トレース科捜研の男11話・最終回、あらすじ・ネタバレ感想・ゲスト

トレース科捜研の男も最終回となり、真野礼二の家族の死、そして姉の子供の父親など「武蔵野一家殺人事件」に関する全ての謎が解き明かされます。

※この記事にはネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

スポンサーリンク


「武蔵野一家殺人事件」の真相を探るべく、真野礼二と早川尚文は佐保優作に会いにいったのですが、佐保はボイラー室のガス爆発に巻き込まれて死亡してしまいました。

科捜研に戻った真野は、改めて事件を整理し直したのです。

今回の全ての始まりは、真野にかかってきた兄のことで話があるという一本の電話でした。しかし指定された場所には誰も現れず、その翌日真野の兄を虐めていた主犯格の一人、新妻が不審死を遂げていました。

そしてその現場に落ちていた軍手は、武蔵野一家殺人事件の時に使われたもので、当時証拠品として鑑定されていましたが、処分されていなかったのです。

当時武蔵野一家殺人事件に関する鑑定書の控えや捜査資料は、全て上からの命令で没収されていたのです。

そのことにより、当時事件の真相隠ぺいに警察が関与していた疑いが浮上した上、新妻の事件にも上からの打ち切り命令が下っていたのです。

しかし当時の科捜研の科長が全てをノートに書き写しておいて、それは現在真野が持っていたのです。

その後早川が佐保を見つけ、前回・第10話の殺人事件で佐保の関与が疑われたにも関わらず、なぜか逮捕されたのは佐保の会社の重役だったのです。そこにも何らかの圧力が働いた可能性があったのです。

そして守られていたハズの佐保も死亡したのです。

その後虎丸刑事が持ち込んだ佐保の心臓血からDNA鑑定を行ったのですが、佐保は子供の父親ではありませんでした。

そこで真野は虎丸刑事に願い出て、佐保が死亡した現場に臨場したのです。

すると事故だと思われていた現場に多数不自然な個所が見つかり、ガスボンベの元栓付近から犯人が残した痕跡とみられる手袋の残留物が見つかったのです。

その持ち主と思われる皮膚片のDNA鑑定をすると、軍手に残されたDNAと一致し、姉のお腹にいた子供の父親だということが判明したのでした。

そこで虎丸や真野・沢口等が真野の姉が付き合っていた人物や関係する人物を洗い直したところ、当時警視総監の父を持つ壇浩輝刑事部長の名前が浮上したのです。

そんな折、壇刑事部長が突然科捜研に現れ、一度やってみたかったと言いDNA検査キットを頬から血が出る位こすり付け、血まみれのDNAキットを真野に渡したのでした。

早速真野は壇刑事部長のDNA鑑定をしたのですが、DNAは不一致だったのでした。

真野礼二/錦戸亮

警視庁科学捜査研究所法医科にて勤務する法医研究員で、25年前に「武蔵野一家殺人事件」に出くわし、家族全員の死亡現場を目撃しました。事件の真相を暴くべく、ひそかに事件の調査をしていました。

沢口ノンナ/新木優子

新人として、警視庁科学捜査研究所法医科に入ってきた法医研究員です。真野と事件に取り組んでいるうちに、特別な感情を抱くようになってきました。「武蔵野一家殺人事件」捜査の手伝いをしています。

海塚律子/小雪

警視庁科学捜査研究所の法医科長です。25年前「武蔵野一家殺人事件」の鑑定を、当時の科捜研科長藤田のアシスタントとして行っています。「武蔵野一家殺人事件」捜査の手伝いをしています。

