『シャーロック』特別編ネタバレ感想、獅子雄は生きているのか?守谷とは?

11話・最終回で守谷と思しき男性と海に落ちて死亡してしまったと思われていた獅子雄でしたが、はたして本当に獅子雄は亡くなってしまったのか、あの守谷は本当に守谷だったのか、この特別編で解き明かされるのでしょうか。

全話あらすじ・ネタバレはこちらからどうぞ

シャーロック 特別編あらすじ

 誉獅子雄(ディーン・フジオカ)が守谷壬三(大西信満)と埠頭から海中へと没してから1週間が経ったが、二人の遺体はまだ発見できず、警察の捜索は縮小気味で、若宮潤一(岩田剛典)は、空虚な日々を送っていた。

獅子雄の“最期の場所”である、あの埠頭に再び佇む若宮に声をかける一人の女性の姿が。

フリージャーナリストの門司かれん(木南晴夏)だ。獅子雄の功績を後世の遺すために話を聞かせて欲しいと言う。若宮は、まだ死んだと決まったわけではないと抵抗するが、彼女は、獅子雄に関わった人々の思いを一緒に調べることで、獅子雄について何かしらの手掛かりになるかもしれない、と言うが…。

かくして、若宮は、かれんと共に、親愛なる友がどんな男だったのかを探る“旅”をすることに…。一体この女は何者なのか?そして、誉獅子雄という男は一体何だったのか?聖夜を前に、最期のミステリーが幕を開ける!

引用:https://www.fujitv.co.jp/sherlock/story/story_11.html

登場人物・キャスト

誉獅子雄(シャーロック) … ディーン・フジオカ
若宮潤一(ワトソン) … 岩田剛典
江藤礼二(レストレード警部) … 佐々木蔵之介
小暮クミコ(グレグスン警部) … 山田真歩
レオ … ゆうたろう

登場人物についての詳細はこちらからどうぞ

特別編ゲスト

門司かれん/門司かれん

フリージャーナリストで、誉獅子雄の功績を後世に遺すため、取材をしていて、若宮に話を聞かせて欲しいと近付いて来た女性です。

シャーロック 特別編ネタバレ

埠頭に若宮がたたずんでいると、門司かれんというフリージャーナリストが獅子雄のことを聞かせて欲しいと近付いてきましたが、若宮は「悪いけど、話すことはありません。」と告げたのです。

その翌日、若宮が部屋にいると突然管理人の波藤園美がかれんを連れて入ってきたのです。

かれんは、若宮に報酬を払うと告げ、既に滞っていた家賃を報酬として管理人の波藤園美に支払っていたのでした。

かくして、かれんはこれまでの犯罪者たちに面会に、若宮はこれまでの事件に関わった人達に会いに行くことになったのです。

続きを見る

かれんは青木藍子には面会を拒否されたものの、赤羽汀子・石橋卓也・乾千沙子・宇井宗司に面会し話を聞き、若宮は河本美沙・細谷潤・乾貴久・高遠綾香に会い話を聞いたのでした。

かれんはこれまでの4人は誰も全く反省をしていなかったと話し、続けて「まあ、獅子雄さんの目的は反省させることじゃない。あの人は真実の追求にしか興味がないもんね。」と話すのです。

すると若宮は「やけに詳しいね?」と言い、かれんに対し「本当の目的を教えてくれないかな? もし、守谷の一味なら今すぐ帰れ。」と告げるのでした。

するとかれんは「ごめんごめん。そう見えるか…。うん分かった、話すわよ。」と告げ、本当の理由を話し始めたのです。

かつて、元夫の言葉と暴力というDVに苦しんでいたかれんは、夫と別れたくても別れてくれない、警察は全く動いてくれないということで悩んでいました。

そんな中唯一の救いは夫の母親が味方になってくれたことでしたが、結局女2人では夫に勝つことはできずに、最後の手段として義母がかれんを殺したふりをして、夫の前から消えることに成功したのでした。

しかしそのせいで、今度は義母が殺人罪で警察に追われる羽目になったのでした。

続けてかれんは「刑差圧の捜査は本当にずさんで、義母の言うことは何も信用さあれなかった。その時以来、警察のことは大っ嫌い。」だと告げます。

そして「で、その時私たちを救ってくれたのが、獅子雄さんだったってワケ。 獅子雄さんは義母と私にとって恩人なのよ。」と話すのでした。

その話を聞いた若宮は「獅子雄も死んだふりってことは?…」とひらめくのでした。

その後かれんは長嶺加奈子・加藤茂に会い、若宮は羽佐間虎夫・古賀智志と会い、話を聞くのです。

その後市川利枝子と面会したかれんは守谷の居所を聞き出そうとするのですが、市川は自分の舌を噛み切り自殺しようとし刑務官らに連れていかれてしまったのでした。

そんな中、江藤警部から2人の捜索が打ち切られたというニュースと、横須賀で獅子雄のコートが見つかったというニュースを聞かされるのです。

コートのポケットには特殊な耐水加工が施されていた手紙が入っていて、そこには「“Dear J.W” この手紙は最後にお前と別れる前に書いている。この後俺は、自分にふさわしい結末を迎える。そこにお前を連れて行くことは出来ない。あらゆる手段を使ってお前を遠ざけるだろう。 だが安心して欲しい。諸悪の根源をこの手で葬り去れることはこの上ない喜びだ。 そして俺が死ぬことで、悲しむ人間は幸い一人もいない。そういう生き方をしてきた。どうだ羨ましいだろう。若宮ちゃんには、到底真似できないだろうな。 とっととニセ医者からヤブ医者に戻れ。 “S.H”」と書いてあったのでした。

その後獅子雄が消えた埠頭で花束を投げようとする若宮に、かれんは「諦めるんですか?私はまだあきらめてないわよ。私はこれからも彼のことを追い続けるわ。」と告げるのです。

若宮は「俺は…。 俺は、前に進むためにここに来たんだ。」とかれんに伝えるのでした。

——-

あれから3年後、課長を降格となった江藤と小暮刑事が殺害現場へ向かうと、そこでは警察のアドバイザーとなり、白衣にしか見えないコートを着ている若宮が、自分の推理を披露していたのです。

するとその場にいた一人の鑑識が「そんなんじゃ盛り上がらないな。」と言い、続けて「もっと現場をよく見ろ。」と言い、次々と素晴らしい推理を披露したのです。

その鑑識に扮した男こそ誉獅子雄だったのです。

3人は驚き、泣きながら獅子雄の姿を見ている中、江藤は「また課長になれる。」と告げるのでした。

シャーロック 特別編まとめ・感想

結局今回の物語で、あの守谷は本物だったのか偽物だったのかははっきりとしないままに終わってしまいました。

ただ若宮に宛てた獅子雄の手紙に「諸悪の根源をこの手で葬り去れること」という一文があったので、その手紙を書いた時点では、獅子雄は本物の守谷だと思っていたんでしょうね。

基本的には月9恒例の総集編プラスアルファでしたが、登場人物のその後も描かれており、事件解決後の世界を垣間見れたのは興味深いところです。

それにしても、この特別編であっさりと獅子雄が生きていたということが判明しましたが、これはもう続編を制作する気が満々なんじゃないでしょうか?

結局守谷については謎が残ったままなので、いずれ続編があるとしたら、次回はしっかりと描いて欲しいものですね。

『シャーロック』を1話から見たいという方、見逃し配信はFODプレミアムでどうぞ。

配信内容、話数などの詳細はサイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました