ラジエーションハウス第9話ネタバレ、唯織と辻村が検査を巡り対立

ラジエーションハウス第8話にて、病院内で意識を失って倒れ、エスカレーターから転落した杏の元に唯織は駆け寄るのでした。

杏は、エスカレーターを転がり落ちた際に頭部を強打しており、搬送後、辻村のオーダーで頭部CTを撮影するものの、特に異常は見られなかったのです。


source:FOD

全話あらすじ・ネタバレはこちらからどうぞ

そんなある日、甘春総合病院に、大物政治家の安野将司が極秘入院することになったのです。

ラジエーションハウスのメンバーは、なぜウチなんかに?と疑念を抱くのですが、辻村駿太郎の父親で、麗洋医科大学病院教授の辻村丈介が、新しい病院と相応なポストの紹介と引き換えに、鏑木に依頼してきたのでした。

安野は、政治資金に関するスキャンダルから逃れるために、1週間ほど身を隠したいのだと言い、丈介は辻村を安野の主治医にするよう、鏑木に頼んだのです。

安野が入院してきた矢先、裕乃が出勤してくると押し掛けてきたマスコミに、囲まれてしまうのです。

同様に小野寺、たまき、悠木らラジエーションハウスのメンバーも囲まれてしまうのでした。

その理由は、安野が甘春総合病院の裏口で、ゴルフスイングの素振りをしている写真が週刊誌に掲載されてしまたためだったのです。

記事には「偽装入院」などとも書かれており、記事に激怒した安野は、何かしらの入院理由をつけてすぐにでも発表するよう、鏑木と辻村に命じるのでした。

レギュラー

五十嵐唯織(主人公・放射線技師)…窪田正孝
甘春杏(ヒロイン・放射線科医)…本田翼
広瀬裕乃(新人放射線技師)…広瀬アリス
大森渚(甘春総合病院院長)…和久井映見
鏑木安富(診療部長・放射線科長)…浅野和之
小野寺俊夫(放射線技師長)…遠藤憲一
威能圭(放射線技師)…丸山智己
軒下吾郎(放射線技師)…浜野謙太
悠木倫(放射線技師)…矢野聖人
辻村駿太郎(整形外科医)…鈴木伸之

登場人物などの詳しい情報はこちらからどうぞ

第9話 ゲスト

安野将司/中村梅雀

大物政治家で、政治資金に関するスキャンダルから逃れるために、甘春総合病院に極秘入院しに来ました。

辻村丈介/名高達男

辻村駿太郎の父で、麗洋医科大学病院教授です。この機会に安野に辻村駿太郎の顔を売っておいて、麗洋医科大学病院へ再び戻そうとします。

安野は、週刊誌に「政治資金に関するスキャンダルから逃れるための偽装入院」と書かれてしまったことから、形だけの検査を行うことにし、辻村は適当な診断結果を記者会見で発表することになりました。

一方、杏のMRI検査を終え、亜脱臼と診断した辻村に、唯織は透視化のストレステストもするべきだと進言するものの、辻村はMRIで十分だと言い、「技師が思い付きで物を言わないで欲しい、患者に対する責任を負っているのは我々医師で、彼女は自分の患者だ。」と唯織に話すのでした。

しかし、杏の方のMRI検査結果が気になっていた唯織は、その後も独自で調べていました。

そして杏の病室で、肩の触診をした唯織は、関節部分に熱があり関節の不安定さが残存していることからしっかりと確かめた方が良いと辻村に進言するものの、「患者のことは僕が誰よりもわかっている」と話し、唯織の言葉を遮ったのです。

その時ラジエーションハウスに辻村丈介がやってきて、安野の検査を中止するように言い、「形だけでも検査した方がいいかと…、」と話す辻村に、「こんな病院で検査する必要はない、むしろ失礼だ」と話し、ラジエーションハウスを後にするのでした。

するとたまきは辻村に「あんたさぁ、本当は嘘なんてつきたくないんじゃない?」と言い、威能は「部外者に検査を止める権限はありませんよ。」と話すのです。

そして技師長の小野寺は辻村に「あんたのオーダーがある以上、俺たちはやるよ。」と話し、安野の検査を始めるのでした。

検査を進めるものの、嫌がる安野に対し、裕乃の笑顔作戦やたまきの色気作戦(効きませんでしたが。)で次々と検査を進めていくラジエーションハウスのメンバーたちでした。

一方杏の病室にお見舞いに行った院長の渚に、杏は「唯織が医師免許を持ちながら技師をやっているのはなぜなのか、もったいない」、と暗に尋ねると院長は「彼にとって、どっちが上でどっちが下とか、関係ないんじゃない?」と話すのでした。

その頃、検査を終えた安野の読影を終えた鏑木たちは、スキルス性の胃がんを発見したのでした。

そのことで、辻村はでっち上げた診断書を破り捨てたのです。

一方どうしても杏の肩が心配だった唯織は、杏自身で肩の再検査のオーダーを出すように訴えるのですが、そこへ技師たちの本当の姿を知った辻村がやってきて、自分で唯織にオーダーを出したのでした。

杏の検査を終え、画像を見ると関節に亜脱臼が見られ、不安定性が強いため、辻村は関節鏡によるオペが必要との診断を下したのです。

しかし関節鏡オペの経験が少ない辻村は、優秀な医師がいる麗洋医科大学病院に転院させると言うのですが、唯織は「麗洋病院の医師の方が先生よりも優秀なんですか?」と辻村に尋ね、「僕はそうは思いませんけど。」と話すのです。

君に何がわかるんだという辻村に「何度も、辻村先生が担当している患者さんの、術前と術後の写真を撮ったことがあります。写真を見れば分かります。先生が普段、どれだけ丁寧な治療をしているのか。と話し、後のことをお願いするのでした。

その後杏の病室でオペの日程を伝えた辻村は、大学病院で落ちこぼれたことを思い出すのですが、杏は「辻村先生も、私も、こだわりすぎなんじゃないでしょうか。」と言い「技師よりも医師、民間病院よりも大学病院、そんなのないんじゃないでしょうか?」と話し、「大事なのは、立場とか場所とかじゃなく、何をするか、なんじゃないかなって、最近私は思っています。」と伝えるのです。

その夜、イメージトレーニングを何度も繰り返した辻村は、その翌日無事に手術を成功させることができたのです。

その後辻村は、大学病院に戻るための書類に、スキルス性胃がんを見つけたのは甘春総合病院の放射線技師で、自分にとっては麗洋医科大学病院より甘春総合病院には学ぶべきことが多いと書き、大学病院への入局を断ったのでした。

その後辻村は五十嵐の元へと出向き、杏のオペが成功したことを伝え、唯織やほかの技師たちにお礼を言うのです。

そして唯織に握手を求め、「負けるつもりはありませんよ、仕事も、恋愛も」と話し、ライバル宣言をするのでした。

ラジエーションハウスも9話となり、第1話ではあれだけ技師たちを下に見ていた杏も、随分考えが変わってきて、今回はついに、上も下もないとまで話すようになりました。

また、これまで杏を口説いているイメージしかなかった辻村医師が、医科大学教授を父に持つサラブレッドだったことや、そのことでコンプレックスを抱いていたことや、思っていた以上に医師としてしっかりと仕事をしていたことが描かれていました。

今回の出来事で、唯織は敵に塩を送ってしまったような感じになってしまいましたね。

これで唯織にとって辻村は、医師でイケメンで爽やかで性格も良いという、全てを兼ね備えた最強のライバルになってしまいましたね。(原作の変態辻村とは大違いです。)

しかし唯織には、ひたすら患者を助けたいだけという強い意志と、杏をサポートするためだけに医師免許も取り、世界トップクラスの技術を身に着けてきたというバックボーンがありますので、簡単には負けないでしょう。

あとは、杏が唯織のことを思い出してくれたらいいだけなんだと思いますが、これまで全く思い出しそうなそぶりもありませんでしたし、最終話までに思い出してくれるるのかどうなのか心配になりますね。

次回はピレス教授から唯織に連絡が入り、人工知能を使った読影補助ソフト開発メンバーとして手伝うことになりそうです。

原作ではハロウィンパーティーの回での出来事でしたが、次回にこのエピソードを持ってくるというのは、何かの前フリでしょうか?

また、現在うつ状態の杏の父で、甘春総合病院の前院長・正一が登場するようですが、倒れてしまうということで、唯織が正一の隠された病気を発見することになるのでしょうか?

ラジエーションハウスの見逃し配信は2019年6月4日現在、月額888円(税抜)でFODプレミアムにて配信しております。

尚、初回1ヶ月無料期間がありますので、1話からまとめて見たい方や他のドラマを見たい人にも良いかと思います。