3年A組-10話・最終回、あらすじ・ネタバレ・テレビ見逃し配信

3年A組-今から皆さんは、人質です-もいよいよ第10話、最終回を迎えました。これでここまでの謎の全てが解き明かされ、景山澪奈の死の真相、第9話で茅野さくらが言った「私が澪奈を殺したの」と言う言葉の意味が語られることとなります。

※この記事にはネタバレが含まれていますので、ご注意ください。


source:Hulu

郡司刑事を連れ屋上へ出た柊一颯は警察の狙撃手により胸を撃たれました。そして本城諭理事官の指令によりSITが突入を開始したのです。

その時いきなり校舎が爆破され、SITの突入が阻止されたのでした。そしてみんなが屋上を見ると柊が立ち上がったのです。柊は防弾チョッキを着ていたのでした。

その後柊は、翌朝8時に真実を告げると話し一旦降りて行くのでした。その頃マインド・ボイス上では、柊に対する罵詈雑言が書き込まれているのでした。

やがて柊は、郡司刑事に事件を起こした経緯を話し始めます。

それによると、切っ掛けは相楽文香のフェイク動画とのことでした。

そしてそこからベルムズへ、やがて武智大和へとたどり着いた柊は、魁皇高校の教師になることを決心したのです。

しかし魁皇高校で勤務し始めてすぐに癌が再発し、しばらく入院生活を余儀なくされたのでした。

やがて体調を取り戻し学校へ戻った柊は、逢沢博己が見ていた景山のフェイク動画を見るここととなるのです。

そしてその後武智の電話を盗聴した柊は、景山のフェイク動画の依頼者が間違いなく武智だということを確認して、景山に対し力になることを約束するのでした。

しかし柊は、その後の診察で余命1年を宣告されたのです。その時柊の携帯が鳴り景山の死が伝えられたのです。

そのことにより計画を実行することを心を決めた柊に、相楽孝彦は文香の実の父・五十嵐理事官を紹介し、この計画を進めることになったのです。

その後協力者たちの手助けもあり、学校に大掛かりな仕掛けをした上、逢沢博己に協力を頼んでこの人質事件を起こしたのでした。

その頃3年A組の教室では、茅野さくらが景山澪奈を殺したと言う真相を話し始めるのでした。

それによると澪奈の自殺当日、さくらが澪奈を屋上へと呼び出し、これまでのことを謝っていたのですが、その時突然さくらの携帯が鳴ったのです。

その瞬間澪奈は取り乱し、周りに向かって「やめて、なんでそんなこと言うの、なんで私を責めるの」と言い始めるのです。

そして澪奈はさくらに対し「味方だと分かっている」と言いましたが、「でもみんなが敵に見えて、そんな風に思う自分がたまらなく嫌で、もう無理だ」と話し、屋上から飛び降りたのです。

あわててさくらは澪奈の手をつかみ、助けようとするのですが、「離して。もう限界なの、楽にさせて」と言う澪奈の言葉につい手を放してしまったと言い、だから私が澪奈を殺したと言うのでした。

その話を聞いた逢沢は、さくらに対し「それは違う、自分を責めるなよ」と言うのです。

しかしさくらは柊にもそう言われたと言い、そして「今先生がやろうとしていることは、澪奈が飛び降りた原因を解き明かすことで、手を離した私の気持ちとは別のこと。私の罪は消えない。」と自分を責め続けるのです。

やがて朝になり、柊は再び屋上へと上っていったのです。

するとその映像を見た3年A組の生徒たちが「先生は屋上から飛び降りるつもりかもしれない。」と言い、屋上へとつながる通路を塞いでいる瓦礫を取り除き始めるのです。

その時マインド・ボイスへの、柊の真相告白が始まりました。

柊は最初に自分が犯人と見せかけた、偽の動画をマインド・ボイス上で流し、その動画はフェイク動画で、景山澪奈の自殺と、なにも関係がないということを、マインド・ボイスユーザーに伝えたのです。

するとユーザーたちは一斉に混乱しながらも、柊をけなす声が書き込まれたのです。

すると柊はこの書き込みこそが自分が立てこもった最大の理由だと言うのでした。

柊は前回生徒たちにこの事件を起こした理由をを話していました。

それによると柊は、SNSによる暴力を世に知らしめるため、フェイク動画を使って、状況を2転3転させ、それによっていかに自分たちが不確かな情報に踊らされていたかを知らしめるためだったと伝えていたのでした。

1日目から10日目までに、その都度状況が変わるごとに嘘に踊らされ、信ぴょう性のない情報にコロコロと自分の意見を変え、心無い言葉をネット上で浴びせかけた。そんな愚かなネットユーザーの行動をあぶりだすため、この事件を起こしたと言うのです。

そして知らない相手のことを簡単にウザイ・キモイ・死ねなどという、自覚のない悪意が景山澪奈を殺したと言い、SNSによる何千・何万という悪にまみれた言葉のナイフで何度も何度も刺されて景山澪奈の心が死んだと言うのでした。

さらに景山はネットの罵詈雑言によって、幻覚や幻聴を感じるようになり、みんなが自分の悪口を言っていると、頭では言うハズがないと分かっていても、どうしてもそう感じてしまうようになっていて、泣きながら柊に助けを求めていたと話すのでした。

澪奈が屋上から飛び降りたあの日、さくらと話していた時も、さくらの携帯が鳴った時に澪奈は周りから悪意に満ちた言葉が聞こえてきていたのでした。

1話「衝撃的学園ミステリー開幕!」、2話「真相発覚!? 心震わす魂の授業」

3話「急展開! 衝撃の真実発覚!」、4話「事件は核心へ―。必見の第4話」

第5話「生徒逃走!? 警察突入! 運命の1時間」

第6話「容疑者は教師!? 怒濤の第2部開幕」

第7話「対決! 犯人教師!? 真相、繋がる―」

第8話「最大の衝撃!真相は今日、覆る―」

第9話「最後の授業。全ての謎が繋がる日」

第10話・最終回「終幕来たる。この日の為に事件は起きた」

柊一颯/菅田将暉

この作品の主人公で美術教師及び3年A組担任です。大学の時にスーツアクターをやっており、次回作でヒーローを任されると言うときに癌が見つかり教師になりました。当初は人物像もつかめず、景山澪奈の真相をあばくことだけが目的かと思われていましたが、それだけではなく、卒業していく生徒たちのために人質事件を起こしたことが分かってきました。余命いくばくもなく、当初に比べかなり身体も弱ってきているようです

3年A組の生徒

茅野さくら/永野芽郁

この作品のヒロインで学級委員長です。クラスで奴隷と呼ばれていましたが、柊と接することによりどんどん変わっていきました。景山澪奈とは友達でした。

逢沢博己/萩原利久

校内をカメラで撮影していた生徒で澪奈のドキュメンタリーを制作中でした。柊の内通者で、柊が倒れた時に生徒たちが逃げるのを身体を張って止めようとしますが、あっけなく倒されてしまいました。

秋庭凛/秋田汐梨

かつて柊が倒れ携帯電話が手元に戻った時、真っ先に「ただいまネット世界に生還しました」と投稿しました。

浅見沙也/若林薫

書道部ででメガネをかけている子です。かつて柊が倒れたときに帰宅したいと言っていました。

石倉光多/佐久本宝

ダンスグループに所属していて甲斐グループの一人です。甲斐の家族のことを知り甲斐に協力を申し出ます。堀部瑠奈に好意を寄せていて、瑠奈と同じ電脳部所属に所属する西崎に距離が近いと言って嫉妬します。

魚住華/富田望生

柔道部に所属し食欲旺盛で大柄な女子です。かつての須永の発言により、自分に好意を寄せているのではと思っているうちに須永に好意を寄せるようになります。数年後努力の甲斐あって須永と付き合います。

宇佐美香帆/川栄李奈

かつては自分の好感度を上げるため景山澪奈の人気を利用していたのですが、澪奈には友だちと思われていました。SNSで「やり逃げX」と名乗り澪奈を中傷し、ドーピング疑惑動画もSNSにアップしていました。
そのことを反省したのち、茅野さくらたちと真相を追及しはじめました。

甲斐隼人/片寄涼太

短気で暴力的です。これまではなにかと柊に食って掛かっていました。里見海斗に景山澪奈の動画と撮るように指示した人物で、ベルムズに関係する人物に頼まれ澪奈を引き合わせるのですが、澪奈が拉致されそうになり助けます。母親が半身不随で動けないため、好きなダンスも辞めバイトに明け暮れお金にも困っていたため動画の依頼を受けます。やがてベルムズの関係を打ち明け、友人たちにも心を開きます。

景山澪奈/上白石萌歌

水泳部のスター選手でしたが、ドーピング疑惑などの様々な要因があり、自ら命を絶ってしまいました。茅野さくらのことは本当の友達だと思っていました。

金沢玲央/新條由芽

おさげ髪の少女で、魚住華が須永の発言を勘違いしていたことに若干イラっとしていました。数年後里見海斗との間に子供を授かります。

河合未来/搗宮姫奈

もともと香帆や華と仲が良かった子です。香帆が「やり逃げX」だと知って離れていきました。のちに真相を暴くため、茅野さくら、香帆、華と協力します。

熊沢花恋/堀田真由

水泳部部長で澪奈に嫉妬心を持っていましたが、それを克服し部活を頑張っていました。やがてオリンピック強化合宿に呼ばれるくらい実力を上げていきました。

小宮山愛華/日比美思

諏訪唯月グループの一人で、風呂に入れない状態が続いていた魚住華に臭いと文句を言っていました。

里見海斗/鈴木仁

イケメンで人気があります。景山澪奈に告白するも振られてしまいました。その仕返しで水泳全国大会のロッカー室で景山澪奈の飲み物を飲んでいる動画を撮影しました。その後その動画がドーピング疑惑動画となり、宇佐美香帆のバッグの中に入りました。数年後金沢玲央と付き合い子供を授かります。
3話のペナルティーで殺される5人のうちの1人です。

須永賢/古川毅

甲斐グループの一人で甲斐の家庭の事情を知ってからは甲斐をサポートすることとしました。魚住華が臭いと言われていた時にかばったため、華が好意があると思い込んでいました。今では華に好意を抱かれているようです。数年後華に押し切られ付き合うことになりました。

諏訪唯月/今田美桜

クラス女子のカーストトップで、読者モデルをやっています。かつて芸能事務所に所属するための支度金を稼ごうと、ベルムズの喜志が経営するガールズバーへ面接を受けにいったことがあり、その後喜志と付き合うこととなりました。

瀬尾雄大/望月歩

3話での、ペナルティーで殺される5人のうちの1人で、陸上部で短距離をやっています。武智に紹介されスポーツ推薦で進学が決まっていました。のちにどうやら無事に進学できて陸上部を頑張っているようです。

立野寛人/森山瑛

成績が優秀な生徒で、武智を信じようとしていた瀬尾が逃げようとしたとき一緒に柊を襲撃します。父は音楽プロデューサーです。

辻本佑香/大原優乃

かつて柊が倒れた時、ヒトカラに行きたいからと帰宅を申し出ますが、最終的には教室に残りました。非常に歌が上手く、彼女のオペラはBGMと間違えるくらいのクオリティーです。やがてCDデビューします。

中尾蓮/三船海斗

甲斐グループの一人です。第1話で、柊に胸を刺されて死亡したと思われていましたが、柊のトリックでした。水越涼音と付き合っています。

西崎颯真/今井悠貴

3話でのペナルティーで殺される5人のうちの1人で電脳部に所属しています。マインドボイスに流出した防犯カメラ映像を堀部瑠奈と共に解析し、武智の顔を割り出します。数年後スーツアクターになります。

花岡沙良/横田真悠

かつて里見海斗と付き合っていましたが、里見海斗が澪奈を好きになったため別れたようです。

兵頭新/若林時英

野球部に所属するお調子者です。武智を信じようとしていた瀬尾が逃げようとしたとき一緒に柊を襲撃します。

不破航大/飛田光里

筋トレが大好物ということです。

堀部瑠奈/森七菜

電脳部に所属し、3話でのペナルティーで殺される5人のうちの1人です。マインドボイスに流出した防犯カメラ映像を西崎颯真と共に解析し、武智の顔を割り出しましたが、違和感を感じ柊の顔を割り出しました。数年後とても美人になっていました。石倉の気持ちには気づいていたようです。

真壁翔/神尾楓珠

元水泳部の選手で、澪奈を守るため暴行を受けて選手生命を絶たれてしまいました。その後水泳部のマネージャーとなります。マネージャーを勧めてくれた茅野さくらには感謝しています。数年後花恋の専属トレーナーになります。

