『偽装不倫』6話、鐘子は丈が離れていくのなら真実を封印する。

いよいよ丈に、自分は本当は結婚しておらず、人妻なんかじゃないと話そうとしている鍾子の目の前で、丈は倒れてしまいました。

病院へ運ばれた丈へ付き添ってきた鍾子は、丈の身になにが起きているのかが全く分からずに、不安な気持ちを抱えて待っているのでした。

全話あらすじ・ネタバレはこちらからどうぞ

スポンサーリンク

「結婚してるっていうのは嘘だ」と打ち明けようとした鐘子(しょうこ)(杏)の前で突然倒れてしまった丈(じょう)(宮沢氷魚)。病院で目を覚ました丈は、医師の一之瀬(眞島秀和)に病気のことを秘密にするよう頼み、鐘子と駆けつけた姉の灯里(あかり)(MEGUMI)には、「ただの貧血だ」と嘘をつく。この騒動でまたしても本当のことを言えなかった鐘子は、その夜丈に電話をかけ、ついに「ダンナさんはいないの」と告白するのだが…。

翌日、一之瀬に呼び出された丈は、病気の進行が早く、「次に倒れたら危険な状態になる」と聞かされる。主治医のいるスペインに戻って手術するよう勧める一之瀬に、丈は今まで誰にも明かすことのなかった本心を打ち明ける…。

一方葉子(仲間由紀恵)は、風太(瀬戸利樹)のボクシングの試合がある週末に、賢治(谷原章介)から熱海旅行に誘われる。「結婚記念日のリベンジ」と言われ、断る言い訳を見つけられない葉子。一度は試合に行くことを諦めるが、健気にトレーニングに臨む風太の姿に心動かされ、なんとかして旅行の出発ギリギリまで試合を観ようと心を決める。鐘子は、そんな葉子から「もしもの時は協力してほしい」と頼まれて……。

そして週末。鐘子は、「丈を助けたお礼がしたい」と灯里に招かれ、丈もいるスペイン料理屋へ。葉子は、旅行出発前に急な仕事を装って風太の試合へ向かう……。

引用:https://www.ntv.co.jp/gisouhurin/story/06.html

濱鐘子 … 杏
伴野丈 … 宮沢氷魚
吉沢葉子 … 仲間由紀恵
吉沢賢治 … 谷原章介
八神風太 … 瀬戸利樹
濱幸一 … 井沢弘
濱みき子 … 朝加真由美
伴野灯里 … MEGUMI
高野恵梨香 … 夏子
山田まさ子 … 田中道子

登場人物についての詳細はこちらからどうぞ

第6話ゲスト

一ノ瀬医師/眞島秀和

伴野丈が検査を受けた、東京中央病院の外科医・主治医で、丈が手術を受けないことを気にかけ、灯里の店を尋ねます。

丈が旅行へ行ったきり、全く連絡がないことから、店の従業員・高野恵梨香に言われるまま、伴野灯里は丈の携帯に電話をかけるのです。

その時、丈の荷物を預かっていた鍾子が、灯里からの電話に出て丈が倒れたことを伝えたのでした。

やがて目を覚ました丈は、一ノ瀬医師に「先生、姉にも、彼女にも、病気のこと言わないで。」と頼み込み、一ノ瀬医師はそのことを了承するのです。

やがて、心配しながら待合室で待つ鍾子を看護師が呼びに来て、丈に面会すると、丈は「ごめんね、心配かけて、ちょっと疲れてただけ、たまにあるんだよ。」と話すのです。

鍾子が「貧血みたいなもの?」と尋ねると、丈は「そう、それ、貧血」と嘘をつくのでした。

その言葉を聞いた鍾子はホッとして「あっ、ごめん、救急車なんか読んじゃって。声かけても、ゆすっても起きなくて、なんか、大変なことになっちゃったのかもと思って、怖くて。」と顔を押さえ、涙を流すのです。

その姿を見て、鍾子の頭をなでかけた丈は、その手を引っ込め「鍾子さん、びっくりしたよね、もう大丈夫だから。」と話し、鍾子に花巻まで来ようとしてたのかと尋ねるのです。

すると鍾子は、丈に人妻じゃないことを話すということを思い出し、いよいよ告げようとするのですが、そこに丈が倒れたことを聞いた姉の灯里が飛び込んできて、今回も話すことはできなかったのでした。

家に帰った鍾子は、今回も面と向かって自分は結婚していないと話せなかったことから、今夜電話で真実を伝える決心をするのです。

一方鍾子の姉・葉子は、夫・賢治と週末に熱海にいくことになってしまったため、風太に「ごめん風太、土曜日、急な仕事で試合に行けなくなった。」とメッセージを送るのです。

風太からは「わかった」「仕事じゃしょうがしょうがないよ!」と返信が来るのでした。

その夜鍾子は「風太の試合は諦めて、賢治と熱海にいくわ。」と話す葉子に、「そうだよ、これを機会に不倫なんてやめなよ。」と話し「それにさ、あの子、お姉ちゃんのこと独身だと思ってんだよね、本気になっちゃったら、あの子だってかわいそうだよ。」と責めるのです。

すると姉の葉子は「鍾子は・・・?偽装不倫中の彼に、本当のこと言ったの?・・“私はお姉ちゃんみたいなことはしたくない、独身だって絶対言う。”って・・、偉そうに宣言してなかったっけ?」と反撃に出るのです。

すると鍾子は「言うわよ、今から言うよ。だからさ、お姉ちゃんも、もう、お義兄さんの所に戻んなよ。」と言い、姉を部屋へ帰らせるのでした。

いよいよ丈に本当のことを話す覚悟を決めた鍾子は、丈に電話をかけるのです。

鍾子からの電話に丈が出ると、鍾子は「もしもし、丈、体調はどう?大丈夫?」と話すと丈は「全然元気だよ。今日は本当にごめんね、心配かけて。」と話すのです。

その時鍾子は、「電話で話すということは、私が独身だといった時の丈の反応が見れないってことだ」と急に不安になるのですが、意を決して「旦那さんはいないの。」とついに告白したのです。

しかし丈は「いないって・・・?あっ、仕事?」と少し遠回りな鍾子の告白には気づかずに「忙しいって言ってたもんね。すごく素敵で、仕事ができそうな感じで、あーいう旦那さんがいれば、鍾子さんずっと安心だ。」と言い「鍾子さんに帰る家があると、僕も安心だよ。僕との遊びのせいで、鍾子さんの幸せを壊すわけにはいかないからね。」と話すのです。

その言葉を聞いた鍾子は「遊び?」と話すのですが、丈は「鍾子さんも、旦那さんと別れる気なんてないでしょう。」と話すのです。

そこまで聞いた鍾子は「こっ、これは言えない。本当のことを言ったら終わる。嘘でも不倫だからこの関係は続いてるんだ。終わらせたくなければ、もうこの偽装不倫を続けるしかない。」と心の中で呟き「もちろん別れる気なんてないない、それは」と丈に話し、「だから、今まで通りでいいからね。」と伝え電話を切るのでした。

電話を切ったあと鍾子は「やっ・・やっぱりそうか、遊びだったのかぁ・・・。いや、分かってた、分かっちゃいたけど・・・。一瞬でも、嘘から本物の愛が芽生えたと思った、私がバカだった。」と心の中でつぶやくのでした。

その翌日病院に呼び出された丈に、一ノ瀬医師は「実はガルシア医師から何度も連絡があってね・・、日本での検査結果を見て、丈のことがとても心配だって・・・。先生は、すぐにでもスペインに戻って、手術を受けるべきだと言っている。」と話すのです。

丈が「でも僕の病気は」と話す言葉を遮って、一ノ瀬医師は「最近、頭痛や眩暈がすることが増えてるんじゃない?」と尋ね「丈くんの場合、腫瘍がある場所がとてもやっかいで、手術には相当なリスクが伴う。だから様子を見ていたんだと思うけど、ここでの検査で、腫瘍が予想よりも早く大きくなって、頸動脈や神経を圧迫していることが分かった。このままだと、状況は厳しくなる一方だよ。もし次に倒れたら、かなり危険な状態になると思う。」と告げるのです。

その後屋上に移動し、一ノ瀬医師は「決めるのは丈君だから、僕が無責任に言えることじゃなと分かっているけど・・・、丈君はまだ若い。ガルシア先生の手術に、賭けて見てもいいと思う。」と伝えるのです。

そして「やっぱり怖いか・・?」と一ノ瀬医師が話すと、丈は「怖くなかったんです・・。どこかでもう諦めていたんです・・・。この病気を受け入れて、残りの人生を悔いなく過ごそうって、そう思ってました。」と告げるのです。

そして「でも、日本に帰ってきて・・・、ある人に出会って、怖くなってしまった・・。今は怖いです。」と続けるのでした。

その夜鍾子は親友のまさ子と飲みながら、「私だって言いたいよ。結婚は嘘だ、独身だって。」と言い「言いたいけどさー、でも、この話、何回目」と相変わらず堂々巡りの話を繰り返すのでした。

そして「本当のことを言って、彼が、いなくならないなら言うけど、いなくなっちゃうなら、言いたくなーい。」と話すのです。

更に「彼が、私のこと本当に好きだっていう、絶対的な確信が持てたら、その時は本当のことを言う。」と鍾子が話すと、まさ子は「絶対的な確信てなによー?」と鋭く切り込むのでした。

その夜、賢治と旅行の日程を相談していた葉子でしたが、風太からメッセージが入り、賢治が風呂に入っている間に、葉子は風太からの求めに応じ電話をするのです。

電話で「やっぱり声だけでも聴けて良かった。これでまた頑張れる。」と話す風太に、試合に行けないことを葉子は謝るのです。

すると風太は「平気だよ。僕、仕事に一生懸命な葉子さんが大好きだから。」と言い「葉子さんが頑張ってると思ったら僕も頑張れる。僕勝つからさ。」という風太のいじらしさに心を動かされた葉子は、試合を見に行くことを決めるのです。

そして鍾子に、もしもの時の協力を願い出るのですが、鍾子は「お姉ちゃん正気なの?なんでお義兄さんじゃダメなの?こんなにもお姉ちゃんを幸せにしてくれているのに?」と話すのです。

すると葉子は「幸せ・・・?鍾子の言う幸せってなに?」と尋ね、「私も若いころは思ってたよ・・。いつの間にか、雑誌とかテレビに影響されて、誠実で、優しい正社員の男に、いいブランドの指輪もらって、マイホームをローンで買って。そういう、一般的な女の幸せを、自分も手に入れなきゃって。」と話すのです。

そして「でも、この歳になって、私そういうものに興味ないんだなって気づいたの。風太に出会って、お金がなくても、将来の保証がなくても、自分の腕だけで戦って、倒れても何度でも立ち上がる姿を見て惹かれたの。」と告げ部屋を出ていくのです。

その時鐘子の携帯が鳴り、灯里から「丈を助けてもらったお礼がしたいの」と告げられたため、鐘子は行くと返事をするのでした。

その翌日の土曜日、葉子は風太の試合を見に行くため、賢治に「仕事だから3時に品川駅集合で」と嘘をつき、応援しに行くのでした。

その頃鐘子は、気合を入れて灯里の店HolaHolaへ行き、勧められるままたくさん食べるのです。

その際に、灯里から2人で本当は旅行に行ったんじゃないの?と聞かれたため、たまたま東京駅で会っただけだと話すのでした。

一方試合会場では、風太は一度はダウンを奪われるものの、最後は見事にクロスカウンターパンチを決めて、勝ったのです。しかしその後風太は倒れてしまったのでした。

試合後、風太の様子を見に行った葉子は、全身傷だらけながら元気そうな風太に、仕事行っていいよと言われると、葉子は賢治に「熱海行けなくなった」とメッセージを送るのです。

そのことに疑念を抱いた賢治は、鍾子に葉子がどこにいるのかをさりげなく聞き出してほしいとメッセージをし、鍾子の既読がついたのを確認した後、そのままタクシーで葉子の会社へ向かうのです。

葉子の会社で、警備員に葉子がいるのかを尋ねると、警備員は「今日は誰もいらっしゃってないですよ。」と答えるのでした。

その頃風太に安物の指輪をもらった葉子は、その指輪を左手の薬指につけすごく喜ぶのです。

風太は「普通なら、値段とかどこで買ったとか気にするじゃん。指輪そのものよりブランドが大事みたいな。」と話すと、葉子は「君が変えてくれたんだよ、風太に出会って、本当の幸せに気づいたの。」と風太に告げるのでした。

その時葉子の携帯に賢治から着信が入ったため、「今、会議中で電話とれない」とメッセージを送るのですが、賢治からは「今君の会社の下にいる。怒らないから本当のこと教えて。誰といるの?」とメッセージが来たため、「本当は鍾子といるの」と嘘をついてしまったのでした。

そのメッセージを見た賢治は「ふっ」とニヤリと笑い、「嘘だ。」と話すのでした。

一方、HolaHolaに大勢の客が来たため、灯里の店を手伝うことになった鍾子は、団体客を送り出したあと、店の後片付けをしていたのですが、灯里は鍾子に「あ~あ、あなたが独身だったら良かったのに。だって丈、あなたといると丈、よく笑ってるもん。」と伝えるのです。

その後丈に花巻の写真を見せてもらいながら「いいなー・・・、本当は私も丈と一緒に行きたかった・・・。いつか二人で銀河鉄道に乗ろう。」と鐘子が話すと、丈は花巻で買った、「銀河鉄道の夜」の世界観が詰められた指輪を出し、「鍾子さん、手出して。」と告げるのです。

鐘子が両手を出し、「どっち」と尋ねると、丈は「左手、左手を出して、鍾子さん」と言い、左指の薬指にその指輪をはめるのです。

そして鐘子を抱きしめた丈は「大好きだよ、鍾子さん。」と言い「ごめんね、鐘子さんの幸せを壊すつもなんてないって言ったのに、でも、今だけは僕のものになって。」と告げるのでした。

丈に抱きしめられながらも鐘子は「丈、私誰のものでもないんだよ。」と心の中で呟き、「本当のことを言っても、あなたがいなくならないのなら、その保証があるのなら言うけど、いなくなってしまうのなら、言いたくない。・・・・・どっち?」と独り心の中で呟くのでした。

6話予告では、「ダンナさんはいないの」と告白するとはありましたが、やはり予想通りの展開となってしまいました。

なぜ「ダンナさんはいないの」の前に「私には本当は」という言葉をつけるか、後に「本当は独身なの」という言葉をつけないのかと、小一時間・・・・

そして、丈の姉灯里や、丈も、絶対に鐘子に独身だとは言わせないという強い決意でもあるのではないか?と勘繰りたくなるくらい、ことごとく鐘子の決意を打ち砕いて行きますね。

ただ鐘子も、これまでの恋愛体験不足などから「絶対にいなくならない確証が持てないなら言わない」と言うのも、分からないではないですが、やっぱり少し卑怯ですね。

しかし丈を見ていると、今鐘子が打ち明けたとすると、自分が死んだ後寂しい思いをさせないために突き放してしまう可能性もありそうです。

でも、この先助かる可能性が高くなってくると、鐘子の独身という告白を喜んでくれそうな気もします。

一方、賢治の葉子の追い詰め方が少々エグいですね。

まずは、鐘子にメッセージを送り、既読がついたのに返事が来ないということは、葉子は鍾子とは一緒にいないと、鍾子側のアリバイを崩し、会社へ出向き仕事しているというアリバイも崩したあとに、今どこ?と探りを入れてくるあたり、その手の追い詰め方に慣れているのではないか?とか、賢治の狡猾さを感じました。

次週の予告を見る限り、鐘子・葉子姉妹の不倫・偽装不倫関係が新たな展開を迎えそうな感じと共に、もしかしたらブラック賢治が出てくるのでは・・・と言う雰囲気もあり、次週以降も目が離せません。

丈(じょう)(宮沢氷魚)から「大好きだ」と言われて指輪をもらった鐘子(しょうこ)(杏)。「これは、丈が私のことを好きだという“絶対的な確信”なのでは!?」と思いながらも、丈が、人妻だと思っている自分に指輪をくれた本当の気持ちがわからずに悩んでしまう……。そして丈も、夫のいる鐘子に指輪をプレゼントしてしまったことを後悔していた……。

一方、風太(瀬戸利樹)のボクシングの試合を観に行き、賢治(谷原章介)との熱海旅行をドタキャンした葉子(仲間由紀恵)は、鐘子にアリバイ作りへの協力をお願いする。濱家では、葉子の嘘を疑う賢治が、表面上は平静を装いながら二人を待っていた。不気味な空気が漂う中、葉子は思いつきの嘘で修羅場を切り抜けるようとするが……。

翌日、鐘子は賢治に呼び出される。鐘子の相談に乗るふりをしつつ、葉子について探りを入れてくる賢治に焦る鐘子。なんとか誤魔化すものの、そこにバイト中の風太が偶然通りかかり、姉の夫と不倫相手が鉢合わせする大ピンチに陥ってしまう……!

そんな中、まさ子(田中道子)に連れられて灯里(MEGUMI)の店を訪れた鐘子は、丈と話したいと思うものの、現れた丈にどこか冷たい態度をされてしまい……。

引用:https://www.ntv.co.jp/gisouhurin/story/

『偽装不倫』の見逃し配信はHuluで

※配信話数、配信状況等はサイトにてご確認ください。

スポンサーリンク