白衣の戦士!第4話あらすじ・ネタバレ感想、キャスト・ゲスト、視聴率は8.4%

白衣の戦士!の4話では、その夜三原夏美が、同僚の看護師藤井雪乃と共にイケメンエリート商社マンたちとの久々の合コンを行うこととなり相当気合が入っていました

しかし、メンバーが1人足りなくなり、雪乃は代わりにはるかを呼んだのです。

これが「初めての合コン」だと浮かれるはるかですが、夏美は、はるかにいつものようにヤンキー丸出しのガン飛ばしなどしないように注意するのでした。

挨拶や乾杯も終わり、和気あいあいと会話が始まっていたのですが、男性陣からは夏美たちに対し、健康相談の話題しか出ないため、はるかはブチ切れ、夏美はマジで婚活に来てるんだから、恋バナなどをしろと怒鳴ってしまうのでした。


source:Hulu

全話あらすじ・ネタバレはこちらからどうぞ

スポンサーリンク

そんなある日、7年前に離婚して以来、元妻・美紀のもとで暮らしていた本城の娘・紗耶が虫垂炎で入院して来たのです。

本城の娘紗耶は、なんとメイクもネイルもバッチリの女子高生ギャルになっていたのでした。


source:https://www.happyon.jp/watch/100035072

入院早々、自由気ままな行動で次々と問題を起こす紗耶に振り回されるはるかと夏美ですが、肝心の本城は、たまにしか会わない紗耶との接し方がわからず、ただオロオロするばかりでした。

そして、本城を意識しはじめていた夏美は、思いがけない本城の美人元妻登場に心が揺れるのでした。

その夜夏美と本条はいつもの居酒屋で一日の疲れを癒していたのですが、夏美は元妻のことが気になり、本条に根掘り葉掘り尋ねるのです。

その頃はるかが寮へ戻ると、光が飛び出してきて、はるかを見かけると「俺の部屋に来てほしい、お前しかいないんだ」と告げるのです。

「そんなこと急に言われても…、心の準備ができていない」というはるかの手を引いて、光は無理やり自分の部屋へはるかを連れて行くのです。

そして光の部屋へ入ったはるかに「ゴキブリを退治して欲しい」とお願いをするのでした。

その後ゴキブリを速攻退治したはるかは、「やっぱりあんただけは…ない」と光に言い放ち、自分の部屋へと戻るのです。

そして「なんなのよー、人をその気にさせといて」と怒るのですが、すぐに冷静になり「その気にって…どんな…」とつぶやくのでした。

その頃本城は美晴に「好きな人とかいるのかな?」と尋ねます。

「師長、いきなりそんなストレートな」とおろおろする美晴に本条は、「好きな人どころか、16歳だと普通もう彼氏とかいるのかな?」と言い夏美に「どう思う?」と言うと、夏美は「娘の話かぁ…」と少々ガッカリするのです。


source:https://www.happyon.jp/watch/100035072

本城は、沙耶のことは女の子で、ずっと離れて暮していたのでよくわからないといい、でも元気でいてくれればそれで良いと話し、このまま炎症が治まって早く退院してくれればいいなと話します。

その翌日紗耶は虫垂炎の炎症による痛みで、再び苦しみだすのです。

抗菌剤が効いていないということで、柳樂はなるべく早く手術した方が良いと話します。
そんな柳楽に対し、沙耶は「手術は絶対に嫌だ」とかたくなに拒否してしまうのでした。

立花はるか…中条あやみ
三原夏美…水川あさみ
斎藤光…小瀧望(ジャニーズWEST)
村上真由…片瀬那奈
小野貴子…鈴木紗理奈
柳楽圭一郎…安田顕
本城昭之…沢村一樹
藤井雪乃…小松彩夏
岩崎絵里奈…山﨑萌香
高木昇太…三宅亮輔

登場人物の詳細についてはこちらからどうぞ

第4話 ゲスト

平井沙耶/川島鈴遥

看護師長本城と、別れた元妻・美紀との間に生まれた子供で、現在は美紀と彼女の再婚相手と一緒に暮らしています。腹痛を訴え四季総合病院で診察を受けたところ、虫垂炎だだったため、外科病棟に入院することになりました。

平井美紀/霧島れいか

本城の元妻で、沙耶の母親です。本城と離婚後現在の夫と再婚し、沙耶と夫と3人で幸せに暮らしています。

虫垂炎の悪化により、薬では治療できなくなったため、手術が必要となった沙耶ですが、みんなの説得に対してかたくなに「手術は嫌だ」と言うのです。

手術痕についても、柳楽医師が「今は傷跡も小さくなっているから、2~3年もしたら全然目立たなくなるよ」と伝えますが、沙耶は「そんな先の話しなんて関係ない。とにかく手術は受けないから。」と頑なに拒否するのです。

そんな沙耶に対し、ついついはるかは「いい加減にしなよ、どれだけみんながあんたのことを心配しているかわかってんの?ほっといたら大変なことになるんだから、我儘言ってないでさっさと手術受けなよ」と怒鳴ってしまいました。


source:https://www.happyon.jp/watch/100035072

はるかは、いまだにちょっと沸点が低すぎますね。患者のためを思っての発言ですが、怒鳴るのはナースとして行きすぎですね。

そして患者を怒鳴ったことにより、はるかは主任の村上真由に怒られてしまいました。

その光景を見ていた本城は、本来なら僕が言わなけばいけないことだったと言います。

その後本城は沙耶に、手術を受けるように説得を試みるのですが、沙耶に「医者でもないお父さんが、あたしに何ができるの…?ずっと一緒に住んできたわけでもないのに、今更そんな父親面しないで」と怒鳴られてしまいました。

仮にも心配してくれる人にそう言う態度はあんまりだと思いますが、やはり相手が父親だという甘えがあるんでしょうか。

一方沙耶を怒鳴ったことを反省し落ち込んでいたはるかを、光は食事に誘うのです。

するとはるかは、「これってデートじゃん」と言い、光を引っ張って食事へ行くのです。


source:https://www.happyon.jp/watch/100035072

なんだか、はるかと光の2人も、目が離せない関係になってきていますね。

その頃、夏美は病院へ戻ってきていて、沙耶の爪にネイルシールを貼ってあげるのです。
すると沙耶は、美晴に好きな人がいるかを尋ねるのです。

夏美が「今はいないかな」と答えると、沙耶は「ドンマイだね」と言います。

そして沙耶は「お母さんにも、もちろんどっちのお父さんにも話してないんだけど、私、好きな人ができたんだ。今までも、みんなで遊びに行ってた男の子はいたけど、本気で好きになったのは初めてなんだ。」と言います。

夏美は「そうなんだ、で、どんな人?カッコイイ?」と尋ねると沙耶は「やさしくって、背が高くって、その人の前だとドキドキしてなんにも言えなくなっちゃう。私普段こんなんだからバカみたいでしょ。」「その人にこの間、初めて誘われたんだ。夏になったら海に行こうって。」と話すと、夏美は「えーっ、よかったじゃん」と言います。


source:https://www.happyon.jp/watch/100035072

すると沙耶は「ううん、全然良くない。」「…だって、…お腹に手術の傷跡なんかあったら嫌われちゃうもん。私、水着になれない。」と話すのです。

夏美に話すあたり、本当は誰かに話したくてウズウズしてたんでしょうね。

そして今回はここで、三浦大知の「片隅」が流れるんですけど、もっと別なところの方が良かったんじゃないか?使いどころ違わないか?とか思ってしまいました。

そのことを聞いた夏美は本城に、沙耶が恋をしていて、お腹に傷があると好きな人に嫌われることを心配していると伝えるのです。

そして夏美は「女の子って、恋をすると、自分でもどうしていいかわからない気持ちになるもんなんです。」と話すのです。

その頃、光との食事で、全く2人の関係に進展のなかったはるかは、家へ帰ってから倒れ込み「もーっ、どうしたら良いかわかんないよー。私がなんであいつにドキドキモヤモヤしなきゃいけないの、もうムカツクッ!」と言い、「ドキドキモヤモヤっていうと、まさかこれって…恋ぃー?と口にするのでした。


source:https://www.happyon.jp/watch/100035072

なんだか、こっちの方の恋愛模様も面白くなってきました。

一方、夏美と話した本城は、再び沙耶の元へ行き、病気を治せないことを謝りながら、背中をさするのです。

そして「沙耶も…大きくなったな、もう16歳だもんな。」「沙耶が生まれたとき、本当に嬉しかったんだよな…。母さんと出会って、恋をして、結婚してお前が生まれて、今でも…、…もう二度とあんな幸せなことないんじゃないかって思う。」「…でも、まあ、お母さんとはそのあと色々、気持ちがすれ違ってしまって…、離婚して離れて暮らすことになって…、お前のことも、きっとたくさん傷つけたな。」「…そんなお父さんがこんなこと言っても、ちょっと説得力ないかもしれないけど…、人を好きになるって…、凄いことなんだよ…。」「…その人さえいてくれれば、他になにもいらない…。」「ほかのどんなことも、小さく思えてしまう。」「人を好きになるって…、本当に凄い力なんだ。」「だから、沙耶のことを本当に好きになってくれた人なら、手術の跡を見て嫌いになったりなんかしない…。絶対に嫌いになんかならないんだ…。」「人を好きになるって、そういうことなんだ。」と話すのです。


source:https://www.happyon.jp/watch/100035072

このシーンはなかなか感動しました。特に沢村さんのセリフ回しや間などが絶妙でした。

さっきのところじゃなく、ここに三浦大知の片隅を入れれば良かったのにと思うんですが、入れて試してみたら、セリフのジャマになったとかあったのかも?

そして本城は沙耶に「あのぅ、あと…それからもひとつ…、あ・あのさぁ、これは…二人だけの秘密にして欲しいんだけど、お父さん今…、今好きな人がいるんだ。」と話すと、これまでおとなしくしていた沙耶が急に食いつき「そうなの?」と話します。

そして、その後沙耶は手術を受けることを本城に話すのでした。

それからすぐ後、急に沙耶は腹痛を訴え、緊急手術となり、無事に手術は成功したのでした。

翌朝はるかは、沙耶と仲良くするため、ネイルシールを貼ってきて、これで打ち解けたら手術を受けるように説得できるじゃないかと話すのですが、夏美は、沙那が昨日自分の意志で手術を決め、緊急手術を受けたことを伝えるのです。

その頃病室では沙耶が本城に「ありがとうお父さん、昨日、背中さすってくれて、凄く嬉しかった。」と言い、「私子供の頃、お父さんが看護師なの恥ずかしかったんだ。」「友達に、男なのに医者じゃないのって言われて。」「けど、初めて入院して思ったよ…、お父さんたちの仕事っていいね。」「私ね、好きな人ができたんだけど、その人ちょっとお父さんに似てるんだ。」と伝えたのです。

そして沙耶は「今の、二人だけの秘密ね。」と言うのでした。

その後沙耶は無事に退院し、本城は力になってくれた夏美に、「今回は娘共々本当に君にはお世話になったね。」と言い「いろいろお疲れということもあり、今日どう?」と飲みに誘うのです

それに対し、夏美は「良いですよ」と答えると、本城は「えっ、いいの?」と言い、いつもと別の店を予約するのです。

その頃はるかは、光とレポートのことを話しながら歩いていたのですが、沙耶が言っていた「今したいことは今しなきゃ、時間なんてあっという間に過ぎちゃうもん」という言葉を思い出し、光に「あのさぁ、今日仕事終わったらご飯いかない?」と言い、2人でご飯行く約束を取り付けたのでした。


source:https://www.happyon.jp/watch/100035072

今回のストーリーは、本城と娘の親子物語と、それぞれの恋愛模様が描かれた内容となっていました。

この作品は例えば今回、夏美が本城に沙那の恋バナをしたことに沙那は気付かなかったのかとか、思春期の女の子が沙那の恋愛について知っているであろう本城の言葉を、そのまま素直に受け止めるだろうかとか、色々突っ込みどころはあるでしょうが、この作品は、細かいことを気にするなですね。

週の真ん中に、深く考えずに気楽に見れる内容ですし、それぞれの恋愛模様も楽しくなってきましたし。

今回は特に沢村さんや水川さんの演技が素晴らしかったですし、ゲストで沢村さんの娘役を演じた川島鈴遥の演技も素晴らしかったです。

そして相変わらず安定の演技を見せる霧島れいかさんでした。さすが、どんな役を演じても素晴らしいですね。大好きな女優さんの一人です。

そして第5話は、院内恋愛について描かれるようで、病人よりも恋愛がメインとなりそうなストーリーですね。

はるかや夏美の恋愛模様も楽しみですが、主任ナースの村上由真の不倫物語がどうなるのかも非常に楽しみです。

『白衣の戦士!』の見逃し配信はHuluで

※配信話数、配信状況等はサイトにてご確認ください。

スポンサーリンク