『4分間のマリーゴールド』6話ネタバレ感想、みことと沙羅が結婚?

前回みことは沙羅の運命を廉兄に信じてもらうことができましたが、それだけではなく沙羅にまで、自分の運命を伝えてしまいました。

沙羅にまで運命を伝えたのは、絶対に助けるというみことの決心の現れでしたが、兄弟みんなで沙羅の運命を変えていくことはできるのでしょうか?。

全話あらすじ・ネタバレはこちらからどうぞ

年明けて、みこと(福士蒼汰)が視た沙羅(菜々緒)の運命の日まで9カ月を切った。
みことと同様に廉(桐谷健太)と藍(横浜流星)も沙羅の運命を変えるために試行錯誤するが、何が起きるか分からないまま時間だけが過ぎていった。

ある朝、みことはいつものように沙羅と洗濯物を取り込んでいて、ふと沙羅に「結婚しよう」と言い出す。この何気ない日常の幸せに感極まって出た言葉だった。
みことからのプロポーズを喜んで受け入れる沙羅。しかし、2人の結婚を知った廉から「もし、沙羅の命を守れなかった時のことを考えているんじゃないか?」と言われ、みことは否定しつつも、動揺する。

一方、みことの後輩・上田(伊藤あさひ)は、救命の現場での重篤な事案が続いていたことから、心身ともに疲弊し、救急隊から内勤への異動を願い出るべきか考えていた。
ある日、非番の上田は男児が突然倒れる現場に遭遇する。そこに駆けつけたみことは、新人救命士だった頃に同じケースで救えなかった命があったことを思い出す。

そんな中、沙羅が、やっぱり結婚はやめようと言い出し…。

引用:https://www.tbs.co.jp/4mari/story/ep6.html

花巻みこと … 福士蒼汰
花巻沙羅 … 菜々緒
花巻廉 … 桐谷健太
花巻藍 … 横浜流星
花巻理津 … 麻生祐未
江上良平 … 三浦誠己
磯辺健太 … 西村元貴
上田祐樹 … 伊藤あさひ
阿部志乃 … 関水渚
遠藤琴 … 鈴木ゆうか
高木静香 … 西尾まり
原田治 … 橋本じゅん

登場人物についての詳細はこちらからどうぞ

年が明け運命の日まで9か月を切った花巻家では、朝からみことと沙羅はイチャイチャしてました。そして廉兄も藍も運命の日に備え試行錯誤していました。

みことの仕事終わりの時間が近付いてきた時、後輩の上田が遅れてきて「疲れが取れないんです。最近こっちの番に、重篤な事案とか、死亡ケースが集中してて。」と答えるのでした。

みことが家へ帰ると沙羅が絵画教室で子供たちに絵を教えていて、沙羅の同僚・高木静香がみことに「お教室でも、みんなが沙羅ちゃんが好き。」と話すと、みことも「俺も、出会えて良かったと思ってます。あんな人、もう二度と出会えないだろうな。」と話すのでした。

そんな中みことは、洗濯もののを取り込んでいる沙羅に「沙羅、結婚しようか? 結婚しよう。」とプロポーズするのです。

「急にきたね?」と驚く沙羅に、みことは「今、急に思ったからね。」と話すと、沙羅は「うん。私でよければ。」とみことのプロポーズを受け入れました。

「2人にはどうする?」とみことが沙羅に尋ねると、沙羅は「まだ言わなくていい。受験のジャマしたくないし、お兄ちゃんは面倒臭いし。」と話すのでした。

しかし結局廉兄にバレてしまいました。

みことが沙羅にプロポーズしたことに驚く廉兄は、2人のことは祝福すると言いながらも「今じゃなくてもいいだろ、だが、焦って見えるんだよ。想い出づくりっつーか、そう言う風に。」と言い「本当はどっかで、助けられなかった時のこと、考えてんじゃねーか? もしそうなら俺は賛成できねー。」と告げます。

そして「いや、気持ちは分かるよ、お前は今までどうにもならねえ運命と向き合ってきたんだろ? 変わらねえかもって疑わない方がおかしい。」と伝えるのです。

その言葉に、みことは「違うって!」と声を荒げ、「やめてよ、そういうこと言うの。」と廉兄に告げ、部屋を出ていくのでした。

そんなある日、恋人の麻衣と一緒にいた上田は麻衣に「俺…、内勤にしてもらおうかな? 希望が通るか分からないけど。」と弱音を吐いていました。

その時急に男の子が倒れ、母親が「陸、大丈夫? すいません、救急車お願いします。」と周囲の人に声を掛けていました。

その場にいた上田はあわてて子供に駆け寄り、心臓マッサージをしました。

みことら救急隊が到着した時、上田は心臓マッサージを続けていて、みんなに「呼吸、脈なし。心肺停止後4分経過しています。」と伝えたのです。

隊長の江上が「急性心筋炎」と呟くとみことはかつての急性心筋炎の、ある少女のことを思い出したのです。

その後みことら救急隊員は少年を病院へと搬送したのでした。

翌朝上田が出勤してきたので、みことが引継ぎで「重篤の事案は、急性心筋炎の幼児・・・」と話すと、上田が「どうでした?」と尋ねたのでみことは「搬送の時点では依然心肺停止、その後の状況は、まだ確認できてない。」と答えます。

上田は「そうですか。」と力なく椅子に腰掛けたのでした。

一方妻を亡くしたことをまだ引きずっていた原田を、廉は自宅へと招き一緒に夕食の食卓を囲んだのです。

まだクヨクヨしちゃうと話す原田に、廉は「今はまだ、思う存分クヨクヨしてください。」と言います。

沙羅が「亡くなられたあとも、そんなに想ってもらえるなんて、奥様は幸せでしょうね。」と話すと、原田は「生きてる間は喧嘩ばっかりでね。ただ30年近く一緒にいたからねー。」と話すのです。

沙羅が「今の私からは、途方もなく長く感じる。」と伝えると、原田は「あっと言う間だった・・・、俺本当に幸せもんだよ。」と答えるのでした。

その後沙羅に「お風呂あいてるけど。」と呼びに行ったみことに、沙羅は「結婚さあ、やっぱりやめよう。」と告げるのでした。

「理由聞いてもいい?」と尋ねるみことに沙羅は「怖いんだと思う。運命の話しを聞いてから、それまでよりずっと、描きたくて仕方ないんだ。最近ずっとそう。 たぶん、心のどこかで、もう描けなくなるって思ってる。」と告げます。

みことが「言ったでしょう、沙羅は死なせないって。」と言うと、沙羅は「それ、信じてたはずなのに。」と言い「もし全部、運命の通りになったら、残されるのはみことだから。みことを一人にするって考えたら私・・・、やっぱり結婚できない・・・。ごめんね。」と伝えるのでした。

翌朝廉が、みことにこの前のことを想い出づくりとか言って悪かったと謝ると、みことは「結婚はなくなった・・・。廉兄、俺断られたよ。俺を一人にしたくないって・・。沙羅は自分が助からなかった時のことを考えてる。」と告げます。

「でも助けるんだろ?」と話す廉に、みことは「もちろん、その気持ちは変わらないけど・・・。」と話します。

そして「俺は命を救うために救急士になった。沙羅のことも、誰のことも死なせる気はない。」と告げるのです。

しかしみことは「こればっかり・・・。」と言い、続けて「そう言うだけで、俺、何もできてないでしょう? 分かってるんだけど・・・、言葉じゃ沙羅を救えないのは・・・。」と話します。

「弱気になんなって。」と声を掛ける廉に、みことは「一番つらいのは・・、沙羅が・・・、俺のためを思ってること・・・。一番怖いのは沙羅のはずなのに・・・、安心すらさせられない。  俺、今どうしたらいいか分かんないんだよ・・・。助けられなかったら俺・・・・。」と泣きながら話すのでした。

翌日みことが出勤し屋上へいくと上田がいて、みことに「所長に話があったんだけど、外出してるみたいで。」と言い「救急隊やめて、内勤にしてもらえないかと。」と話します。

続けて「精一杯働いて、それでも傷病者を助けられないこともあって、やっぱ落ち込むし、そういう生活をこの先ずっと続けていくのかと思ったら・・・、働き方を変えるなら早い方がいいかなって。」と話すのでした。

みことが「どうして救命士になったの?」と尋ねると、上田は「命を救う仕事に憧れたから。」と伝えます。

みことが「例の急性心筋炎の子、どうなったか分かった?」と尋ねると、上田は「正直ビビって、確認できなくて。」と答えます。

するとみことは、以前自分も心筋炎の子どもに出場したことがあったことを話し、結局その少女は急性心筋炎で亡くなってしまったのでした。

そしてみことは「それが、救命士になって、初めて救えなかった命。救うことしか頭になかった俺が、救えない現実を思い知らされた。最近、よく・・・、思い出すんだ。」と上田に伝えるのでした。

一方沙羅を迎えにきた廉は沙羅に「お前、結婚断ったんだって?」と尋ねると、沙羅は「うん、私に何かあったら、みことを一人にしちゃうからね。」と答えます。

すると廉は「とか何とか言ってお前、花嫁ごっこではしゃいでたじゃねえかよ。」と言い「そりゃな、ただでさえ不安なのに、みことを悲しませるとなったら二の足を踏むのは分かるよ・・・。ただ俺が知りてえのはお前の気持ちだ・・・。誰かのためとかじゃなくて、お前がどうしたいのかって話・・・。いいのか? 腹の底から結婚したい相手なんてそうそう現れなねえぞ。」と伝えます。