相楽一臣/山崎樹範

警視庁科学捜査研究所法医研究員です。以前は真野に嫌悪感を抱いていたようですが、今は仲間と感じ、真野と壇の行方を捜すことになりました。

水沢英里/岡崎紗絵

警視庁科学捜査研究所法医研究員です。沢口ノンナの気持ちに気づき応援しています。

市原浩/遠山俊也

警視庁科学捜査研究所法医研究員です。法医科長の海塚律子に恋心を抱いているようです。

虎丸良平/船越英一郎

警視庁捜査一課の刑事です。かつては真野と対立することもありましたが、最近は信頼し協力し合うようになり、「武蔵野一家殺人事件」捜査をしています。

猪瀬祐人/矢本悠馬

警視庁捜査一課の刑事で、虎丸刑事の部下です。虎丸刑事に振り回されていることが多いです。

沢口カンナ/山谷花純

沢口ノンナの妹で、姉のノンナと二人で暮しています。よく姉の相談にのったり、アドバイスをしたり、デート用の洋服を貸したりしています。

江波清志/篠井英介

警視庁捜査一課長で手柄を立てることを優先し部下たちを急き立てることが多く、性格は嫌味で虎丸のジャマをすることが多いです。

壇浩輝/千原ジュニア

警視庁刑事部長で、科捜研の真野にお久しぶりですと言っていたことがあります。また真野が源礼二であることも知っており、原作でもドラマでもかなり怪しい人物です。

第11話、主なゲスト

佐保優作/袴田吉彦

真野の兄を虐めていたグループの一人でしたが、ボイラー室のガス爆発に巻き込まれて死亡してしまいました。

早川尚文/萩原聖人

武蔵野一家殺人事件の関係者で、真野の兄をいじめていたグループの新妻大介・佐保優作の担任でした。真野に色々な事件の情報を伝えていました。

壇浩輝(高校時代)/高山綾平

高校時代の壇浩輝です。当時新妻や佐保を使って、義一を虐めていました。自分は指令するだけで一切手を出していませんでした。

源義一/倉悠貴

真野礼二の兄でかつて新妻と佐保にいじめられていました。武蔵野一家殺人事件ではそのいじめを苦にして家族を殺害した上、自殺したとされていました。

源仁美/夏子

真野礼二の姉で武蔵野一家殺人事件の被害者です。のちに当時妊娠していたことが判明しました。

源公則/飯田基祐

真野礼二の父で武蔵野一家殺人事件の被害者です。

源良枝/加茂美穂子

真野礼二の母で武蔵野一家殺人事件の被害者です。

新妻大介(高校時代)/小林卓生

真野の兄をいじめていたグループの一人で、自販機を壊してお金を盗んだ罪を、壇が父親に頼んで見逃してもらいました。

佐保優作(高校時代)/大下ヒロト

真野の兄をいじめていたグループの一人で、自販機を壊してお金を盗んだ罪を、壇が父親に頼んで見逃してもらいました。

制  作:フジテレビ

原  作:古賀 慶『トレース~科捜研法医研究員の追想~』(ノース・スターズ・ピクチャーズ「月刊コミックゼノン」連載

脚  本:相沢友子、岡田道尚

演  出:松山博昭、相沢秀幸、三橋利行(FILM)

プロデュース:草ヶ谷大輔、熊谷理恵(大映テレビ)

主 題 歌:関ジャニ∞『crystal』(INFINITY RECORDS)

姉の子供の父親

真野は壇刑事部長のDNA鑑定後、早川に会い「壇が25年前の事件に関与していることは明らかですが、事件10日前に姉に会っていたというだけで、姉と付き合っていたとは限りません」と真野が言うと、早川は「そうだよな、妊娠3ヶ月ってことは9月か」と言い「その頃別の人と付き合っていた可能性もあるし」と言うのでした。

その後早川が帰ると、真野は急に手袋をして早川が使ったストローをビニール袋へと入れて持ち帰りました。

なぜ急に真野が早川のストローを持ち帰ったんだろうと思ったら、これまで真野は姉が妊娠していたことは話したことがあったが、妊娠3ヶ月と言ったことがなかったのに、そのことを知っていたということや、早川の情報提供のタイミングが良過ぎたこと、壇の名前が浮上した途端、急に壇が科捜研へ現れたことなどに疑念を抱いたようです。

そして真野がDNA鑑定をすると、想像通り早川がお腹の子の父親でした。

原作での早川は、登場時から真野の協力者で、仁美の妊娠のことを事件前から知っていて、真野に仁美の妊娠を教えたのも早川でしたし、学校を辞めたのも、仁美の妊娠や義一のいじめに対しなにもできなかったため、家族の死に対し責任を感じていたことからでした。

そのことが頭にあり、万が一程度しか疑っていませんでしたので、やや意外でした。

真野が向かった先

そして早川の自宅へと行った真野たちは、早川は既にいなかったものの早川の遺書を見つけました。

その筆跡鑑定を依頼したところ、筆跡は間違いなく早川のものでしたが、真野は何かに気付き遺書のインクを鑑定しました。

そのインクが科捜研でしか使われていないモノだったことから、壇が視察の際に持ち帰った科捜研のペンを使って早川に遺書を書かせたと言うことにたどり着き、更にそれは壇が真野と話をしたいというメッセージだと気付き、話をしに行きました。

それにしても、壇からのこのメッセージ、中々気付きにくいと思いますが、壇は真野だったら気付くと思ったのでしょうか?また気付かなかったらそれだけの人間と判断したと言うことでしょか?

そして意外だったのが、1話であれだけ敵対していた虎丸刑事が、全力で真野の行方を捜し、クビ覚悟で壇の別荘のガラスを割ったり、捜査一課長にNシステムのデータ提供を求めたりと、初期の頃はこんな風になるとは思っていませんでした。

真野 VS 壇

その後これまで鑑定証拠を元にしか語ってこなかった真野が、壇の求めに応じ始めて自分の推理を語りだしました。これまでのキャラクターと変わっているような感じでしたが、自分の家族の事件は別なのでしょう。

新妻と佐保の死の真相

それによると、新妻・佐保の両名を殺害したのは早川で、いずれも壇の指令によるものとのことです。

新妻は早川が向精神薬を使って意識を混濁させた上、口に氷を入れ窒息死させたとのことです。

そして佐保は、ガス管に穴を空け、さらにボンベの接続部を緩めガスを充満させた上、電気系統に細工してから佐保を呼び出し、電気のスイッチを入れた瞬間にガス爆発を起こさせたさせたとのことですが、それを次々とこなす早川は、どれだけ工作員として優秀なんだろうと思ってしまいます。

その頃の虎丸刑事たち

一方真野の行方を捜していた虎丸は ミラクル三井 江波清志捜査一課長にNシステムのデータを求めますが、断られてしまいます。

この時の虎丸刑事のセリフが感動的で涙を誘いますが、実際に見た方が感動すると思いますので割愛します。

一旦断った江波課長ですが、部下の猪瀬にNシステムのデータを送信してくれた辺り、正義が感じられ感動しました。

礼二の兄・義一へのいじめの理由

その後壇により、事件の真相が語られていきます。

壇を演じるジュニアさんは、最初から監督に“本当に気持ち悪く演じて欲しい”とリクエストされたようですが、本当に気持ち悪かったです。

壇が裏で糸を引いていた理由ですが、高校時代真野の兄・義一を壇が別荘地で見かけた時、彼を忘れられなくなりあの笑顔を踏みにじって、苦痛に歪む顔を見てみたいと思ったとのこと。

その後東京に戻ってもストーキングをしていたようですが、これは歪んだ愛情だったのでしょうか?

そして当時自販機を壊して金を盗んだ新妻と佐保の罪を、親の力を使って握りつぶし、彼らに義一を虐めるように依頼し、徹底的に虐めたたそうです。

その後義一が不登校になって、義一の苦痛に歪む顔が見られなくなってからの壇の嘆きに、真野が「おめぇ、何言ってんだよ」と言っていましたが、本当に見ているこちら側も「おめぇ、何言ってんだよ」と言いたくなるくらい気持ち悪かったです。

