『偽装不倫』7話・ネタバレ感想、賢治の正体と鍾子の告白

前回、賢治が会社へ乗り込んだため、仕事をしているというのが嘘だとバレた葉子は、鍾子といると嘘をついたのですが、賢治にはそのことも嘘だとバレていました。

結局嘘に嘘を重ね、熱海旅行に行くことも取りやめにした葉子は、最後まで風太に付き添っていたのです。

葉子が帰ろうと控室を出てスマホを見ると、賢治からメッセージが届いていて、そこには「わかった、じゃあ一緒に帰っておいでよ。家で待ってる。」とあったのでした。

全話あらすじ・ネタバレはこちらからどうぞ

スポンサーリンク

丈(じょう)(宮沢氷魚)から「大好きだ」と言われて指輪をもらった鐘子(しょうこ)(杏)。「これは、丈が私のことを好きだという“絶対的な確信”なのでは!?」と思いながらも、丈が、人妻だと思っている自分に指輪をくれた本当の気持ちがわからずに悩んでしまう……。そして丈も、夫のいる鐘子に指輪をプレゼントしてしまったことを後悔していた……。

一方、風太(瀬戸利樹)のボクシングの試合を観に行き、賢治(谷原章介)との熱海旅行をドタキャンした葉子(仲間由紀恵)は、鐘子にアリバイ作りへの協力をお願いする。濱家では、葉子の嘘を疑う賢治が、表面上は平静を装いながら二人を待っていた。不気味な空気が漂う中、葉子は思いつきの嘘で修羅場を切り抜けるようとするが……。

翌日、鐘子は賢治に呼び出される。鐘子の相談に乗るふりをしつつ、葉子について探りを入れてくる賢治に焦る鐘子。なんとか誤魔化すものの、そこにバイト中の風太が偶然通りかかり、姉の夫と不倫相手が鉢合わせする大ピンチに陥ってしまう……!

そんな中、まさ子(田中道子)に連れられて灯里(MEGUMI)の店を訪れた鐘子は、丈と話したいと思うものの、現れた丈にどこか冷たい態度をされてしまい……。

引用:https://www.ntv.co.jp/gisouhurin/story/07.html

濱鐘子 … 杏
伴野丈 … 宮沢氷魚
吉沢葉子 … 仲間由紀恵
吉沢賢治 … 谷原章介
八神風太 … 瀬戸利樹
濱幸一 … 井沢弘
濱みき子 … 朝加真由美
伴野灯里 … MEGUMI
高野恵梨香 … 夏子
山田まさ子 … 田中道子

登場人物についての詳細はこちらからどうぞ

第7話ゲスト

一ノ瀬医師/眞島秀和

伴野丈が検査を受けた、東京中央病院の外科医・主治医で、丈が手術を受けないことを気にかけ、灯里の店を尋ねます。

丈に「大好きだよ、鍾子さん」と言われ抱きしめられていた鍾子は、「えっ、待って、丈は大好きだと言って指輪をくれた。これは、彼が私を好きだという、絶対的な確信ってヤツなんじゃ?・・・もう言え、今言え鍾子、私は独身だって。」心で呟き、ついに丈に、自分が独身だと話そうとするのです。

するとそこに葉子から電話が入り、「今から、私と一緒に家に帰ってくれない?」と言われた鍾子は、「行けない」とは言うものの、結局押し切られて、丈になにも言えないまま、姉と一緒にタクシーで自宅へ帰ることになったのです。

鍾子と葉子が家に帰り着くと、リビングで待っていた賢治は「嘘つき奥さんのご帰宅だ。」とつぶやき、結婚指輪をはめ直すのです。

家に両親がいないので、鍾子が「あっ、あれー、お父さんとお母さんはー?」と話すと、賢治は「熱海旅行キャンセルするのもったいなかったから、代わりに行ってもらったんだよ。2人とも随分喜んでた。」と話すのです。

3人でビールを飲みながら、なにがあって熱海行きをキャンセルしたのかを訪ねる賢治に、葉子は「実は最近、鍾子が、ちょとメンタル的にヤバくて。」と話すのです。

「鍾子ちゃん、いつも一人旅して楽しそうにやってたじゃん。」と賢治が話すと、葉子は「逃避・・・だよね。メンタル的に限界ギリギリだったから。」と話すのです。

すると賢治は「不倫でもしてるの?・・・それだけ悩むってことは不倫でしょ。」と言い、「どうなの葉子、葉子的には不倫ってどう?」と尋ねるのです。

すると葉子は迷わず「いや、最低でしょ。」と答えるのです。

その答えを聞いた賢治は「やっぱりそうだよね、鍾子ちゃん、不倫はダメだよ。」と話し、飲み直すのでした。

なんとか姉に巻き込まれた修羅場を乗り切った鍾子は、丈に大好きと言われ指輪をもらったことを思い出し、ドレッサーに座り突っ伏すのです。

そこに鏡に映ったもう一人の鍾子が現れ「そんなに浮かれてていいのー? だって、彼が大好きって言ったのは人妻の鍾子さん。ここにいるのは?」と尋ねるのです。

鍾子が「独身の、濱鍾子。」と答えると、鏡の鍾子は「完全に詐欺ー。」と言い残し消えるのです。

1人鍾子は丈にもらった指輪を見つめ、「じゃあ、この指輪、どう言う意味なんだろう?」とつぶやくのでした。

その翌日、派遣先の会社で働く鍾子に、賢治から「お昼少し時間ある?」というメッセージが届き、会うことになったのです。

そこで賢治は鍾子に「本当に不倫してるの?僕には、鍾子ちゃんがそんなことをするようにはどうしても思えなくて。悩みごとがあるなら、相談してよね。」と話すのです。

鍾子が「うん、ありがとう、でも大丈夫。」と話すと、賢治は「そうか・・・、葉子はどうなんだろう?最近様子がおかしくない?鍾子ちゃん知ってることあるんじゃないの?」と尋ねるのです。

「特には・・・」と話す鍾子に、賢治は「何か気付いたら、教えてくれるよね。」と話すのです。

「はい。」とうなずき鍾子が席を離れようとすると、遠くでたまたま居合わせ、鍾子に気付いた風太が「お~い。」と手を振り、自転車で賢治と一緒にいる鍾子に近付いて来たのです。

間一髪のところで賢治と離れることに成功し、逃げるように職場へ向かう鍾子に、風太は「鍾子さーん。」と言いながら追いついてきたのです。

まずいと思った鍾子は、義兄の賢治に目をやるのですが、気付いていない様子に一安心するのでした。

しかし賢治は、「鍾子さーん。」と呼ぶ風太の声が、以前葉子との電話越しに聞いた「葉子さーん」と呼ぶ声と同一人物じゃないかと疑念を抱きながらも、笑顔で首を振るのでした。

その帰り道まさ子と、丈の姉・灯里の店Hola Holaを訪れた鍾子でしたが、店に帰ってきた丈は、鍾子に対し冷たい態度をとるのです。

その後出かけようとする丈に、鍾子は指輪の意味を聞こうとするのですが、丈は「ごめん、急いでるんだ。話しまた今度でいいかな?」冷たい態度で出ていくのでした。

丈の冷たい態度を理解できない鍾子はトイレへ入り、ついに会得したある方法で鏡の中の自分を呼び出したのです。

そして鏡の鍾子に「ねえ、なんで、なんで丈は急にあんな冷たい態度になっちゃったの?」と尋ねる鍾子に、鏡の鍾子は「遊びだからじゃなーい・・?ただのお土産の指輪を真に受けられて、困って逃げ出しちゃったのよきっと。」と言い「でも彼のこと責められないわよねー、だって嘘ついてるんだもん、結婚してるっていう…う・そ。」と話すのです。

続けて「もう気付いてるでしょう?この嘘がある限り、彼とは本気で向き合えないって。」と言い残し消えるのでした。

一方誰にも悩みを相談できない丈は、一ノ瀬医師をバーに呼び出し、鍾子との恋愛の悩みを相談するのです。

そして鍾子とは不倫だということや、指輪を渡して大好きだと言ってしまったことを話したのです。

すると一ノ瀬医師は「でもちょっとわからないな、丈君誠実そうなのに、なんで結婚してる人と。」と尋ねるのです。

その問いに丈は「僕は誠実なんかじゃないです。」と言い「はじめは旅の間だけのつもりだったんです。3か月前、スペインでガルシア先生に病気のことを告げられて、手術で腫瘍を摘出するには、かなりのリスクを伴う、命の危険もあることを知りました。」と話すのです。

続けて「すごくショックで、とてもすぐには受け入れられなかった。うまくいくかわからない手術に賭けるより、残りの人生でやりたいこと全部やろうと思ったんです。」と話すのでした。

そして「自分が死ぬかも知れないと分かった途端、最後にもう一度だけ恋をしたいだなんて。」と言い、日本に不倫という言葉があることを知った丈は「それでふと思ったんです。僕がいなくなっても平気な人だったらいいんじゃないかと。」と話すのでした。

一ノ瀬医師は「そういうことか、不倫なら自分がいなくなっても、彼女が一人ぼっちになることはない。」と話すのです。

丈は続けて、鍾子と「あの旅の間だけ恋をしようと思ったんです。」と言い、「嘘で始めた恋だから、すぐに終わらせられるって。そう思っていたのに、実際はその逆で、いつしか僕は、本当に彼女に恋してしまった。」と告げるのでした。

その話を聞いた一ノ瀬医師は「命を諦めていた君が、彼女に出会って、生きたいって、強く思ったってことなんじゃないかな?」と話すと丈は「それでも、彼女は人の奥さんだから。」と答えるのでした。

その頃姉の葉子に呼び出された鍾子は、いきつけの居酒屋で「お姉ちゃんが私を呼び出すなんて、なんかあったの?」と尋ねるのです。

すると葉子は「帰りたくないの。」と答えるのでした。

続けて鍾子が葉子に「もう、やめようよ、危険すぎるよ。あの子が良い子なのはわかるよ。でもただの遊びなんでしょ。本気ってワケでもないんでしょ。だったらもう。」と話すと葉子は「私悪くないわよ。」と開き直りとも思える発言をするのです。

すると鍾子は「はあ?お姉ちゃん、お義兄さんに嘘ついて、不倫してるんだよ。帰りたくないとか、悪くないとか勝手すぎるよ。」と葉子を責めるのです。

すると葉子は「愛してないのよ。」と答えるのです。

その答えを聞いた鍾子は「愛してないって、お義兄さんを?」とあきれた様子で話すと、葉子は「そうじゃなくって・・・、愛してないの、賢治が、私を。」と告げるのです。

「愛してないって、どう言うこと?」と尋ねる鍾子に葉子は「あの人、子供が欲しいのよ。」と告げるのです。

鍾子が「いや、そりゃあそうでしょ、せっかく結婚したんだから。」と話すと葉子は「私たち、仕事で出会ってすぐに結婚したでしょう。2人とも、もういい歳だし、お互いに条件が合ったから結婚したたけ。」と告げるのです。

それを聞いた鍾子が「いいじゃん、あんなカッコイイ旦那さん。」と話すと葉子は「賢治がなんて言ったか教えてあげようか?僕にそっくりな子供が欲しいから結婚したんだよ。」と告げ2年半前を思い出すのです。

当時葉子が台所仕事をしていると、賢治が「ねえ、葉子。今年中に子供つくって、来年には、育休とれるよう、仕事も調整しといてくれるかな?」と話すと葉子は「私たちまだ結婚したばかりだよ、もう少し2人の生活楽しんだ方が。」と伝えるのです。

すると賢治は「いやいや、葉子はもう35歳だから、待ったなしだよ。だって、僕はそのためにこの家に入ってマス夫さんしてるんだから。2世帯住宅なら、お母さんにいつでも子供の面倒見てもらえるし。」と告げるのです。

「でも、そんなに焦んなくても。」と話す葉子に、賢治は「なに言ってんの、将来のことを考えたら一日でも早い方がいいって。来年子供が生まれたとして、成人の時に僕は・・・うーん・・・息子と一緒にハワイでサーフィン、ギリギリだなぁ。」と告げるのです。

葉子が「そんなの、息子かどうかわかんないじゃない。」と話すと、賢治は「大丈夫大丈夫、もし女の子ならもう一人産んでもらうから。とにかく僕は、早く子供ができるよう頑張るから、ねっ。」と答えるのでした。

過去のことを話した葉子はさらに「頑張るってなに?まあ、実際に頑張ってたけどね。なんだろうな、夫の義務感っていう感じで必死にやってた。でも、それ以外はほとんどレス。」と鍾子に告げるのです。

そして「まあ、私にそういう魅力がないのもあるんだけど。地味・堅物だし、色気ないし。でも、子供の母親には丁度良かったんじゃない?こういう真面目そうな女が。」と伝えるのです。

続けて葉子は「それで、私はその子作りセックスが嫌になって。」と鍾子に話して、過去を思い出すのです。

当時の葉子が「賢治、私、やっぱり、まだ暫く子供は・・・。」と言い「だって私たち、恋人だった、期間、ほとんどなかったから、もっと2人で出かけたりとか、土日で近くの温泉いったりとか、子作りの前に、そういう時間を持ってもいいのかなって。だからほら、ガイドブック色々買ってきたの。」と告げるのです。

すると賢治は「そうか、うん、わかった。じゃあこれから半年はそういう時間にしよう。」と葉子に告げるのでした。

その話を聞いた鍾子は「半年って、なんでそういう区切り方・・・」と話すと、葉子は「そういう人なの。話が通じているようで通じてない、譲っているようで、絶対に譲らない。彼にとって私はライフプランの一部に過ぎないの。結婚記念日のディナーも、週末の温泉旅行も、子供を作る前に過ごす2人の時間って言う彼のライフプラン。そしてそれを、私はカラオケボックスみたいに延長し続けてる。」と告げるのでした。

そして「でも、賢治の求めていることって、いたって当たり前よね。結婚して、子供を作って、家族になる。それが幸せだって言い聞かされてきたんだもん。私だって、そう思って結婚したんだし。条件のいい男を選んだ時点で、私も賢治と同じ。だから、私は賢治を責められない。」と話すのでした。

「で、お姉ちゃんは、これからどうするつもりなの?」と尋ねる鍾子に、葉子は「賢治のライフプランに、離婚っていうのはないと思う。仕方ないからどっちも続けるわよ。嘘の結婚生活と、本気の不倫を。」と答えるのです。

そして「本気だったの?」と驚く鍾子に、葉子は「あの子といるとホッとする。ホッとして、ドキドキして、嬉しくって、苦しくって、叫んで、笑いあって、全てが愛おしくなる。」と答えるのでした。

その後、姉と共に家に帰った鍾子に、丈からメッセージが届くのです。

鍾子がそのメッセージを見ると、そこには「あの指輪も、僕が言ったことも全部忘れていいから」とあったのです。

そのメッセージを見て落ち込む鍾子のことを葉子が心配し相談に乗るのです。

葉子は、結婚しているということが嘘だと話していない鍾子に「彼は、鍾子のこと人妻だと思って、罪悪感を感じたからそう言ったんじゃないの?」と話すのです。

そして「もう終わりにした方がいいのかな?」と話し指輪を外そうとする鍾子に、葉子は「本当のこと言えばいいじゃん、私は独身だって、あんた結婚してないんだから、不倫じゃないんだから、まだどうとでもなるでしょう。」と伝えるのです。

さらに葉子は「本当のこと伝えて、彼と、ちゃんと向き合ってごらんよ。私と違って、鍾子は自由の身なんだからさ。本当の幸せ、手に入れてよ。」と告げるのでした。

その後鍾子は「本当の幸せか。」とつぶやき、「丈、私も大好きだよ、あなたの笑った顔、優しい声としゃべり方、写真を撮るときの真剣な横顔、全部。」と心の中で呟き「もう、丈に嘘はつきたくない。私は結婚なんてしてないって本当のことを言って、ちゃんと向き合いたい。」と強く思うのでした。

一方病院へと出向いて、一ノ瀬医師を訪ねた灯里は、その後涙を浮かべ病院を出ていくのでした。

いよいよ丈に全てを告白する決意をした鍾子は、悩んだ挙句「丈、嘘ついてたけど、私、本当は独身なんだ。」とスマホに入力したのです。

しかし、送信する決意がつかずウダウダしている鍾子の肩をまさ子が叩いた瞬間送信ボタンに手が触れ、メッセージが送られたのです。

鍾子があわててメッセージを取り消そうと、メッセージを長押ししようとしたその瞬間、そのメッセージが既読になったのでした。

丈に大好きだよと言われた最初に、鍾子がちゃんと本当のことを言えていれば、鍾子の方は全て丸く収まっていたような気がするストーリーでした。

しかし、当然姉のアリバイ作りの手伝いを約束させられている以上、そんな簡単に済まないのはお約束と言えるでしょう。

今回のストーリーでは、葉子視点の賢治の姿が描かれていました。

とは言っても、自分のライフプランのための結婚と言うのはお互い様でしょうから、葉子も言っていた通り、賢治を責められないと思います。

しかし2年半もこの状態が続いていたのなら、賢治も自分になにか問題があるんじゃないだろうか?と省みるチャンスはあったと思いますが、それをしてこなかったのは賢治に驕りがあったのではないでしょうか。

とは言っても、不倫が許される訳ではないので、こうなる前に一度心の底からぶつかりあってみる必要があったんだろうなとは思うものの、それができていたのなら、こうなっていないですよね。

一方鍾子は、ハプニングの結果ではあったものの、ついに丈に自分が独身であるというメッセージを送り、それが既読になりました。

このことから、ついに丈と向き合うことができるのか?と思いきや、次週のあらすじを見る限り、丈から連絡が来ないようです。

丈は写真を撮りに出かけているようですから、スマホを家に置きっぱなしにしていて、メッセージを見たのは灯里ではないか?とか、出かけている時にスマホを落として、全然知らない他人が見たんじゃないか?など色々想像させられますが、いずれにしろ、この先この2人はどうなってしまうのか、来週以降も非常に気になります。

ついに『本当は独身なんだ』と丈(宮沢氷魚)にメールをした鐘子(杏)。だが、既読になったものの返信は来ず、丈の気持ちがわからなくて落ち込んでしまう。その頃、鐘子のことを忘れようと苦しむ丈は、一人海にいた。そして、一之瀬(眞島秀和)から丈の病気のことを聞いた灯里(MEGUMI)も、写真を撮りに出ていったまま戻らない丈を心配していた。

翌日になっても丈から返信がないことにさらに落ち込む鐘子は、昼休み、バイト中の風太(瀬戸利樹)とバッタリ出会う。無邪気な風太に心を許し、悩みを打ち明けていた鐘子は、うっかり葉子(仲間由紀恵)が結婚していることをバラしてしまう!慌てて葉子に電話で謝る鐘子。だが葉子は、「いつかバレるだろうと覚悟していた」と話す。そして葉子に風太から『今日会える?』とメールが届いて……。

灯里のもとには、丈が帰ってくる。丈が病気のことを姉である自分にも内緒にしていたことを責める灯里。「大事な人を悲しませたくない」と言う丈に、灯里は丈の知らない鐘子の秘密を話す……。

一方、葉子は風太の待つ場所へと向かう。自分の嘘を知ってもいつもと変わらない明るい態度で接する風太に心を痛める葉子。だが、ふと気配を感じ振り向くと、そこにはこちらを見て立ち尽くす賢治(谷原章介)の姿があった!

引用:https://www.ntv.co.jp/gisouhurin/story/

『偽装不倫』の見逃し配信はHuluで

※配信話数、配信状況等はサイトにてご確認ください。

スポンサーリンク