『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』 2話ネタバレ感想、女子高生ストーカー事件の真相

SATと小田切が突入した、香坂が銃殺されていた部屋で、SATは井沢に銃を捨てろと訴えます。

銃を捨てた井沢は一瞬の隙をついてSATを倒し逃走を図ります。その後その場で呆然としている小田切の元へ山内が駆けつけると、小田切は「お願い、止めて、井沢さんを!」と告げ泣き出すのでした。

全話あらすじ・ネタバレはこちらからどうぞ

ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』2話あらすじ

井沢(沢村一樹)は、保釈後に行方不明となり、遺体となって発見された元警察庁次長・町田(中村育二)の件で、警視庁捜査一課の早川(マギー)から事情聴取を受ける。すると井沢は、マジックミラー越しに見ていた香坂(水野美紀)に、腹を割って話そうと持ち掛ける。香坂と対峙した井沢は、妻と娘を殺した凶器のナイフが1ヵ月ほど前に送り付けられてきたことを切り出し、その犯人とされて服役中の宇佐美(奥野瑛太)に香坂が面会に行った理由を問いただそうとする。

一方、山内(横山裕)に井沢の監視を命じていた公安部部長の曽根崎(浜田学)は、町田の死を表向きは自殺として発表すると同時に、山内に井沢から目を離さないよう改めて釘をさす。

そんな折、ミハンが新たな危険人物を割り出す。ターゲットは、近所に住む女子高生の時田明日香(竹内愛紗)をストーキングしている無職の男・馬場智樹(影山徹)だ。だが馬場は、意図的にストーカー規制法に抵触しない程度に付きまとっているようなふしがあった。そして馬場は、ギャンブルで作った借金のせいで闇金からも追われていた。単純なストーカーではない犯罪なのか。一方、優等生だった明日香も、ここ最近、何故か学校をさぼっていた。
井沢たちは潜入捜査を始めるが、捜査中、何者かに明日香が誘拐される。少女拉致誘拐事件の背後に見えてくる驚くべき真実。24時間以内に少女を救い出すため、ミハンが動く!

引用:https://www.fujitv.co.jp/zettaireido/story/index02.html

登場人物・キャスト

井沢範人 … 沢村一樹
山内徹 … 横山裕
小田切唯 … 本田翼
香坂朱里 … 水野美紀
吉岡拓海 … 森永悠希
加賀美聡介 … 柄本明
北見俊哉 … 上杉柊平
曽根崎正人 … 浜田学
早川誠二 … マギー
門田駿 … 粗品(霜降り明星)
篠田浩輝 … 高杉真宙

登場人物についての詳細はこちらからどうぞ

2話ゲスト

時田明日香 / 竹内愛紗

優等生の女子高生で、馬場にストーキングされています。後に拉致誘拐されてしまいます。最近なぜか学校をさぼっていました。

馬場智樹 / 影山徹

今回ミハンシステムがはじき出した危険人物です。無職でギャンブル狂いな上、借金まみれでヤミ金にも追われています。時田明日香をストーキングし多数隠し撮りもしていますが、意識的にストーカー規制法に抵触しない程度に付きまとっています。

時田幸子 / 中島ひろ子

時田明日香の母親です。なにか隠し事があるようです。

時田守 / 桜井聖

時田明日香の父親です。

浦上努 / 進藤学

不審なレンタカーを借りた男性です。

高橋昭二 / 岡慶悟

浦上と接触した第3の男です。

河田英司 / 酒向芳

グローバルヒューマンサービスという人材派遣会社を経営している人物です。

『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』 2話ネタバレ

井沢がSATを倒し、小田切の前から逃走する64日前・・・

—–

町田博隆が殺害されたことにより、早川刑事らに事情聴取を受ける井沢でしたが、早川に退出を求め、ミラー越しに見ていた香坂を取調室へ呼び寄せます。

香坂が井沢に「町田に会いましたか?」と尋ねると井沢は「会いましたよ。」と答えるのです。

香坂が井沢に、町田と会った目的を尋ねると、井沢は「先日、差出人不明で送られて来たんです…。私の妻と娘を殺害した凶器のナイフが…。犯人の宇佐美は刑務所にいる。じゃあいったい誰が送ってよこしたのか?そしてなぜその人物は、凶器を持っていたのか?それを町田に聞くためです。」と告げます。

「あなたは殺していないと?」と尋ねる香坂に、町田は「ねえ、香坂さん…。あなたは、何で宇佐美と会ったたんです…? 凶器を送り付けて来たのは宇佐美と接点のある人物だ。 ひょっとしたら、宇佐美は犯人ではない、真犯人は自分なんだというメッセージなのかもしれない。そしてあなたは、その人物が誰なのか心当たりがある。」と伝えるのです。

その頃曽根崎は山内に公安部長室で「誰が町田を殺したのか、ミハンにも該当者は挙がっていない。」と告げ、「聞きました。自殺の線でマスコミ対策を行うって。」と話す山内に、曽根崎は「勘違いするな。隠蔽するわけじゃない。特別捜査チームが内密に捜査する。」と言い「いいか、君は井沢から目を離すな。」と告げるのでした。

そんな中ミハンチームは、システムがはじき出した新たなターゲット「馬場智樹」という31歳・無職男性の捜査を始めたのです。

馬場は最近引っ越してきて近所に住む時田明日香をストーキングし、彼女を隠し撮りした写真が部屋に多数あるとのことです。

その上ギャンブル狂いで借金まみれ、ヤミ金にも追われていると言うのです。

ストーカーから殺人に発展する可能性も予測できるものの、馬場はストーカー規制法に抵触しない程度にしか付きまとっていませんでした。

一方ストーキングされている時田明日香にも気になる点があり、彼女は優等生ですが今日を含め最近学校をサボっているというのです。

その後ミハンチームは、馬場から話を聞き出すため、元天才子役の吉岡がヤミ金の取り立て屋に扮して雀荘にいる馬場に接触しようとするのですが、その時ストーキングされていた時田家に異変があり、母親に叩かれた明日香は家を出て行ってしまったのです。

そこで小田切と山内が明日香を追うものの、彼女は人ごみみまぎれ姿を消してしまったのです。

加賀美が周辺のカメラを徹底的に洗うものの、明日香の姿をどこにも見つけることはできません。

ミハンチームは、吉岡に馬場がまだ雀荘にいるのかを確認させたものの、店に踏み込むと馬場も随分前に姿を消していたのです。

その後小田切たちの近くの路上で明日香のバッグと携帯を発見したものの、結局馬場も明日香も完全に姿を消してしまったのでした。

結果拉致誘拐事件として、捜査は捜査一課の手に委ねられることになったのですが、事件に違和感を感じたミハンチームは独自で捜査を進めるのです。

明日香には喘息の持病があり、発作が起きたら命の危険があることや、発生から24時間を超えると生存率が著しく低下するという拉致誘拐事件を解決すべく、ミハンチームは山内が目撃したという不審な車から捜査を進めたところ、その車を偽造クレジットカードで借りた浦上という男性が浮上してきたのです。

その後小田切と吉岡がカップルになりすまし、浦上が座る座席近くに盗聴器をしかけ見張っている一方で、井沢と山内は浦上が滞在するホテルの部屋に侵入し捜索を始めたのです。

その部屋には偽造の身分証が束になっておいてあることから、浦上が筋金入りのプロの犯罪者だということを知りました。

その時ある一冊のファイルを見つけた井沢はそのファイルに目を通し「馬場との接点、見つかったよ。浦上は間違いなく犯行に関与してるね。」と話すのでした。

その連絡を受けた小田切と吉岡は、現在浦上と一緒にいる女性も浦上になにか利用されていると考え、小田切がその女性を尾行することにしました。

その後吉岡が浦上を見張っていると、浦上に第3の男が接触し、金属製の小型アタッシュケースを渡したのです。

その姿を写真に収め全員で共有したのち、第3の男は山内が尾行することになったのでした。

一方浦上を尾行していた吉岡に、チームは井沢と交代するよう指示を出すのですが、それを無視し尾行を続けた吉岡は浦上に殴られ逃げられてしまうのでした。

井沢が駆けつけた時には既に浦上の姿はなく、加賀美に防犯カメラのチェックを頼むものの、浦上は忽然と姿を消したのです。

その頃、女性を尾行していた小田切は身分証から、彼女が大手セキュリティ会社の管理本部情報管理課に所属しているという情報を得たのです。

そのことを知った井沢は加賀美にある調査を依頼するのでした。

その結果を受け井沢がある場所で待ち伏せしていると、そこに浦上がやってきたのです。

浦上は大手セキュリティ会社の情報管理課に勤める女性を騙し、街中に設置してある防犯カメラの位置データを入手し、どの防犯カメラにも映らないように逃走していたのです。

そして井沢は加賀美にそのルートを調べてもらい、逃走経路上で待ち伏せしていたのでした。

井沢は浦上と格闘の末、浦上が第3の男から受け取ったのは現金だったということが判明しました。

浦上は逮捕したものの吉岡を深追いさせ犯人に気付かれたことで、香坂は捜査を完全に捜査一課に任せると言い出したのです。

しかし井沢は「これは1人の女子高生をこの世から連れ去るために、そしてそれを未解決事件にするために、馬場をスケープゴートにした犯罪のバトンのリレーだ」と告げ、「バトンはさらに別の誰かの手にある、これはミハンの捜査でなければ突き止められない。」と香坂に訴えるのでした。

その後明日香の両親、時田守・幸子夫妻にストーカー男以外に犯人の心当たりがないかと交番警察官に尋ねさせたところ、夫妻は警察官には心当たりはないと言いつつ、突然ある場所に向かったのです。

時田夫妻が向かった場所は、明日香が拉致される前に頻繁に出入りしていたMというクラブでした。

そしてそのクラブで、夫妻はオーナーの根岸真澄という女性に面会し、父の守と母の幸子は真澄にに明日香が会いに来たはずだと尋ねるのです。

すると真澄は「来たわよ、私に会いたかったのね。」と言い「明日香に何言ったの?」と尋ねる幸子に「うん? うちで働かない?って…。ほら、私ににて美人じゃない?」と告げたのです。

会話を盗聴していたミハンチームが調べると時田明日香は民間科捜研に立ち寄っていることが分かり、加賀美がハッキングして何を依頼したか調べるとDNA親子鑑定をしていることが判明したのです。

その後井沢と山内は黒興信所の職員になりすまして時田夫妻の元へ出向き、明日香から本当の両親を探して欲しいと依頼を受けたと告げ、そのことが今回の行方不明とつながっていると告げるのでした。

やがて母親の幸子は、かつて児童相談所に勤めていた時、明日香を虐待していた本当の母親から百万円で娘を買わないかと持ちかけられ、最初は断ったものの虐待されていたことを見過ごせず、明日香を救い出すため百万円を真澄に払い買ったということを話したのです。

それが最近になって本当の母親が現れ、店を大きくしたいからと金をせびりに来たことで、明日香が真実を知ってしまったと言うのでした。

一方根岸真澄の店に潜入していた小田切は、明日香の本当の父親・河田英司が明日香を探していたことや真澄が河田と連絡を取っていたことを知ったのです。

さらに河田はグローバルヒューマンサービスという人材派遣会社を経営していることが分かりそこから河田と、浦上に金を渡していた第3の男とが繋がったのでした。

その頃明日香は、実の父親・河田の手によりかくまわれていたのです。

一方ミハンチームが河田のことを調べると、河田の会社は表では健全な人材派遣会社を営業しているものの、裏では外国人労働者を中心に人身売買・強制労働・強制売春そして臓器密売までやっていたのです。

