インハンド第9話ネタバレ感想、紐倉が藍沢にネット騒然。最終話はいつ?

インハンド第9話では、めずらしく紐倉哲が鮭の刺身を作り、高家に食べてもらおうとしていました。

そのことに感動した高家は、早速鮭の刺身を口にしますが、それを吐き出し、「お前がこんなに優しいハズはない、なにか企みがあるだろう。」と話すのです。

紐倉は冷凍していない鮭の刺身で、高家をサナダムシに感染させようとしていたのでした。


source:TBS公式

全話あらすじ・ネタバレはこちらからどうぞ

ある日突然紐倉の研究所に、高家春馬の母・良子がやって来て、紐倉をイケメンだとか、牧野巴をヘビ女だとか大騒ぎをするのでした。

その後高家は良子から、昔から尊敬している医師・陽子が、東京に出かけた時に体調を崩し、そのまま高家が懲戒解雇された台田病院に入院していることを聞かされたのでした。

その後紐倉と高家は、陽子を見舞うため、台田病院を訪れるのです。

陽子は原因不明の下痢や嘔吐を繰り返し、意識も不明瞭な状態が続いているようなのですが、どういうわけか対処療法のみと、きちんとした治療が施されていませんでした。

高家の元同僚医師の中村京子に担当医が誰かと尋ねると、1話で高家を解雇した黒野院長だといい、中村医師もこの治療方法はおかしいと感じていると言うのです。。

黒野が何か隠していると確信した高家は、紐倉を寂しがらせる作戦でまんまとハメて、共に調査に乗り出すことになったのです。

その頃巴はサイエンス・メディカル対策室で、フューチャージーンのCEO福山が、エボラウイルスなどのような最も危険な病原体・BSL4(バイオ・セーフティ・レベル4)を取り扱い、自由に研究できるフューチャージーン・メディカルセンターを建設しようとしていることを聞かされるのす。

室長の網野は、フューチャージーン・メディカルセンターの調査をチームに命じ、巴に福山と関係の深い紐倉には内緒にするように話すのでした。

一方紐倉たちは、陽子の調査をするため、台田病院に忍び込みカルテを盗み撮りするものの、病気の原因を一切つかめずにいたのです。

一方サイエンス・メディカル対策室では、福山が厚労省の瀬川幹夫と密会していることを掴んだのです。

その頃紐倉は、陽子の食欲不振・下痢・体重減少などや、和食より洋食派だということから、ある病気にたどり着いたのでした。

紐倉哲(ひもくら てつ)/山下智久
牧野巴(まきの ともえ)/奈々緒
高家春馬/濱田岳
御子柴隼人/藤森慎吾
網野肇/光石研
熊谷美緒/高橋春織
城田幸雄/酒井貴浩
山崎裕/田口トモロヲ
大谷透/松尾貴史
瀬川幹夫/利重剛

登場人物の詳細については以下をご確認ください。

第9話ゲスト

高家良子/宮崎美子

高家春馬の母で、突然紐倉の研究所へやってきました。高家が恩師として尊敬している医師陽子が東京で入院していることを知らせました。

小泉陽子/市毛良枝

高家春馬が昔から恩師として尊敬している医師で、京に出かけた時に体調を崩し、意識朦朧としたまま入院しています。

福山和成/時任三郎

紐倉が大学生の頃の講師で、CDCに在籍していた時の上司でした。最先端の科学技術を駆使したビジネスで、大成功を収めている、フューチャージーン株式会社のCEOを務めています

福山新太/磯村勇斗

福山和成の息子で、アメリカで研究をしていましたが、日本へ戻りフューチャージーンで働いています。

金子盛夫/内場勝則

厚生労働大臣で、瀬川を裏で操りBSL4施設を相羽村に建設する暗躍をしています。

市原正幸/遠山俊也

相羽村村長で、旧相羽小学校の土地売買契約書にサイン・捺印をします。

中村京子/安藤 聖

台田病院の女医で、陽子に対しなんの治療もしていない黒野院長を怪しんでいました。

柏木 亮/夕輝壽太

福山新太のアメリカ時代からの研究仲間です。

黒野秀之/正名僕蔵

かつて高家春馬が勤めていた台田総合病院の院長で、1話で高家に懲戒解雇を言い渡しました。

高家は、台田病院で陽子がろくに治療もされず放置されていることから、病院に不審な点があると巴に話すのです。

そして紐倉は陽子の症状などから、小麦とかに含まれるグルテンに異常な免疫反応を起こす自己免疫疾患であるセリアック病だと話すのでした。

さらに台田病院の黒野院長は、アレルギーの権威で、セリアック病に関する論文まで描いているのに、気付きながら放置していると話すのでした。

巴はその件をサイエンス・メディカル対策室の網野に話すと、厚労の瀬川幹夫が福山と怪しい動きをしていることの調査を優先させるため、厚労と関係のある台田病院には手を出すなと言われるのです。

そのことで巴は紐倉たちに、「勝手なことしないでよ。」「いつもやってるでしょ、勝手なこと。」「ホントにダメだからね、勝手なこと。」などと暗に勝手な真似をしろと話すのでした。

その後台田病院で、医師に扮した紐倉は、高家を偽の患者に仕立て、スタットコールで騒ぎを起こし、その隙に陽子を台田病院から連れ出したのです。

高家たちが陽子を再検査したところ、やはりセリアック病だったのです。

しかもただのセリアック病ではなく、難治性セリアック病だということが判明したのです。

そしてセリアック病の専門医がフューチャージーンにいることから、紐倉たちは福山に協力を依頼するのですが、断られてしまったのでした。

そこへ福山の息子・新太がやってきて、紐倉たちに協力を申し出たのです。

新太は紐倉たちに、アメリカで出会った研究仲間を紹介し、ネットワークを通じ海外と情報の交換をするのですが、そこでは手掛かりはつかめませんでした。

その時新太が、「入谷さんが生きていてくれて、衛生仮説の論文が完成していたら、科学界が変わっていたかもしれない。」と話すのです。

すると、その言葉にヒントを得た、紐倉は入谷の論文を探し始めたのです。

かつて入谷はクローン病の実験的治療のため、アメリカ鉤虫を体内に入れていたのです。

そのアメリカ鉤虫は寄生するときに、宿主の痛みと炎症を軽減させるためカンナビノイドという成分を放出させることがあり、それが自己免疫疾患の治療に効果があると言われていたのです。

そのことから紐倉たちは陽子にアメリカ鉤虫を寄生させるのでした。

その頃、厚労の瀬川幹夫に、栄和記念病院に患者がいるという密告が入り、そこから黒野院長に指令が下り陽子を返せとやってきたのでした。

黒野の応対に出た高家は、陽子は返せないと言い、黒野院長が点滴にグルテンを混入させていたことを指摘したのです。

そして紐倉は黒野院長に「地位や肩書にこだわるあまり、医者本来の役割を忘れてしまった。」と言い、「あんたも最初は、人を救いたい純粋な医者だったんだろ、それが、患者が死んでも構わないということろまで、堕ちてしまった。」伝えるのです。

さらに高家を指し「この男を見てみろ、地位も肩書もない、だが、この男の方がよっぽど医者らしい。」と言い「バカでお人よしで、役立たずで中途半端で、迷惑ばかりかけてくるおせっかい野郎だ。だが、医者を辞めた後もたくさんの人の命を救ってきた。」と話し、「この男は今まで一度も医者の本分を、忘れたことだけはなかったよ。あんたもこの男を見習うべきだったな。」と伝えるのでした。

その後警察に連行されていった黒野院長を尻目に、紐倉は高家に「どうだ、グッときただろう」と話すと高家は「どうせ嘘だと思っていたよ」と話すのです。

すると紐倉は「いや本心だ!」と言い、「って言ったらお前は愚かだから感動するだろう。」嘘とも本心ともとれる発言をしたのでした。

その後、治療の甲斐あり、陽子は意識を取り戻したのです。

そして陽子は厚労省の瀬川との間に、なにがあったのかを話したのでした。

サイエンス・メディカル対策室で高家は、フューチャージーン・メディカルセンターの建設予定地が、高家の実家がある相羽村だと言い、陽子は以前から瀬川と揉めていたと話すのでした。

そして厚労省で瀬川と面会し、土地を売らないと話していた時に、恒例喘息発作が起き、急速にセリアック病が悪化しそのまま倒れてしまったのです。

陽子が亡くなった方が都合が良い瀬川は、台田病院の黒野院長に預け、治療をせず悪化させるように指示したのです。

また、福山もそのことを知っていたことから、紐倉たちに協力してくれなかったのではと話すのでした。

全てのからくりが判明した丁度その頃、フューチャージーンCEO福山が、BSL4施設・フューチャージーン・メディカルセンターの、相羽村への建設発表記者会見をしていたのでした。

一方相羽村では、厚労の瀬川と厚労大臣金子盛夫立ち合いの元、村長の市原正幸が、相羽小学校跡地の売買契約書に署名・捺印していたのです。

それからしばらく後、高家の母が実家へ帰る丁度その頃、紐倉はフューチャージーンの福山を訪ね、そこに厚労の瀬川が現れたのでした。

さすがに9話まで紐倉と付き合ってきた高家は、どうやら紐倉の操縦方法を会得したようで、「じゃあいいよ、おれ一人で行くから。」作戦で紐倉を調査に巻き込むことに成功しました。

そして牧野巴も、勝手なことするなと言えば逆にやりたがる紐倉たちの性質を利用し、上手い具合に陽子を連れ出させました。

その陽子を連れ出す際に、紐倉が白衣と青いスクラブの「藍沢先生」になっちゃってて、その姿を見た視聴者が、ツイッターへ一斉に「藍沢先生」書き込み、トレンド入りまでしちゃうなんて、さすがに山Pですね。

また紐倉は、嘘っぽくも言っていましたが、かなり高家の人間性を評価しているようで、ここまで距離が縮まってきたことに、見ていて嬉しくなってきました。

こんな風にせっかく3人の息も合ってきて、これからもっともっといい関係になってきそうなのに、あと少しで終わりだというのは非常に残念です。

さて、今回のストーリーで一番気になったのが、瀬川に情報をリークしたスパイが誰なのかということですね。

ネット上では、御子柴が怪しいと話題になってますが、おそらくそうなんじゃないか、と思っています。

インハンドの登場人物詳細を見直してみたところ、経済産業省は経由していたものの、元々厚労省出身なので繋がりはありますし、キャスティング的に見ても、城田幸雄/酒井貴浩さんや熊谷美緒/高橋春織さんじゃインパクトに欠けるような気がします。

かといって、網野肇は今回のストーリー中で瀬川を思いっきり嫌ってましたし、光石研さんに裏切り者をやらせるとは思えません。

そういった意味でも、藤森さんあたりでしたら、あのメンバーの中では裏切り者役に丁度良いポジションにいると思います。

また、記者会見が始まった時にすかさずテレビを点けたあたりも怪しさ満点ですよね。

さて、いよいよ最終章がスタートし、次回は高家の故郷・相羽村でエボラが発生し、村が封鎖される騒ぎとなるようです。

これまでの金曜ドラマ枠であれば、次週で最終回となることが多かったのですが、予告でも最終回と言っていませんでしたし、ネット上では月刊テレビガイドの6月28日欄に「インハンド第12回」と掲載されていることから、あと3話あると言う説もあります。

さらに、「インハンド第12回」の欄に最終回と書いていないことから、さらに続くのか?という意見までありました。

はっきりしたところはまだ分かりませんが、次週最終回と言っていないことから、少なくとも11話まではあることを信じ、次回も楽しみに待ちたいと思います。

『インハンド』はパラビで配信されています。

※配信状況・話数などはサイトにてご確認ください。