『4分間のマリーゴールド』1話、ネタバレ・感想、最後が視える救急救命士

死の運命は見えるものの、運命を変える力はない救急救命士花巻みことが主人公で、キリエさんが描くマンガ原作の『4分間のマリーゴールド』がいよいよスタートしました。

全話あらすじ・ネタバレはこちらからどうぞ

救急救命士として働く花巻みこと(福士蒼汰)には、手を合わせた人の「死の運命」が視えてしまう特殊な能力があった。最期の様子をビジョンで視てしまった患者に対し、みことはあらゆる手を尽くすのだが、一度視た運命はいつも必ず現実になってしまう。助けたいのに助けられないジレンマを抱えながら、それでも日々救急救命に全力を尽くしていた。

そんなみことは、父の再婚によって兄弟となった義姉・沙羅(菜々緒)、義兄・廉(桐谷健太)、義弟・藍(横浜流星)と、一つ屋根の下で仲良く暮らしている。
家族の前では普通に振る舞うみことだが、誰にも言えない思いを抱えていた。
義姉・沙羅を愛してしまったのだ。
血は繋がらないとはいえ、戸籍上姉である沙羅への気持ちを必死に抑えるみことだが、その想いは日々募るばかりだった。

ある日みことは、救急要請で向かった先で、自分の父の死因と同じ病状である心筋梗塞で倒れた男性の心肺蘇生を行う。
思わずみことが男性と手を合わせると、無情にも亡くなる前後のビジョンが視えてしまう。
運命を変えたい一心で、ビジョンと違う行動を試みるみこと。すると患者の意識が戻り、一命をとりとめたのだった。
初めて死の運命を変えることができたと、興奮するみこと。

しかし数週間後、救急要請で向かった先は、同じ患者のアパートで…

“生”と”死”に向き合うみことと、義姉・沙羅との禁断のラブストーリーが幕を開ける!

引用:https://www.tbs.co.jp/4mari/story/ep1.html

花巻みこと … 福士蒼汰
花巻沙羅 … 菜々緒
花巻廉 … 桐谷健太
花巻藍 … 横浜流星
花巻理津 … 麻生祐未
江上良平 … 三浦誠己
磯辺健太 … 西村元貴
上田祐樹 … 伊藤あさひ
阿部志乃 … 関水渚
遠藤琴 … 鈴木ゆうか
高木静香 … 西尾まり
原田治 … 橋本じゅん

登場人物についての詳細はこちらからどうぞ

救命救急士の花巻みことは、手を合わせた人物の最後の様子が見えるという不思議な力を持ち、そしてみことが見た運命はどれだけ手を尽くしても必ず現実になってしまうのでした。

ある朝、みことはペットのシロにゴハンをあげながら、血のつながらない姉・沙羅を見つめていました。

みことには、姉・沙羅のほかに血のつながらない兄の廉と弟・藍がいて、朝食前にじゃれながらみんなで藍がつくった朝ごはんを食べるのでした。

そんなみことには、みんなに隠しているある想いがありました。それは義理の姉・沙羅を愛しているということでした。

その日の朝出勤したみことは、後輩の上田祐樹に、先日運ばれ死の運命を視た心停止の男性の容態を聞くのですが、みことが視た運命通り亡くなっていました。

その時救急の知らせが入り、救急車を走らせ到着したみことら救急隊は、傷病者の容態を確認したところ、既に心肺は停止していました。

応急処置をし、救急車に運ぶ際に手を合わせ死の運命を見たみことはその傷病者が亡くなるイメージを視たのです。

そのままだと亡くなってしまうと感じたみことは、本来の運命に逆らうことで命を救おうと、救急車で行う予定のアドレナリン投与をその場で行ってから、救急車に運ぶのです。

そのことにより車内で必死に処置をしている時、患者が蘇生し初めて運命を変えることに成功したのです。

勤務を終えたみことは、4人でみことの実の父の墓参りに行き、父のお墓の前で「父さんの再婚には感謝だな、父さんが再婚しなきゃ、こんな風に話せる兄弟もいなかったわけだし。」と話すのです。

その後「いちいちしんみりするな。」と言いながら長男だということで廉が最初にお参りをするのでした。

みことはお参りをしながら、沙羅に昨日心筋梗塞で倒れた患者の話をし、息子さんが有効な心臓マッサージをしたと沙羅に話すのです。

そして父も同じ症状だったのに、当時のみことはなにもできなかったと悔やむのでした。

「生きていてほしかった」と呟くみことに沙羅は「みことは偉いね。そうやっていつも、誰かのために苦しんでる。いつも誰かのためになろうとして。私、みことのそういうところ尊敬してる。」告げるのです。

