『偽装不倫』9話ネタバレ感想、丈を忘れられない鍾子と鍾子を忘れた丈

スペインへ渡った丈は、ガルシア先生の執刀で、脳腫瘍の手術を受けていたのです。

それから2カ月が過ぎ、鍾子は以前のようなお一人様生活に戻っていて、姉の葉子もまた以前のような仮面夫婦生活に戻っていたのでした。

全話あらすじ・ネタバレはこちらからどうぞ

スポンサーリンク

鐘子(杏)と丈(宮沢氷魚)の別れから2ヶ月。丈が手術を受けるためにスペインに帰ったとは知らない鐘子の日常は、すっかり以前のお一人様生活に戻っていた。そして、風太(瀬戸利樹)との不倫に終止符を打った葉子(仲間由紀恵)もまた、賢治(谷原章介)との表面上は平凡な結婚生活を送っていた。

ある日、鐘子は仕事で顔を合わせるようになったワイナリー会社の藤堂(桐山漣)からランチに誘われる。ワイナリーの御曹司で爽やかな藤堂に興味津々のまさ子(田中道子)も加わる中、藤堂と食べ物の話で意気投合する鐘子。その様子を見たまさ子は、藤堂が鐘子に気があることを見抜き……。まさ子はいまだに丈のことを引きずる鐘子に「男の傷は男でしか癒せない」と新しい恋に向けて背中を押す。

その夜。部屋で一人丈のことを思い出す鐘子の元に、葉子がやってくる。お互いに好きな人のことを忘れられない胸の内を察する二人だが、その時、鐘子に藤堂からデートの誘いのメールが届く!葉子からも新しい恋を応援された鐘子は、藤堂の誘いを受けることに…。

日曜日。軽やかな足取りで藤堂とのデートに向かった鐘子は、飾らない性格の藤堂とすっかり打ち解ける。そんな鐘子に、藤堂は積極的にアプローチをして……。

一方、賢治が不在の休日を過ごす葉子は、美容室に来ていた。思い切って長い髪を切ろうと決めた葉子の目に映ったのは、懐かしいピンク髪の風太の姿だった……。

そんな中、手術を受けるためにスペインに帰っていた丈が、再び日本にやってきた……!

引用:https://www.ntv.co.jp/gisouhurin/story/09.html

濱鐘子 … 杏
伴野丈 … 宮沢氷魚
吉沢葉子 … 仲間由紀恵
吉沢賢治 … 谷原章介
八神風太 … 瀬戸利樹
濱幸一 … 井沢弘
濱みき子 … 朝加真由美
伴野灯里 … MEGUMI
高野恵梨香 … 夏子
山田まさ子 … 田中道子
一ノ瀬隆美 … 眞島秀和

登場人物についての詳細はこちらからどうぞ

『偽装不倫』ゲスト

藤堂元/桐山漣

ワイナリーの御曹司で、仕事もバリバリこなすイケメンで性格も良く、掘り出し物のハイスペック男性です。

しかも、鍾子に恋心を抱き、告白までします。

ある日、鍾子の派遣先の会社に、ワイナリー会社の一人息子で、仕事もバリバリにこなす藤堂がワインのプレゼンテーションのため訪れていました。

そんな中、鍾子とまさ子は藤堂に昼食を誘われて一緒に食事をしていたのですが、そこで鍾子は藤堂と食べ物の話で盛り上がるのでした。

一方スペインでの手術を終えた丈は、術後の経過も良好で、ガルシア先生から退院を許可されたのです。

そんな丈から、灯里の元に退院許可が出たという連絡が入り、灯里は店で食事をしている一ノ瀬医師にその報告をしたのです。

その頃、家に帰りたくない葉子は鍾子の部屋を訪ね、「お義兄さんとは元通りになったんだよね?」と尋ねる鍾子に「表面上はね、いわゆる仮面夫婦ってやつ。」と話すのです。

そして葉子が「鍾子の方はどうなの、偽装不倫の彼とは、本当に終わったの?」と尋ねると、鍾子は「うん・・・」と力なく答えるのでした。

そんな時、鍾子のスマホに藤堂から「濱さん今日はランチ楽しかったです。日曜日、美味しいワイン飲みに行きませんか?」とデートのお誘いメッセージが届いたのです。

その頃風太は、後ろ姿のよく似た女性に、葉子の面影を探していたのでした。そして葉子もまた風太のことを思い出していたのです。

そんな葉子の部屋のドアの前で、賢治は険しい顔をして様子をうかがっているのでした。

そんな日曜日、鍾子はオシャレなレストランで、藤堂とワインと食事を楽しんでいたのです。

一方葉子は、髪を切るため美容室に来ていたのです。するとそこの美容室には髪を染めるため風太も来ていたのです。

そしてバッサリ髪を切ろうとしていた葉子の近くまで風太がやってきて「ダメダメ」と止めたのです。

その頃鍾子の行きつけの居酒屋にやってきた藤堂は店を気に入り、鍾子に「前の彼女に二股かけられてて、暫く恋愛はいいかな、と思っていたところに鍾子さん見かけて、いつも楽しそうで生き生きしてて、あの笑顔見てたらこの人嘘がなさそうだなと思ったんです。」と話すのです。

その後藤堂は「鍾子さん、僕と付き合ってくれませんか」と告白してきたのです。

一方美容室を出た葉子と風太の2人は、コーヒーを飲みながら話をしていたのです。

葉子は「風太、結局電話で話したまま、会ってちゃんと謝ってなかったね。私が、独身だって嘘をついてたこと。ごめんなさい。」と謝ると風太は「みんなついてるよ、嘘なんて。」と話すのです。

葉子が「風太も、何か嘘ついてる?」と尋ねると、風太は「あっ、すごい、僕、嘘ついてないかも。」と言い「大好きだよ、葉子さん。できるなら、ずっと一緒にいたいと思ってる。本当だよ。でも、僕のせいで葉子さんが嘘ついて苦しいなら、僕は会えなくても大丈夫だよ。葉子さんもう嘘つかなくてよくなったんでしょ。」と話すのです。

すると葉子は首を横に振り「私、今も嘘ばっかりだよ・・。嘘ついて、その場その場をやり過ごして、結局グルグルグルグルおんなじところを回ってる・・。嘘ってそういうことだよね・・。おんなじところを回って、ゆっくり落ちていく感じ・・・。落ちた先にはなにがあるんだろう・・。嘘に時間いっぱいつかって、お婆ちゃんになった私かな?」と話すのです。

すると風太は「じゃあ、僕、そこで待ってようかな。」と言い「どうせ下まで落っこっちゃうんだったら、自分から飛び降りちゃえば。その方が一緒にいれる時間が長くなるよ。僕が下で受け止めてあげるから、飛び降りておいでよ。僕、お金ないけど、いっぱいバイトするし、試合でももっと勝てるように頑張るから。それとも、やっぱり旦那さんのこと愛してる?」と尋ねるのです。

その問いに葉子は「愛じゃない、愛なんかじゃないよ・・・。」と言い、やがて「飛び降りてみようかな。」と呟くのでした。

その頃、2人で歩いていた鍾子は、藤堂に翌日夜の肉フェスに誘われ、その時に告白の返事をすることになり、別れたのです。

すると鍾子の元へ灯里の店の店員・高野恵梨香が近づいてきて「丈さんスペインに帰っちゃったのってあなたのせいなんですか?」と尋ね「丈さん脳の病気で手術のためにスペインへ行ったじゃないですか。」と話すのです。

そのことに全く覚えのない鍾子は、灯里の店を訪ね、灯里に話を聞くのです。

灯里は「2カ月前、丈は脳腫瘍の手術で、スペインに帰ったの。」と言い「あの…、手術は?」と尋ねる鍾子に灯里は「大丈夫、無事成功したから安心して。」と伝えるのです。

「あたし、本当になにも知らなくて。」と話す鍾子に灯里は「鍾子ちゃんには絶対に言わないでくれって、丈に頼まれていたから。」と伝えるのです。

鍾子が「どうして?」と尋ねると、灯里は「もう言っていいよなー。」と呟き「丈が病気のことを知った時、既に深刻な状況だったらしいの。手術を受けるには相当のリスクがあって、命の危険があるとも言われたって。で、丈は手術を諦めて、最後にやりたいことをやろうって決めて、日本に来たの。」と話すのです。

「それで、生まれ故郷の博多に。」と鍾子が訪ねると、灯里はうなずいて「そこであなたと出会って、あなたが人妻だと思って、丈は最後の恋をしようと思ったみたい。」と話すのです。

「最後の恋、どうして人妻と?」と尋ねる鍾子に灯里は「丈は思ったのよ。不倫だったら自分が死んでも、彼女が一人ぼっちになることはないって。最初は旅行の間だけのつもりだったんだって。でも、いつの間にか丈はあなたのこと本当に好きになっちゃった。だからあなたが本当は独身だって知ってすごく悩んでた。それで丈は、鍾子ちゃんを一人ぼっちにしないために、鍾子ちゃんとずっと一緒にいたいから手術を受ける決意をしたの。」と伝えるのです。

その言葉を聞いた鍾子は「そんな・・・、だったら、どうしてそのこと私に言ってくれなかったんだろ?彼、急に冷たくなって、私の前からいなくなっちゃったんです。」と答えるのです。

すると灯里は「あなたのためよ。もし手術が上手くいかなくて命を落としてしまったら、あなたをもっと悲しませてしまう、だから黙って行ったのよ。バカでしょ、あの子」と告げるのでした。

家に帰った鍾子は「あー、バカだ私、なんにも知らなかった・・・。丈が目の前で倒れたことがあったのに、重い病気だったなんて気づかなかった・・・。きっと私に心配かけないように元気にふるまってくれてたんだ。」と心の中で呟き「じゃあ、この指輪は、あの言葉は・・・、本物だったの?」「丈に会いたい」と思うのでした。

翌日派遣先の会社で鍾子は藤堂に「藤堂さん、私やっぱり行けません。私、忘れられない人がいます。」と藤堂の申し出を断ったのです。

その時灯里から「今日、丈がスペインから帰ってくるって。鍾子ちゃん、夜うちの店に来ない?」とメッセージが入るのです。

そのメッセージを見た鍾子はいきなり泣き出し、藤堂に「彼が、今日スペインから、帰ってくるって。」と話すのです。

そして藤堂に「会いたい。でも会ってなんて言ったらいいか。」と話すと藤堂は、「鍾子さん、絶対笑ってた方がいいです。なにも言わなくていいんですよ。鍾子さんが笑顔で会いに行けば、きっと大丈夫。頑張って。」と鍾子を励ますのでした。

その後丈を見かけた気がした鍾子が灯里の店を尋ねると、そこには丈がいたのです。

鍾子は丈に「丈。よかった、元気そうで。」と言い「急に来たりして、ビックリしたよね。お姉さんから、手術のこと聞いて心配で、そしたらさっき、丈のこと見かけた気がして、つい・・・。」と話すのです。

すると丈は鍾子に「誰ですか?あなた誰ですか?」と尋ねるのです。

鍾子は「丈、私だよ、鍾子だよ。」と話すのですが、丈は「すいません、僕、頭の手術受けて、色々と覚えていないことが多いみたいで。日本に来ていたことは覚えてるんですけど、そのあたりの詳しいことはちょっと。」と告げるのです。

そして鍾子が「私のこと、忘れちゃった?」と尋ねると、丈は「ごめんなさい。」と謝るのでした。

その後灯里が店へ帰ってきて、丈との再会を喜ぶのですが、自分のことを丈が忘れてしまっているショックで、鍾子は帰ってしまうのでした。

一方家に帰ってきた葉子は、賢治に離婚届を突き付け「離婚してください、お願いします。」と話すと、賢治は「認めないよ、離婚なんて絶対に認めない。僕は君をこんなに愛してるのに、葉子。」話すと、葉子は「賢治、それは本当に愛?」と尋ねるのでした。

その頃鍾子は部屋で「丈の目、2カ月前とは違う目、他人を見る目だった。嘘から始まった恋が嘘みたいに消えてなくなった。でも、丈、元気そうだった。手術が成功して、丈が助かったのなら、私との記憶なんて消えたっていい。」と思いながら、涙を流すのでした。

そんな鍾子の部屋を葉子が訪ねてきて、「鍾子、今夜泊めてくれない」と言い、鍾子の様子を見て「鍾子も、なんかあったみたいね。」と話すのです。

その後2人でおにぎりを食べながら、葉子は「彼の記憶がないんなら、もう一度、初めからやり直してみたらいいじゃない。今度は、嘘つかずにさ。」と言い「無理だよ、だって丈は私のこと。」と話す鍾子に「彼がどうかじゃないんだよ、鍾子がどうしたいかでしょう。」と伝えるのです。

そして葉子は「私も賢治と離婚する。認めてくれるまでちゃんと話す。」と言い「嘘ついたままお婆ちゃんになるなんて、イヤだって思ったの・・・。一度きりの人生だもん・・・。鍾子、幸せになろう。」と伝えるのでした。

その頃、自分の部屋の写真を一枚ずつはがしていた丈の元に灯里が訪ねてきて、丈に「ねえ、本当に覚えてないの鍾子ちゃんのこと?」と尋ね、「覚えてないよ。」と話す丈に「嘘、あんた嘘ついてるでしょう。」と灯里は告げるのでした。

前回、丈にこっぴどい振られ方をした鍾子の前に、新たな藤堂という男性が登場しましたが、この藤堂、ワイナリーの御曹司でイケメンで、しかも結局鍾子が丈のことを忘れられないと伝えたのにも関わらず、鍾子を励ますなど、思った以上に良い人でした。

せっかくなので藤堂にも幸せになってもらいたいものです。まさ子はダメなのかなぁー?結構性格良さそうなんですけどね。

今回灯里が、丈が冷たくなったワケを鍾子に話しちゃったので、ただでさえ丈のことを忘れられないでいる鍾子の心に再び火が点いちゃいました。

とは言っても、見ているこちら側としては、前回丈が鍾子に嘘ついてまで別れたことにも納得してないんですが・・・

と言うか、鍾子にしたら、本当のことを言ってもらった方が、なにかあった時も納得できたでしょうし、丈の嘘によって、かえってこれまでの整合性が取れず悩みぬいたんだろうなと思うと可哀想でした。

そんな丈が、手術に成功して日本に帰ってきたかと思ったら、鍾子のことを覚えていないという驚きの展開になっていました。

それでも、姉の葉子が言っていた「彼がどうかじゃないんだよ、鍾子がどうしたいかでしょう。」って言うのはいいセリフでしたね。その言葉を糧に、鍾子はもう一度丈と向かい合って欲しいと思いますね。

一方、姉の葉子はいろいろなことを諦め、以前のような仮面夫婦に戻ることを選択したかのように思えましたが、偶然風太と再会してしまいました。

この時の風太の葉子に対する対応や言葉は物凄く心に響きました。

嘘をついて詫びる葉子に対し「みんなついてるよ、嘘なんて。」とか、「大好きだよ、葉子さん。できるなら、ずっと一緒にいたいと思ってる。本当だよ。でも、僕のせいで葉子さんが嘘ついて苦しいなら、僕は会えなくても大丈夫だよ。」とか、「どうせ下まで落っこっちゃうんだったら、自分から飛び降りちゃえば。僕が下で受け止めてあげるから。僕、お金ないけど、いっぱいバイトするし、試合でももっと勝てるように頑張るから。」などと言われたら、葉子も自分の気持ちに素直にならざるを得ないですよね。

そんなことがあり、葉子は結局賢治に離婚届を突きつけてしまいましたが、この夫婦は次週どう決着がつくのか非常に気になります。

さてさて、再び丈と嘘抜きで向き合うことを決心した鍾子ですが、どうやら丈が鍾子のことを覚えていないと言うのも嘘だという疑惑が出てきました。

もし丈が鍾子を覚えていないというのが嘘だとしたら、おそらく再発する可能性があるとかなんとか、また鍾子のことを考えてとか言う理由なんでしょうが、どんな理由があるとしても、鍾子にもどうするのかを選ばせて欲しいですね。

と言うか、鍾子に嘘をついて逃げ回っている丈の方が、全然真摯に鍾子と向き合っていないですよね。

いずれにしろ、次週が最終回ということなので、登場人物全員にとって良い結末になって欲しいものです。

脳腫瘍の手術を受けて日本に戻ってきた丈(宮沢氷魚)が、後遺症で自分を忘れてしまったことに傷つく鐘子(杏)。だが、今度こそ嘘のない関係を築き直すチャンスだと前向きに考える。藤堂(桐山漣)から再び告白されるが、鐘子の意思は固く……。

丈に会うために灯里(MEGUMI)の店を訪れた鐘子は、“人妻”だと嘘をついたまま丈に恋してしまったこれまでのこと、そして“本当の自分”がどんな人間なのかを丈に一生懸命話す。

一方、賢治(谷原章介)に離婚を切り出し、家庭内別居のようになっていた葉子(仲間由紀恵)の元に、賢治から「八神風太と決着をつける」とメールが来る。なんと賢治は、プロボクサーである風太(瀬戸利樹)に“勝負”を挑もうとしていた。葉子は、自分が賢治を追いつめてしまったのではないかと胸を痛め、二人を止めようとするが……。

そしてある日、記憶障害を抱える丈が、突然、一之瀬(眞島秀和)の前に姿を現す……!

引用:https://www.ntv.co.jp/gisouhurin/story/

『偽装不倫』の見逃し配信はHuluで

※配信話数、配信状況等はサイトにてご確認ください。

スポンサーリンク