『偽装不倫』8話・ネタバレ感想、真実の告白と2人の別れ

鐘子はせっかく書いた「丈、嘘ついてたけど、私、本当は独身なんだ。」というメッセージの送信を躊躇していたところ、まさ子に肩を叩かれた弾みで、ついに丈へそのメッセージを送ってしまったのです。

やがて、そのメッセージが既読になったため、鍾子はパニックに陥り、突然走り出すのでした。

しかしその後全く丈からの返信がなく、鐘子はやきもきしながら「これはやってもーた・・・」と後悔するのでした。

全話あらすじ・ネタバレはこちらからどうぞ

スポンサーリンク

ついに『本当は独身なんだ』と丈(宮沢氷魚)にメールをした鐘子(杏)。だが、既読になったものの返信は来ず、丈の気持ちがわからなくて落ち込んでしまう。その頃、鐘子のことを忘れようと苦しむ丈は、一人海にいた。そして、一之瀬(眞島秀和)から丈の病気のことを聞いた灯里(MEGUMI)も、写真を撮りに出ていったまま戻らない丈を心配していた。

翌日になっても丈から返信がないことにさらに落ち込む鐘子は、昼休み、バイト中の風太(瀬戸利樹)とバッタリ出会う。無邪気な風太に心を許し、悩みを打ち明けていた鐘子は、うっかり葉子(仲間由紀恵)が結婚していることをバラしてしまう!慌てて葉子に電話で謝る鐘子。だが葉子は、「いつかバレるだろうと覚悟していた」と話す。そして葉子に風太から『今日会える?』とメールが届いて……。

灯里のもとには、丈が帰ってくる。丈が病気のことを姉である自分にも内緒にしていたことを責める灯里。「大事な人を悲しませたくない」と言う丈に、灯里は丈の知らない鐘子の秘密を話す……。

一方、葉子は風太の待つ場所へと向かう。自分の嘘を知ってもいつもと変わらない明るい態度で接する風太に心を痛める葉子。だが、ふと気配を感じ振り向くと、そこにはこちらを見て立ち尽くす賢治(谷原章介)の姿があった!

引用:https://www.ntv.co.jp/gisouhurin/story/08.html

濱鐘子 … 杏
伴野丈 … 宮沢氷魚
吉沢葉子 … 仲間由紀恵
吉沢賢治 … 谷原章介
八神風太 … 瀬戸利樹
濱幸一 … 井沢弘
濱みき子 … 朝加真由美
伴野灯里 … MEGUMI
高野恵梨香 … 夏子
山田まさ子 … 田中道子
一ノ瀬医師 … 眞島秀和

登場人物についての詳細はこちらからどうぞ

病院で一之瀬医師から、丈の本当の病名を聞いた灯里は、店へと帰り丈の置き忘れていた携帯電話を発見するのです。

丈の携帯電話には鐘子からの「丈、嘘ついてたけど、私、本当は独身なんだ。」と言うメッセージが届いていたのでした。

そのメッセージを見た灯里は、鐘子が独身だったということに驚くと共に「独身ってどういうこと?元々結婚してないってこと・・・?丈を騙していたの?」と憤り、思わずそのメッセージを削除してしまうのでした。

一方丈は、既婚者である鐘子のことを忘れようと海で写真を撮っていて、「これでいいんだ、これで。」と思いながら、博多で撮影した鍾子の写真を削除しようとするのですが、再び頭痛に襲われるのです。

自分が本当は独身だとメッセージを送っってしまった鐘子は、翌日になっても丈からの返信がないことから、ひどく落ち込み、悩んでいたのです。

そんな時、たまたま姉・葉子の不倫相手、八神風太とばったり会った鍾子は、風太とカフェに入り、自分の嘘を打ち明けるのです。

しかし、鐘子は泣きながら風太に自分が偽装不倫していたことを話している時に、ついうっかり姉が結婚していることを話してしまったのです。

その話を聞いた風太は驚きつつも「そっか、おかしいと思ってたんだ・・・。家には絶対に呼んでくれないし、泊まるのはいつもホテルだし・・・。いいや・・・、今は鍾子さんの話聞かないと・・・。僕は男だから大丈夫。」と笑顔で納得するのでした。

その後鐘子は、すぐに葉子にうっかり風太に既婚者であることをばらしてしまったことを電話で詫びていると、葉子は「私が結婚してることは、いつかバレるだろうと覚悟してたし。」と許してくれたのです。

そんな時に、鍾子の電話に丈からの着信が入るのです。

姉との電話を切り慌てて出ると、その電話は灯里からのもので、鐘子を自分のスペイン料理店へと呼び出したのです。

そこで灯里は丈がいないことを告げ、メッセージを見たのは自分で丈はまだ鐘子が独身だということを知らないと伝えるのです。

どうして独身だと嘘をついたのかと灯里から問い詰められた鐘子は、「つい咄嗟に、そしたら、どんどん言い出せなくなっちゃって、本当にごめんなさい。」と謝るのです。

そして灯里「じゃあ、なんで今になって、本当は独身だと言おうと思ったの?」と聞かれた鍾子は「もう、嘘をつきたくないと思ったんです。彼には、会ってちゃんと謝ります。」と答えるのでした。

鐘子とすれ違いで丈が帰宅すると、灯里が「病気のことを一之瀬先生に聞いたよ・・・。とにかくすぐにスペインに帰って、その先生の言うこと聞こう。私も一緒に行くから」と言いますが、丈は「僕は病気のことで、大事な人を困らせたり、悲しませたりしたくないからずっとだまってたんだ。だから灯里は、今までの灯里でいてよ。」と答えるのです。

すると灯里は「なに言ってんのよ・・・、あんたが死ぬのが一番困るに決まってるじゃない、悲しいに決まってるじゃない。」と話すと丈は「怖いんだよ、本当は手術が怖い・・・。もし上手くいかなかったら死ぬかもしれない。」と答えるのです。

そんな丈に灯里は「このままほっといたら、あんた本当に死んじゃうんだよ。」と言い「あの子のこと好きなんでしょう?鍾子ちゃん、結婚なんかしてないの。」と告げるのでした。

その頃葉子は、賢治に仕事だとメッセージを送り、仕事帰りに風太に会いに行っていいたのですが、視線を感じてふと後ろを振り向くと、そこには賢治がこちらをじっと見て立っていて、やがてその場を立ち去るのです。

葉子は風太に「ごめん、ちょっと急用思い出しちゃって。」と話し、賢治を追いかけるのですが見失ってしまいました。

その後葉子が帰宅して賢治を待っていると、賢治が駅前で買ってきたミルフィーユを手に、いつも通りの朗らかな笑みを浮かべて帰ってきました。

そんな賢治に葉子は「どうして聞かないの?あの男は誰だって」と尋ねるのですが、賢治は「だって、聞いたってまた君は嘘をつくだろ・・・。本当はずっと前から気付いていたよ。君が他の男と会ってるってこと・・・。でも認めたくなかった・・・。認めたくないに決まってるだろ。」と言い「自分の奥さんが不倫してるなんて!」と叫びながらミルフィーユを投げ捨て、部屋を出て行ってしまったのです。

一人残された葉子の元には風太から「葉子さん大丈夫?」とメッセージが来ていて、葉子は風太と電話で話すのです。

その後、葉子は鍾子の部屋に行き、「賢治にバレた。と言うよりバレてた。あんな賢治初めて見た。」と告げ、さっき風太と電話で話して「バレたことにより、風太の良い本性が見えた感じ。」と話すのです。

そして葉子は「嘘ついても誰も幸せになんてなれないね、このままじゃ誰も幸せになれない。賢治も、風太も、私も。」と言い、「私は、今から自由の身にはなれない。そんな私が、風太を縛るなんてことできない・・・。賢治のこと、これ以上苦しめられないし。」と話すのでした。

一方丈の元には一之瀬医師が訪ねてきていたのです。

そこで丈は一之瀬医師に鍾子が独身だったことを伝え、「本当は独身ってことは、僕が死んだら彼女を一人ぼっちにしてしまう。」と伝えるのです。

そして、丈は意を決したように一之瀬医師に「先生、手術受けます」と力強く告げるのでした。

しかし丈は鍾子には病気のことも手術のことも言わないで行くと言い「どうして?」と聞く一之瀬先生に、丈は「もし、手術が上手くいかなかったら、本当に彼女を悲しませてしまうことになるから」と答えるのでした。

その頃丈に本当のことを話そうと、メッセージを送ろうとしていた鍾子の元に「今度の日曜会いませんか?」と丈からメッセージか来るのです。

そのメッセージを見た鐘子は「日曜日大丈夫です。私も会って話がしたい。」と返信したのでした。

そんな日曜日、葉子は風太に電話して「風太、暫く会うのやめよう。ごめん私、もう嘘つくの疲れちゃったよ。」と告げると、風太は暫くの沈黙の後、「そっか、わかった!また会えるようになったら連絡して!僕待ってるから!」と明るく答えるのでした。

電話を切った後、風太はサンドバックを殴りながら涙が止まりませんでした。

葉子がリビングに戻ると、母親から「葉子、今からね賢治さんとランチ行きましょと話してたんだけど、あなた行ける?」と誘われ、その様子を賢治は固唾を飲んで見ていたのです。

葉子が「いいね、何食べようか?」と微笑むと、それまで不安げな表情を浮かべていた賢治はその言葉を聞いて安心したように微笑むのでした。

その頃鍾子は丈との待ち合わせ場所に行き、久しぶりに丈と再会を果たすのです。

その後鐘子の提案で2人はご飯を食べに行き、鍾子は「この食事が終わったら本当のことを言おう。」と考え、丈は「この食事が終わったらさよならを言わなきゃ。」と考えていたのです。