光永葵/西本銀二郎

吹奏楽部に所属する生徒で、武智を信じようとしていた瀬尾が逃げようとしたとき一緒に柊を襲撃します。

水越涼音/福原遥

中尾の恋人で、かつて水泳部に所属していました。ずっと自分が坪井先生になびかなかったため水泳部を辞めさせられたと思っていましたが、実は激しい運動をすると命が脅かされる不整脈に侵されていたため、坪井がセクハラ・パワハラまがいの辞めさせ方をしたということを知り、坪井の悪評をマインドボイスに流そうとしていた自分を恥じます。

柳本稔/高尾悠希

食べることが好きで、パワー系男子です。

結城美咲/箭内夢菜

3話でのペナルティーで殺される5人のうちの1人です。水越涼音に頼まれ坪井の悪評をマインドボイスに投稿しようとしますが、柊に阻止されます。

※茅野さくら以外の生徒は、あいうえお順です。

魁皇高校の教師

武智大和/田辺誠一

平成最後のカリスマ熱血教師とかなんとか言って、人質事件中でもテレビに出ていました。実は澪奈を貶めるフェイク動画をベルムズに依頼したhunterでした。しかしいまだに自分がやってきたことは問題のないことだと思い続けています。

森崎瑞希/堀田茜

3年C組担任教師で、人気が高いようです。甲斐の家へ行って料理を作り、手助けします。柊に気があるようです。

坪井勝/神尾佑

体育担当で、水泳部の顧問教師です。水泳部での指導はかなり厳しく、追い詰められて退部する生徒までいました。水越涼音も彼氏と遊んでいたからという理由で退部させますが、本当は涼音の病気のためで、自分はそんなやり方しかできないと話します。森崎先生と甲斐の家を訪ね、家ではご飯を食べる担当でした。

佐久間現/バッファロー吾郎A

実家が介護施設を経営しており、甲斐の母親の件で助けになりました。

市村浩一/ベンガル

魁皇高校の校長先生で事なかれ主義のため厄介ごとを嫌います。インタビューでこんな事件があっても当校を受験してと言います。

警察関係者

五十嵐徹/大友康平

警視庁一課の理事官で柊とつながっていました。相楽文香は実の娘ですがそのことは本人には伝えていません。柊との繋がりがバレて担当から外されてしまいます。

郡司真人/椎名桔平

瀬ヶ山署生活安全課の刑事で、柊の元同僚相楽文香にたどり着いたほか、様々な謎を現場で解明していきます。自身も教師だった過去があり、教え子を死なせてしまったことから犯罪撲滅のため警察に転職しました。

宮城遼一/細田善彦

郡司刑事の部下でこれまでは空気のような存在でしたが、郡司の命令を無視して五十嵐管理官のことを本城理事官にチクります。

本城諭/篠井英介

五十嵐の素性がバレたため、後釜の理事官として指揮をとることとなりました。

その他の関係者

相楽文香/土村芳

以前、咲宮高校で教師をしており当時柊と交際していました。現在は精神的な不調により自宅療養中です。かつて武智と面識があり自らも武智にワイロを渡されたり、フェイク動画を流出されたりした過去があります。

相楽孝彦/矢島健一

相楽文香の父で、ヒーロー番組などを制作している撮影所の社長で、柊を手伝い火薬や小道具の偽の手足などを柊に渡していました。文香は妻の連れ子で実の子供ではありません。

甲斐道代/山下容莉枝

甲斐の母親で事故で脊椎を損傷したため寝たきりとなっています。皆の助けもあり佐久間先生の実家が経営する介護施設にお世話になることとなりました。

制作著作:日本テレビ

制作協力:AXON

脚  本:武藤将吾

チーフプロデューサー:西憲彦

主 題 歌:ザ・クロマニヨンズ「生きる」(HAPPYSONG RECORDS / Ariola Japan)

今回でこれまでの全ての謎が解けました。

結局景山澪奈を死に追いやった犯人というのは、好き勝手なことを書き、本当に無実の人でも、一旦話題に上ると炎上させて犯人扱いする、SNSマインド・ボイスの匿名ネット民でした。

このことをSNSマインド・ボイスのユーザーに訴えかける時の、柊一颯を演じた菅田将暉さんの演技は神がかったものがあり、見ている者に強いメッセージが伝わってきました。

