『4分間のマリーゴールド』2話ネタバレ・感想、藍の料理の師匠が亡くなる

手を合わせた人の死の運命が見えてしまうみことが視た、1年後の誕生日に亡くなってしまう大切な姉、沙羅の運命。

みことの愛は、その運命を変えることができるのか?

全話あらすじ・ネタバレはこちらからどうぞ

スポンサーリンク

1年後の誕生日に最愛の義姉・沙羅(菜々緒)が死ぬ運命にある―――。
みこと(福士蒼汰)は、沙羅と初めて会った日に視えた“死の運命”が今も変わっていないことに動揺するが、絶対に沙羅の運命を変えると心に誓う。

沙羅のことを過剰に心配し始めたみことの異変に気づいたのは藍(横浜流星)だった。藍は、みことの様子に違和感を覚える。

そんな藍にも、実は1人で抱えている秘密があった…。
なぜ料理を作り始めたのか、その理由や家族への思いを知ったみことは、藍に“死の運命”が視える特殊能力があることを告白する。

ある日、みことは救急出動した先で、藍が料理の師匠と慕う老婦人・和江(松金よね子)と出会う。和江は、過去に息子を亡くした寂しさからむやみに救急車を呼び困らせていた。
しかし数日後、和江が本当に病で倒れてしまう。和江の救命に駆けつけたみことは、和江の手に触れた際、彼女の“死の運命”を視てしまい…

引用:https://www.tbs.co.jp/4mari/story/ep2.html

花巻みこと … 福士蒼汰
花巻沙羅 … 菜々緒
花巻廉 … 桐谷健太
花巻藍 … 横浜流星
花巻理津 … 麻生祐未
江上良平 … 三浦誠己
磯辺健太 … 西村元貴
上田祐樹 … 伊藤あさひ
阿部志乃 … 関水渚
遠藤琴 … 鈴木ゆうか
高木静香 … 西尾まり
原田治 … 橋本じゅん

登場人物についての詳細はこちらからどうぞ

第2話ゲスト

日村和江/松金よね子

救急車を呼んでは救命救急隊員たちに食べな食べなと言いながら、自分の手料理を振舞おうとします。末弟の藍とは知り合いで、藍の料理の師匠です。

ある日の朝、沙羅は家で子供たちの絵画教室を開いていました。その光景を見ながらみことは「こんな穏やかな日々がずっと続けばいいのに。」と思うのです。

そして「運命はそれを許してくれない。でもそんな運命、俺が変えてみせる。」と心に誓うのでした。

その日、スーパーからの通報で呼び出され、救急車で出動したみことたちが現場に到着すると、一人のおばあちゃんが足が痛いと訴えていました。

何度も救急車を呼んでいるそのおばあちゃん・日村和江は、救急隊に「あんたたち、お昼まだでしょう?」と告げ、自分の手作り料理を進めるのです。

隊長の江上良平が病院に連絡を取り、和江おばあちゃんに「診てくれるそうですが、乗りますか?」と尋ねると、和江おばあちゃんは「これから夕飯の支度があるから、乗れないわ。」と答えるのでした。

その夜みことは、沙羅に人間ドッグを受けるように強く勧めるのです。その様子を見ていた藍は、みことに違和感を覚えるのでした。

翌日、藍の買い出しに付き合ってスーパーへ行くと、先日救急車を呼んだ和江おばあちゃんがいたのです。そして藍の料理の味は、その和江おばあちゃん直伝だったのです。

家に帰った藍が料理を作っていると、藍はみことに「みこ兄最近変じゃん、何かあるなら話してよ。」と告げるのです。

その日の夜、みことが署にいると救急の知らせが入ったのです。あわてて救急車で駆けつけると和江おばあちゃんの家でした。

みことは和江おばあちゃんに「むやみに通報されるのは困るんです。こうして寄り道をしてる内に助からない命が出てくるかもしれない。」と告げると、和江おばあちゃんは自分の亡くなった息子が「どうすれば、生きていてくれたのかしらねえ。」と言い「ごめんなさいね迷惑掛けちゃって。」と告げるのです。

みことは和江おばあちゃんに「また今度味見させてください、俺も藍も楽しみにしてるんで。」と告げ戻って行くのでした。

そんなある日、藍が和江おばあちゃんのアパートを訪ねると、和江おばあちゃんは調子が悪そうでした。そんな和江おばあちゃんを藍は心配するのです。

しかし和江おばあちゃんは大丈夫だと話し、煮物を出してくれたので藍が食べてみると、しょっぱかったのです。藍は「味見した?」と聞いてみると味が分からないと話すのです。

