白衣の戦士第9話・ネタバレ感想、はるかと光がついに!光の両親登場

白衣の戦士1第8話で、光がはるかに告白しようとしていたところを他のナースたちに邪魔されたことにより、はるかは悔しがっていました。

しかし夏美に「それって、斎藤と両想いじゃない?」言われ気付いたはるかは、両想いだと浮かれるのです。

そんな中、あいかわらず仕事ができる光は、みんなに仕事を依頼されたり、患者に採血を褒められたりすることで、はるかは光にライバル心を燃やすのでした。

スポンサーリンク

ある日、休みが重なった夏美と本城は、待ち合わせをしての初めての休日デートをすることになったのです。

その日はるかも光も休みが重なり、2人で一緒に遊びに行くこととなり、「完全にデートじゃん!」とはるかは舞い上がるのでした。

その日の朝、デートが楽しみなはるかは、デートプランを必死に考え、念入りにメイクもし、光の迎えを待っていたのです。

しかしその日、光の父・渡と、母・芳子が急に上京してきて、はるかは光と一緒に両親の東京見物につきあうことになってしまったのでした。

一方夏美は待ち合わせ場所・カフェのオープンテラスで、師長と呼ぶのは止そうと話す本城に、夏美は「本城さん」と呼び、本城は「夏美さん、なっちゃん」と呼び、ラブラブモード全開でした。

その頃はるかたち4人は、昼食にもんじゃ焼き屋さんへと行ったのです。


source:https://www.happyon.jp/watch/100036795

はじめてのもんじゃに芳子は喜ぶのですが、渡は光を挑発する態度をとるのです。

渡は、伊豆の老舗旅館の一人息子の光が後を継がずにナースになったことで、いまだに渡を許せないでいたのです。

そのことを知ったはるかは、光も大変なんだなと感じるのでした。

その後スカイツリーに登ろうとしている時、渡が突然腹痛を訴え、すぐに四季総合病院へ連れていくことになったのです。

その頃夏美とのデートで映画を見終え、感動で泣いている本城の元に、光の父親が緊急入院することになったという連絡が入るのです。

病院に着き検査を終えた後、柳楽医師の診察により、渡は胃潰瘍と腫瘍でそのまま入院することになったのでした。

渡の担当になったはるかは、白衣の天使としての自分を見せようと頑張るのですが、ヤンキー体質のはるかは、ゴミをちゃんと捨てない患者と見舞客に、渡の前でゴミをちゃんと捨てるように凄むのです。

そんな姿を渡に見せたことで、はるかは落ち込むのでした。


source:https://www.happyon.jp/watch/100036795

一方光は病床の渡を気遣い病室へ様子を見に行くのですが、渡は光を認めずに、2人は思わずケンカになってしまうのでした。

その後母親の芳子は、「父さんは光に帰ってきて欲しいと思っている。」と言い、「いつか旅館を継いで欲しいと思ってるんじゃない?」と光に話すのです。

その様子を見ていた本城は、その夜光を居酒屋なすがままに誘い、はるかや夏美たちと一緒に話を聞くのでした。

立花はるか…中条あやみ
三原夏美…水川あさみ
斎藤光…小瀧望(ジャニーズWEST)
村上真由…片瀬那奈
小野貴子…鈴木紗理奈
柳楽圭一郎…安田顕
本城昭之…沢村一樹
藤井雪乃…小松彩夏
岩崎絵里奈…山﨑萌香
高木昇太…三宅亮輔

登場人物の詳細についてはこちらからどうぞ

第8話 ゲスト

斎藤渡/寺脇康文

光の父で、光が家を出て、勝手に看護師になったことを怒っていて、光に対し冷たい態度を取り続けています。

斎藤芳子/藤吉久美子

光の母親で、光に対して特に怒っていませんが、父の渡は、いつか光に戻ってきて旅館を継いで欲しいと思っていると話します。

その夜、居酒屋なすがままで、家族のことをみんなに話す光でしたが、母親の芳子から、渡はまだ旅館を継いでほしいと思っていると言われた光は、自分の選んだ道は間違っていたのかもしれないと考えるようになっていました。

そして光は「やはり、旅館を継ぐべきだったんじゃないかなって、そしたら親父が病気になることもなかったろうに。」と話すのでした。

その帰り道、はるかは光から、「高校時代に足を骨折し、バスケができないかもと言われた時、担当男性看護師から励まされ、勇気をもらったことにより、自分も看護師になろうと決めた」ということを聞かされるのでした。

そんな光にはるかは「自分の親は世界にたった二人しか居ないんだよ。家族なんだから仲いい方がいいんじゃないかな?」と話しますす。


source:https://www.happyon.jp/watch/100036795

すると光は「何にもわかっていないくせに簡単にそんなこと言うなよ」とはるかに伝え、一人で先に帰ってしまうのでした。

翌日渡は、はるかと夏美に「あいつは家業を継ぐという重圧から逃げるために看護師になったんだ。」と言い「私の元から離れられるのなら、別に看護師でなくても何の仕事でも良かったんでしょう。」と口に出すのです。

それを聞いたはるかは、それは違いますと反論するのです。

そして渡にはるかは「お父さんも斎藤君のこと、なんにも分かってない。」と言い「斎藤君が看護師を目指したのは、自分が希望を失くした時に、勇気を与えてくれた看護師さんのようになりたいって、困ってる人の力になりたいって、そういう思いを持って目指したんです。お父さんが思ってるような理由じゃありません。」と渡に説明するのです。


source:https://www.happyon.jp/watch/100036795

そしてはるかは「斎藤は優秀な看護師です。」と訴えるのでした。

そんな中、渡は急に腹痛を訴え吐血するのでした。

レントゲンの結果、消化管に穴が空いている可能性があり、渡は緊急手術を受けることになったのです。

そんな時にでもしっかりと仕事をこなす光ですが、やはり父親の渡のことが気になっていました。その後柳楽の執刀で手術は無事に成功したのです。

弱っている父親を見て、光は「やっぱり俺が帰って旅館を継ぐべきなのかな?って」と悩んでいたことを渡に話します。

それでも「自分は看護師という仕事に難しさと、それ以上にやり甲斐を感じているという想いが強く、今は一生の仕事にしたいと思っている」と、渡に自分の気持ちを伝えるのです。
そして光は、「こんな気持ちを抱えたまま帰ったら、今まで人生かけて、必死で旅館を守ってきた父さんに失礼だと思うんだ。」と話すのです。

そして「旅館は継げない」と告げると、渡は「どんな仕事だって大変だ、自分でやると決めたことは最後までやり遂げろ、お前ならきっといい看護師になれるだろう。」と光に告げるのでした。


source:https://www.happyon.jp/watch/100036795

そのことにより、お互いの誤解も解け、長年のわだかまりを解くことができたのでした。

その後少しして渡の体調も回復し、無事に退院することができました。

その日の帰り道、本城は夏美に「君と立花さん、本当にいいコンビになってきたよね、僕が見込んだ通りだ。」と自分の策略かのように話します。

そして前回のデートが中途半端になったことから、本城が「次どこ行こか?」と話すと、夏美は「あのー…、今日、ウチ来ます?」と本城に告げるのでした。

一方、光ははるかに、「なんだかんだ、いつも立花には助けてもらっているなって。」と言い、「ありがとう。」と伝えた後「ずっと、言おうと思ってたんだけど。」と話すのです。

そして、ついに「俺…」「立花のことが好きだ、俺と付き合って欲しい。」と告白したのです。

その言葉を聞いたはるかは、光に飛びつくのでした。


source:https://www.happyon.jp/watch/100036795

9話では光の両親が登場し、父親の渡と光とは渡の入院後もずっと言い争っている展開が続いていました。

渡が怒っていた理由は、光が後を継がなかったことより、自分や後継ぎから逃げたと思っていたからだったんですね。

最後に光のいろいろな考えや、光の看護師と言う仕事に対しての想いを知ることにより、光は渡に認められて良かったですね。

一方、本城と夏美の恋も順調に進み、なんと最後に夏美が本城を家に誘いました。

今回、こちらのカップルは安心して見ることができました。

そしてなんと言っても、はるかと光の2人ですが、前回は邪魔が入りお互い告白できなかったり、今回は光の両親のことで光と険悪となったりと、なかなか進展しませんでした。

しかし今回ラストで、また邪魔が入るんじゃないか?とドキドキしてましたが、ようやくなんの邪魔も入らず、光が告白出来て良かったです。

最後にはるかが光に飛びついて抱きつく姿がスゴく可愛かったですね。

そんな順調な二組の恋愛模様ですが、最終回で夏美の母が二人の交際を反対するようです。

また、はるかはいつもの通り、ヤンキーモード全開で患者を叱りつけていたところを事務長に見られ、危機に追い込まれるようです。

いよいよ次回で最終回となる「白衣の戦士!」ですが、最後までハラハラ・ドキドキさせられそうです。最終回も楽しみに待ちたいと思います。

『白衣の戦士!』の見逃し配信はHuluで

※配信話数、配信状況等はサイトにてご確認ください。

スポンサーリンク