Huluドラマ『GONE/ゴーン』シーズン1 12話あらすじ・ネタバレ感想キャストなど

第11話「汚れた霊」に続き、『GONE/ゴーン』シーズン1、第12話「復活」のあらすじ、キャスト・ネタバレ感想を書いて行きます。

※この記事にはネタバレが含まれておりますので、ご注意ください。


source:Hulu

刑務所に収監中のメル・フォスターが聖書を読んでいると、一人の囚人が因縁をつけてきたため争いになります。

丁度その時、宗教的アドバイザー、シスター・ヘレン・ロスが刑務所へメルを訪ねてきたのですが、メルは争いの末その囚人を殺害し、メルの腹部にも折れたモップの柄が深々と突き刺さっていたのです。

救急車で運ばれるメルに、シスター・ヘレン・ロスも付き添い、病院へと向かうのでした。

救急車の中で聖書を読み上げていたヘレンは、突然注射器を取り出し、致死量のフェンタニルを看守の女性へ射つのでした。

そして重傷で気を失っていたハズのメルも腹部からモップの柄を抜き、看守へと数回突き刺し、運転手をも殺害後、逃走してしまうのでした。

その夜キックはノアと一緒に、彼の両親と食事をしていたのです。その時フランクから電話があり、メル・フォスターが脱走したと伝えられるのでした。

翌朝メル・フォスターが脱走したというニュースを見たポーラ・ラニガンは、心配しあわててキックに電話をするのですが、キックはフランクと一緒で平気だけど、忙しいのであとで電話すると言うのでした。

チームは情報の整理を始め、まずヘレン・ロスについてジェームズが話し始めます。

それによると、ヘレン・ロスは改名後の名前で、改名前はマルグリート・カズンズとのこと。かつて修道女でしたが、それを辞めて囚人のカウンセラーを始めたとのことです。

またケネディによると、経歴もしっかりしてて、神学と犯罪心理学の学位も持っており、今は修道会に所属していないが、シスターを名乗り、メルのカウンセリングは4か月前からとのことでした。

チームはメルが彼女を洗脳したのかとも考えたのですが、洗脳し取り込むまでには時間が短すぎることから、以前からレギオンに所属していたと考えるのでした。

キックとビショップは、メルが収監されていた刑務所へと行き、彼が読んでした書籍を調べると、幼いころのキックとメル・フォスター夫妻が一緒に写った写真が挟んでありました。

それを見たキックは、捜査中に自分がこの写真を目にすることをメルは想定していたと言うのでした。

その後1冊の医学書を持って、捜査本部に戻ったビショップらは、その医学書のページに折り目があったことに気付いたのです。

そのページを見ると、メルは臓器に損傷がなく、一番ダメージが少ない場所を狙って、モップの柄を刺していたことがわかったのです。

するとキックに、道場の生徒キャッシーの番号からの着信がありました。出てみるとその声はメル・フォスターのもので、キャッシーはメルに誘拐されてしまったのでした。

その後チームは、メルとヘレンの面会映像を調査していたのですが、会話に一切怪しいところはありませんでした。

しかしビショップは、2人がなにげなくお互いの聖書を交換していたことに気付き、計画はメルの聖書に書かれていたと考えるのでした。

そんな中キックに、カメラマンのニール・プルーイットから電話が入り、キックの道場の近くに隠しカメラを取り付けてあり、それに面白いものが写っていると言うのです。

キックがその場へと向かいカメラを見るとヘレンとメルそしてキャシーが写っているのでした。

キックが捜査本部に戻り、カメラの話しをしようとすると、FBIのモス副長官が来ており、前回の犯人射殺の件で、キックにチームと捜査から外れるように言い、自宅待機を命じるのでした。

しかしキャッシーのことが心配なキックは、副長官に頼み込み2分間だけフランクと話をすることを許可されたのです。

この処分に対し、ビショップはキックの相棒として、副長官にキックが現場に出ていても結果を出していた頃は手柄を自分のものにしていたのに、自分の立場が危うくなると銃を撃っただけでアウトなのかと非難するのです。

その後キックは捜査官に付き添われて自宅へ戻り、2人のFBI捜査官に監視されることになったのでした。

その頃ジェームズは、メルが持っていた聖書の暗号解析に成功したのです。

そんな中キックは、こっそりと道場を抜け出し、ノアの車でビショップの元へと向かったのです。

そこでビショップにあるものを持ってきたかを尋ね、ノアと別れのキスをし、ローズの車で彼女の自宅へ向かったのです。

その後ジェームズの携帯にビショップから電話が入り、ビショップは行けるぞと言うのでした。

翌朝キックはローズと話し、キャサリンが誘拐されたことにより、キャシーは娘ではないけど、始めてママの気持ちが分かったと言い、自分を本当に救ってくれたのはローズだと伝えるのでした。

やがてニールからキックの携帯に着信があり、メルの写真を見つけたと言うので、キックはニールの元へと向かったのです。

キックはニールの家で、メルの写真データを待っている時、ある一台のカメラが目に飛び込んできます。

それは幼いキックが、メルと一緒に過ごしていた時に使っていたカメラで、キックはその当時ニールと会っていたのでした。

そのことに気付き、うしろを振り返った瞬間に、キックはニールに殴られ気絶してしまうのでした。

フランク・ノバク/クリス・ノース

FBI捜査官で、かつて子供の頃誘拐され、犯人と暮らしていたキックを救出しました。誘拐・失踪事件の特別編成チームを組織し、様々な難事件を解決していきます。

キット(キック)・ラニガン/レヴェン・ランビン

15年前全米を震撼させた幼児誘拐事件の被害者で、5年間誘拐犯夫妻と過ごしていました。フランクのチームで、誘拐事件の捜査に当っています。

ジョン・ビショップ/ダニー・ピノ

FBI捜査官で、元陸軍軍人でした。キックの相棒で、正義感が強く、犯人を憎む正義の人です。過去に自分の兄弟の誘拐事件を経験しています。

ジェームズ・フィンレイ/アンディ・ミエンタス

キックの友人で優秀なハッカーです。キックと共に捜査の手助けをしています。かつてジェームズがゲイということを認められない父親に家を追い出され、その直後に誘拐された過去を持っており、それ以来家族とは交流がありませんでした。

マヤ・ケネディ/トレイシー・トムズ

FBI特別捜査官で、15年前にフランクと一緒にキックを救いました。

ポーラ・ラニガン/ケリー・スールフォード

キックの母親で、本を出版したりテレビに出演したりしています。

ノア/クリストファー・オシア

キックの高校時代の友人で、唯一キックをキットと呼んでも殴られない人物です。6話あたりからキックと良い感じになり今は友人から恋人に昇格しました。

メル・フォスター/リー・ターゲセン

かつて全米を震撼させた幼児誘拐事件の犯人で、キックを誘拐し5年間一緒に暮らしていました。15年前に逮捕され現在は刑務所に収監されています。当時の誘拐組織「レギオン」のリーダーと見られています。

ニール・プルイット/ジョーダン・ブリッジズ

キックに付きまとっているカメラマンで、キックの家の周辺にモーションカメラを取り付けています。

ヘレン・ロス/トレーシー・ミデンドルフ

メル・フォスターの宗教的アドバイザーで、メルが収監されている刑務所をたびたび訪れ、宗教的なアドバイスをしています。

ベス・フォスター/ダニカ・ケチャム

メル・フォスターと暮らしていた頃の、まだ幼かったキックです。

モス/ロサ・アレドンド

FBI副長官で、キックにチームと捜査から外れ、自宅待機を命じます。

キャサリン(キャッシー)/Chloi Zi

キックの道場に通う少女で、メルに誘拐されてしまいます。

いよいよフランクの捜査チームとメルの直接対決となりました。まずはキックとメルの対決が始まります。

ニールに殴られ気絶していたキックが目を覚ますと、目の前にはメル・フォスターが座っており、一緒にニールとヘレン・ロス、そしてキャッシーがいました。

ひとまずキャッシーが怪我もなく無事でホッとしましたが、数話前から登場した宗教的アドバイザーとか言うヘレン・ロスは、どうも胡散臭いと思っていたのですが、メルの仲間だったのですね。

そして以前からキックに付きまとっていたニール・プルイットも、レギオンの仲間だったとは少々意外でした。

ニールも仲間と言うことは前回の11話でお金を持って行ったリーダーと言うのは、ニールだったのかもしれませんね、だから顔を写さなかったのかもしれません。

今回の脱獄計画は、数か月前にニールがメルに接触してきたことから始まったようで、彼はかつてメルたちと一緒だった家族を元通りにしようとしていたようです。そして計画は全てニールとヘレンが立てたということでした。

どうやら新しいレギオンと言うのも、メルと関係があったんですね。

前回メルとは関係ないと書いてしまいましたが、ものの見事に騙されてしまいました。

しかし彼らよりキックの方が一枚上手なようで、ニールが話した「天国で誰かに仕えるくらいなら、地獄を支配する。」と言う言葉で、ニールがかつて誘拐されていたことやメルの仲間であることに気付いたようです。

そして副長官に頼み込んでフランクと話していた、たった2分の間に計画を立てて、実行を決めていたとは、ゴーンチーム恐るべしですね。

家を抜け出しビショップと会った時に、キックの身体にレギオンが使っていた小型追跡装置を埋め込み、ニールにわざとさらわれ、無事にキャッシーのところに来られたと言うのですから、なかなかの策士ですね。

その後ニールが外を見ると、FBIの車がやってきてフランクやビショップ、ケネディが突入を始めました。

キックはニールと殴り合いを始め、フランクたちはキャッシーを人質に取ったメルを追いかけます。

やがて、キックがニールを倒し、メルの一瞬の隙をついてキャッシーが逃げ出したところをフランクがメルを撃ちました。

さすがフランク、良いところを持っていくと思っていたら、いきなり後ろからヘレンが発砲し、フランクの腹部へ命中してしまいました。

マズイ!と思っていたところへビショップがやってきて、ヘレンを撃ってくれてホッとしました。

ただ、どうやらメル・フォスターはビショップの弟マイクの誘拐にも関係していたようで、ビショップを見ていきなり弟によく似ていると言い出しました。

本当にメルのせいで、何人もの人間が不幸になっていると思うと腹が立ちます。

そんな時ビショップはメルの傷口を足で踏み、何と言ったかを問いただすのですが、それを見て少しいい気味と思ってしまいました。

結局脱出トンネルから、ニール・プルイットには逃げられてしまいましたが、ここからニールがリーダーとなるレギオンとの闘いが始まるということになるのでしょうか?

これでひとまず、メルの件は片が付いたということなのでしょうか。少なくともこれで、今まで以上に厳重な刑務所に入れられることになるでしょうし、面会の規制も多くなるでしょうから、今度は逃げられないでしょうね。

今回のストーリーはメンバーのチームワークの良さとは別に、組織の危うさも見せつけられた内容となっていました。

ビショップの言う通り、上手くいっている時はさんざん利用し、自分の身が危うくなるとすぐ切り捨てにかかるという、組織というものには辟易します。

たとえば新シーズンからキックが、アドバイザーという立場ではなく、特別FBI捜査官になるとかいうようなことはないのでしょうか?

と言うか、シーズン2はあるのでしょうか?

ゴーン シーズン1 第1話 『パイロット』

ゴーン シーズン1 第2話 『ライド』

ゴーン シーズン1 第3話 『タイガー』

ゴーン シーズン1 第4話 『クリスタル』

ゴーン シーズン1 第5話 『救世主』

ゴーン シーズン1 第6話 『家族写真』

ゴーン シーズン1 第7話 『行かないで』

ゴーン シーズン1 第8話 『ローマ人たち』

ゴーン シーズン1 第9話 『緊急事態』

ゴーン シーズン1 第10話 『弁護士と移民』

ゴーン シーズン1 第11話 『汚れた霊』

『GONE/ゴーン』シーズン1はHuluで

※配信状況や配信話数、内容・料金等はサイトにてご確認ください。