メゾンドポリス10話・最終回、あらすじ、ネタバレ感想、ゲスト、キャスト・動画配信先

メゾンドポリス第9話で野間に追い詰められていったひよりとメゾンのおじさんたちです。

そして、情報を流していたのはフリーライターの真琴でした。はたしてメゾンのメンバーたちは、この危機から逃れることができるのか?

いよいよメゾンドポリス、第10話・最終回のあらすじ、感想などを紹介していきます。

※この記事にはネタバレが含まれていますのでご注意ください。

電話で小梅を狙うと脅された高平は小梅の元へ行くのでした。そこへひよりから電話が入り、メゾンで爆発があり藤堂が大怪我をしたので向かって欲しいと言われるのですが、脅されていて戻れないと言います。

その頃野間にもう少しメゾンのみんなを見張って欲しいと言われていた真琴は、市野沢和子を殺害することは聞いていないと言い、メゾンの情報を伝えるだけで人殺しの手伝いをする気はないと言うのです。

その時藤堂はいきなり真琴に襲い掛かり、彼女が盗み撮りしていたレコーダーを取り上げたのです。そして真琴は野間から金を受けとり、家へ帰ったのです。

真琴の家では野間の部下が桃香を見ており、家に帰った真琴は野間の部下を帰すのです。しかしその会話を桃香は聞いていたのでした。

自宅待機を言い渡されたひよりはメゾンへと向かい、爆発により荒れた室内で呆然としていました。するとそこへ伊達が戻ってきたのでした。

そこで2人はインスタントラーメンを食べながら、ひよりはみんなバラバラですと話します。

迫田は若林和史の遺体についての取り調べ中で、夏目は警察に追われ逃亡中、藤堂は火傷と打撲で暫く入院が必要で、高平は小梅のことで脅されここには来られないと言うのです。

気弱になるひよりを、伊達は歳を取るとあきらめが悪くなり、今頃みんなも燃えていると言って、励ますのでした。

そこへなんと、小梅を狙うと脅されていた高平が戻ってきてメゾンの荒れように驚くのです。それを草介は盗聴しているのでした。

夏目のその後

その頃夏目は青戸組のフロント企業、青幸興業の大黒毅を探していたのです。

やがて大黒の居場所を見つけ、受付の制止を振り切り踏み込んだのです。

そして「お前が若林を殺害した」と言い、靴底に若林の血液がついた、証拠の靴を持ち帰ったのでした。

証拠の靴を持っていかれた大黒は、警察内通者に電話し「夏目が証拠の靴を持ち込むかもしれないので、いつものように処分してください」と言うのでした。

藤堂・迫田・夏目の動向

そのごろ藤堂は病院で目を覚ますのです。そこで杉岡沙耶にこれは罠だと言い若林が犯人だろうと言うのですが、既に若林は殺されたと沙耶は言います。その時病室に、夏目が大黒から押収した靴が届いたのでした。

その頃迫田は拘置所の中で、新木課長と原田に、ひよりのデータを消したヤツが警察内部にいるので、探して欲しいとお願いをするのです。

その頃夏目は市野沢が最後に飲んでいたバーに居て、バーテンダーがドラッグを持ち込んでいたのを見ていました。そして市野沢があの時誰と飲んでいたのかを訪ねたのです。その後夏目は力ずくである情報を得たのです。

その時メゾンでは

そんな中家の修理に来た草介は、ひよりになぜ盗聴器をつけっぱなしなのかと尋ねるのですが、ひよりは草介を信じていると言い「草介さんもここの仲間です」と伝えるのでした。

その頃桃香は真琴の身を案じメゾンに来ていたのです。

その後桃香を迎えに来た真琴に、ひよりはなぜスパイをしているのかを聞いたところ、編集部を通して野間が接触してきてお金で取引を持ち掛けてきたと話しました。

やがて情報を流している内に、桃香のことをも脅すようになってきて断れなくなったと伝えるのです。

そのことを聞いたひよりは、まだ野間が真琴を仲間だと思っていると言い、その上で自分たちの手伝いをするように依頼するのでした。

警察関係者たち

一方管理官の間宮は迫田に面会し、伊達の要請により迫田を保釈させたのです。また間宮も協力を申し出て、ヒトイチの鴨下警視正が怪しいと言うのです。

メゾンを出た草介は鴨下の元へと出向き、大黒の靴のことを話し内通者が狙ってくるだろうからその時がチャンスだと言うのです。

しかし鴨下は草介にその件からは手を引くことになったと伝えるのです。

すると後部座席にいる鴨下の隣には野間が座っており、草介の功績は上層部に話しておくと言って車を後にします。

鴨下に草介は「鴨下警視正が犬だったんですか」と伝えると、鴨下は「結局お前も俺も、野間に負けたんだ」と答えるのでした。

再びメゾン、そして夏目は

その頃藤堂は、大黒の靴の血液は死亡した若林の血痕であることを突き止めたのでした。そんな時メゾンに迫田が戻ってきました。

メゾンを出たひよりが、家へ向かって歩いていると夏目が接触してきて、バーテンダーから力ずくで取り上げたビデオデータを渡すのです。

そのまま姿を消そうとする夏目をひよりは家へと連れ帰るのでした。

その後ひよりの家で市野沢が自殺した時のバー内部のビデオを見てみると、野間は池原慎吾と若林を使って市野沢を殺害したことが分かったのです。

そして夏目に追及され、口を割ることを恐れた野間は、池原慎吾も殺害したというのです。

その後精神統一のためアイロンがけをしたひよりは、写真に写った帳簿ファイルの封筒に気付き、父の遺品を探したところ過去の帳簿ファイルが出てきたのでした。

その帳簿を使って野間を追い詰めることを決めたひよりは、その帳簿を真琴に公表してもらうことにしたのです。

そして裏帳簿の受け渡しの話をメゾンのメンバーや真琴と電話でしたのです。そしてその後野間も裏帳簿の話を聞いたのでした。

おじさんたちとひよりの危機

ひよりが真琴に、裏帳簿を渡していた丁度その頃、メゾンへ向かった夏目は野間に捕まってしまいました。

そして部屋へと連れていかれたところ伊達・藤堂・迫田・高平の全員が捕まっていました。

その後メゾンへと真琴が戻ってきて、野間にひよりから預かった裏帳簿を渡すのです。さらにひよりも野間に捕まっていたのでした。

メゾンのメンバー全員が捕まり、身動きが取れなくなったひよりは、最後に自分の父親の死の真相を野間に教えて欲しいと懇願するのです。

すると野間は、ひよりの父は青戸組ではなく、自分で殺害したと笑いながらなにもかも告白しました。

全てを告白した野間に、ひよりは「ありがとう」と感謝の言葉を述べます。

大逆転

そしてそのあとに「本当にありがとう」と続け、さらに「これであなたを逮捕できる。」と話すのでした。

その後メゾンのメンバーも全員笑い出したのです。そして真琴が裏帳簿を野間に渡したのも計画の一部だと話します。

さらにひよりが、「ずっと聞いていたんですよね、あなたもメゾン・ド・ポリスの一員です。」と話すとSITが登場し、そして草介が登場したのでした。

その頃本当の野間の犬、間宮管理官が警察署から大黒の靴を持ちだそうとしていたところ、新木課長と原田がその場に現れ制止したのです。

それでも大黒の靴を持って、あわてて逃げようとする間宮管理官の前に、杉岡沙耶が足をだし見事間宮は蹴躓いて倒れ、靴は取り返されてしまいました。

一方SITに取り押さえられ、連行されようとしている野間は一瞬の隙を突いて、拳銃を拾いひよりたちを撃とうとするのですが、その一瞬前に高平が野間の肩を撃ち抜いたのです。

全てが終わってから

なにもかもが終わってから、ひよりは夏目の元へと向かいます。

そして夏目に対し「夏目総一郎、上野のバーのマスター他3名に対する傷害罪、並びに、赤坂のマッサージ店における器物損壊罪、以上の容疑で逮捕状が出ています。」と言います。