今現在この年代の俳優の中では本当に1・2を争う役者さんだと思いました。

そしてマインド・ボイスでの、ネット中継が終わってからのストーリーもまた素晴らしく、中継を終えメガネを外し屋上の端に立った時に、丁度茅野さくらがやってきました。

そしてそのまま柊は後ろへと落ちていきます。しかしそこでさくらが柊の腕を掴み、落ちるのを防ぎます。

しかし柊は、さくらに対し「手を離せ、楽にさせてくれ。」と言うと、さくらに澪奈が落ちる時のフラッシュバックが起き、当時のことを思い出したのです。

それは落ちそうになる澪奈の手を再び両手で支え「絶対ダメ、ずっとそばにいるから、一緒にいるから生きて」と呼び掛け助けようとするのですが、どうしても支えきれずに落ちてしまうという事実でした。

やはり茅野さくらは澪奈が落ちたことによる罪悪感で、自分の記憶を自分で手を離したかのように塗り替えていたようです。

さくらは本当に澪奈を助けたかったんだと思うと、つらく悲しいことだったと思いますし、記憶があいまいになるのも仕方のないことだと思います。

一方現在落ちかけている柊ですが、さくらが支えていると他の3年A組の生徒たちがやってきて、みんなで引っ張り上げます。

そして実は柊が飛び降りしようとしていたのは、さくらの記憶を取り戻すための、死ぬつもりがない嘘だったのです。

と言うのも柊はメガネを外していて6話でのメガネを外したら信じるな「信じる、信じないゲーム」だったのです。

まさかここにきて、その「信じる、信じないゲーム」へと繋げていくと言うのは思いもよりませんでしたし、本当に感動的であり、見事というしかありません。

そのおかげでさくらも救われて本当に良かったと思います。

また前回まで武智大和の目には、世界がゆがんで見えていたのですが、これがネットの罵詈雑言によって幻覚や幻聴を感じるようになり、みんなが自分の悪口を言っていると感じていたということを表現していたのですね。

最期に武智が相楽文香にちゃんと謝っていたり、文香が強く生きる決心をしたところなどもしっかり描かれていて、スッキリと見終えることができました。

ただ8話で、武智が子供の頃からイジメられていたフラッシュバックが描かれていいましたが、そのことや郡司刑事の教師時代などももう少し掘り下げて欲しかったと思います。

そしてなんと現在HuluではHuluオリジナル、-今から皆さんだけの、卒業式です-の前編が配信されています。そして3月17日AM0時に後編が配信となります。

これは柊一颯が逮捕後、教室に残されたパソコンに「卒業式」という名前のファイルが入っていて、そのファイルを開くと、「これから俺の卒業式を始める」という声で始まるのです。そして「俺に向かって、おまえたちが目指す未来を語れ」と言うのでした。ここから3年A組の29人だけの卒業式が始まります。

そして柊がパソコンから一人ずつ名前を呼び、呼んだ人について柊の想いを語るのです。そして生徒たちが自分の夢を語るのでした。

1話41分くらいありますので、第10話・最終回が終わって少し寂しい気持ちを慰めるため、あと残り2話をゆっくり噛みしめながら見たいと思います。

ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム

話数 放送日 サブタイトル 視聴率
第1話 1月 6日 衝撃的学園ミステリー開幕! 10.2%
第2話 1月13日 真相発覚!? 心震わす魂の授業 10.6%
第3話 1月20日 急展開! 衝撃の真実発覚! 11.0%
第4話 1月27日 事件は核心へ―。必見の第4話 9.3%
第5話 2月 3日 生徒逃走!? 警察突入! 運命の1時間 10.4%
第6話 2月10日 容疑者は教師!? 怒濤の第2部開幕 11.7%
第7話 2月17日 対決! 犯人教師!? 真相、繋がる― 11.9%
第8話 2月24日 最大の衝撃!真相は今日、覆る― 12.0%
第9話 3月 3日 最後の授業。全ての謎が繋がる日 12.9%
第10話 3月 3日 終幕来たる。この日の為に事件は起きた 15.4%

『3年A組-今から皆さんは、人質です-』の見逃し配信はHuluで

※配信話数・状況・内容等はサイトにてご確認ください。

スポンサーリンク
日テレドラマ