『知らなくていいコト』2話ネタバレ感想、尾高がいい人過ぎる件

1話で、真壁ケイトは母親の遺品から自分が無差別殺人犯の娘かも?と言うことを知り、プロポーズしてくれた野中春樹にそのことを告げたため振られてしまいました。

そんなケイトは出勤途中の春樹を待ち伏せし、「私が 乃十阿 徹の娘かもしれないっていう話なんだけど、キアヌの子であるという確証もないのと同じように、乃十阿 徹の子であるという確証もないのね。つまり私は、殺人犯の子と決まったワケではありません。別れると結論付けるの早いんじゃないかな?撤回してください。」と春樹に告げるものの、春樹は「できません。」と一蹴するのでした。

全話あらすじ・ネタバレはこちらからどうぞ

『知らなくていいコト』 2話あらすじ

母・杏南あんな(秋吉久美子)の遺品から、 自分の父親がかつて世間を騒がせた殺人犯・乃十阿徹(小林薫)かもしれないことを知った ケイト(吉高由里子)。そのことで春樹(重岡大毅)からプロポーズを取り消されてどん底の気分の中、次週のネタとして“DNA婚活”について調べるよう振られる。

事前にDNAを調べた上で相性のいい相手を紹介してくれるという結婚相談所について胡散臭く感じるものの、早速ケイトは実際のDNA婚活イベントの取材へ・・・・・・。

見た目や収入に関係なくDNAのマッチング率だけを頼りにしたグループ見合いが始まる中、司会者のテンションに洗脳めいたものを感じるケイト。 しかし10組中9組のカップルが一番DNAの相性のいい相手を選ぶという結果に……! イベント終了後、ケイトは1組だけカップル成立しなかった男性参加者・山際(えなりかずき)が結婚相談所事務局の女性・笹野(市川由衣)と訳ありな様子を目にするが……。

一方、編集部ではケイトとの関係が気まずくなった春樹が編集長の岩谷(佐々木蔵之介)に異動の相談をしていて……。 その夜、遺伝学の教授から『親の経験が子供に遺伝する』というマウス実験について聞いたケイトは、殺人犯・乃十阿のDNAが自分の中に生きているかもしれないと陰鬱な気分で家路につく。 撮影に向かう尾高(柄本佑)と鉢合わせたケイトは、かつて出所時の乃十阿の写真を撮った尾高が自分に何かを隠していることを確信し、尾高に迫るが……!?

引用:https://www.ntv.co.jp/shiranakuteiikoto/story/02.html

登場人物・キャスト

真壁ケイト … 吉高由里子
尾高由一郎 … 柄本佑
野中春樹 … 重岡大毅(ジャニーズWEST)
真壁杏南 … 秋吉久美子
岩谷進 … 佐々木蔵之介
乃十阿徹 … 小林薫
黒川正彦 … 山内圭哉
東山秀則 … 本多力
倉橋明美 … 小林きな子
鮫島裕二 … 和田聰宏
小泉愛花 … 関水渚
佐藤幸彦 … 森田甘路
小野寺明人 … 今井隆文

登場人物についての詳細はこちらからどうぞ

1話ゲスト

山際篤夫 / えなりかずき

DNA婚活イベントに参加していた男性で、参加メンバー中唯一カップルにならなかった男性です。

笹野明奈 / 市川由衣

DNA結婚相談所で働く女性です。

『知らなくていいコト』 2話ネタバレ

ケイトが編集部で仕事をしていると、小野寺が持ち込んだ「DNAの相性により、男女をマッチングをする結婚相談所が開催するDNA婚活イベント」という企画がケイトに任され、ケイトと同僚の佐藤幸彦が取材へ行くことになったのでした。

ケイトが佐藤と取材でそのイベント会場へ行くと、そこで洗脳めいたものを感じたケイトは、その結婚相談所で働く女性・笹野明奈に「洗脳されちゃってますね。」と告げるのです。

すると明奈は「洗脳ではありません。科学です。」とケイトの意見を一蹴するのです。

イベントもクライマックスへと進み、マッチングされて結婚前提に付き合うことになった男女が次々と発表されると、山際篤夫とその相手女性以外の全員の名前が呼ばれたのです。