みことは沙羅に「誰かのために苦しむのは、おれが弱いからだ。だけど、それでも誰かのためになろうとするのは、姉さんのおかげ。」と伝えるのです。

子供の頃父の死に責任を感じていたみことの隣に座った沙羅は「みことのせいじゃない。助けられなかったなんて思っちゃだめ。それでも悲しいなら、これからいろんな人、いっぱい助けたらいい。大丈夫。」と言い抱きしめてくれたのでした。

「姉さんがいたから、俺は救命士になった。」とみことは沙羅に話し、救命士になってよかった、ありがとうと告げるのでした。

そんなある日、みことが仕事をしていると前回蘇生した人と同じ家から連絡が入り、急いで向かうのです。

買い物帰りに倒れたという、かつて救ったその男性に、前回と同じように現場でアドレナリンを投与し、運命を変えようとするみことを上司が叱責し、そのまま救急車に乗せ搬送中ににアドレナリン投与をそたのです。

結局その男性は、以前みことが視た通りに運命が進み、亡くなってしまいました。

みことは、その男性の運命を変えることができなかったのです。

その日の夕方、傷病者を救うことができず落ち込んでいたみことは、一人になりたい時にいつも来ていた灯台に来ていました。

みことが家に帰っていないことに気づいた沙羅は灯台でみことを見つけ、「ここだと思った。」とみことの隣に座るのです。

子供の頃から、みことは落ち込むと灯台のそばで独り座っていたのです。その時必ず沙羅が見つけて慰めてくれていました。そして今回も慰めてくれたのです。

帰り際沙羅はみことに「明日までは復活しておいてよ、何の日か忘れてない?」と話すと、みことは「まさか」と話すのでした。

その翌日藍が沙羅のバースデーケーキを作っていると沙羅は嬉しそうにその姿を眺めていました。

その頃みことは、花屋さんでマリーゴールドの花束を、沙羅の誕生日プレゼントに買っていました。

家に帰ったみことが、沙羅にマリーゴールドの花束をプレゼントとして渡すと、廉と藍は毎年同じものをと呆れるが、沙羅は「いいの!今年も楽しみにしてたよ。」と告げるのです。

そして藍が作ったケーキを前に、兄弟たちは楽しいひと時を過ごすのでした。

縁側に座っていたみことは、子供の頃沙羅と手を合わせたことを思い出し、「あの頃はまだ分からなかった。俺の視たのが誰で、何を意味していたのか。」と心の中で呟くのです。

大人になった今、再び沙羅と手を合わせたみことは、1年後28歳の誕生日に、姉・沙羅が亡くなるイメージを視るのです。

そしてみことは「もし、それが運命だとしても、俺は諦めない。愛するこの人を死なせる訳にはいかない。」と強く思うのでした。

1話だからということもあるのかも知れませんが、全体的に淡々と物語が進んで行き、最後の最後に沙羅が1年後の誕生日に亡くなるということを表現しただけに思えました。

映像自体は透明感があり、血は繋がらなくともみことと兄弟たちは仲が良いというところは良く描けていたと感じますが、みことに運命を変える力がないということを強く表現しようとしすぎて、全体的にストーリーが暗くなっちゃっている気がします。

原作の1話の進行を、各話のエピソードを詰め込んでそのまま引き延ばしているから、なんとなく見終えちゃった感じがしてしまいました。

ただ思っていた以上に菜々緒さんが沙羅になっていたのは驚きました。

2話も色々な話が詰め込まれていますが、登場人物や能力の紹介が終わったので、中身がもっと厚くなってきて、もっと面白くなってくるだろうと思います。

1年後の誕生日に最愛の義姉・沙羅(菜々緒)が死ぬ運命にある―――。
みこと(福士蒼汰)は、沙羅と初めて会った日に視えた“死の運命”が今も変わっていないことに動揺するが、絶対に沙羅の運命を変えると心に誓う。

沙羅のことを過剰に心配し始めたみことの異変に気づいたのは藍(横浜流星)だった。藍は、みことの様子に違和感を覚える。

そんな藍にも、実は1人で抱えている秘密があった…。
なぜ料理を作り始めたのか、その理由や家族への思いを知ったみことは、藍に“死の運命”が視える特殊能力があることを告白する。

ある日、みことは救急出動した先で、藍が料理の師匠と慕う老婦人・和江(松金よね子)と出会う。和江は、過去に息子を亡くした寂しさからむやみに救急車を呼び困らせていた。
しかし数日後、和江が本当に病で倒れてしまう。和江の救命に駆けつけたみことは、和江の手に触れた際、彼女の“死の運命”を視てしまい…

引用:https://www.tbs.co.jp/4mari/story/

『4分間のマリーゴールド』の見逃し配信はParaviでどうぞ。

配信内容、話数などの詳細はサイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました