『4分間のマリーゴールド』5話ネタバレ感想。兄弟が沙羅の死の運命を知る

前回みことは廉に、沙羅の命はやがて訪れる次の誕生日までだと言うことを打ち明けたものの、突然そんなことを言われた廉としては信じることはできません。

しかしみことは、本来であれば外れて欲しいであろう証明をしてしまうため、信じざるを得なくなってしまいます。沙羅の運命を知った廉の取った行動は?。

全話あらすじ・ネタバレはこちらからどうぞ

廉(桐谷健太)に沙羅(菜々緒)が28歳の誕生日に死ぬ運命にあることを打ち明けたみこと(福士蒼汰)。全く信じない廉だったが、藍(横浜流星)が最近のみことの様子が変だと口にしていたことから、ひっかかりを感じる。

そんな中、廉の職場の先輩である原田治(橋本じゅん)の妻・理沙(七瀬なつみ)が倒れ、みことたち救急隊が出動する。搬送中に彼女と手を合わせたみことは、膵臓がんで死亡するというビジョンを視てしまう。みことは死の運命を変えたい一心で、廉にもその事実を話すが相手にしてもらえない。

しかし数日後、理沙は亡くなり、みことが言った通りの光景を廉は目の当たりにして愕然とする。沙羅の死の運命が本当だと悟った廉は、みことの目の前で泣き崩れてしまう。
そして、沙羅の幸せのためにみこととの関係を認める。

みことは、沙羅の運命を変えるために、これまで一人で抱えていた“死の運命”が視える能力のことや、沙羅の”最期の瞬間”を廉と藍に詳しく話し…。

引用:https://www.tbs.co.jp/4mari/story/ep5.html

花巻みこと … 福士蒼汰
花巻沙羅 … 菜々緒
花巻廉 … 桐谷健太
花巻藍 … 横浜流星
花巻理津 … 麻生祐未
江上良平 … 三浦誠己
磯辺健太 … 西村元貴
上田祐樹 … 伊藤あさひ
阿部志乃 … 関水渚
遠藤琴 … 鈴木ゆうか
高木静香 … 西尾まり
原田治 … 橋本じゅん

登場人物についての詳細はこちらからどうぞ

第5話ゲスト

原田理沙/七瀬なつみ

廉の同僚・原田治の妻で、突然倒れたためみことたち救命士がかけつけ、病院に搬送します。その時みことが視た運命は、膵臓癌で死亡する姿でした。

青葉広洋/佐藤隆太/h4>
みことの兄・廉の親友で幼馴染でもあり、フリーカメラマンとして海外を飛び回っていました。母・理津の弟子でもあり、みことも大好きな人物です。今回ベトナムへ旅立って行きました。

みことは廉に沙羅が次の誕生日に亡くなってしまうことを打ち明けるものの、廉は信るワケもなく、家に帰りました。

家に帰った廉は、藍に「もうすぐ沙羅た死ぬとかなんとか、完全におかしいだろう。」と話し、部屋へ戻っていきます。

藍は以前、みことが「視えるんだ、人の最後の時が分かる。」と行っていたことを思い出すのでした。

家に帰ってきたみことが車の中にいると、沙羅がやってきたため、みことは廉兄に話したけどダメだったと伝えます。

沙羅は、「元に戻る?」と話すものの、みことは諦めないと伝えるのです。

みことが家に入ると、藍が「廉兄から聞いたんだけど、姉ちゃんが死ぬとか・・・」と尋ねてきます。

すぐ沙羅がやってくるため、みことは藍の言葉を遮り「あとでもいい?」と告げ、部屋へ戻って行くのでした。

翌朝みことが仕事へ出ると、救急の通報が入ったため、通報のあった家へ大急ぎで向かいます。

到着すると奥さんが倒れ、旦那さんがオロオロしていました。そしてそこの家の旦那さんは、廉と一緒に働いている原田治だったのです。

「大丈夫だよな?」と尋ねる原田に、みことは「全力でかかります。」と告げるものの、みことは原田の奥さんに手を合わせ、彼女の最後の運命を視るのです。

しかしみことが視た運命は、彼女が膵臓癌により亡くなり原田が彼女にすがって泣く姿だったのでした。

病院に到着したみことにお礼を言う原田にみことは「まだ安心できません。奥さんのお身体、しっかり検査なさってください。特に・・・膵臓。」と伝えるのでした。

その翌日家に帰ったみことは廉に「昨日原田さんに会ったよ。奥さんを救急で運んだ。」と告げるのです。

そしてみことが視た、原田の奥さんの最後の姿を廉に伝えるものの、廉は全く信じてくれずに出て行ってしまいました。

仕事場に到着した廉に原田は「癌だって、膵臓癌。弟君の忠告通りに検査したら、ドンピシャだった。それも末期だと。もう手の施しようがねーって。」と告げるのでした。

家ではみことが藍に話をしようとするのですが、藍は「それ、やっぱちょっと待って。まだ何か怖い。」と話すのでした。

一方原田は仕事終わりに、病院へ行くけど奥さんの顔をみたら泣いちゃいそうなので、廉について来て欲しいと言い、2人で病院へ行くのです。

家に帰った廉はみことに「変なこと聞くぞ。」と言い「原田さんの奥さん、どうなる?」と尋ねるのです。

みことは「このままだと亡くなると思う。視えるんだよ本当に、最後の時。原田さんはどうしてか、ハデなアロハシャツを着てて、なにもしてやれなかったって泣く。」と話し、助からないと告げるのでした。

その翌朝、ずっと花巻家に居候していた広洋はみんなの写真を撮ってから、再び旅に出たのでした。

その日廉が仕事をしていると、交代に原田とは別の人がやってきて、原田の奥さんが危ないと話していたため、廉はあわてて病院へ向かうのです。

病院に到着した廉が目にしたのは、いつもは絶対に着ないアロハシャツを着ようとしていた原田の姿で、その後みことが視た通りに運命が進んで行くのでした。

廉はその後自転車を飛ばし、みことの職場を訪ね「本当か?本当に沙羅も死ぬのか?」と尋ねるのです。

みことが「本当だよ。」と答えると、廉は突然みことに縋り付き泣き出すのでした。

その後「俺はもう、お前らのことに口出さない、好きにしろ。だから、最後まで沙羅の傍にいてやってくれ。」と廉が告げると、みことは「廉兄、俺は姉さんを助けるつもりでいるから。」と伝えるのです。

廉は「分かってるよ、当たり前だろ。でも現状厳しいんだろ?だからあの日俺に話したんだよな。」と言い「お前らが納得いくように、後悔しないようにしろ。俺はいくらでも力になるから。」と告げるのでした。

その後原田の家にお線香を上げに行った廉とみことに、原田は奥さんに病気を隠していたことを後悔していました。そして「嘘をついたままの別れなんて、アイツ本当は寂しかったんじゃねーかなー、悪いことしたなーってこう、なんだかクヨクヨするんだよなー。」と話します。

するとみことは「分かります。誰だって、大切な人が死ぬって分かったら、ワケわかんなくなります。 あとはもう、できることをするしか・・・、その人のためになると信じて。」と伝えるのでした。

その日家に帰った藍をみことは部屋に呼び出します。そこには廉もいて話をしようとするのですが、藍は「やっぱいいやもうその話。」と言い、部屋を出ようとするのです。

廉が「知ってたんだろみことの力。」と話すと、藍は「何かの間違いかも知れないじゃん。だって姉ちゃんまだ27だよ、そんな若くで死ぬとか変じゃん。みこ兄嘘ついてんじゃないの?」と訴えるのでした。

廉は「嘘だとかはやめろ、そんなひでえ嘘つくヤツだと思うか?みことはずっと一人で悩んで抱え込んできたんだろう。それをお前、嘘だって突っぱねたらこいつどうなる。また一人にしちまうだろう。どうしてもキツいなら自分でだけそう思っとけ、な。」と諭すのでした。

そして3人の兄弟は、沙羅の最後の様子についてみことに尋ね、なにか助けるいい方法がないか模索するのです。

その時みことが突然「聞こえた?姉さん。」と話し、押し入れに目を向けるのです。押し入れを開けるとそこには真っ青な顔の沙羅がいて「私、死ぬの?」と尋ねるのでした。

沙羅に話を聞かせたことで廉は激高し「お前、沙羅のことちゃんと考えたのかよ。」とみことを責めると、沙羅は「ううん、今のでちゃんと分かった。私がこれからどうなるのかも、藍が不安で、お兄ちゃんが心配してくれてるのも。みんなが私のことを想ってくれているのも、ちゃんと全部。ごめん。どうしたらいいか分からない。」と告げ、部屋を出て行くのでした。

