ベター・コール・ソウルとは?あらすじ・キャスト。シーズン5配信予定日、ウォルターやジェシーも?

これまでも数々の名作と呼ばれるドラマが制作・放送されてきましたが、今回紹介するこの『ベター・コール・ソウル』も間違いなく名作と呼ばれるドラマだと思います。

※この記事にはネタバレが含まれておりますので、ご注意ください。


source:IMDb

ベター・コール・ソウルとは、アメリカで大人気となったテレビドラマ「ブレキング・バッド」のスピンオフとなるドラマで、ブレイキング・バッドのシーズン2・第8話から登場した、お調子者で口達者な悪徳弁護士の「ソウル・グッドマン」が主人公となり、ブレイキング・バッドから6年前、まだ無名で貧乏弁護士だった「ジェームス・マッギル」が、どのようにあの悪徳弁護士「ソウル・グッドマン」になっていったかを描いた作品です。

またブレイキング・バッドでガスの片腕として働いていた、マイク・エルマントラウトも登場し、警官を辞め、アルバカーキへと移り住み、一般人として生活をしていた彼が、ガスの元で働くことになった経緯も同様に描かれています。

作品の制作総指揮・企画はブレイキング・バッド同様「ヴィンス・ギリガン」で、アメリカでは2015年2月からシーズン1が、日本では2015年9月からNetflixで、Netflixのオリジナル番組として配信スタートしました。

主人公・主要人物

ジェームス(ジミー)・マッギル/ボブ・オデンカーク

この作品の主人公でのちのソウル・グッドマンです。シーズン1のころは貧乏な弁護士で、公選弁護でやっと食いつないでいます。乗っている車は、片方の後部ドアだけが赤茶色い、黄色のスズキ カルタス エスティームです。弁護士となる前は、シカゴ周辺で友人のマルコと詐欺でお金を稼いでいました。その後兄のチャックに助けられ、ハムリン、ハムリン&マッギル弁護士事務所で郵便係の仕事に就いていました。

マイク・エルマントラウト/ジョナサン・バンクス

元はフィラデルフィアで警官をしていましたが、退職し未亡人となった息子の妻と孫が暮らすニューメキシコ州アルバカーキへと引っ越してきました。シーズン1ではジミーが通う裁判所の駐車場管理人をしていました。

チャック・マッギル/マイケル・マッキーン

ジミーの兄で、ハムリン、ハムリン&マッギル弁護士事務所創立者の一人であり、代表パートナーです。現在は本人いわく電磁波過敏症により、外へ出る事もできず、ほとんど隠居生活状態となっております。普段の買い出しなど生活の面倒はジミーが見ています。

イグナチオ・バルガ(ナチョ)/マイケル・マンド

元々はトゥコの手下で、トゥコの元で麻薬売買をやっています。しかしトゥコに内緒で独自に薬の仕入れ販売をやっているため、そのことがトゥコにバレることを恐れています。トゥコが刑務所に入ったあとはトゥコの後釜としてヘクターの元で働きますが、のちにガスがカルテルに内緒で自分の部下にします。

弁護士関係

キム・ウェクスラー/レイ・シーホーン

ジミーがHHM法律事務所で郵便の配達人をやっていた頃の同僚で友人以上の関係です。シーズン1ではHHM法律事務所で働いていますが、やがて独立します。

ハワード・ハムリン/パトリック・ファビアン

父の後を継ぎ、ハムリン・ハムリン&マッギル弁護士事務所の代表パートナー弁護士となっています。チャックのことは尊敬しています。

エルネスト/ブランドン・K・ハンプトン

HHM法律事務所で働いており、チャックの身の回りの世話をすることになります。

麻薬カルテル・売人関係

グスタボ(ガス)・フリング/ジャンカルロ・エスポジート

ブレイキング・バッドの登場人物で、表の顔は、14店舗を構えるフライドチキンのチェーン店、ロス・ポジョス・エルマノスの経営者ですが、裏ではドラッグの流通を牛耳るマフィアとして大きな影響力を持っています。極めて慎重な性格で、物事を判断する能力に長けていますが、ヘクラー・サラマンカとは因縁があり、彼を敵対視しています。

ヘクター・サラマンカ/マーク・マーゴリス

ブレイキング・バッドにも登場しています。トゥコの叔父で、メキシコ麻薬カルテルの大幹部です。アルバカーキへと独自の麻薬ルートを持っていて周辺で麻薬ビジネスを手掛けています。

トゥコ・サラマンカ/レイモンド・クルス

ブレイキング・バッドにも登場しています。地域での麻薬販売のリーダーで、非常に気性の激しい人物ですが、祖母のことは非常に大切に思っています。自分でも麻薬をやっているためか、理論的に物事を考えるのが苦手で感情で行動してしまいます。