身体が痺れると話しそのまま静かに横になり動かなくなった和江おばあちゃんを心配し、藍は救急車を呼んだのでした。

救急車の中で和江おばあちゃんに手を合わせたみことは、彼女の死の運命が見え、急性硬膜外血腫であることが分かったのです。

そのため、みことはもっと設備の整った病院へ搬送しようと訴えましたが、江上は「医者でもない君の所見は必要ない。」と告げ、かかりつけの病院へと搬送したのです。

病院に到着するとみことは医師に「急性硬膜外血腫です。」と訴えるのですが、江上にやめろと止められてしまったのでした。

その後の検査の結果、和江おばあちゃんに急性硬膜外血腫の疑いがあるため、もっと設備の整った病院へ移送され、緊急手術を受けることになったのです。

仕事を終えたみことは、大急ぎで和江おばあちゃんが転院した病院へと向かい、藍に様子を訪ねるのです。

「和江ちゃん、助かるかな?」と心配する藍に、みことは「大切な、料理の先生だもんね。」と告げるのです。

すると藍は「それに、恩人なんだよ。」と言い「本当は俺さ、虐められてたんだ。高校入ってすぐ、周りになじめなくってさ。」と話すのです。

「何かされたの、殴られたりとか?」とみことが訪ねると、藍は「まあ、ちょくちょく。」と答えるのです。

続けて「さすがに、すぐ帰る気になれなくってさ、放課後毎日公園で時間つぶして、その時」と告げ、和江おばあちゃんが料理を食べさせてくれたと言うのです。

藍はそこからちょくちょく会うようになったと言い、自分のしんどさに気付き、やがて料理を教わり、兄弟みんなに美味しいと食べてもらうことに喜びを見出したと告げるのでした。

必死に和江おばあちゃんの回復を願う藍でしたが、結局みことが視た通り和江おばあちゃんは亡くなってしまったのでした。

数日後葬儀帰りに、藍はみことに、救急車の中で医者でもちゃんと検査しないと分からなかった硬膜外血腫だと見抜いたのはなぜなのかと問い詰めるのです。

藍の問いに対し、誤魔化しきれなくなったみことは、自分が手を合わせた人の最後が視える力があると藍に真実を告げるのです。

そして藍にみことは「一度視た運命は変わらないんだ、必ずその通りになる。」と告げるのでした。

藍は手を出し「俺のも見れる?」と尋ねるのですが、みことは「無理、近い人間のは見ないことにしてるから。」と告げ、兄弟誰の運命は視ていないと嘘をつくのです。

その日の夜、藍は和江おばあちゃん直伝のサバの味噌煮を作ったのです。そのサバの味噌煮をみんなで「美味しい」と言いながら食べている時、沙羅は「和江ちゃんはいなくなっても、サバ味噌は残ったね。」と話すのです。

みことは「確かに藍には日村さんの想いと、サバ味噌が残った。でも、今姉さんを亡くしたら俺には後悔しか残らないんだ。」と思うのでした。

そして「沙羅を死なせたくない、俺は運命を変えなきゃいけないんだ。」と強く思うのでした。

残念ながら今回もみことが視た通りに、和江おばあちゃんは亡くなってしまいました。

藍が虐められていたこと、そんな藍を救ったのが和江おばあちゃんの料理だったこと、藍の拠り所が和江おばあちゃんに教わった料理だということを想うと、和江おばあちゃんが亡くなってしまったのは本当に残念です。

第2話となり、人物紹介が終わったためだと思いますが、前回よりもストーリーがしっかりしていて、感動的に描かれていました。

まだ2話ですが、原作では亡くならない人も亡くなっているところから、シチュエーションや登場人物は原作に沿っているものの、ストーリーはオリジナルなんでしょうね。

これまでのところ、視聴者を泣かしにきていますから、ラストも変わってくる可能性もあるかも知れません。

3話以降では、原作とは別物として楽しんでいきたいと思います。

みこと(福士蒼汰)は緊急出動した事故現場で廉(桐谷健太)の親友であり、幼なじみの青葉広洋(佐藤隆太)と再会する。フリーカメラマンとして海外で活躍する広洋は、次の仕事で日本を発つまで花巻家で暮らすことになる。

藍(横浜流星)の手料理で皆が食卓を囲む中、広洋は、絵を描くために様々な世界を見てみたいと言う沙羅(菜々緒)に、自分のアシスタントとして一緒に海外を旅しないかと誘う。
沙羅も乗り気になり、みことは複雑な感情を抱く。みことは沙羅の夢を応援したい反面、沙羅との残された時間を考え苦悩する。

そんな中、みことは救急で向かった工事現場で不意にケガを負ってしまう。
それを聞いて心配で駆けつけた沙羅に対して、みことは敢えて平静を装い、海外行きの背中を押してしまう…。

ある雨の日、車で駅まで沙羅を迎えに行ったみこと。
やはり海外には行って欲しくないと思い切って伝えようとしたみことに、沙羅は突然秘めていた思いを告白し…!?

引用:https://www.tbs.co.jp/4mari/story/

『4分間のマリーゴールド』の見逃し配信はParaviでどうぞ。

配信内容、話数などの詳細はサイトにてご確認ください。