そんな中、ケイトと一緒に仕事をすることがキツくなった春樹は、編集長の岩谷進に移動願を申し出るものの、断られてしまいました。

DNA婚活イベントの取材が終わり、ケイトは佐藤に「私これから横浜理工大学の遺伝学の先生に会ってくるから。」と告げ向かおうとすると、イベントでマッチングしなかった山際が外のベンチに座っていることろを見つけたのです。

ケイトと佐藤の2人が車の陰に隠れて見ていると、山際は結婚相談所職員の明奈になにか訴え掛けている様子が見て取れました。

その後、明奈が山際を振り切って去っていったため、ケイトは佐藤に「行動確認。」と指示し横浜理工大学へと向かったのでした。

横浜理工大学でケイトは、マウスに光を当てたあとに電流を流すことを何度も繰り返すと光を見るだけで怯えるようになるという実験ビデオを見せられます。

「それはあの…、あれ、パブロフの犬ですね。」とケイトが告げると遺伝学の教授は「そうです。」と答えるも、続いて「ですが、その先があるんです。」と話します。

そして「驚くべきは、そのマウスの子供も同じ反応を示すんです。自分は体験していないのに、子供のマウスもピカッという光におびえるんです。」と告げるのです。

ケイトが「親の経験が子供の遺伝するってことですか?」と尋ねると、教授は「そうです。DNAには性格や風貌だけじゃなく、習慣や経験も組み込まれています。遺伝子の意志こそが、命の意志なんです。」と答えるのでした。

そのことを聞いたケイトは「もし私が乃十阿の子供なら乃十阿のDNAが私の中に生きている。」と陰鬱な気持ちで帰り道を歩いていました。

その時同僚の佐藤から電話が入り「さっきの2人なんですけど、別に何もなく地下鉄の駅で別れました。で、その後男性の方を追ったんですけど、普通に仕事に戻りました。」と伝えられたのです。

ケイトは、佐藤に山際の仕事を訪ねると「個人で設計事務所をやってるみたいです。」と話したので、「そう…、ご苦労様。」と告げ、電話を切ったのでした。

その後編集部へ戻ったケイトは「乃十阿徹 無差別殺人」と検索し、「【乃十阿徹】キャンプ場無差別殺人事件」という当時の報道動画を見るのです。

その動画の内容は、奥多摩のキャンプ場で、炊事場に置かれていたウォータータンクの中に犯人が毒草の「ハリヒメソウ」を入れたという事件で、その水を飲んだキャンプ参加者が次々と嘔吐し、2人が死亡し、5人が意識不明の重体になったというものでした。

その時奥の仮眠室にいた春樹の携帯に連絡が入り、起きだして編集部へ入って来たため、ケイトはあわててノートパソコンを閉じるのです。

そして、春樹に「コーヒー飲む?」と尋ね、缶コーヒーを渡すと、春樹はケイトをジッっと横目使いの冷たい目で見つめていたのです。

その視線にケイトは「そんな…、恐ろしい人見るような目で見ないでよ…。私が何したっていうの? 私が人殺しだとでも思ってんの? そ…、それって…、それって差別じゃない? そんな風に思ってたんだ…。 ハァ…、見損なったよ、野中。」と告げ、編集部を出て行ったのでした。

その後ケイトが家へ帰るため歩いていると、尾高が車を停め「送っていくよ。」と声を掛けます。

ケイトが「逆だよ」と話すと、尾高はこれから朝まで歌舞伎町でイエコウモリの撮影だと話すので、ケイトは朝まで付き合うことにしたのです。

翌朝まだ薄暗い新宿の道を歩きながら、ケイトは尾高に「私の父親は乃十阿徹かも知れない。」と告げると尾高は「キアヌ・リーヴスじゃないの?」と答えます。

そしてケイトが「キアヌの可能性もあるけど、乃十阿徹の可能性もあると思うの。」と話すと、尾高は「じゃあ、キアヌってことにしとけよ。」と話すので、ケイトは「尾高さん、全然驚かないね。 普通さ、殺人犯の子かも知れないって聞いたらもっと驚くハズでしょ?」と尾高のリアクションが薄いことに疑念を抱きます。

続けて「この前も乃十阿徹について教えて欲しいって言ったら、そんな人もいたっけな? ってとぼけたでしょ? そのこと聞きたくてついて来たの。だから、もう逃げられないから。」と伝えるのでした。