落ち込む廉と藍にみことは明るく振舞い、2人に「俺が参ってたんじゃ、姉さんは助からないから。死なせないために、2人には姉さんの運命を知ってもらった。姉さんにも伝えたのは、俺の覚悟。姉さんを死なせるつもりはない。」と伝えるのです。

その後沙羅の部屋へみことが行くと、沙羅はいませんでした。みことがいつもの灯台へ行くとそこに沙羅がいて、沙羅に「ごめん。あんな伝え方しかできなくて。」と謝ります。

沙羅は「みこと、怖かったよね。人の死が視えて。でもそれをずっと隠してなきゃいけないなんて。みこと、一人で怖かったよね。」と告げるのです。

そして「ずっと近くにいたのに、みことが苦しんでるのも知らなかった。姉なのに、恋人なのに。みことがそんな想いしてるなんて何一つ知らずに。ごめんね・・・」と伝えるのでした。

そんな沙羅をみことは抱きしめ「大丈夫。俺、ずっと考えてるんだ、どうすれば沙羅を死なせないで済むか。沙羅の運命も、ずっと視るのが怖かったけど今は違う。最後の日がいつなのかちゃんと分かるし、他にもなにか手掛かりがあるハズだ。この力は沙羅を助けるためにあると思ってる。沙羅を助けるために俺、救命士になった。俺、沙羅を死なせないよ。」と伝えるのです。

沙羅は「運命なんて、まだ信じられないけど、みことのことはずっと信じて来たから。みことが死ぬって言えば、それを信じるし。」と話すと、みことは沙羅を抱きしめ「絶対に助ける。」と話します。

その言葉を聞いた沙羅は「それなら、それを信じる。」とみことに伝えるのでした。

翌朝、みんなは気を取り直しいつも通りの朝を迎えます。

みことは心の中で「本当はまだみんな、不安の中にいる。それでも前を向こうと、頑張って笑うんだ。こうして取り戻したいつも通りの朝が、いつまでも続くように。」と思うのでした。

前回廉に沙羅の寿命を打ち明けたみことでしたが、やはり廉は信じてくれませんでした。

しかし、廉がみことに聞かされた通り、同僚の原田の奥さんが亡くなりその時の行動などが進んでいったことにより、信じたくなくても信じるしかなくなってしまいました。

今回沙羅への打ち明け方があんな風にみことが意図的に聞かせたと言うのはちょっとやりすぎな気はします。

絶対に教えるべきという想いは分かりますが、少なくとも廉や藍にも相談すべきだったと思いますし、結果として家族が全員あんな風に前向きになれるというのも出来すぎなイメージを受けました。

それでも、兄弟全員前を向いてこれからの沙羅の運命に立ち向かう覚悟ができたのは良かったのではないでしょうか?

次回から、いよいよみことと沙羅が結婚に向かうようで、これまで名前はありながら回想シーン以外で一度も登場していなかった麻生祐未さんが、ついに近々出演することになるのでしょうか?(次は無いとしても、その次あたり・・・)

次回はみことと沙羅が結婚に向かうものの、なにか一波乱ありそうです。いったい何が起こるのか?次回も目が離せません。

年明けて、みこと(福士蒼汰)が視た沙羅(菜々緒)の運命の日まで9カ月を切った。
みことと同様に廉(桐谷健太)と藍(横浜流星)も沙羅の運命を変えるために試行錯誤するが、何が起きるか分からないまま時間だけが過ぎていった。

ある朝、みことはいつものように沙羅と洗濯物を取り込んでいて、ふと沙羅に「結婚しよう」と言い出す。この何気ない日常の幸せに感極まって出た言葉だった。
みことからのプロポーズを喜んで受け入れる沙羅。しかし、2人の結婚を知った廉から「もし、沙羅の命を守れなかった時のことを考えているんじゃないか?」と言われ、みことは否定しつつも、動揺する。

一方、みことの後輩・上田(伊藤あさひ)は、救命の現場での重篤な事案が続いていたことから、心身ともに疲弊し、救急隊から内勤への異動を願い出るべきか考えていた。
ある日、非番の上田は男児が突然倒れる現場に遭遇する。そこに駆けつけたみことは、新人救命士だった頃に同じケースで救えなかった命があったことを思い出す。

そんな中、沙羅が、やっぱり結婚はやめようと言い出し…。

引用:https://www.tbs.co.jp/4mari/story/

『4分間のマリーゴールド』の見逃し配信はParaviでどうぞ。

配信内容、話数などの詳細はサイトにてご確認ください。