アンブレラアカデミー、シーズン1・3話ネタバレ感想、7号としての人生

アンブレラアカデミー第2話で、アリソンが父の死の瞬間のビデオを見つけたのです。

そしてナンバー5が他の兄弟たちに協力を求めなかった理由は、、かつて滅亡後の地球へとタイムトラベルしたナンバー5は能力を持つ兄弟全員の遺体を発見したからでした。


source:IMDb

今から5年前、ハーグリーヴス卿の家を出たヴァーニャは、アンブレラアカデミーの暴露本を出版し、その中で一人だけ能力がないこと、父にお前は普通だと言い聞かされて育ってきたことのつらさを綴っていました。

現在のヴァーニャは、オーケストラでヴァイオリンの仕事をしているのですが、遅刻して、リハーサルに来ていなくても気付かれない程度の存在でした。

その頃ハーグリーヴス卿の家では、アリソンが見つけた卿が死亡したその瞬間のビデオを2人で見ていたのです。

そのビデオには、兄弟の母グレースがお茶をハーグリーヴス卿に渡した後、卿が亡くなった映像が映し出されていたのです。

2人はその時のことを確認すべく、グレースママに話を聞きに行ったのですが、どこかピントの外れた答えしか返ってこなかったのです。

その頃ナンバー5が襲われたデパートには、パッチ刑事とディエゴがいて、事件のことを調べていたのです。

いったい何が起こっているのか全く分からないパッチ刑事に、ディエゴは捜査を手伝うと告げるのでした。

一方、ヴァーニャはリハーサルを終えて、第一ヴァイオリン奏者ヘレンに素晴らしい演奏だと言い、自分は早いパッセージに苦戦しているのに、あなたは簡単にこなしていたと話すのです。

するとヘレンは、ある時期を過ぎると練習だけじゃなく才能が必要と言い、ヴァーニャに、ほかの道を考えてみたら?と伝えるのでした。

その頃、ナンバー5襲撃に失敗したチャチャとヘイゼルの元に、本部より報酬減額の連絡が入ったのです。

義眼がまだ作られていないことを知ったナンバー5は、メリテック社のラボで、あの担当者のことを、ドローレスと一緒に車の中で見張っていたのでした。

ナンバー1、ルーサー … トム・ホッパー
ナンバー2、ディエゴ … デヴィッド・カスタネダ
ナンバー3、アリソン … エミー・レイバー・ ランプマン
ナンバー4、クラウス … ロバート・シーアン
ナンバー5 … エイダン・ギャラガ―
ナンバー6、ベン … ジャスティン・H・ミン
ナンバー7、ヴァーニャ … エレン・ペイジ
レジナルド・ハーグリーヴズ卿 … コルム・フィオール
グレース … ジョーダン・クレア・ロビンス
ポゴ … アダム・ゴドリー
アグネス・ロファ … シーラ・マッカーシー
チャチャ … メアリー・J. ブライジ
ヘイゼル … キャメロン・ブリットン
ユードラ・パッチ刑事 … アシュリー・マデクウェ
チャック・ビーマン刑事 … レインボー・フランクス
レナード・ピーボディ … ジョン・マガロ

登場人物についての詳細はこちらからどうぞ

ハーグリーヴス卿の家ではアリソンがルーサーに、かつて反抗期の3歳の娘に対し、自分の能力を使ったことを打ち明けていました。

その時、ヘレンに他の道を探したらと言われたことで、傷つきながらリハーサル会場を後にしたヴァーニャは、なんとなくレナードの店の前に来ていたのです。

そこにレナードが現れ、ヴァーニャを店の中に招き入れ、自分が作成した木彫りの彫刻作品を見せてくれたのです。

そして徹夜して制作したと言う、ヴァーニャがヴァイオリンを弾く姿の彫刻像をヴァーニャにプレゼントしたのでした。

そんな出来事により、急速に二人の仲は接近していき、レナードはヴァーニャを食事に誘うのです。

その言葉を聞いたヴァーニャは即座に了承しました。

するとそこにアリソンが現れ、家族会議を行うので、家に来て欲しいとヴァーニャに話すと、ヴァーニャはレナードに食事はまた今度と話し、家に向かうのでした。

一方ナンバー5が見張っている車へ、ルーサーとクラウスが現れ、母親のグレースがハーグリーヴス卿の死に関係しているかも知れないので、家へ戻って欲しいと話すのです。

その頃グリディのドーナツ店では、ヘイゼルがアグネスとドーナツの作り方について話しをしていました。

そしてラズベリージェムのドーナツを頼み、食べ始めたのです。

そこへチャチャがトイレから戻ってきたため、ヘイゼルはドーナツを食べるのをやめ、アグネスにナンバー5のことを聞き始めるのです。

よく覚えていないというアグネスに、あの子の家族に雇われて真相を探っていると話すと、アグネスは少年の手首にタトゥーが彫ってあったことを思い出したのです。

そしてアグネスはそのタトゥー、アンブレラアカデミーのマークを紙に書くのでした。

その時ハーグリーヴス卿の家では、兄弟全員で、グレースママが立ち去ったあとに卿が亡くなった時のビデオを見ていたのです。

そのビデオを見たルーサーは、真っ先にグレースママを疑います。

しかしディエゴは「母さんはそんなことしない」と言い争うのです。

その言い争いを聞いたヴァーニャは、母さんには誰かの命にかかわるときには介入するようにプログラムされていると話すのです。

そのことを聞いたルーサーは、ハードウェアが劣化していると言い、すぐに止めようと話すと、アリソンも賛成するのです。

そのことにディエゴが反対すると、ヴァーニャとクラウスもディエゴ側につくのでした。

その時ディエゴは、昔から子供たちを思いやり、兄弟たちが子供の頃、面倒を見てきたグレースママののことを、また自分にも一生懸命寄り添ってくれていたことを思い出していたのでした。

その後ディエゴはグレースの元へ行き、子供の頃いつも気遣ってくれたのはなぜかと尋ねるのです。

するとグレースは、「あなたたちの母親でいることが生きがいだから」と話すのです。

その言葉に、ディエゴはグレースに「本心か?」と尋ね、「母さんを造ったのは父さんだから、母さんの話すことは親父に命令されてのことか?」と尋ねるのです。

するとグレースは、「父さんはもういないでしょ」と話し、ディエゴがキョトンとしている姿を見て、「私何かした?」と尋ねたのです。

するとディエゴはグレースに、「親父を憎んでても別にいい、彼はひどかった」と話し「俺たちは親父の実験道具だった、だから母さんが親父を傷つけたとしても、俺には理解できる」と話すのです。

するとグレースは「ハーグリーヴス卿は偉大な人、実業家で発明家、オリンピック金メダリスト」だと話し、「世界をより良く変えようとしている」と話すのです。

一方ナンバー5はメリテック社の前で、あの担当者があやしい車と金のやり取りをしているのを見張っていたのです。。

その頃ヘイゼルとチャチャは、アグネスが書いてくれたマークから、ハーグリーヴス卿の家にたどりつき、その後家の中へと侵入してナンバー5の絵を発見したことから、ここだと確信したのです。

その後家の中を物色していたチャチャとヘイゼルは、ディエゴを見かけたことにより、マスクを着け、サブマシンガンやショットガンをぶっ放すのでした。

その銃声を聞いたルーサーとアリソンもディエゴに加勢し、素手でチャチャとヘイゼルに立ち向かっていくのです。

やがて銃を失ったヘイゼルは、ルーサーと1対1で戦うこととなり、チャチャはアリソンやディエゴと対峙します。

その後ヘイゼルはルーサーが油断している時にバックドロップで倒し、足に傷を負ったチャチャは、天井に吊るしてあった巨大なシャンデリアを落下させ、家を脱出したのでした。

丁度その時下にいたルーサーがシャンデリアの下敷きになったのですが、その怪力で立ち上がったのです。

その時ルーサーの服が破れ、彼の上半身がむき出しになったのでした。

そのルーサーの上半身はまるでゴリラのような巨大な人間離れした身体だったのです。

一方ディエゴは、刺しゅうをしていたグレースママのところへ行き、「銃声がしたろう、大丈夫か?」と尋ねたのですが、グレースは「なにを言ってるの?」と全く聞こえていない様子でした。

しかもそれだけではなく、刺繍している布に自分の手も一緒に縫い付けていたのです。

その姿を見たディエゴは、グレースの腕を切り裂き、動力系を破壊して、グレースを停止させたのでした。

その後1階へと降りて行き、ヴァーニャに能力がないことから、まだいたのか?足手まといだと言い、帰らせたのです。

卿の家を出たヴァーニャはレナードの家を訪ねたのです。

その頃ナンバー5襲撃に失敗したヘイゼルはホテルでジャムドーナツを食べていました。

そこへチャチャが帰ってきて、今回は完全に失敗だと話すのですが、ヘイゼルはそうでもないかもと言い、車のトランクに隠していたクラウスをチャチャに見せるのでした。

今回のストーリーは、邦題が「7号としての人生」ということから、ヴァーニャがピックアップされた回となっています。

他の兄弟と比べ、能力がないことによるコンプレックスや疎外感など、それを現在も引きずっているため、一歩下がった性格になっているものだと感じられます。

そのせいで未だに第3ヴァイオリンで甘んじることとなり、第3者に才能がないと言われれば、そうなんだろうなと思い、本来持っている力も出せなくなっているんじゃないかと感じます。

そんな背景があり、今の自分のことを真っすぐに受け入れてくれるレナードに急速に惹かれていったのだと思われます。

一方、今回ナンバー5を始末するために送られたチャチャとヘイゼルは、かなり戦闘能力が高いですね。

特にヘイゼルは、グチばかりでそんなに強くないのかな?と思っていたら、怪力のルーサーを倒すぐらい、戦闘力が高いです。

また、グレースママをディエゴが停止させた姿は見てて悲しかったですね。

あれだけの戦闘に気付かなかったり、刺しゅうの際に自分の手まで一緒に縫い付けていたところを見たディエゴは、この先どんどん壊れていく大好きなグレースママを見ていくことがつらかったんじゃないでしょうか。

最後に今回は地球滅亡を防ぐということについては、それほど進展がありませんでしたが、この先どうなっていくのかは気になるところだと思いますので、引き続き書いていきたいと思います。

アンブレラアカデミーは2019年6月14日現在、Netflixにて配信されています。

配信内容、話数などの詳細はサイトにてご確認ください。