エドゥアルド(ラロ)・サラマンカ/トニー・ダルトン

ヘクターの後釜として麻薬ビジネスを仕切ることになる、サラマンカ一族の人物です。

マルコ&レオネル兄弟/ルイス&ダニエル・モンカダ兄弟

トゥコのいとこで、双子の兄弟です。戦闘能力は非常に高く、小~中規模くらいの敵のアジトでしたら2人で全滅させることもできます。

ドン・エラディオ/スティーヴン・バウアー

ブレイキング・バッドの登場人物で、メキシコの麻薬カルテルのボスです。

ヴィクター/ジェレミア・ビツイ

ブレイキング・バッドの登場人物で、ガスの部下です。

リディア・ロデルテ・クエール/ローラ・フレイザー

ブレイキング・バッドの登場人物で、ドイツ・マドリガル社の物流部門責任者です。裏ではガスの元で違法な仕事をしています。

ゲイル・ベティカー/デヴィッド・コスタビル

ブレイキング・バッドの登場人物で、ガスが面倒を見ている科学者です。

その他の人物

トゥコの祖母/ミリアム・コロン

スペイン語しか話せません。当たり屋を車で轢いたのですが、逃げてしまいます。

マルコ/メル・ロドリゲス

イリノイ州シセロ時代のジミーの友人で、かつてジミーと一緒に詐欺を働きお金を稼いでいました。

ヒューエル・バビノー/ラヴェル・クロフォード

ブレイキング・バッドの登場人物で、ジミーに雇われいろいろな仕事をします。

フランチェスカ・リディ/ティナ・パーカー

ブレイキング・バッドの登場人物で、ジミーとキムの事務所に受付として採用されます。非常に仕事に対し熱心で、言葉使いも丁寧で有能な女性です。

プライス/マーク・プロクシュ

職場から薬などをくすね、ナチョと取引をしています。取引の際にマイクをボディガードとして雇いました。

ミセス・グェン/アイリーン・フォガーティ

ジミーの事務所兼部屋のあるネイルサロンのオーナーです。ジミーの部屋はネイルサロンの奥にあります。

ブレイキング・バッドからさかのぼること6年前のニューメキシコ州アルバカーキ、まだ名前も売れておらず、貧乏な三流弁護士ジミー・マッギルは、公選弁護の仕事でどうにか生計を立てていました。

ジミーの兄チャックは優秀な弁護士で、現在もハムリン・ハムリン・マッギル弁護士事務所の共同経営者ですが、電磁波過敏症のため外出できなくなっていて電化製品はおろか、電気も止めた家で一人で暮らしています。ジミーはそんなチャックの面倒を見ていたのです。

一方かつてフィラデルフィアで警官をしていたマイク・エルマントラウトは、警官を辞め未亡人である息子の妻と、孫の住むアルバカーキへと引っ越してきて、ジミーが通う裁判所の駐車場で管理人をしているのでした。

そんな彼らが様々な出来事や事件に巻き込まれたりする中で、ブレイキング・バッドの世界へと変わっていく姿を描いた物語です。

またフラッシュ・フォワードでは、ソウル・グッドマンが人消し屋により別人となり、ネブラスカ州オマハでシナボンの店長となっている姿も描かれています。

(2019年4月5日追記あり。)

『ベター・コール・ソウル』シーズン5の配信日はまだ発表となっておりませんが、海外の複数のサイトで2019年の夏頃という説が有力となっております。

また、シーズン3がそれ以前のシーズンと比較して2か月ほど、シーズン4がシーズン3の4か月後と徐々に遅れていっていることから、秋か冬という説もあるようですが、英EXPRESSの記事によると、シーズン5の更新が発表されたのがシーズン4配信前ということもあり、そこまでは遅くならず8月頃が有力とのことです。

しかしHN Entertainmentの記事によると、4月10日からニューメキシコ州アルバカーキで撮影が開始され、8月中に終了する予定とありますので、そこから編集に2か月から3か月かかるとすると10月か11月となりそうです。

いずれにしろ8月から11月頃にかけての配信開始となりそうです。

—–4月5日追記———

VULTUREのAMC最高責任者のインタビューによると、どうやら放送スタートは来年のようです。

Do you have a status update on season five of Better Call Saul? When is it coming back?
We said on our most recent earnings call that the series would come back for season five next year.

—–ここまで————

巷ではシーズン5で終わりと見ている人たちが多いようですが、Monsters and Critics – Entertainment newsによると、以前のインタビューで制作総指揮の一人ピーター・グールドが、ブレイキング・バッドと同等のエピソード数となるであろうと話していたことから、可能性としてシーズン5がブレイキング・バッド同様Part1とファイナルシーズンに分けられる可能性を示唆しています。

ストーリーについては、キムやナチョそしてハワード・ハムリンがブレイキング・バッドに出演していないことから、いずれ3人が姿を消すのは確実だと思われます。

キムに関してピーター・グールドは「彼女が命を失うことを心配している」と言い「キムに何かひどいことが起こったら残念ですが、死なないにしても人々に起こり得ることはたくさんあります」と述べていることから、個人的には、シーズン4ラストで、ジミーが兄の死に対する感情もなく、単に弁護士に復職するためだけに利用し、さらにマッギルと言う名前を捨てたことから、ジミーがキムに見捨てられて別れるのではと想像します。

またナチョについて記事中では、シーズン5の前編終わり頃に殺害されるのではと予想しています。

またジミー・マッギル(ソウル・グッドマン)を演じているボブ・オデンカークは、ブレイキング・バッドの世界が近付いてきていることから、ウォルター・ホワイトやジェシー・ピンクマンの登場も、ほのめかしていたようです。

『ベター・コール・ソウル』の動画は2019年3月29日現在、Netflixで見放題にて配信されています。
また同じく2019年3月29日現在、シーズン3まではU-NEXTではポイントで、amazonプライムビデオTSUTAYA TVdTVでは有償にて配信されています。