それに対し夏目は「お前で良かったよ、ここに来てくれたのが。」と返すのでした。

その後のひよりとおじさんたち

それからしばらく経ち、牧野ひよりは警視庁捜査一課へと配属になりました。

丁度その頃、夏目総一郎は東京拘置所から保釈されました。そこへ伊達、藤堂、迫田、高平が出迎えに来るのでした。

ある日ひよりは警視庁捜査一課の刑事として現場に到着したのです。するとそこへメゾンのおじさんたち全員が、お弁当を持って見物に来たのでした。

メゾンドポリス 第5話までのあらすじ・感想

メゾンドポリス 第6話、あらすじ・ネタバレ感想

メゾンドポリス 第7話、あらすじ・ネタバレ感想

メゾンドポリス 第8話、あらすじ・ネタバレ感想

メゾンドポリス 第9話、あらすじ・ネタバレ感想

牧野ひより/高畑充希

柳町北署に刑事として配属されたばかりの新人刑事で、「デスタンス事件」の捜査のためメゾン・ド・ポリスへ行ったことによりおじさんたちと知り合います。高遠建設と自分の父親の死に因果関係があることを知り、野間にたどり着きました。

夏目総一郎/西島秀俊

元警視庁捜査一課の敏腕刑事で、現在はメゾン・ド・ポリスで雑用をしています。呼び出された時運転してきた車に若林の遺体があったことから、逃亡せいかつを余儀なくされます。

伊達有嗣/近藤正臣

メゾン・ド・ポリスのオーナーで、元警視副総監です。高遠建設のことで野間とチェスをしましたが、敗けてしまいました。

迫田保/角野卓造

元現場主義で熱血漢の所轄刑事でした。高遠建設の事件を捜査している中、野間にはめられ夏目を逃がし、自分は逮捕されました。

藤堂雅人/野口五郎

元科学捜査のプロで、ちょっとキザなところがあります。鑑識係の杉岡沙耶は2番目の元妻です。高遠建設事件を調べている時に部屋に爆発物を仕込まれ、大爆発を起し大けがを負いました。

高平厚彦/小日向文世

元警務課勤務で、現在はメゾン・ド・ポリスの管理人として、家事全般を担当しております。高遠建設事件に関連し、娘を盾に脅されメゾン・ド・ポリスから出ていくように言われメゾンを後にします。

杉岡沙耶/西田尚美

鑑識係で、藤堂の2番目の元妻です。爆発に巻き込まれた藤堂を心配し、病院で付き添います。

瀬川草介/竜星涼

メゾン・ド・ポリスに出入りする御用聞きで、食材や日用品を届けていますが、身分は警視庁警務部人事第一課で、警察と高遠建設の癒着を調べて夏目たちを盗聴していました。

新木幸司/戸田昌宏

柳町北署刑事課の課長で、ひよりの上司です。メゾン・ド・ポリスに住む迫田の後輩で、だれが野間の犬かわからない状態で迫田に信頼されています。

原田照之/木村了

柳町北署刑事課の刑事で、ひよりの先輩で、課長の新木同様迫田に信頼されています。

間宮朝人/今井朋彦

警視庁捜査一課管理官で階級は警視です。迫田にヒトイチの鴨下警視正が怪しいと伝えます。

第10話 ゲスト

野間仁/佐野史郎

元警視庁のキャリア組で、40歳の若さで警視庁から高遠建設へと天下りした常務取締役です。高遠建設事件の黒幕で、メゾンのメンバーを徐々に追い詰めていきます。

市野沢和子/宮地雅子

数年前死亡した市野沢譲の妻で、ひよりになにかを伝えようと、柳町北署へ向かっている途中に車に轢かれ死亡しました。

館林真琴/東風真知子

桃香の母でフリージャーナリストです。野間にメゾンのおじさんたちの情報をお金をもらって流していました。

館林桃香/住田萌乃

真琴の娘でメゾン・ド・ポリスのおじさんたちに気に入られています。母親を心配しメゾンへ助けを求めに来ます。

鴨下篤/ヨシダ朝

警視庁警務部人事第一課の監察官で警視正です。草介の上司で警察内部の内通者の調査のため草介をメゾンに潜り込ませていました。

高平小梅/水谷果穂

高平の娘で、高平を脅すため狙われました。その後高平の手により、安全な場所へ避難しました。

池原美砂/荻野友里

夏目が事情聴取をしたのち夫が自殺をしたため、夏目のせいだと思っていました。病に侵されていて余命宣告をされています。

大黒毅/中野英雄

暴力団青戸組の若頭で、フロント企業青幸興行の社長です。野間とつながりがあります。元々は建設関連企業でしたが、経営を多角化し高遠建設との取り引きも多くなります。その分のキックバックを野間に支払っていたと見られます。

市野沢譲/税所伊久麿

高遠建設で経理部長をしていました。ある夜飲んだ帰りに川で水死体として発見され、事故として処理されました。ひよりたちは帳簿の不正操作を嫌がったため、野間たちに始末されたと見ています。

池原慎吾/関幸治

高遠建設の経理部で市野沢譲の部下として働いていました。夏目に取り調べを受けた後自殺したといわれています。ひよりたちは野間の癒着事件に関連して、野間たちに始末されたと見ています。

若林和史/笠松将

半グレ組織に属していて大黒の下についています。大黒の実働部隊で、かつて殺人などを犯していましたが、不要になったため大黒に殺害されてしまいました。

牧野尚人/水橋研二

牧野ひよりの父で高遠建設で働いていました。ひよりが子供の頃建設現場から転落して亡くなっています。当時は自殺と断定されていました。

三上重利/三村晃弘

市野沢譲が死亡する直前まで飲んでいたバーのマスターです。青幸興行とつながりがあります。

牧野里見/渡辺文香

牧野ひよりの母です。

牧野ひより/山崎莉里那

幼いころの牧野ひよりです。父に自分で書いた絵を渡したりしていました。風邪で寝込んでいた時に、ゼリーを買ってきてと父にお願いをしたのですが、それきり父には会えずじまいでした。

制作:共同テレビ・TBS

原作:加藤実秋「メゾン・ド・ポリス」シリーズ(角川文庫)

脚本:黒岩 勉

主題歌:WANIMA「アゲイン」(unBORDE/Warner Music Japan)

9話でいきなり高遠建設の事件が進展し色々な謎や伏線が張り巡らされたため、最終回を見るまでは、とんでもないことになるのではないかという想いもありましたが、そんなことはありませんでした。

さすがに最終回1話で解決まで持って行くためには、かなり物語を詰め込まなくてはならないと思っていたのですが、それが詰まった分上手い具合にストーリーにスピード感が出て、中だるみもなくスムーズに気持ちよく見ることができました。

一時は真琴の裏切りやメゾンのおじさんたちがバラバラになるなどして、この先どうなっていくのか心配しましたが、最後の大どんでん返しで無事に野間も逮捕されて、スッキリと見終えることができました。

またメゾンを盗聴していた草介も、最後にはやはりメゾンの仲間だったということで、本当に良い終わり方でした。

そしてひよりも無事に警視庁捜査一課に配属になり、今後の活躍が期待される刑事にもなりましたし、なによりも、ひよりの現場にメゾンのおじさんたちが現れ、ひよりの事件に首を突っ込む気満々なのも良いラストでした。

このメゾン・ド・ポリスは全話を通して、メゾンのおじさんたちがカッコよく、いつでもあたたかくひよりをサポートしてくれていて、毎週見ていて楽しめる内容でした。

これで最後と言うのは非常に残念です。ただネット上では続編を待ち望む声も多いので、ひょっとしたら再びこのメンバーを見ることができる・・・・・のか?

ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム

話数 放送日 タイトル 視聴率
第1話 1月11日 デスタンス 12.7%
第2話 1月18日 PTA総選挙 12.4%
第3話 1月25日 青い死体 10.7%
第4話 2月 1日 なかよしくらぶ 10.2%
第5話 2月 8日 メゾン・ド・ギルティ 9.6%
第6話 2月15日 伝説の刑事 9.9%
第7話 2月22日 アゲハ 8.3%
第8話 3月 1日 30ミニッツ 9.1%
第9話 3月 8日 無敵の男 9.4%
第10話 3月15日 決死の作戦 10.2%

『メゾン・ド・ポリス』はパラビで配信されています。