偽装不倫・第1話ネタバレ感想、鐘子の偽不倫から本当の恋は掴めるのか?

原作東村アキコさんで、現在LINEマンガで連載中の人気漫画、「偽装不倫」の実写版ドラマが、旅行先の舞台をソウルから博多に移し、鐘子の相手役も韓国人から帰国子女へと変更して、いよいよスタートしました。

全話あらすじ・ネタバレはこちらからどうぞ

スポンサーリンク

32歳で独身の派遣社員・濱鐘子(はましょうこ)(杏)は、二世帯住宅の実家で両親と姉夫婦と同居するパラサイトシングル。3年に渡り辛くむなしい婚活に励んできたものの、報われないばかりか巷に溢れるのは不倫ゴシップばかり。勤務先での派遣契約が満了したその日、「どうせみんな不倫するんだから結婚に意味はない」、と婚活をやめる決意を固める。

一方、鐘子の姉・葉子(ようこ)(仲間由紀恵)は一見地味で堅物だが、3年前に非の打ち所のない夫・賢治(けんじ)(谷原章介)と結婚したキャリアウーマン。鐘子とは正反対の幸せな結婚生活を送っていた。 そんな葉子から「またお一人様旅行?」と非難されながらも、鐘子は“婚活さよならパーティー”の一人旅の荷造りを始める。

翌日、博多旅行へ旅立った鐘子は、葉子に借りたワンピースのポケットになぜか結婚指輪が入っていることに気づく。そして、機内に乗り込んだ途端、突然落ちてきたスーツケースが頭を直撃し、指輪を落としてしまう。慌てる鐘子に指輪を差し出したのは、落ちてきた荷物の持ち主・伴野丈(ばんのじょう)(宮沢氷魚)。そのイケメンぶりに動揺した鐘子は、とっさに自分の結婚指輪だと既婚者のふりをしてしまう!

お詫びとして丈から博多での食事に誘われた鐘子は、言い訳をこねくり回した末、『人妻』という嘘設定を引きずったまま丈について行くことに。スペインでカメラマンをしているという7歳年下の丈との図らずも楽しいひと時に、心奪われていく。婚活では自分を偽らないあまりにモテもせず恋もできず失敗を繰り返してきたのに、人妻と嘘をついた途端、なぜか年下のイケメンに恋をしてしまいそうな自分に焦る鐘子。その夜、丈から「僕と不倫しませんか?」と誘われて……!?

引用:https://www.ntv.co.jp/gisouhurin/story/01.html

濱鐘子 … 杏
伴野丈 … 宮沢氷魚
吉沢葉子 … 仲間由紀恵
吉沢賢治 … 谷原章介
八神風太 … 瀬戸利樹
濱幸一 … 井沢弘
濱みき子 … 朝加真由美
伴野灯里 … MEGUMI
高野恵梨香 … 夏子
山田まさ子 … 田中道子

登場人物についての詳細はこちらからどうぞ

親の家に寄生するパラサイトシングルで32歳の主人公・濱鐘子は婚活に疲れ、テレビでは毎日のように不倫の報道を目にし、周りでも不倫を目にすることにより、自分には指輪も秘密の恋もいらないと思い始めます。

東京はおひとりさまにも優しい街で、ラーメンだって焼肉だって、カラオケだって一人で全然平気だということも、その思いに拍車をかけていたのです。

ある日派遣の契約を終えた鐘子は、福岡へおひとりさま旅行へ行くことにしたのでした。

そんな鐘子には、5歳年上の葉子という姉がいます。

鐘子は地味で堅物の姉よりは、自分の方が先に結婚できると思っていたにも関わらず、3年前葉子はイケメンの商社マン・吉沢賢治を両親に引き合わせ、あっという間に結婚し、両親を言いくるめて家を2世帯住宅に建て替えさせ、悠々自適なセレブ妻生活を送っていたのです。

翌日に博多旅行を控えた鐘子に、義兄の賢治は同僚に聞いたという、おいしいお店のリストを用意して渡すなど、鐘子にも非常に優しいのです。

そしておひとりさまで旅行する鐘子に、「じゃあ、ナンパされちゃうかもね?」などと話すのですが、鐘子は「ははっ、大丈夫。ナンパなんてされないよー。」と話すのです。

そして鐘子は「2人ともこの数年、私の婚活見てきて分かったでしょう?」と言い「私は絶望的に男にモテない。」と話し自分で考察したモテない理由を話すのです。

その1「男に話を合わせられない。」

バカ正直なせいで、男性にバーベキューに誘われても、「私、お肉はお店で食べたいんですよねー、わざわざ外で焦げ焦げの肉を食べようとか全く思わなくて。」などと言ってしまうのです。

その2「モテファッションがとことん似合わないから着られない」

背が高く、胸がペッタンコな上、冷え性でミニスカが穿けないのでカワイイ服が着れないのです。

その3「ゆえに、年より老けて見える」

冷え性のため、あったかいお茶が好きで、地味なファッションをしているため、45歳と言われたこともあるのでした。

そんな鐘子を、賢治は「大丈夫、そういう女性を好む男も、この広い世界のどこかには必ずいるって」と優しく慰めるのでした。

博多出発当日、周りのカップルを尻目に、保安検査場に並んだ鐘子はポケットに姉の結婚指輪が入っていることに気付いたのです。

その後機内に乗り込んだ鐘子が自分の席に着こうとしたところ、頭の上に機材が落ちてきて指輪を落としてしまったのです。

飛行機の離陸が近付き、CAに早く席に着くようにと促される鐘子に、その落とした指輪をある一人のイケメン青年が拾ってくれたのでした。

その青年は、「指輪また落とすといけないから」と言い「どっち?」とはめる指を訪ねるのです。

すると鐘子はなぜか「左…、左です。」と答え、左の薬指に指輪をはめてもらうのでした。

その後鐘子は、結婚している女性のふりをしてしまったことを自問自答するのですが、答えは出ませんでした。

鐘子の頭にたんこぶを発見したそのイケメン青年は氷を貰ってくれて、鐘子の頭を冷やし、「僕、伴野丈と言います。 あなたは?」と名前を訪ねるのです。

その当たり前の問いに、久しく名前を聞かれてこなかった鐘子は胸をときめかせ、なにも答えることができませんでした。

すると伴野は「結婚してる人に名前を聞いちゃダメですよね?」と言い「タンコブのお詫びにと思ったけど、奥さんはダメですよね、奥さんは食事に誘えませんから。」と話すのです。

そして「もしかして旦那さんが博多にいらっしゃるとか?」と尋ねる伴野に、鐘子はつい「旦那は急に仕事で来られなくなってしまって。」と嘘を重ねてしまったのです。

あわててトイレに駆け込んだ鐘子の前に、タンコブの妖精の代わりに、鏡に映った自分が「せっかくのチャンスだったのに、見栄張っちゃって、そんなに女の一人旅が恥ずかしい?独身が恥ずかしい?ちょっと自意識過剰じゃなーい?」と語りかけてくるのです。

鐘子は、「そんなんじゃない、とっさになぜか左って言っちゃったの。」と答えるのですが、鏡に映った自分は「若い男にポーっとなってしまった自分が恥ずかしくてつい、あなたになんてポーっとしてませんよ、だって私結婚してますんでー、って、ごまかそうって心理が働いたんでしょう。」と言い「せっかく、イケメンがナンパしてきてくれたって言うのに。」と話し「でももう、人妻のふりしてた方が、若い男と楽にしゃべれるなら、それも…アリか、向こうも警戒しないだろうーし。」と伝え姿を消すのでした。

その後鐘子は開き直り、この飛行機の中だけでも人妻のフリして若いイケメンとの会話を楽しもうと決めたのでした。

そして「博多のおすすめ教えてもらえます?」と鐘子が訪ねると、伴野は「いえ、やっぱり一緒に行きましょう、僕と二人で。」と言い「タンコブを作ってしまった相手に、なんのお詫びもせずにサヨナラはやっぱりダメです。たとえ、あなたが誰かの奥さんでも。」と話し、「食事くらいならいいでしょ?」と誘われるのでした。

博多に着いた2人でしたが、伴野は博多名物のラーメンでももつ鍋でもなく、なぜか子供の頃好きだったというお好み焼き屋に鐘子を連れてきたのです。

店のおかみさんに「奥さんねー?」と尋ねられると伴野は「まさか、まだ名前も教えてもらっていないです」と答えるのです。

すると鐘子は「鐘子、濱鐘子です。」と自己紹介し、ビールを一気飲みするのでした。

その後お好み焼き屋で地元の人達と盛り上がった鐘子は、伴野にホテルまで送ってもらっていたのです。

その途中、伴野はカメラを取り出し鐘子を撮影し始めたのです。

鐘子は「私なんか撮っても絵になりませんよ、こんなオバサン。」と話します。

すると伴野は「日本では、鐘子さんみたいなキレイな人が、自分のことオバサンだと言いますよね、どうして?」と言い「結婚してるから?」と尋ねるのです。

そして「でも今って、結婚しても恋愛するんでしょ? 僕日本に帰ってきて、テレビでそういうニュースをやっててビックリしました。アクターにミュージシャンに政治家、みんな結婚しててもやってるんでしょ?」と話すのでした。

そして伴野は鐘子に「あなたは全然オバサンなんかじゃないです。」と言い「だから、僕と不倫しませんか?ここにいる、この旅の間だけでいいから、僕と不倫しましょうよ。」と話すのです。

鐘子は心の中で、「だから嘘なんだってば、言うなら今だ、今、言わなきゃ。」と思うのですが、その一方「でも、この嘘のおかげで、もしかしたら私、やっと恋愛というものができるのかも知れない、たとえそれが、この3日間の旅の間の、幻だとしても。」と思うのでした。

やがてホテルが近付いて来た時、鐘子は伴野に「なんで私なんかと、不倫したいの?キミ若いしカッコイイし、その、結婚してる人とそういうことしなくても。」と言うと伴野は「キレイだから、あなたがキレイで可愛いからだよ、他に理由なんてある?」と話すのでした。

ホテルにチェックインした鐘子は、動揺を隠せず頭の中で様々な想いが交錯するのですが、部屋で覚悟を決めたのです。

するとその時伴野に姉から電話が入り、彼は部屋を出ていくのでした。

鐘子は、自分の緊張をほぐすため部屋にあったお酒を飲み倒し、その内酔いつぶれて寝てしまったのです。

翌朝目覚めた鐘子は、一人で目覚め、伴野がいないことに、せっかくのビックチャンスを逃してしまったと後悔するのです。

そこへ朝食を買ってきた伴野が部屋へ戻ってきて、その後2人で外で朝食を食べることにしたのです。

食事をしながら伴野と話しをしていた鐘子は、伴野の「なんだかドキドキするね、いよいよ不倫って感じがしてきた。」という言葉を聞き「あっ、そうか、そうなんだ、この人、不倫ってものをやってみたかっただけなんだ。日本の人妻は、みんな不倫したいって思ってると勘違いしてるんだ。」と思い「じゃあ、正解だ、嘘ついて正解だった。30過ぎて独身で、婚活疲れの派遣社員なんて言ったら、きっと警戒されてた。この人きっと本気で女の人と付き合いたくないんだ。そうか、そういう遊びなんだこれ、純愛じゃないんだ。」と心に刻み込むのです。

そして「じゃあダメだ。好きになったらダメだ。」と自分に言い聞かせるのでした。

やがて2人は、鐘子の産まれた地、岩手の話題から、宮沢賢治の銀河鉄道の夜の話しへと移っていくのです。

そして銀河鉄道の夜の主人公「ジョバンニ」と伴野丈が海外で呼ばれている「ジョー・バンノ」と一文字違いであることや、親友のカンパネルラと本当の幸せを探す旅に出るというストーリーだということをお互い話すのです。

その時鐘子は、自分の名前がイタリア語の「カンパネルラ」=鐘から取られたものであるということを思い出し、この出会いが運命かもしれないというときめきや、相手はただ不倫を楽しみたいだけだから本気になっちゃダメだという複雑な思いが交錯するのでした。

その頃鐘子の姉葉子は、夫に急な残業と嘘をつき、ある一人の青年のボクシングジムへと向かったのです。

その夜、伴野は鐘子に「鐘子さん、お願い、指輪外して、最後の夜だから、今夜だけは、僕のものになって。」と話すのです。

すると鐘子は「うん、いいよ。」とその言葉を受け入れたのでした。

その翌朝、出発時間ギリギリに目覚めた鐘子は、慌てて支度し、ホテルを後にしようとします。

「連絡先は聞かなくて大丈夫?」と尋ねる伴野に、鐘子は「その方がいいんじゃない?」と答えるのです。

伴野は「そうだね。」と答えるのですが、続けて「きっと僕は君を見つけるよ。」と言い「また会えるよね、鐘子さん」と伝えるのでした。

帰りの機内で鐘子は、「さよなら、たった2泊3日の私の恋。」と胸に刻むのですが、その時鐘子は、姉の結婚指輪がないことに気付き「指輪がなーーい」と心の中で叫ぶのでした。

いよいよ、東村アキコさん原作の偽装不倫第1話がスタートしました。

ほぼ原作通りにストーリーは進行していたものの、旅行先が博多だったり、出会う相手がずっとスペインに住んでいた伴野丈という男性だったりと、国内で完結させているあたりや、伴野丈の姉の店が東京にあるあたりなど、2人の偽装不倫関係は原作よりは近い所で展開するのかな?などと想像しています。

また物語のスピード感や、画面のカット割りなども、LINEマンガで読むより見やすく感じました。

そして、この作品の肝となる銀河鉄道の夜のジョバンニに伴野丈をどう絡めてくるのかと思っていたら、スペイン帰りだからと「ジョー・バンノ」と絡めてくるとは、なかなか上手いことやってきたと思います。

また主演の杏さんですが、公式にある画像や予告動画を見る限り、鐘子にピッタリだと思っていましたが、本編を見てますますピッタリだと感じました。

また、タラレバ娘でお馴染みだったタラとレバーの妖精たちのように、今回もタンコブの妖精が登場するのかと思ったら、鏡の中の自分にしゃべらせるという予想外の演出となっており、タラレバ娘との違いが出ていて楽しめました。

今後国内で展開していく鐘子の偽装不倫と、早くも登場した姉葉子の偽装でない不倫とが、今後ドラマではどのように描かれて行くのか非常に楽しみです。

つい「既婚者のふり」をしてしまったことから、思いがけず旅先の博多で丈(じょう)(宮沢氷魚)と一夜を共にした鐘子(しょうこ)(杏)。心の整理がつかないまま東京への帰路についた鐘子だったが、”偽装不倫”のきっかけとなった姉・葉子(ようこ)(仲間由紀恵)の結婚指輪をなくしたことに気付く。慌ててホテルに問い合わせても、指輪は見つからず……。

東京に戻ってからも丈のことを忘れられない鐘子は、「丈にとっては後腐れのない人妻との遊びだったのだ」と自分に言い聞かせ、必死に自分の気持ちを押さえつける。

そんな中、鐘子は名古屋出張に出かけたはずの葉子を街で見かける。いつもの地味な風貌とは違い、女らしく着飾った葉子の姿に思わず尾行した鐘子が見たのは、ピンク頭の可愛い年下イケメン・風太(瀬戸利樹)とデートする姉の姿だった。そう、賢治(谷原章介)という理想的な夫がいるはずの葉子が、本物の不倫をしていたのだ!さらに、尾行に気付いた葉子から口止めメールが届いて……。

同じころ、博多から東京にやってきた丈が向かったのは、姉の灯里(あかり)(MEGUMI)が営むスペイン料理屋だった。しばらく東京にいるのか、という灯里の問いに丈は曖昧に答える……。

その夜、葉子から電話で「離婚するつもりはない」「来週の結婚記念日までに結婚指輪を返して欲しい」とプレッシャーをかけられる鐘子。「姉の家庭を壊さないため」「自分が会いたいわけではない」と言い訳しながら、指輪のことを知っているかも知れない丈の行方を探すことに。すると、SNSで丈のアカウントを見つける。そして、そこにアップされている写真に見とれていたちょうどその時、まるで丈からのメッセージのように鐘子が忘れた指輪の写真が新しくアップされる!……!!

引用:https://www.ntv.co.jp/gisouhurin/story/

『偽装不倫』の見逃し配信はHuluで

※配信話数、配信状況等はサイトにてご確認ください。

スポンサーリンク