そして食事の後、鍾子は丈に「ごめんなさい。ずっと嘘ついてたけど、私本当は結婚なんてしてないの。独身なの。」と言い「でも、今まで全然恋愛できなかった私が、たった一つ既婚者だって嘘をついただけで、あなたみたいな素敵な人と恋ができた。」と告げ「本当の私を知って、あなたがいなくなっちゃうのが怖くて、逃げて、嘘を重ねた。でも私、もう嘘をつきたくない。あなたに、本当に恋をしてしまったから・・・。丈、私、あなたが大好き。」と伝えるのです。

すると丈は「ごめんね鍾子さん・・・、僕は不倫っていう関係が良かったから、あなたに声かけたんだよ。だって、あなたには愛する人がいる・・・、帰る場所があるって思ってたから・・・。 後腐れ無く遊ぶにはちょうど良かったんだよ・・・。だから・・・、僕たちもう終わりにしよう・・・、さよなら、鍾子さん。」と言って立ち去ってしまうのでした。

鍾子は凍り付いたまま、その場で楽しかった時間を思い出しながら涙を流し、丈も涙を必死に堪えながら空港へと向かっていくのです。

その夜、丈はスペインへと旅発ち、鍾子は丈との思い出の「銀河鉄道の夜」の本と、丈からもらった「銀河鉄道の夜」の指輪をしまい込むのでした。

ようやく、本当にようやく鐘子は丈に、自分は独身であることを話せ、そして丈のことが大好きだと言うことを告げることができたのですが、丈は自分がいなくなってしまう可能性がある限り、鐘子に寂しい想いをさせたくなくて、別れを選択してしまうという悲しい結末でした。

しかし鐘子にしてみたら、せっかく自分が正直になって本当の想いを伝えたのですから、丈にも正直に自分が死ぬかも知れないと言うことを話してもらいたかったのではないでしょうか?

たしかに丈からしたら、愛する人との死別による悲しみより、失恋の悲しみの方がまだマシと考えたのかも知れませんが、鐘子に選ばせてあげても良かったのではないかなとも思います。

もしかしたら、丈はその選択をさせること自体、鐘子を苦しませることになると思ったのかもしれません。

あのラストで、鐘子が自分をさらけ出し、全てを告白するのはつらかっただろうと思いますし、その言葉を振り切って別れを選んだ丈もつらかったんだと思うと、涙が止まりませんでした。

一方姉の葉子も、風太との不倫が賢治にバレて、最終的に賢治を選びました。

いくら葉子が風太を愛していても、自分との年齢差や風太の可能性や未来、そして現在の旦那である賢治のことを考えると、風太を選べなかったんだろうなと思うと、悲しくなってきます。

次週からいよいよ新展開として仮面ライダーWの活発な方ワイナリー御曹司の藤堂と意気投合するようですが、そのまま鐘子がそっちへ進んでしまうのも面白くないですよね。

と思ったら、予告で丈がスペインから戻って来ましたが・・・鐘子を覚えていないという展開に!

いったいどうなってしまうのか、ラスト2話も非常に楽しみです。

鐘子(杏)と丈(宮沢氷魚)の別れから2ヶ月。丈が手術を受けるためにスペインに帰ったとは知らない鐘子の日常は、すっかり以前のお一人様生活に戻っていた。そして、風太(瀬戸利樹)との不倫に終止符を打った葉子(仲間由紀恵)もまた、賢治(谷原章介)との表面上は平凡な結婚生活を送っていた。

ある日、鐘子は仕事で顔を合わせるようになったワイナリー会社の藤堂(桐山漣)からランチに誘われる。ワイナリーの御曹司で爽やかな藤堂に興味津々のまさ子(田中道子)も加わる中、藤堂と食べ物の話で意気投合する鐘子。その様子を見たまさ子は、藤堂が鐘子に気があることを見抜き……。まさ子はいまだに丈のことを引きずる鐘子に「男の傷は男でしか癒せない」と新しい恋に向けて背中を押す。

その夜。部屋で一人丈のことを思い出す鐘子の元に、葉子がやってくる。お互いに好きな人のことを忘れられない胸の内を察する二人だが、その時、鐘子に藤堂からデートの誘いのメールが届く!葉子からも新しい恋を応援された鐘子は、藤堂の誘いを受けることに…。

日曜日。軽やかな足取りで藤堂とのデートに向かった鐘子は、飾らない性格の藤堂とすっかり打ち解ける。そんな鐘子に、藤堂は積極的にアプローチをして……。

一方、賢治が不在の休日を過ごす葉子は、美容室に来ていた。思い切って長い髪を切ろうと決めた葉子の目に映ったのは、懐かしいピンク髪の風太の姿だった……。

そんな中、手術を受けるためにスペインに帰っていた丈が、再び日本にやってきた……!

引用:https://www.ntv.co.jp/gisouhurin/story/

『偽装不倫』の見逃し配信はHuluで

※配信話数、配信状況等はサイトにてご確認ください。

スポンサーリンク