観念した尾高は、ケイトをラーメンに誘ったのです。

ラーメンを食べ終えたケイトに尾高は「3年前、乃十阿徹の出所の写真をイーストのグラビアに掲載したろ?」と話しを切り出します。

そして「発売の日の午後、お母さんから連絡があった…。ケイトには内緒で会いたいって。」と告げるのです。

3年前尾高は、ケイトの母・杏南に乃十阿徹を追いかけるのはもうやめて欲しいとお願いされ、「どうしてですか?」と尋ねる尾高に杏南は「その人、ケイトの父親なの。」と告げたのでした。

乃十阿と杏南は、かつて慶英大学の講師と学生で、2人が再開した時には乃十阿は既に教授になっており、結婚して子供もいたと言います。

そして杏南は「ケイトを授かった時、産もうと思った。証が欲しかったの。」と話し「乃十阿は人を殺すような人間じゃありません・・・。 ケイトがいつか乃十阿と私の接点を知るようになるのかと思ったら…、耐えられない。」と告げたのです。

そして尾高に「ケイトを生涯守ってあげてください。ケイトをお願いします。」と告げていたことをケイトに話すのでした。

一方DNA婚活パーティーの取材の時に、山際がマッチング相手の女性を選んでいないということから、ケイトは山際の心情を1人で取材することにしたのです。

山際の部屋でチャイムを押すものの全く反応がないため、ケイトは戻ろうと階段を降りかけます。

その時山際が結婚相談所の職員・明奈と手を繋いで戻って来たため、ケイトは慌てて身を隠すのです。

2人が部屋へ入ったことを確認したケイトは、部屋のチャイムを鳴らし、出てきた山際に取材を申し込むも、断られてしまいました。

そこでケイトは「笹野さ~ん、そこにいらっしゃいますよね。」と大きな声で呼び「やめてください、中にいませんよ。」と告げる山際を無視し「笹野さ~ん」と呼ぶと、明奈が顔を出したのでした。

山際の部屋の中でケイトが「お付き合いされてる方がいるのに、なぜ山際さんはDNA婚活に参加なさったんでしょうか?」と尋ねると、山際は「自分たちのDNAマッチングは最悪なんです。この人がマッチングのいい人を選んだ方がいいとまた言うんで。だけど・・・。」と話すのです。

ケイトが「笹野さんがお好きなんですね。」と話すと、山際は「そうです。」と告げ自分たちはマッチング率が10%もいかないけど、明奈が好きだと訴えます。

明奈は自分たちのことを書かれると私がクビになるので、自分たちのことを書くのはやめてくださいとケイトに話すと、山際が立ち上がり「そしたらここで働けばいいよ!」と明奈に告げ「DNAがなんだ!結婚しよう。 10分の1の数字でも、自分が10倍努力するから、結婚してください。」と訴えるのでした。

明奈が「それは…。」と言い「だって10%もいかないんだよ、私たち。」と告げると、ケイトが「DNAの呪縛から抜け出した方がいいですよ。だって、10倍努力するなんて言ってくれる人いないですよ、この世の中に。」と伝えるのです。

しかし明奈は「でもDNAは違うって言ってるんです。」と否定すると、ケイトは「DNAなんて気にしないなんて言ってくれる人、DNA関係なしにプロポーズしてくれる人、そんなステキな人他にいませんって。乗り越えてくださいよ、逆境に負けないでください。」と訴えるのです。

続けてケイトは「DNAが何だっていう記事を書きたいと思います。」と2人に伝えるのです。

そんなケイトに明奈は「それは困ります。だったら昨日撮った写真の掲載はしないでください。」と告げるものの、ケイトは1人で盛り上がり山際の手を取り「頑張ってください。笹野さんだって山際さんのことを好きです。」と告げます。

続けて明奈の手を取り「DNAなんて関係ないって言ってくれる人、本当になかなかいませんから。」と訴え、2人に「いい話伺えました、ありがとうございました。」と告げ、部屋を後にし編集部に戻り記事を書いたのです。

ケイトの書いた記事は話題となり、記事になったDNA結婚相談所からクレームが入るものの、そこの会社も話題となり予約が殺到したのでした。

そんな夜ケイトは尾高の部屋を訪ね、「尾高さんがニュースカメラマンやめて、私たちがうまくいかなくなってた頃、なんで私にプロポーズしたの?」と尋ねると尾高は「ケイトを離したくなかったからだよ。」と答えます。