姉・仁美の行動

そんな時壇の元へ、当時早川と不倫していた仁美が、妊娠が分かった時に早川に捨てられたため、仕返しで兄を虐めたように早川を追い込んで、破滅させて欲しいと依頼してきたそうです。

しかも証拠の映像までプロジェクターで映し出したのです。

プロジェクターとか、いつの間に用意していたんだと言うのは置いといて、原作の仁美は佐保たち3人にレイプされて妊娠していたので、まさかこんな展開になるとは思っても見ませんでした。

武蔵野一家殺人事件

そして新妻・佐保らのしつような虐めにより精神を蝕まれていった早川は、いじめを依頼したのが仁美だと知り、さらに早川が破滅するまで追い込むと言っていたことを壇に聞き、彼女の自宅へ包丁を持って行って、犯行に及んだそうです。

早川が呆然としていると、早川を監視していた新妻と佐保が壇に連絡し、3人で義一に無理やり遺書を書かせ、新妻と佐保が電気コードで義一を吊るしたとのことです。

そんなことを本当に人間にできるか?と思いますが、まだ新妻は罪の意識があったため、その後行方をくらましてしまいましたが、佐保と壇はサイコパスでは納まりきれないくらい異常ですね。

ここまで来て、ジュニアさんの演技が更に熱を帯びてきて、異常性に磨きがかかってきました。

そして・・・

この時突然早川が現れ、壇を何度も何度も刺したのです。

この時点でまだ虎丸刑事たちも2人の行方を掴めていなかったのに、早川はどうやってこの場所にたどり着いたのか?という疑問はありますが、新妻や佐保を見事な手腕で殺害することができた人物ですので、きっと2人を探し出すことなんて朝飯前なんでしょう。

そして早川が逮捕され、武蔵野一家殺人事件の取り調べも始まるようです。

また壇浩輝は意識不明の重体で、この先目覚めるかもわからないとのことでした。

これですべての謎が解けてようやく終わりを迎え、見ているこちら側も一息つくことができたのですが・・・

最後の最後に、壇が目を開け物語が終わりました。

なぜ制作陣は最後に壇を目覚めさせたのでしょうか?もしかして第2弾「トレース~壇浩輝の逆襲~」でも計画しているのでしょうか。

ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム

話数放送日サブタイトル視聴率
第1話1月 7日バラバラ遺体の想い…科捜研サスペンス12.3%
第2話1月14日血染めの折り鶴の秘密 DNAに隠された謎10.8%
第3話1月21日凶悪犯を逮捕せよ 20年越しの真実!9.6%
第4話1月28日飛び散った血と涙 命を懸けた最後の嘘11.0%
第5話2月?4日過去の悲しき誘拐 毛髪に秘められた愛10.0
第6話2月11日今夜、新章突入!蠢きだす衝撃の過去10.4%
第7話2月18日替え玉事故を暴け 人気政治家の裏の顔9.9%
第8話2月25日幼馴染の悲劇と嘘 空白の1時間の謎!9.8%
第9話3月 4日今夜、最終章開幕 忍び寄る過去の悪魔9.8%
第10話3月11日遂に最終回目前!隠蔽した巨悪へ復讐10.6%
第11話3月18日明かされる驚愕の真実 真犯人は誰なのか!?11.5%

トレース科捜研の男 1話・2話あらすじ・感想

トレース科捜研の男 3話あらすじ・感想

トレース科捜研の男 4話あらすじ・感想

トレース科捜研の男 5話あらすじ・感想

トレース科捜研の男 6話あらすじ・感想

トレース科捜研の男 7話あらすじ・感想

トレース科捜研の男 8話あらすじ・感想

トレース科捜研の男 9話あらすじ・感想

トレース科捜研の男 10話あらすじ・感想

『トレース 科捜研の男』の見逃し及び全話配信は、2019年3月19日現在、月額888円(税抜)にてFODプレミアムで配信されております。また、初回1ヶ月無料お試し期間がありますので、全話まとめ見したい方には良いのではないでしょうか。

※配信内容・話数、配信状況等はサイトでご確認ください。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました