アンブレラアカデミー、シーズン1・第6話・ネタバレ感想、かなわぬ願いを想う日

1968年のベトナム・シャウバレーは、ベトナム戦争の真っただ中でした。

チャチャとヘイゼルの監禁から、ヘイゼルのカバンを盗み出して逃亡に成功したクラウスは、バスの中でそのカバンを開けてしまったため、1968年のベトナム・シャウバレーにタイムスリップしてしまったのです。


source:IMDb

全話あらす・ネタバレはこちらからどうぞ

ベトナム戦争の戦地に飛ばされたクラウスは、否応なく兵隊とし戦争に巻き込まれることになりました。

そこでクラウスは、デイブという一人の兵隊に出会い、やがて2人は恋に落ちていったのでした。

一方、現代の水曜日・8時15分、ナンバー5が再び消えた後、ルーサーがヴァーニャ以外の兄弟を集め、世界があと3日で終わることを告げるのです。

そしてナンバー5が見た終末後の世界では、自分たちが世界の終わりを止めようと協力し、そのために死んでしまったということを伝えるのでした。

その頃チャチャとヘイゼルは、さらにランクが落ちたモーテルへとチェックインしたのです。

そこへ本部からメッセージが届き、ナンバー5の抹消中止と次の指示を待つようにと伝えられ、その後2人は盗まれたカバンのことで口論を始めたのです。

怒ったヘイゼルは外へ出て行ってしまい、残されたチャチャの元に本部から「ヘイゼルの即時抹消」を命じる指令が届いたのでした。

ナンバー1、ルーサー … トム・ホッパー
ナンバー2、ディエゴ … デヴィッド・カスタネダ
ナンバー3、アリソン … エミー・レイバー・ ランプマン
ナンバー4、クラウス … ロバート・シーアン
ナンバー5 … エイダン・ギャラガ―
ナンバー6、ベン … ジャスティン・H・ミン
ナンバー7、ヴァーニャ … エレン・ペイジ
レジナルド・ハーグリーヴズ卿 … コルム・フィオール
グレース … ジョーダン・クレア・ロビンス
ポゴ … アダム・ゴドリー
アグネス・ロファ … シーラ・マッカーシー
チャチャ … メアリー・J. ブライジ
ヘイゼル … キャメロン・ブリットン
ユードラ・パッチ刑事 … アシュリー・マデクウェ
チャック・ビーマン刑事 … レインボー・フランクス
レナード・ピーボディ … ジョン・マガロ
ハンドラー … ケイト・ウォルシュ

登場人物についての詳細はこちらからどうぞ

ハンドラーと姿を消したナンバー5は、1955年のコミッション本部にいてハンドラーと管理側の仕事についての話をしていたのです。

かつてナンバー5の抹殺を指示した担当者に挨拶をしたナンバー5は、彼女の前の机に座り与えられた任務に就くのでした。

その頃オーケストラでヴァイオリンの首席奏者に選ばれたヴァーニャは、兄弟をコンサートに招待するためハーグリーヴス卿の家を訪ねたのです。

家で地球滅亡を止める話し合いをしていた兄弟たちは、ヴァーニャとレナードの姿を見たとたんに話を止め、家族の話をしていたと伝えるのです。

するとヴァーニャは、「家族の話だから私は必要ないのね?」と言い、「自分がこれまで仲間外れだったのは、父さんのせいではなく兄弟たちのせいだったのね?」と言い捨て家を出て行ってしまったのでした。

アリソンがヴァーニャを連れ戻し説明しようとすると、ルーサーは「地球滅亡までに時間がないから」とアリソンを止め「自分が父さんから月へ行かされていたのは、地球滅亡に関係があるのでは?」と兄弟たちに話すのです。

しかしディエゴはパッチ刑事の敵討ちのために部屋を出ていき、クラウスも何も告げずに部屋を出て行ってしまうのです。

さらにアリソンも、「世界の終わりが来るのなら娘のそばにいたいからロサンゼルスへ帰る」とルーサーに告げるのでした。

ハーグリーヴス卿の家を出てから、ヴァーニャは兄弟たちのことで、怒りをあらわにしながら歩いていたのです。

するとヴァーニャが通り過ぎた通りの街灯が次々と曲がっていったため、レナードはヴァーニャに街灯を見せ「君がやったんだ」と話すのですが、彼女は「そんなワケない、前からこうだったんでしょう。」と話すのでした。

一方コミッションの組織内で、管理の仕事をしていたナンバー5は、なんとか世界滅亡の情報を探ろうと、世界滅亡担当の机からファイルを持ち出し、トイレで読もうとするのですが、ハンドラーに邪魔をされてしまいました。

その頃地球滅亡の原因は月が怪しいとにらんでいたルーサーは、自分が送った報告書を探していたのです。

ポゴに資料の収納場所を聞いたルーサーが報告書を取り出すと、その書類は一度も目を通された形跡がなかったのです。

ポゴは、ルーサーが瀕死の重傷を負った事故のあと、生きる目的を与えるためにハーグリーヴス卿が嘘の任務で月へ行かせたと話すのです。

その話を聞いたルーサーは、酷くショックを受け、泣きながらポゴを追い出すのでした。

一方ヴァーニャは、通りの街灯が曲がり車が破損するという謎の被害が起きたというニュースをレナードと見ていたのです。

ヴァーニャがやったと言うレナードに、私にはそんな力があるハズがないと話すのですが、レナードは一緒にヴァーニャの力を解明しようと話すのでした。

その頃ロサンゼルスへ戻るためルーサーを尋ねたアリソンに、ルーサーは月の任務は嘘の任務で、自分にはリーダーの資格もないし、何もできないと話すのです。

するとアリソンは、子供の頃ルーサーと隠れてパーティーをしていたことが見つかって、父さんに怒られた部屋へルーサーを連れて来たのです。

大人になった2人には、そこに飾り付けられてあったテントはもう小さく、2人で中に入り壊してしまい、もう子供じゃないと話すのです。

そして子供の頃ルーサーにもらったペンダントをつけたアリソンは、「もう父さんはいないんだから、どこでも好きなところへ行けるのよ。」と話すと、ルーサーは「行こう」と言い外へ出ていくのでした。

一方薬を抜くため、ディエゴに椅子に縛り付けてもらっていたクラウスは、やっぱりやめてくれと話すのですが、ディエゴはそのまま縛り付け出ていくのです。

その時クラウスは、ベトナム戦争へタイムスリップしていた時、前線での銃撃戦でデイブが撃たれたため、必死に彼の傷口を押さえ、衛生兵を呼んでいた時のことを思い出していたのでした。

クラウスを縛り付けて部屋を出たディエゴが下へ降りていくと、そこではグレースママが壁にはたきをかけていたのです。

自分が壊したのに動いているグレースママに驚いたディエゴは、彼女に近づき記憶を尋ねると1週間前の記憶しかないと話すのです。

その頃部屋を出たルーサーとアリソンは外で話をしていました。

やがて空港へ行く時間になったため、立ち去ろうとするアリソンに、ルーサーは「アリソン・ハーグリーヴス、僕と踊ってくれないか?」と話すのです。

そして2人は、子供の頃父さんに止められてできなかったダンスをするのです。その後子供の頃から想いあっていた2人はキスをし、一緒にその場を立ち去るのでした。

一方コミッションの施設では、ナンバー5がハンドラーに疑われているようでした。

そのためチャチャとヘイゼルに至急の指令を届けるようにと、地球滅亡担当からチューブ送信係のグロリアに依頼が入るのです。

ナンバー5は瞬間移動でチューブ送信係のグロリアを気絶させ、中身の「ハロルド・ジェンキンスを守れ」という指令から、ヘイゼル宛に「チャチャを即時抹殺せよ」に打ち直した指令書を送るのでした。

その頃ヘイゼル抹消指令を受けていたチャチャは、モーテルでヘイゼルがいるバスルームへ銃弾を撃ち込むのですが、それを察知していたヘイゼルは物陰に隠れていて、チャチャを殴り気絶させたのです。

一方ヴァーニャは、レナードのベッドの下にあった、ハーグリーヴス卿の日記を発見し、自分のページに「限界がなく制御不能で危険。秘密に、感情を抑える鎮静剤を服用。」と言う文字を発見するのでした。

コミッション施設内では、ナンバー5の動きに気づいたハンドラーが、気絶していたグロリアを目にし、銃を放つのですが、彼は寸前で瞬間移動するのです。

ナンバー5は、ハンドラーがぶっ放す銃弾を瞬間移動で巧みにかわしながら、手りゅう弾でハンドラーを吹き飛ばし、タイムトラベル用のバッグを一つ手に、バッグ置き場も爆破しタイムスリップするのでした。

そして時は遡り、水曜日の8時15分、ルーサーが兄弟たちにあと3日で地球は滅亡すると話している所へ、ナンバー5は戻ってくるのです。

ナンバー5は兄弟たちに、「世界の終わりは3日後にやってくるが、救えるのは僕たち5人がこれまでの茶番を捨てて団結しなければならない」と話し、「ハロルド・ジェンキンスを止めなければならない」と訴えるのでした。

どうやらナンバー5がハンドラーの元へ戻ったのは、地球滅亡に関する情報を得るためのようで、相変わらず兄弟の中で1人だけカッコイイ行動をしています。

しかし、ハンドラーもその企みにうすうす気が付いていたようですが、まんまとナンバー5に出し抜かれてしまいました。

そして相変わらずナンバー5以外の兄弟たちはグダグダで、特にルーサーはハーグリーヴス卿に騙されていたことを知ったため、ダメダメになっちゃいました。

そんな中、ルーサーとアリソンの小さな恋の物語は、なにか温かいものを感じました。

一方、兄弟の中で唯一なんの力も持っていないと思われていたヴァーニャにも、不思議な力?念力?のような力がありそうで、ハーグリーヴス卿の日記もヴァーニャの力を示唆していました。

そうなってくると、レナードがますます怪しくなってきますが、彼がハーグリーヴス卿の日記を持っていたワケや、天井裏の遺体もなんなのか気になるところです。

一方ナンバー5が、再び水曜日の8時15分へ戻ってきたため、地球滅亡まで1日猶予ができ、残り3日後に戻りましたが、もう少し前へ戻ればいいと思うのですが?

それ以前の時間はナンバー5が存在してたから、そこから前には戻れないんでしょうか?

いずれにしろ、地球滅亡まであと3日しかないワケですが、今回ナンバー5がヒントを得たことで、兄弟たちは力を合わせて地球滅亡を阻止することができるのでしょうか?

アンブレラアカデミーは2019年7月1日現在、Netflixにて配信されています。

配信内容、話数などの詳細はサイトにてご確認ください。