イノセンス冤罪弁護士10話・最終回、ネタバレ感想・あらすじ・ゲストなど

イノセンス冤罪弁護士第9話で起きた2件の事件は富士田の犯行とされ、その遺体には11年前の事件と同様に首元に傷がありました。

秋保恭一郎は黒川の父親・真の元で働くことに、そして和倉楓はナイフをもった男から黒川拓をかばい刺されてしまいました。

※この記事にはネタバレが含まれていますので、ご注意ください。


source:Hulu

黒川拓は刑事たちと話をし、証拠を渡そうとしますが、彼らは証拠の採取はこちらでちゃんとやり直すと言い、「あなたは警察なんて信じられないんでしょうけど」と言って立ち去ります。

所長の別府は、こんなことを招いたのはお前自身だと言い、今回の事件を引き受けたのも11年前の事件との関係を疑ったからだろう、あの事件は警察・検察にとっては終わった事件で、やっていることは黒川の自己満足だと言って立ち去ります。

朝になり、和倉楓は目を覚ましました。その時彼女は嫌な夢を見たと言い、それは夢の中で黒川の机の上から書類が落ちてくると言うものでした。そしてどうして手を握っているのかを黒川に尋ねるのです。

事務所へと戻り有馬聡子と一緒に富士田や被害者のSNSを調べていたところ共通するフォロワーにKooZと言う人物がいました。

そして既に閉鎖されていますが、秋保彩香と浅間大輔が開設していたブログでも、そのKooZと言う人物がフォローをしていたのです。

そんな折、和倉楓を刺したと神津一成という男が警察に自首してきた上、弁護士が黒川たちの事務所へ示談の交渉に現れたのでした。

その犯人が被害者の通う大学の学生課で働いていたことを知った黒川は、神津に面会しに行ったのです。

そこで話を聞くと、かつて東央大学でも働いていたと話し、さらに3人とも自分が殺したと黒川に伝えたのです。

興奮した黒川は面会ガラスを叩き、怒りをあらわにするのですが、やってきた警察官に神津は助けを求め、「証拠もないのに自白を強要する刑事みたいだ」とおびえたフリをするのです。

事務所へ戻った黒川はみんなに「神津が自白した、3人とも自分が殺したと言った」と伝えるのですが、証拠がないと話します。

その時有馬が、11年前ドキュメンタリーを作ったとき、一人だけ歯切れの悪い捜査員がいたと言うのです。

黒川と湯布院は、当時神奈川県警の刑事だった草津寛治の元へ話を聞きに行きました。

草津は当時の捜査に問題はなかったと言うのですが、黒川たちは11年前の事件の証拠から漏れているものがないかを聞くのでした。

その時草津から「煙草の吸い殻が現場で回収されたが、浅間がタバコを吸わなかったため、証拠から外されていた」ということを聞かされたのです。

そのことで黒川は、横浜地裁に東央大学生殺人事件の再審請求と、回収したタバコの証拠開示請求を行い、有馬はそのことを、大々的にテレビで報道したのでした。

その後黒川が事務所で煙草を調べていると、嫌がらせかのように東京地検がやってきて、石和徳則の弁護士法違反容疑で押収を始めたのです。さらに横浜地裁より封書が届き、再審請求の棄却と証拠品の中に煙草の吸殻はないという回答が来たのでした。

実家へ帰ってきた拓は、父親・真に「卑怯だ。あなたの指示だろう」と言い、証拠さえあれば神津を捕まえられるのにと訴えるのです。

そこへ和倉楓もやってきて、黒川の父親に同様に訴えたのでした。しかし黒川の父は吸殻のことなど知らなかったと答えるのです。

そのことで2人は、警察が証拠の吸殻を検察へ上げてなかったことに気付いたのでした。

一方事務所が危機を迎えたため、別府所長は黒川に詰め寄ります。それに対し事務所を辞めてお詫びしますと黒川は話すのです。

しかし別府は辞めて責任はとれるのかと尋ね、今回の事件と11年前の事件の冤罪を証明することで、事務所の正当性を証明して責任を取れと話し、事務所一丸で事件に取り組むことになったのです。

事務所総出で調査を開始する中、黒川と和倉は父親の真が言った言葉から、横浜警察署へ行き、草津寛治の手助けもあり、当時の吸殻を入手したのです。

黒川はその吸殻を持って秋保の元を訪ね、検証の手伝いを必死にお願いします。その頃黒川の父・真は検事総長にこれ以上検察バッシングに繋がることは困ると言われるのです。

それに対し、黒川真は11年前の事件は自分なりに決着をつけると伝えるのです。

黒川拓/坂口健太郎

この物語の主人公で、保駿堂法律事務所の刑事事件担当の弁護士です。かつては理工学部の学生でしたが、大学3年の「東央大学生殺人事件」により弁護士となりました。

和倉楓/川口春奈

保駿堂法律事務所の新人弁護士で、なんだかんだ言いながら黒川と上手いこと良いパートナーになりました。神津に刺されて入院しました。

城崎穂香/趣里

保駿堂法律事務所のパラリーガルで、黒川や和倉のサポートをします。

湯布院和人/志賀廣太郎

保駿堂法律事務所の最年長弁護士です。かつて別府所長の兄と保駿堂法律事務所を立ち上げました。その故人となった別府所長の兄が「東央大学生殺人事件」被告の弁護をしました。

別府長治/杉本哲太

保駿堂法律事務所の所長で、事務所を立ち上げた兄が亡くなったため、以前の事務所を辞め保駿堂法律事務所で働き始めて所長となりました。

石和徳則/赤楚衛二

保駿堂法律事務所のパラリーガルで、金持ちが通うというボンボン大学を卒業しています。友人に法律相談を受け食事をご馳走になったため、検察に非弁行為を問われてしまいました。

有馬聡子/市川実日子

テレビ局のディレクターで、様々な事件で黒川と行動を共にし、黒川の手助けをします。

秋保恭一郎/藤木直人

東央大学理工学部物理学科准教授で、黒川の大学時代の先輩です。毎回様々な実証実験をし黒川をサポートしましたが、黒川の父・真に新しい科学捜査機関の主要メンバーに誘われました。

指宿林太郎/小市慢太郎

東京地方検察庁の検察官で、黒川と裁判で毎回争い負け続けていましたが、左遷されないのは黒川次長検事と仲が良いからなのでしょうか?

黒川真/草刈正雄

黒川拓の父親で最高検の次長検事です。黒川の幼馴染が起こしたとされる殺人事件の担当検察官でした。検察が被疑者を起訴する際、現状の状況証拠や被疑者の自白に頼った捜査、科学的根拠に欠けたずさんな検証などを回避するため、検察庁直轄の新たな捜査機関を設立し、その主要メンバーとして参加してほしいと秋保恭一郎に依頼します。

第10話・最終回 ゲスト

浅間大輔/鈴之助

黒川拓の幼馴染で、11年前の東央大学生殺人事件の犯人とされ、地裁で無期懲役の判決を言い渡されます。その後控訴することなく「俺は無実です」とだけ書き残し自殺しました。

富士田順平/坂本真

女子美術大学生殺人事件の被疑者で、無実を訴えています。

黒川麗/榊原郁恵

黒川拓の母親です。

神津一成/武田真治

和倉楓を刺した犯人で、警察に出頭します。接見に行った黒川拓に東央大学殺人事件を含む3人を殺害したのは自分だと話します。

道後清司/中西良太

神津の弁護士で、和倉楓刺傷事件の示談のため保俊堂弁護士事務所を訪ねてきます。

草津寛治/佐藤B作

11年前神奈川県警の刑事として東央大学生殺人事件を捜査していました。当時押収した証拠品の中に煙草の吸殻があったことを黒川たちに教え、横浜警察署で吸い殻の証拠品開示の手伝いをしました。

制作著作:日本テレビ

政策協力:AXON

脚  本:古谷和尚

チーフプロデューサー:池田健司

主 題 歌:King Gnu「白 日」(アリオラジャパン)


King Gnu「白 日」

いよいよ今回すべての謎が明らかになるのかと思っていたところ、割と早い段階で東央大学生殺人事件の真犯人が自供しちゃいまして、謎の解明という感じは薄く、黒川が真実を追求する姿を描く、感動ドラマとなっていました。

実際に富士田の裁判が始まってからは、まず事件現場に落ちていた吸殻のDNAと11年前の事件現場に落ちていた吸殻のDNAが同じであるということを検察側に突きつけます。

この証拠は捏造されたものかもしれないと検事の指宿が言うと、秋保は検察側の証拠にも同じことが言えると話します。

11年前の事件も今回の事件も、結局状況証拠のみで、はっきりとした裏付けはとれておらず、こんな状況で裁判をすること自体冤罪が生まれやすいということですね。

このあと神津が証言台に立ちます。和倉楓が引っかいた犯人の組織と2つの事件現場に落ちていたDNAが神津のものと一致し、事件現場付近の防犯カメラにも神津の姿が撮影されていたことから、逃げ切れなくなった神津は、開き直ったかのように、自分が3件の殺人事件の犯人だと証言します。

これについては、初めに聞かされていますので、特に驚きませんが、神津の犯行動機には少々驚きました。

神津は警察や検察は状況証拠や証言だけで逮捕・起訴が決まってしまうという、問題点を浮き彫りにするため、あらかじめ殺害する人間と犯人を決めて、状況証拠を揃えて犯行を行ったと言うのです。

当初はすぐ捕まるだろうと思っていたようですが、警察が自分が描いた絵の通り、犯人役を逮捕し有罪にしてしまったと言うことでした。

神津は犯人まで決めて状況証拠を揃えておくなどタチが悪いですが、そのまま有罪判決まで出てしまうことの方が問題ですし、怖いですね。

しかし神津自身もかつて痴漢の冤罪で、5度目の受験でようやく合格した東央大学入学を断念した経緯があり、自分の人生がメチャクチャになってしまったと言う事ですし、しかもその痴漢自体が狂言だったとのことで、殺人は許せないにしても少し同情できる部分もあります。

そして傍聴席で裁判を見ていた黒川の父・真が発言を裁判長に申し出て、無実の浅間を自分の手で有罪にし、自殺に追いやってしまったことを心から謝罪するのです。

実際はいくら次長検事だとしても、傍聴席からの発言が許されることはないでしょうが、それでも見ているこちらの心を打ちました。

さらに真は、自分の立場が悪くなっても、検察官の請求権を使って東央大学生殺人事件の再審請求をしようとしていました。

そんな真の、真実を貫こうとする姿も感動しました。

裁判が終わってパラリーガルの石和徳則と城崎穂香が司法試験の準備を始め、有馬聡子は拓の特集を製作しようとし、秋保恭一郎は民間の科学捜査機関を立ち上げると言っていて、和倉楓は黒川拓対策で書類が崩れないようにネットを机の境目に立てていました。

事件の真相は明らかになったものの、死んだ人は戻ってこないので黒川はスッキリしていないようでしたが、秋保は真相がわかったおかげで救われたと言います。自分が大切に思っていた妹が選んだ相手が、殺人を犯すような人ではなく、また妹の見る目も確かだったということがわかって、心の整理がついたことでしょう。

ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム

話数 放送日 サブタイトル 視聴率
第1話 1月19日 無実の弱者を救え!
科学の力で逆転無罪!?
8.3%
第2話 1月26日 夢追う息子がコンビニ強盗!?
信じる母の願い!
8.7%
第3話 2月 2日 白い巨塔で医療ミス!?
陰謀から無実の医師を救え
9.4%
第4話 2月 9日 海底の砂だけが知る孤独なOLの嫉妬と殺意! 8.3%
第5話 2月16日 盗撮動画で体罰パワハラ教師に社会的制裁の罠! 9.0%
第6話 2月23日 射殺&幼児誘拐事件発生!
消えたベース音の謎!
9.4%
第7話 3月 2日 命がけの再現実験で悪女の仕掛けた罠を暴け!! 9.5%
第8話 3月 9日 死刑囚を冤罪から救え!!24年前のお化けの謎! 9.5%
第9話 3月16日 ついに最終章!追い続けた11年前の事件再び!? 8.9%
第10話 3月24日 怒涛の最終話!!狂気の殺人犯vs冤罪弁護士 9.6%

『イノセンス/冤罪弁護士』の見逃し配信はHuluで

※配信話数、配信状況等はサイトにてご確認ください。

スポンサーリンク
日テレドラマ