ドラマ『同期のサクラ』あらすじ・キャスト、サクラの10年間を描く

日テレ2019年10月期に、あの人気ドラマ「過保護のカホコ」制作チームが帰ってきて、主演を演じた高畑充希さんと脚本家の遊川和彦さんが再びタッグを組むことになりました。

そんな日テレ10月期ドラマ「同期のサクラ」のあらすじ、登場人物・キャストなどを紹介していきます。

2009年春、生まれ育った離島に橋を架けたい!という夢だけを持って、東京の最大手ゼネコン「花山建設」に就職を決め、精鋭たちが集う大企業の入社式の中に、明らかに一人だけ異彩を放つ田舎者丸出しの北野サクラがいたのです。

そしてその入社式でサクラは、「私の夢は、故郷と本土を結ぶ橋を架けること」と社長に宣言するのでした。

サクラは、同期全員が何か強い想いを抱いて仕事をするものだと思い込んでいたのですが、実は全くみんな違っていて驚き戸惑うのです。

そんな中、サクラは配属に影響する大事な新人研修で、社長の理不尽な言動に、サクラの忖度できない性格が思わぬ事態を引き起こすのでした。

それでも夢に向かってわき目も振らすに突き進むサクラに、最初は関わり合いになりたくないと冷めていた同期たちも、次第に巻き込まれていくのでした。

この物語は、どんな逆境にも自分を貫き続けるサクラと、その同期たちの10年間の記録です。

※物語が追加され次第更新します。

北野サクラ/高畑充希


引用:https://www.ntv.co.jp/sakura2019/

生まれ育った離島に本土との橋を架けたいという夢だけを持って東京の最大手ゼネコン「花村建設」に入社しました。

忖度できない性格でどんな逆境でも自分を貫き通し、変わることの方が簡単な環境の中でも、10年間変わらない人間です。

月村百合/橋本愛


引用:https://www.ntv.co.jp/sakura2019/

花村建設でサクラと同期入社で、入社後配属までの研修期間にサクラと同じグループとなった5人のうちの1人です。

決して忖度をせず、夢にひたむきなサクラとは対照的で、クールで場の空気を読めるが、常に自分の居場所を探しているイマドキの若者です。

サクラの生き様を10年間、一番近いところで目撃し続ける同期となります。

木島葵/新田真剣佑


引用:https://www.ntv.co.jp/sakura2019/

花村建設でサクラと同期入社で、入社後配属までの研修期間にサクラと同じグループとなった5人のうちの1人です。

国交省幹部の厳しい父親とエリート官僚の兄と同じ東大を目指していましたが、不合格となってしまいました。

その後アメリカの大学留学を経て花村建設に入社します。兄へのコンプレックスから、花村建設の社長を目指し、上司とも部下とも上手くやっていく器用さを持っています。

清水菊夫/竜星涼


引用:https://www.ntv.co.jp/sakura2019/

花村建設でサクラと同期入社です。入社後配属までの研修期間にサクラと同じグループとなった5人のうちの1人です。

熊本出身で大学では応援部所属というアツい男ですが、応援部の先輩に勧められるまま花村建設に入社したことで、サクラのような明確な夢や目標を持っていないことに引け目を感じています。

仲間や頑張っている人の力にはなりたいと思っています。

土井蓮太郎/岡山天音


引用:https://www.ntv.co.jp/sakura2019/

花村建設でサクラと同期入社です。入社後配属までの研修期間にサクラと同じグループとなった5人のうちの1人です。

何にでも地道にコツコツと取り組む努力家ですが、何事も悪い方へと考えてしまうネガティブ思考です。

最初は何事にも前向きで、夢を熱く語るサクラに懐疑的でしたが、仲間たちと共同作業をしているうちに、心を開いて行きます。

火野すみれ/相武紗季


引用:https://www.ntv.co.jp/sakura2019/

花村建設の人事部勤務で、3週間の新入社員研修を担当します。

サクラとは丁度10歳離れていて、働く母としても頑張っています。サクラの行動に振り回されますが、その真っ直ぐな行動に、かつての自分の姿を重ね合わせていきます。

黒川森雄/椎名桔平


引用:https://www.ntv.co.jp/sakura2019/

花村建設の人事部長で、新入社員全員を預かり、またそれぞれの配属先を決定する重要人物です。

サクラにとっては、10年間上司として深く関わって行きます。

脇田草真/草川拓弥(超特急)


引用:https://www.ntv.co.jp/sakura2019/

サクラが住むアパートの隣人で、アパートの壁が薄いため、言動がサクラに筒抜けとなっています。

10年間、隣人としてサクラと接し続けます。

中村小梅/大野いと


引用:https://www.ntv.co.jp/sakura2019/

サクラが住むアパートの隣人で、10年間、隣人としてサクラと接し続けます。

北野柊作/津嘉山正種

サクラの祖父です。早くに両親を亡くしたサクラを男手ひとつで育ててきました。

三田タミ/柳谷ユカ

サクラが上京した時に見つけた、食べたいものをリクエストすると、なんでも作ってくれ、サクラたちが集まる飲食店を一人で切り盛りしている老女です。

脚     本:遊川和彦

チーフプロデューサー:西憲彦

プロデューサー:大平太、田上リサ

演     出:明石広人、南雲聖一

制 作 協 力:AX-ON

制 作 著 作:日本テレビ

この『同期のサクラ』は、これまで「女王の教室」、「曲げられない女」、「家政婦のミタ」、「○○妻」や「過保護のカホコ」など、数多くの大ヒットドラマを手掛けてきました遊川和彦さんのオリジナル脚本で、2017年に放送され、人気を博したドラマ「過保護のカホコ」の制作チームが再集結し創り出される作品なので、非常に期待が持てます。

また主演の高畑充希さんも「過保護のカホコ」で民放連続ドラマ初主演を果たした後、2018年にテレビ東京の「忘却のサチコ」、そして2019年1月期にはTBSの「メゾン・ド・ポリス」で主演を務めるなど、今活躍する若手女優の中では高い演技力を持つ実力派です。

周りを固める俳優陣も橋本愛さんや相武紗季さん、椎名桔平さんを初めとし、演技派俳優が揃っていますので、きっと素晴らしい作品に仕上がることだと思います。

さらにこの作品は、2009年春の入社式から1話につき1年の時間が進む10年間の物語ということで、登場人物や街の風景、流行やファッションなど10年間の変化にも注目していきたいと思います。

サクラ自身は10年間全く変わらないようですが、変らないことによる周りとの軋轢や苦悩、また周りの人間がサクラと接することにより、どのように成長し変わっていくのか、そんな姿をどう描いて行くのかが非常に楽しみなドラマです。

初回放送は10月9日(水)よる10時スタートとのことなので、放送開始を楽しみに待ちたいと思います。

『同期のサクラ』見逃しはHuluで配信されると思われます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました