Paravi(パラビ)の評判は?使ったからわかる、メリット・デメリット、

動画配信サービスParavi(パラビ)を使ってみて、そのサービス内容や使用感、メリット・デメリットについて紹介していきます。

HuluやNetflixを初めとし、様々な動画配信サービスを利用してきた経験を踏まえ、色々と書いて行きます。

Paravi(パラビ)とは

「東京放送ホールディングス(TBS)」・「日本経済新聞社」・「テレビ東京ホールディングス」・「WOWOW」・「電通」・「博報堂DYメディアパートナーズ」の6社出資により設立した会社、「プレミアム・プラットフォーム・ジャパン」が運営し、2018年4月1日にスタートした動画配信サービスです。

月々定額で見放題の作品と、別料金でレンタルできる作品の2種類を楽しめるParaviベーシックプランと、映画やドラマ・スポーツ・音楽・ステージ・ドキュメンタリー・アニメなどのWOWOWエンターテイメントを3チャンネル、2,300円(税抜)で楽しめるParavi WOWOWプランがあります。

この記事では、Paraviベーシックプランをご紹介していきます。

Paravi(パラビ)視聴端末

他の動画配信サービスと同様に、インターネットに接続したパソコンやスマートフォン、タブレット端末、Amazon Fire TV、Android TV、Apple TV、Cromecastなどあらゆる端末で視聴できる動画配信サービスです。

Paravi(パラビ)動画解像度

解像度はHD画質と、最近登場してきている4Kテレビ画質や、現在普及しているフルHDテレビ画質と比較すると劣りますが、通常視聴には十分だと思います。

Paravi(パラビ)専用視聴用アプリ

専用視聴用アプリは、ダウンロード視聴に対応していますので、家でネット回線でダウンロードして、外でオフライン視聴することができます。

※Android os 8.0番台は作品のダウンロード機能に対応していませんのでご注意ください。

以下android版での説明となりますが、アプリのプレイヤーは、「再生・停止」「10秒戻る」「10秒進む」「全画面表示」といった基本的な機能を備え、簡単な操作で使うことができます。

画面はHuluアプリ同様、自動回転にしていないと横向きにしても縦視聴用の小さい画面のままで、画面目いっぱいで見る場合は全画面をタップしてやる必要があります。

その状態で一時停止しても一度画面をオフにすると、再度立ち上げた時に、再び縦視聴用の小さい画面になってしまいます。ちょっと用を足して再び見る時などは、横固定の方が使いやすいですね。

アプリ内でもパソコン同様に、見たい作品を探すことは可能ですが、画面の大きいパソコンなどであらかじめ探しておいて、マイリストに登録しておいた方が使いやすいです。

Paravi(パラビ)の配信内容

配信内容を見ていて感じるのは、他の動画配信サービスに見られるような、海外ドラマをメインに持ってきていないところだと思います。

もちろん海外ドラマが全く見れないということではないのですが、それ以上に国内作品を楽しんでもらおうと言う意気込みが見て取れます。

メインとなるコンテンツは、話題となった国内ドラマ、バラエティ、音楽やアニメなどの他、報道・ドキュメンタリーなども配信されていて、今後配信本数が増えると共に配信内容もどんどん充実していくことでしょう。

価 格 月925円(税抜)
別課金 有(レンタル制)
動画本数 非公表(約1~20,000本程度と推測)
動画画質 「最高画質※」「高画質」「標準」「さくさく」 ※最高画質はPC、テレビでの視聴のみ
無料期間 登録から30日間
支払方法 クレジットカード、キャリア決済(Docomo、SoftBank、au)

月額料金は税別925円と同様の国内テレビ系列Huluを意識したのか、それよりも少しだけ安い価格となっております。

またHuluとは違い、完全見放題ではなく、1本単位でレンタル購入できる有料コンテンツも豊富に揃っております。

Paraviベーシックプラン加入者には、レンタル作品で使用できる300円分のチケットがついてきますので、そのチケットを使用して、チケットが使用できるレンタル作品を見ることができます。

さすがに日本最大級と謳っているだけあり、Paraviでの一番の見どころは国内ドラマです。

これまで大人気作品を世に送り出してきたTBSドラマの『高校教師』『誰にも言えない』『渡る世間は鬼ばかり』などはもちろん、その後の人気シリーズ『ケイゾク』『SPEC』シリーズ、『SPECサーガ完結編』などの他、最近の人気ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』『アンナチュラル』『カルテット』『コウノドリ』から『義母と娘のブルース』『中学聖日記』『わたし定時で帰ります』など、ぜひもう一度第1話から見てみたいと思える作品がたくさんあります。

またWOWOWで人気の高い『平成猿蟹合戦図』『沈まぬ太陽』『空飛ぶタイヤ』などの「連続ドラマW」シリーズが配信されているのも嬉しいポイントです。

動画配信サービスのいずれの会社もオリジナル作品に力を入れてきておりますが、もちろんParavi(パラビ)でも、Paravi限定で配信されるオリジナル作品があります。

2019年8月16日現在、『Heaven?~ご苦労レストラン~スピンオフドラマ』『びしょ濡れ探偵 水野羽衣 パラビ版』『tourist』『SICK’S覇乃抄』『KAT-TUNの世界一タメになる旅!+』『SASUKE2018 Paraviオリジナル版』『YouTuber解体新書』『世界の美しい椅子』『美しい椅子と女たち』などの他、話題ドラマのディレクターズカット版など、ここでしか見ることのできない作品も多数あります。

サービス開始からは1年以上過ぎたとはいえ、他の大手動画配信サービスと比較すると、作品数やサイト・アプリの作り込み、カテゴリー分けなど弱いですね。

huluやNetflixのように見放題ではなく、TBSドラマやテレビ東京系のドラマの中にも、極一部レンタル作品もありますので注意が必要です。

特徴でも書きましたが、ともかく海外ドラマについては他サービスと比較して、現状は壊滅的と言っても良いです。ただ、Huluで大人気となった『ウエントワース女子刑務所』シーズン1、シーズン2の配信も始まりましたので、少しずつ作品は増やしていっているようです。

その他、ネット上での評判でもよく目にしますが、他の動画配信サービスと比較すると、不具合を含めアプリが弱い傾向にあります。

アプリの項目で書いた以外でも、全体的に反応が悪かったり、バックキーだけでアプリの終了ができなかったりなど、他の動画サービスアプリに似せて作られてはいるものの、少し使い勝手が悪いです。今後のバージョンアップに期待したいです。

良い評判

人気のバラエティや国内ドラマが、録画なしですぐにたくさん見ることができる。

画質がキレイで、どこでも見ることができるので便利。

見逃したドラマをあとでゆっくりと見ることができた。

テレビの大画面でもゆっくりみることができる。

ダウンロード機能があるので、外出先でも通信料を気にせず見ることができる。

悪い評判

パソコン版もアプリ版も、UI(ユーザーインターフェース)がイマイチ使いにくい。

Huluなどに比べて、海外ドラマが圧倒的に少ない。

観たい作品が見放題じゃなかった。

ともかく、人気が非常に高いTBS系列の国内ドラマが大好きな人にとっては、ここ以外のサービスは選べないと思います。

時々Huluなどに流れてくることはあるものの、確実に来るわけでもなく、見たいものが見ることができるとは限りません。

なので、TBSやテレビ東京系のドラマ好きで、少し前にはやったドラマを1話から見直したいという方には、おすすめできるサービスです。

ネット上での評判も、やはり国内ドラマ好きにはかなり評判が高いようですが、海外ドラマや洋画は少ないという意見が非常に多いですね。

また、サイトのUIやアプリの使い勝手が悪いといった意見も見られ、今後の改善が期待されます。

paraviですが、初回30日間の無料体験期間がありますので、本契約前にお試ししてみて、気に入らなかったら解約するということもできますので、気軽にお試ししてみるのも良いのではないでしょうか。

ちなみに解約方法ですが、パソコンの場合は、右上にユーザー名とParaviの目玉マークがありますので、そこにマウスを持って行くとメニューが出てきますので、そこで「アカウント情報」をクリックします。

そこの「登録・お支払情報」から「契約プランの確認・変更・解約」をクリックします。

「現在契約中のプラン」の「Paraviベーシックプラン」右にある「プラン解約」をクリックします。

その後「解約を続ける」をクリックし、アンケートに答えて「解約する」をクリックすると解約完了します。

詳細や無料体験はこちらからどうぞ
Paraviを試す