すると沙羅は「分かってるよ。」と言い、廉に「自分だってそうだったんじゃないの?」と、以前廉が家族のために諦めた女性のことを示唆するのでした。

続けて沙羅は「結婚して・・・、今だけ自分が幸せになれればいいなんて、どうしても思えない・・・。自分のために、誰も不幸にしたくない。」と告げるのでした。

その後沙羅はいつもの灯台にいました。そこにみことがやってきて「沙羅は幸せ?」と尋ねます。

沙羅は「また急に。」と言い、続けて「でも、先のことを考えるとさ。」と話すと、みことが「先じゃなくて今。」と告げます。

沙羅は「考えちゃうんだよ・・・。このまま私がいなくなったら、残されるみことは・・・?って。」と答えます。

みことは「俺は今・・、沙羅のことが好きで・・、幸せだよ・・・。そうやって暮した今があれば・・、この先何があっても・・、どんなつらい日々でも生きていける・・・。」と伝えます。

続けて「もし一人になったとしても・・、沙羅の家族で、弟で、恋人でいられたことだけで・・・、俺は一生幸せだよ・・・。でももう一つだけ・・、叶うなら・・・・。俺は沙羅の夫になりたい。」と伝えるのです。

そして沙羅を抱き寄せ「大丈夫、結婚しよう。」とみことが話すと、沙羅は「うん・・・。」と答えるのです。

その夜兄弟は美味しいと言いながら藍の夜ご飯を食べていると、藍は台所へ行き漢方薬を見せたのです。ついに藍はとても美味しい薬膳を開発したのでした。

その時みことが兄弟たちに沙羅と結婚することを告げたのです。

大喜びする廉とは対照的に、藍が少し複雑そうな顔をすると、沙羅が「藍君も祝福して。」と話します。

すると藍は「ああ・・・、うん・・・。おめでとう。」と祝福するのでした。

翌朝みことが出署すると上田が「俺あのあと、どうしても気になって、様子見に行ったんです。」と話すのです。

病院へ行った上田が目にしたのは、まだ安静だったけどもう大丈夫と言われて元気になってきた陸君の姿だったのです。

そしてみことに「俺、もう少し迷ってもいいのかと思って。」と伝えるのでした。

一方その時廉は、かつて本気で好きだったものの兄弟たちのために結婚を諦めた女性に偶然に再開するのでした。

兄弟全員が沙羅の運命を知らされたものの、今のところみことには何をやるべきか?や、どうやったら沙羅を救えるのか?など何も分かっていません。

それなのに結婚だけはするというのは、想い出づくりと言われてもしょうがないように思われます。

なぜみことが結婚へ向かったのかをもっと丁寧に描けば、もっと感情移入して見れたと思います。

沙羅については、シーツをドレス代わりにしたりとか、結婚についての憧れが垣間見えましたので、結婚を意識していたでしょうし、またみことを想って一度結婚をやめようとつらい決断をした気持ちは分かりますし、最後に結婚に向かう気持ちになれて良かったと思えます。

今回一番良かったのは、上田のエピソードで、重篤な傷病者が亡くなるケースが続いていた時に、少年が心肺停止時に居合わせ、その命を救うことができて本当に良かったし、上田にとっても助けになったことでしょう。

次回は廉の過去の恋愛の物語や、藍の進学についての物語が進行するようで、このドラマは割とサイドストーリーが面白かったりするので、こちらも楽しみです。

みこと(福士蒼汰)と沙羅(菜々緒)の婚約パーティーが花巻家で開かれ、みんなに祝福される2人。
そんな中、藍(横浜流星)は進路について悩んでいた。藍は、廉(桐谷健太)の言う通りに大学進学の準備を進めるが、本当は料理の勉強をしたいという思いを抱いていた。
みことと沙羅は藍の夢を応援するが、高校を中退したことで苦労した廉は、学歴が必要だと考え猛反対する。

ある日、廉は実家の老舗旅館を継いだ元恋人の千冬(磯山さやか)と再会し、食事をする。夫と共に旅館を切り盛りし、今は幸せに暮らしているという千冬の言葉に、廉は別れて正解だったと自分に言い聞かせるが、千冬への未練を断ち切れず…。

そんな中、迎えた藍の大学受験当日。兄弟に見送られ会場に向かった藍だったが、思わぬ行動に出る。それが発端となり、廉と藍は初めて本音をぶつけ合う。
花巻家崩壊の危機か!? そして、ついに沙羅の身体に異変が起き…。

引用:https://www.tbs.co.jp/4mari/story/

『4分間のマリーゴールド』の見逃し配信はParaviでどうぞ。

配信内容、話数などの詳細はサイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました