偽装不倫・第2話ネタバレ感想、嘘を重ねる鐘子と姉 葉子の不倫

博多へ旅行中に出会った伴野丈と人妻として偽装不倫した濱鐘子は、旅行を終え、東京への帰路につくのです。

その飛行機の中で、鐘子は姉の結婚指輪がないことに気付くのでした。

全話あらすじ・ネタバレはこちらからどうぞ

スポンサーリンク

つい「既婚者のふり」をしてしまったことから、思いがけず旅先の博多で丈(じょう)(宮沢氷魚)と一夜を共にした鐘子(しょうこ)(杏)。心の整理がつかないまま東京への帰路についた鐘子だったが、”偽装不倫”のきっかけとなった姉・葉子(ようこ)(仲間由紀恵)の結婚指輪をなくしたことに気付く。慌ててホテルに問い合わせても、指輪は見つからず……。

東京に戻ってからも丈のことを忘れられない鐘子は、「丈にとっては後腐れのない人妻との遊びだったのだ」と自分に言い聞かせ、必死に自分の気持ちを押さえつける。

そんな中、鐘子は名古屋出張に出かけたはずの葉子を街で見かける。いつもの地味な風貌とは違い、女らしく着飾った葉子の姿に思わず尾行した鐘子が見たのは、ピンク頭の可愛い年下イケメン・風太(瀬戸利樹)とデートする姉の姿だった。そう、賢治(谷原章介)という理想的な夫がいるはずの葉子が、本物の不倫をしていたのだ!さらに、尾行に気付いた葉子から口止めメールが届いて……。

同じころ、博多から東京にやってきた丈が向かったのは、姉の灯里(あかり)(MEGUMI)が営むスペイン料理屋だった。しばらく東京にいるのか、という灯里の問いに丈は曖昧に答える……。

その夜、葉子から電話で「離婚するつもりはない」「来週の結婚記念日までに結婚指輪を返して欲しい」とプレッシャーをかけられる鐘子。「姉の家庭を壊さないため」「自分が会いたいわけではない」と言い訳しながら、指輪のことを知っているかも知れない丈の行方を探すことに。すると、SNSで丈のアカウントを見つける。そして、そこにアップされている写真に見とれていたちょうどその時、まるで丈からのメッセージのように鐘子が忘れた指輪の写真が新しくアップされる!……!!

引用:https://www.ntv.co.jp/gisouhurin/story/02.html

濱鐘子 … 杏
伴野丈 … 宮沢氷魚
吉沢葉子 … 仲間由紀恵
吉沢賢治 … 谷原章介
八神風太 … 瀬戸利樹
濱幸一 … 井沢弘
濱みき子 … 朝加真由美
伴野灯里 … MEGUMI
高野恵梨香 … 夏子
山田まさ子 … 田中道子

登場人物についての詳細はこちらからどうぞ

博多から変えてきた鐘子は、姉に寝坊して飛行機ギリギリになっちゃったためお土産が変えなかったと話します。

それを聞いて「大丈夫?忘れ物してない?」と尋ねる姉の葉子に、鐘子は「ゆ…指輪…、お姉ちゃんの指輪がポケットに入っててさぁ。」指輪をホテルに忘れてきたことを話すのです。

「なんでホテルに忘れんのよー?」と鐘子を責める葉子に、鐘子は「なんで、指輪外したの?そもそも、結婚指輪ってつけっぱなしにするもんじゃないの?」と尋ねるのです。

すると、葉子はしどろもどろにあやしい答えをし、「とにかく、早くホテルから送ってもらって。」と話し部屋を出て行ったのです。

実は鐘子は、既にホテルへ指輪があるかの問い合わせをしており、ホテル側からは、指輪はないという回答をもらっていたのでした。

その後鐘子は「明日お姉ちゃんに謝ろ、あの指輪は私の嘘の恋と一緒に、消えてなくなってしまったって。」と姉の葉子に正直に話し、土下座することを決めたのでした。

その頃伴野丈は、鐘子が忘れて行った葉子の指輪を手に、東京行きの飛行機に搭乗するのでした。

その翌朝、鐘子は姉に指輪を失くしたことを謝ろうとするのですが、丁度そこへ義兄の賢治がやってきたため話すことができずに、葉子は名古屋出張へ出かけてしまったのでした。

その日鐘子は紛失した姉の指輪のことで悩み、表参道周辺のショップへ指輪を見に行くのですが、「結婚指輪は弁償するものでもないし」と思い直し店を出ようとします。

そして「彼が朝、指輪に気付いて持って帰った可能性はあるんだろうか?」と伴野丈が預かってくれている可能性を想像するのです。

さらに「もし、彼が指輪を預かってくれてるとして、そうだったら彼に連絡取れば、指輪は戻ってくるかも知れない訳で、でも、連絡先聞かなかったし。いや、でも名前で検索すればSNSとか。」と思い、名前で検索しようとするのです。

でも「しかし、しかしだよ、連絡取ったら、また会いたくなっちゃうから私、それは絶対ダメなんだよ。」と検索することを諦めたのでした。

その時ふと店の外をみると、朝から名古屋出張へ出かけているハズの姉の葉子を発見し、鐘子はこっそりと尾行してしまうのです。

その後姉の葉子は、ある一軒の大きなホテルへと入って行くのでした。

その頃伴野丈は、東京にある姉・灯里のスペイン料理店を訪ね、空いている部屋を借り、そこへ住むことにしたのです。

丈がお土産をなにも買ってきてくれなかったことから、姉のあかりは彼のバッグを物色し、結婚指輪を発見するのでした。

一方鐘子は、ホテルへと入って行った姉の葉子を探すのですが、見失ってしまいました。

その時ホテルマンが「お客様、なにかお困りでしょうか」と声を掛けてきたため、鐘子は「お困りっちゃあお困りですけど。」と訳のわからないことを話していると、エレベーターから美しく着飾った葉子が出てきたのです。

その後も鐘子が尾行を続けると、葉子はオープンカフェにいるピンク色に染めた髪の若い男性が座っているテーブルに座り、楽しそうに談笑を始めたのです。

それを見た鐘子は「やってる、これはやってる。お姉ちゃんは不倫してる、私とは違う。しかも若~。」と思ったのです。

その時、鐘子は葉子の相手の男性と目が合ってしまったため、あわてて変な走り方をして逃げたのですが、その様子を葉子に見られてしまいました。

その後放心状態で派遣の面談に出向いた鐘子の元に友人の山田まさ子がやってきて、「鐘子。鐘子もいまから面談?また派遣先一緒なのかな?」と話しかけるものの、心ここにあらずの鐘子は「…そうかもねー。」と気のない返事をします。

すると姉からのメールが届き、ビビりながら見るとそこには「さっきあんた表参道にいたでしょ変なメガネかけて。」とあり、その後も立て続けに「走り方ですぐ鐘子だってわかった。子供の頃とおんなじ変な走り方。カニみたい。」と続き、最後に「あとで説明するから、このこと賢治には言わないで。」と口止めされたのでした。

その夜家へ帰った鐘子を葉子の夫・賢治が迎え出てくれて、おいしい和菓子をもらったからと言い、家族みんなでお茶を飲みながら和菓子を食べることになったのです。

するとその時、鐘子の携帯に葉子から着信があったため、彼女はあわてて部屋へ行き、電話に出たのです。

すると姉の葉子は一番に「指輪見つかった?」と尋ねてきたため、鐘子は「お姉ちゃん、全然説明になってないよ。なんであんな背が高くてハンサムで、男らしくて、お父さんやお母さん、私なんかにまでお茶入れてくる優しいお義兄さん裏切って、出張だって嘘ついて、ホテルで着替えて、白昼堂々若い男とオープンカフェで、オープンにイチャイチャするなんて。」とまくしたてると、葉子は「私、離婚する気はないから。賢治とは今まで通り上手くやっていくつもり。だからあの指輪だけは返して。来週結婚記念日なのよ、それまでは絶対に返して。」と言い残し電話を切るのでした。

そのことで鐘子は、自分のためではなくお義兄さんのため、お姉ちゃん夫婦のために指輪を見つけなくてはと自分に言い聞かせ、伴野丈のSNSを探し、彼のアップされた写真を見るのです。

すると丁度その時、彼が片手に指輪を持った写真が新たにアップされたのです。

その頃鐘子の姉葉子は、ホテルで八神風太の誕生日祝いを楽しく行っていました。

一方丈のSNSで指輪の写真を見た鐘子は、丈のSNSにメッセージを送ると、彼から「連絡くれてありがとう、日曜日、東京で会えますか?」とメッセージが届くのでした。

日曜日、丈と会うため、デートじゃないんだからと自分に言い聞かせながらも、ついついウキウキとオシャレや化粧も念入りにしてしまう鐘子でした。

その後丈と会った鐘子は、彼となぜか外国人団体と一緒に浅草観光をした後、丈の姉のスペイン料理店へと行き、おいしいスペイン料理をごちそうになるのです。

その頃、嘘の出張を終え、家へ戻ってきた葉子と二人っきりになった賢治は、葉子に「結婚指輪どうしたの?最近つけてないみたいだけど。」と尋ねるのです。

すると葉子は「ちょっとキツくなっちゃって、出張続きで太ったかな?でも賢治がせっかくいいの買ってくれたから、無理してでもつけようかな?」と話すのです。

賢治が「そうだね、明日の結婚記念日ディナーには、つけて欲しいな」と話すと葉子は「わかった」と話すのでした。

その時葉子から「指輪まだ?」とのメッセージを受け取った鐘子は、丈にそろそろ指輪を返してと話すと、丈は部屋にあると話すのです。

丈の部屋へ向かう鐘子は、「これ以上深入りしたら危険が二つ、私の嘘がバレる危険と彼のことを本当に好きになってしまう危険。」と考え、自分をセーブしながら彼の部屋へ入って行くのです。

部屋に入った鐘子に丈は「さあ、座って、カンパネルラ」と話し、あのあと銀河鉄道の夜を読んだと話すのです。

そして、博多で鐘子が感じた「丈がジョバンニで、鐘子がカンパネルラ」だという想いと、全く同じことを話した丈に対し、鐘子は「ダメだ、好きだ。私、この人が好きだ。」と心の底から思うのです。

そして鐘子は「全くなんのトキメキもない相手に、サラダを取り分ける時の、あの頭がグラグラする感じ、私はあれが嫌で婚活をやめた。私、恋できるんだ。」と思うのでした。

その後、旦那さんの写真を見せて欲しいと話す丈に、鐘子は自身の心の中とは裏腹に、自分が唯一持っている男性の写真、姉の旦那・賢治の写真を見せてしまったのです。

その写真を見た丈は、すこし寂しそうな顔をしながら素敵な人だねと話し、鐘子に指輪を返すのでした。

指輪を受け取った鐘子は丈に「ありがとう」と話し、丈の姉が経営するスペイン料理店を後にし、「これでもう二度と会うことはないのか。」と思うのです。

鐘子が部屋を出て少し経つと、丈はひどい頭痛に襲われ、頭を押さえうずくまるのでした。

偽装不倫第2話では、伴野丈との偽装不倫を終えた鐘子が東京へ戻ると、姉の指輪を失くしてしまったという、大失敗を犯してしまいます。

一方姉の葉子は葉子で、10歳以上年下の若いピンク頭の男性と、こちらは本当の不倫をしているという、なんだかメチャクチャな展開になってきました。

姉の本当の不倫の方はともかくとして、鐘子の方は嘘の不倫なのだから、東京でも誘われた時点で、結婚しているのは嘘だと話しても良かったかもしれませんが、鐘子は「彼の方は、人妻とのあとくされのない遊びだったと思っているから、自分なんかと付き合ってくれたんだ。」という想いがあり、言い出せないのも分からなくもありません。

しかし、それだとあまりにも自己評価が低すぎますし、相手にとって都合のいい女性すぎる気がしますが、好きになってしまったら、どうしても色々なことに臆病になってしまうものなのでしょうね。

今回この偽装不倫のドラマ版は、1話・2話を見る限り、なかなかスピード感もあり、出会った先や、再開する場所がソウルではなく、いずれも博多・東京となっておりますが、全く違和感もなく、今回の浅草で謎の外国人団体と行動を一緒にして、浅草観光をするシーンはとても良かったと思います。

一方、婚活パーティーで出会った男性との偶然の再会とかいうエピソードは特になくても良かったように感じます。

今回、鐘子の姉葉子と賢治の夫婦の会話も描かれていましたが、なにかぎこちなさがあり、普通に上手くいっている夫婦には見えませんでした。

そして、早くも伴野丈が頭を押さえ倒れ込みましたが、このシーンが今後の2人の物語の鍵となりそうです。

姉・葉子(ようこ)(仲間由紀恵)の結婚記念日前になんとか指輪を取り戻したものの、鐘子(しょうこ)(杏)はこれでもう丈(じょう)(宮沢氷魚)に会うことはないのだと寂しさを感じる。

一方、人知れず頭痛とめまいに苦しむ丈は何か秘密を抱えている様子……。鐘子を既婚者と思い込む姉の灯里(あかり)(MEGUMI)から不倫はいけないと釘を刺された丈は、鐘子にはもう会わないと話していた。

そんな中、不倫相手のボクサー・風太(ふうた)(瀬戸利樹)から練習中に怪我をしたので見舞いに来てほしいとせがまれた葉子は、賢治(けんじ)(谷原章介)との結婚記念日ディナーを抜け出す口実を作るため、鐘子に「急病を装って病院から呼び出してほしい」と協力を頼む。誰もが羨む理想の結婚生活を送りながら嘘を重ねて不倫を続ける葉子に疑問を持つ鐘子は、自分は姉のようには嘘をつき続けられないと実感し、「嘘をつき続けても自分が傷つくだけだから、もう丈とは会わない」と心に決める。

その夜。葉子と賢治は結婚記念日ディナーのために高級レストランを訪れる。すれ違い生活に寂しさを覚えていた賢治から、そろそろ子供を持たないかと切り出された葉子が曖昧に答える一方、鐘子は姉の嘘に付き合うために病院を訪れる。そこで思いがけず風太と会ってしまい……。

引用:https://www.ntv.co.jp/gisouhurin/story/

『偽装不倫』の見逃し配信はHuluで

※配信話数、配信状況等はサイトにてご確認ください。

スポンサーリンク