そして河田自身は腎不全を患っており、すぐにでも移植しないと死んでしまうものの、特殊な血液型でドナーが見つからず、実の娘の明日香が同じ血液型だというです。

そのことを知った井沢は「河田は、かつて百万円で売った我が子を、今度は完全犯罪で連れ戻した…。わが子から臓器を盗むために。」というのでした。

明日香の臓器移植が行われようとしているその時、井沢と小田切、山内が駆けつけ明日香を救い出したのです。

そして井沢は河田に「お前は親として一つだけいいことをした。明日香さんを売ったことだ。おかげで彼女は、クズの両親から離れることができたよ。」と告げるのでした。

しかし河田は「彼女が行き倒れてるのを見つけて保護しただけだよ。」と言い訳し、さらには「証拠は?証拠があるなら出してもらいたい。」と悪あがきをするのです。

すると井沢は香坂と連絡を取り、香坂は「河田英司の裏のビジネスを支えていた高橋昭二が全面自供しました。」と伝えたのです。

また、海外に逃亡した馬場は韓国で拘束されたのでした。

—–

その61日後、逃げようとする井沢を山内は追いかけ、止めようと格闘するものの倒されてしまいます。

やむを得ず銃を向け、威嚇射撃をするも井沢は止まる気配を見せませんでした。そのことにより山内は叫びながら銃を発砲するのでした

『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』 2話まとめ・感想

今回ミハンシステムがはじき出した馬場という人物は結局は河田が明日香から臓器を盗むための囮だったというワケでした。

間に浦上や第3の男高橋などが入ったため、河田にたどり着くまで時間がかかってしまいましたが、あらゆるデータを監視しビッグデータを使って危険人物を割り出すシステムでしたら、最初から河田の名前が挙がってもおかしくないと思うのですが・・・。(カメラを避けていた浦上は別としても、少なくとも高橋くらいは・・・。)

いずれにしろ、明日香が拉致誘拐された時点で、「なにも未然に防げていないじゃないか」いう早川のセリフに説得力が増すわけでして・・・

いずれにしろ実の親とはいえクズの2人は逮捕され、明日香が救い出されたことで1話完結の物語部分はめでたしでした。

1話・2話を見て感じましたが、1話完結部分はかなりストーリーが練られていて、非常に見ごたえがありました。

ただ、若干シーズン3に比べてユルい部分が少ない気もしますが、まあ好みの問題もあるでしょうから。

あとは、オープニングとエンディングの井沢の殺人疑惑をどのように決着をつけていくのか楽しみですね。

次回は少女が危険人物としてミハンシステムから割り出され、しかもその少女が記憶を失ってしまうというストーリーで、どんな風に展開していくのか気になります。次回も見逃せません。

『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』 3話あらすじ

井沢(沢村一樹)は、服役中の宇佐美(奥野瑛太)に会いに行く。井沢は、妻と娘を殺害したのは宇佐美ではないと考えていたのだ。井沢は、何故、香坂(水野美紀)が面会に来たのかと宇佐美に尋ねた。だが宇佐美は何も答えず、代わりに「お前はいずれ、一線を超える」と返す――。

一方、グループセラピーに参加した小田切(本田翼)は、スポーツカメラマンの篠田(高杉真宙)が、幼いころに殺されかけたことを知る。唯一の身内だった父親が、無理心中を図ろうとしたのだという。

そんな中、ミハンが新たな危険人物を割り出す。それは、名門バレエ団に所属する日本バレエ界のホープ・八尋舞(山口まゆ)だった。舞は、ネットを利用して致死量のヒ素を入手しており、毒物による殺人を扱ったサイトを何度も閲覧していた。山内(横山裕)は、舞が1週間後に開催される世界的なコンクールにエントリーしていることにも注目する。そこで舞のライバルと目されるのは、英才教育を受けてきた同じバレエ団の瀬川綾乃(我如古りな)だ。

井沢たちは、潜入捜査を進めると同時に、舞の部屋に監視カメラを設置した。ところがその矢先、重傷者も出た資材落下事故を目撃した舞が、意識を失って病院に搬送される。しかも舞は、そのショックで記憶の一部を失い、難病で入院中の親友・足達智花(古川琴音)のことも覚えていなかった。

舞は記憶と一緒に殺意まで失ったのか? 井沢たちは、舞の動向を注視するが……。

引用:https://www.fujitv.co.jp/zettaireido/story/

『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』 見逃し動画配信サービス

『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』を1話から見たいという方、見逃し配信はFODプレミアムでどうぞ。

配信内容、話数などの詳細はサイトにてご確認ください。

無料体験はこちらからどうぞ
FODプレミアム無料お試しに登録

コメント

タイトルとURLをコピーしました