ドラマ「インハンド」第5話あらすじ・ネタバレ感想、キャスト・ゲストなど

前回のインハンドでは、紐倉哲のかつての助手入谷が、紐倉のせいで自殺に追い込まれたということが語られていました。今回はその真実に迫るストーリーとなって行きます。

そして紐倉はあいからわず幻肢痛に悩まされていました。

義肢装具士の陣内志保は、高家春馬と牧野巴に、紐倉は右腕にまつわる記憶がフラッシュバックすると強い幻肢痛に襲われると言い、おそらくPTSDだと説明するのでした。


source:TBS公式

全話あらすじ・ネタバレはこちらからどうぞ

紐倉は、5年前に亡くなった元助手・入谷との辛い記憶がフラッシュバックするたびに、ないはずの右手が痛む幻肢痛に苦しんでいました。

その頃内閣官房内では、各室の無駄をなくすべきと声が上がっており、サイエンス・メディカル対策室は、成果が分かりづらいという意見があり、整理をほのめかされたのです。

その対策に、網野肇室長は、著名な紐倉哲をアドバイザーに迎え、起死回生を図るのですが、紐倉には疑わしい過去があると牧野巴は話すのです。

そんな時、紐倉の様子を見かねた高家は、心理カウンセラーの矢崎太一を招き、寄生虫愛好家と偽り、治療を行わせようとするのですが、マダニ吸血セットを取り付けられ、追い返されてしまいます。

紐倉は、心理カウンセラーと話をさせようとする高家に、なにを企んでいるのか尋ねるのですが、幻肢痛を治すために治療を受けて欲しいという高家に、カウンセリングも催眠療法も全部試したがダメだったと話すのです。

さらに紐倉は、当時入谷は自分を恨んでいて、自分が入谷を自殺に追い込んだと話すのです。

そして紐倉が飛び降りた入谷を助けようとした時に、彼が紐倉に向かってなんて言っていたかも思い出せないと言い、再び幻肢痛に襲われるのです。

さらに高家のせいで幻肢痛が頻繁に起こるようになった、出て行ってくれと言われたことから、高家は研究室を出たのです。

そんなある日、巴は最先端の科学技術を駆使したビジネスで大成功しているフューチャージーンという会社の情報を手に入れるのです。

そしてそこでCEOを務めている福山和成は、紐倉のCDC時代の元上司だったのです。

福山なら紐倉の過去について知っていると考えた牧野は、高家を連れてフューチャージーンを訪ねるのでした。

受付で追い返された高家と牧野巴は、移動で車に乗り込む寸前の福山を直接訪ね、紐倉のCDC時代の話を聞こうとするのでした。

2人の熱意に負けた福山は、予定をキャンセルし、2人と話をすることを了承してくれたのでした。

紐倉哲(ひもくら てつ)/山下智久
牧野巴(まきの ともえ)/奈々緒
高家春馬/濱田岳
御子柴隼人/藤森慎吾
網野肇/光石研
熊谷美緒/高橋春織
城田幸雄/酒井貴浩
山崎裕/田口トモロヲ
大谷透/松尾貴史
瀬川幹夫/利重剛

登場人物の詳細については以下をご確認ください。

第5話ゲスト

福山和成/時任三郎

紐倉が大学生の頃の講師をしていた過去を持ち、紐倉をCDCに誘った人物です。クローン病の入谷をアメリカに連れていくことを反対していました。

入谷廻/松下優也

正義感が強く明るく、状に厚い人物でした。クローン病という免疫系の異常により消化管のいたるところに炎症が起きてしまうと言う難病に罹っていました。

かつて鍋島と共に共同で研究をしていましたが、紐倉に引き抜かれ、CDCで紐倉の助手として働いていたようですが、鍋島によると、紐倉のせいで自殺した(紐倉が自殺に追い込んだ)と言われていました。

キャラウェイ/ドン ジョンソン

アメリカ陸軍指揮官です。ある任務により紐倉たちが調査していたフィリピン沖マリアナ海の小さな島にやってきます。

陣内志保/菜葉菜

義肢装具士で、義手のメンテナンスにやってきています。紐倉に睡眠薬も出しているようです。

矢崎太一/本間剛

高家の依頼で紐倉の治療のために訪れた心理カウンセラーです。紐倉の興味を引くため、高家にサナダ虫Tシャツを着せられ寄生虫愛好家を装い、カウンセリングしようとするのですが、腕にマダニをセットされ、退散します。

奇襲作戦で、CDCで紐倉の上司だった福山和成に面会を求め、紐倉を幻肢痛から救いたいと訴えた高家春馬と牧野巴に、福山は当時のことを語り始めるのでした。

当時福山と紐倉、そして入谷は、フィリピン沖マリアナ海の小さな島で、CDCの仕事により島民の感染症調査をしていたのです。

その当時入谷は紐黒の助手でしたが、兄弟のように仲が良く、心の底から分かり合えていたような、良いコンビ

だったのです。

当時の2人は噂されているような関係ではなく、紐倉も入谷を自殺に追い込むような関係には見えません。

丁度その頃、島で突然ある病気が発生し、最初の犠牲者はマリアという7歳の少女だったのです。

当時マリアは、紐倉と入谷にマリア像を作ってくれるなど、紐倉や入谷と仲が良く、マリアは入谷と将来結婚したいなどと話していました。

そんなマリアが、夜に突然高熱を出し、紐倉たちの元へ運ばれてきたのです。

彼女を診た紐倉は、福山にマリアはエボラウイルスに感染した可能性があると話すのです。
すぐさま福山はそのことをCDCに伝えました。

すると島にはすぐにアメリカ陸軍がやってきて、軍主導で島民の対応に当ることとなり、紐倉たちは患者の特定と選別を優先的に行わされていたのですが、軍は重傷者を放置したままでした。

そんな中紐倉は、CDCに報告してからわずか1日足らずで、大勢のアメリカ陸軍がやってきたことに疑問を抱き、もしかしたら米軍は始めからこの島でエボラが発生することを知ってたのではないかと疑うのです。

結構大がかりなストーリーとなってきました。ここまでの展開もスピーディーで、息つく暇もないほどで、画面から目が離せませんでした。

独自に調査を始めた紐倉と入谷は、マリアが良く遊んでいた場所を彼女の兄マニーに聞き、その場所に行ってみたのです。

するとその場所には米軍機が墜落した痕跡があり、そこにあった落下物などから、墜落した輸送機でエボラウイルスを運んでいたと見られたのでした。

そんな時、福山にCDCから島からの撤退命令が出て、翌日3人とも戻ることになりました。

明らかにアメリカ陸軍が裏から手を回していますね。

しかし、入谷は島民を見捨てられないので残ると言うのです。

紐倉がここにいてもできることは限られていると話すと、入谷は病原体を持ち帰り、治療薬を作ろうと話すのです。

紐倉は、今は自分たちにそんな力はないと言い、中途半端な正義感で動くな、感情の奴隷になるなと話し、キャラウェイに見つかったらただじゃすまないと伝えるのです。

結局入谷の願いは叶わずに、3人ともCDCに戻り、再び以前のように研究をすることになりました。

するとCDCの研究室に戻った紐倉の携帯、にある画像が届きます。

それはアメリカ陸軍が火炎放射器で、あの村や死亡者を燃やしていたものだったのです。

そんな時、紐倉の元へアメリカ陸軍指揮官のキャラウェイが挨拶に訪ねてきて、現在の調子や入谷のことなどを尋ねたのですが、さっき携帯に届いた画像を見た紐倉は、キャラウェイにその後の村の様子を訪ねたのです。

するとキャラウェイはあれから徐々に感染は落ち着き村は元の姿に戻ったと話すのです。

その後入谷に会いに行った紐倉に、画像はマニーが送ったものだと伝えられ、既にマニーと連絡もつかないことから島は全滅したと入谷に伝えられるのです。

さらに入谷は、あのエボラウイルスはただのエボラウイルスではないと言い、人工的に感染力も殺傷力も増幅させた、軍によって開発された生物兵器のエボラウイルスだと話し、軍はそれを隠蔽するため島ごと証拠を消したと伝えるのです。

入谷はあの島から病原体のエボラウイルスをこっそり持ち帰り、一人で研究をしていたのでした。

そのことを嗅ぎつけた軍が、入谷を探し周っていたため、入谷は屋上へと逃走し、紐倉は彼の後を追いかけたのです。

結局キャラウェイは挨拶に来たわけではなく、入谷を捕まえて口封じをしようとしていただけでした。

そこで入谷と紐倉は軍に囲まれてしまったのです。

その時入谷は紐倉に対し、「紐倉、お前には関係ない。お前のせいで俺の計画は台無しだ。お前と出会わなければこんなことにはならなかった。」「お前が憎い。」と言い残し、彼はビルから飛び降りたのです。

これまで、繰り返し繰り返し紐倉がフラッシュバックで見ていた場面はこの時のものだったのですね。

その時紐倉は入谷の手を取り、必死に支え続けたのですが、キャラウェイの指示により入谷を支えていた紐倉の右腕が打ち抜かれ、入谷はそのまま落下していったのです。

そしてその時紐倉は右腕を失ったのでした。

全てを話し終えた福山は、高家に入谷の遺品を託すのです。

その後入谷の遺留品を抱え紐倉の研究所へ戻った高家は、紐倉に一冊のノートを渡すのです。

そのノートには当時の入谷の研究内容や心情が綴られており、さらに入谷はエボラワクチン開発中にエボラウイルスに感染していたということが書かれていたのです。

そのノートを見た紐倉は感染したことを「どうして言ってくれなかったんだ」と呟きます。

すると高家は「それを聞いたら…、お前はどうしてた」と紐倉に尋ねます。

紐倉は「すぐに治療させたよ…、専門医に診せれは、なにか手があったかもしれない」と話すと、高家は「そんなことしたら、米軍にお前も、共犯者だと思われるだろう。それが嫌だったんだ…。」と言い「CDCの屋上でお前を罵った時も、お前を共犯者じゃないことを米軍にアピールするためだったんだ…。」と話すのです。

そして「同じ助手としてわかる気がするよ、入谷さんの気持ち…。」と言い、「俺たち助手は、研究者を支えるのが仕事なんだ。」「だから自分が足を引っ張ることだけは…、許せないんだよ。」と紐倉に伝えたのです。

その後も入谷のノートを読み進めて行った紐倉の目に、最後のページに綴られた言葉が飛び込んできました。

紐倉哲の助手でよかった
哲ありがとう。

その時紐倉は、一筋の涙を流しながら、入谷がビルから落ちる時の「あとは頼んだぞ、世界を救ってくれ」と言う言葉を思い出したのでした。

そしてそのノートに挟んであった、島でみんなと撮った写真に、高家の写真が貼ってあったのを見つけたのでした。


source:http://www.tbs.co.jp/muryou-douga/inhand/005/

その後紐倉は高家を呼び出し「君は優秀な助手であり、大切な仲間だ」と犬のサモンに対して話したのです。

その頃福山は冷凍凍結してあった、米軍のエボラウイルスを取り出し、見ていたのです。

今回、まだ原作で描かれていない、紐倉が右腕を失った時の物語を、ドラマとは思えない壮大なスケールで描いてありました。

これまで、あらかじめこの5話を見据えて伏線を張っていたとは思いますが、予想以上に上手く回収していきました。

またストーリー全体も、紐倉の村人たちとの温かい交流や、入谷との友情の強さが見事に描かれ、これまで噂されてきた紐倉のダークな部分を全て打ち消してくれました。

これまでのドラマであれば、こういった紐倉の右腕を失った理由などは、最終回に描かれることが多いのですが、今回5話でこの物語を描いたのであれば、最終回はさらなる謎の解明があることでしょう。

おそらく今回のラストで描かれていた、紐倉がCDCにいた際上司だった福山和成が、あの村を滅ぼした、生物兵器のエボラウイルスを、冷凍保存し持っていたことを、残り5話で回収していくのではと思われます。

そして次回ですが、日本陸上界のエース・野桐のドーピング疑惑が描かれるということなので、原作のキマイラの血がベースとなると思われます。

ただ原作では、陸上界の異端児などとは言われておらず、レース前後に野獣のような雄叫びをあげたり、謎のダンスを踊り出すこともなく、極めて紳士的な人間だったと思いますので、ドラマ版ではどのような作品に仕上がるのか非常に楽しみです。

『インハンド』はパラビで配信されています。

※配信状況・話数などはサイトにてご確認ください。