた悪友のバッジャーに出会うのです。

その頃ウォルターは大学時代に一緒に会社を起業したエリオットと、グレッチェン夫妻のホームパーティに出席していました。そのパーティーの席で仕事の誘いや、治療費支援の申し出をされたのですが、プライドが傷ついたウォルターは、家族に内緒で申し出を断ってしまいました。

一方ジェシーは悪友のバッジャーとメス精製を再開するのですが、あまりの品質の悪さに精製したメスを全て捨てて、バッジャーを荒野に置いて帰ってしまいました。

当初は頑なに治療を拒んでいたウォルターですが、家族の説得もあり治療を受けることになりました。しかしお金のないウォルターは自分の治療費を稼ぐため再びジェシーとメス精製をすることを決めたのです。

第6話 最凶のワル

ウォルターがメス精製を再開してからは順調にメスが作られますが、販売ルートの元締めだったクレイジー・エイトをウォルターが殺害したため、大量販売できずお金になりません。

そこでジェシーは地域を取り仕切るトゥコ・サラマンカを悪友のスキニー・ピートに紹介してもらい、大量販売しようとしますがメスだけ取り上げられ、重傷を負わされてしまいました。

ジェシーの復讐のためトゥコの元へと出向いたウォルターは、自らを「ハイゼンベルク」と名乗り、メスと見せかけた雷酸水銀を大爆発させてトゥコを脅し取引を成功させるのでした。

第7話 犯罪の境界線

トゥコとの取引を成功させ、週2ポンドずつ販売することになったウォルターですが、週2ポンド精製するためには原料が足りないとジェシーに言われます。

そこでウォルターはメチルアミンを使って精製する方法へと転換することを決め、ジェシーに材料の調達を依頼するのでしたが、メチルアミンがどうしても手に入らなかったのです。

そこで自分たちで盗み出すことを決め、強力な化学物質であるテルミットを精製し鍵を焼き壊して侵入し盗み出すことに成功するのでした。

メチルアミンを使用した新たな精製方法で作り出したメスは、色はこれまでと違いブルーでしたが、純度はこれまでと同じ99.1の高純度という製品で、後に色だけを真似る製品も出るほどの人気となるブルーメスが初めてこの世に登場した瞬間でした。

これからニューメキシコ州を中心として、アメリカを席巻していくブルーメス及び、麻薬界にこの人ありとまで言われる「ハイゼンベルグ」登場までを描いたシーズンで、後に名作と言われるブレイキングバッドの始まりとなる、最も大切なシーズンです。

またこのシーズンに登場するキャラクターたちも、後のシーズンやスピンオフドラマ「ベター・コール・ソウル」に登場する人物も大勢いて、このシーズンがあったからこそ、後の全ての物語に繋がっていくことを想うと、感慨深くなります。

この頃のウォルター・ホワイトは、まだ小心者で善人なので、犯罪に対してかなり抵抗があり、クレイジー・エイトに対しての葛藤など、のちのウォルターには考えられないほど純真です。

しかしこんなウォルターが時には慎重に、時には大胆に手探りで悪の道へと踏み出していく姿が、多くの人たちの興味を引いたのは間違いないと思います。

また初登場時には少々情けなかったジェシー・ピンクマンも回を重ねるごとにどんどん魅力的になってきて、制作陣は当初シーズン1で死亡させるハズだったジェシーを、シーズン2以降も重要人物として使い続けたというのも、納得できます。

今となってはジェシーのいないブレイキングバッドなんて考えられませんが、仮にシーズン1でジェシーがいなくなったらどうなるんだろうと考えると、怖いものがあります。
(なにしろ、映画ブレイキング・バッドでは、ジェシーが主役とも言われていますので。)

ちなみに第4話で、ケン・ウインズのエピソードを書いたのは、ベター・コール・ソウルにもケン・ウインズが登場するからです。

ここまでシーズン1のことを書いてきましたが、この作品はシーズン2以降になるにつれ、どんどん面白くなっていきますので、引き続きシーズン2以降も書いていきたいと思います。

2019年2月28日現在ドラマ『ブレイキング・バッド』の動画はNetflixで、見放題にて配信されております。

また同じく2019年2月28日現在、U-NEXTではポイントで、amazonプライムビデオdTVでは有料にて配信されております。
※配信状況、内容については各サイトにてご確認ください。

尚、ブレイキング・バッドは2019年2月28日現在Huluでは配信されていません。