そして「だけど、そんな昔のこといまさらどうした?」と尾高が尋ねると、ケイトは「大事なことなの。私が乃十阿徹の子供だって分かってて結婚しようってたってこと?」と尋ね返します。

その問いに尾高は「うん。」と答えたのでした。

その答えを聞いたケイトは、泣きながら「何であの時気付かなかったんだろう…。 何でこの人を捨てて、ハル君に乗り換えたんだろう? 時間よ…、戻れ。」と思うのでした。

『知らなくていいコト』 2話まとめ・感想

今回、ケイトが乃十阿徹の子供だということが尾高を通じて母親の杏南から語られました。

それと同時に、自分中にある殺人犯のDNAが気になっているところに、DNA結婚相談所の、DNA婚活イベントというのは中々上手いストーリー展開でした。

今回ケイトは野中春樹に2人の関係を元に戻すことを求めましたが、春樹はその申し出を一蹴したばかりか、夜2人っきりになった時、ケイトを見る目が恐ろしいほどに冷たすぎていました。

そのころから、春樹は乃十阿の無差別殺人事件の被害者とか、なにか事件に関係するのでしょうか?それとも本当にただ単に子供のDNAが心配だっただけでしょうか?今後の2人の展開は気になるところですね。

また、既に結婚しているハズの尾高も、妙にケイトに優しすぎますね。結婚しているという話は編集部内でも出ていますが、一度も妻子が登場したこともありませんし、平気でケイトを部屋に招き入れていました。

ここまで優しすぎるのも、何か勘繰ってしまいます。もしかしたら、結婚自体がフェイクだったりするんでしょうか?そのあたりもまだまだ裏がありそうな気がします。

例えば尾高が、杏南から「乃十阿がケイトの父親だ。」と聞いていたこと自体が、自分にケイトを振り向かせるためについたウソだったりとか・・・考えすぎでしょうね。

それにしても、ケイト自身も過去に振った尾高に頼り過ぎなような気がしますね。結局春樹に冷たくされて、優しくしてくれる尾高が気になって来たということでしょうか?

まあケイトは母を亡くして間もないですし、春樹にも捨てられて心が弱っているでしょうから、ついつい逃した魚は大きかった的なことを思ってしまってもしょうがないんでしょうかね。

次週の予告を見ると、尾高が春樹に「最低だなお前。」と言っていたり、ケイトが乃十阿を訪ねたり、極めつけは尾高とケイトが・・・

今後の展開がどうなっていくのか非常に楽しみです。これは次回も見逃せませんね。

『知らなくていいコト』 3話あらすじ

殺人犯・乃十阿徹(小林薫)の娘だと知りながら、かつて尾高(柄本佑)がプロポーズしてくれていたことを知ったケイト(吉高由里子)は、当時何も知らずに春樹(重岡大毅)に心を移した自分を悔やんでいた。そんな中、週刊イーストでは年末年始合併号の準備が進む。黒川(山内圭哉)班は国民的な人気を誇る天才ダンサー“タツミーヌ”こと河原巽(大貫勇輔)の才能に迫る特集企画を担当。早速取材に出るケイトだが、ネット上で拡散した10年前のタツミーヌの動画が炎上したことで急遽取材中止の連絡が入る!問題の動画には老人に向かって暴言を放つ世間のイメージとはかけ離れたタツミーヌの姿が映っていて……。

編集長の岩谷(佐々木蔵之介)は記事の内容をタツミーヌの才能ではなく、本性に迫るものに方向転換して取材続行を指示。ネットの後追いで10年も前の出来事を掘り返すことに反対するケイトに取り合わず……。仕方なく本人直撃を狙うケイトだが、タツミーヌ叩きの報道が過熱する中、本人は沈黙を貫いたまま消息を絶ってしまう……。

一方、編集部には尾高が年末の挨拶に現れる。春樹は、あることを話すため、尾高を屋上に呼び出すが……。タツミーヌ探しが難航する中、ケイトはかつてタツミーヌがアルバイトをしていた店で意外な真相へと繋がる証言を聞く……。

引用:https://www.ntv.co.jp/shiranakuteiikoto/story/

『知らなくていいコト』 見逃し動画配信サービス

『知らなくていいコト』の見逃し配信はHuluでどうぞ。

配信内容、話数などの詳細はサイトにてご確認ください。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました