『恋はつづくよどこまでも』2話ネタバレ感想、魔王早くも勇者に屈するか?

お隣に住む天堂浬の部屋に、謎の美女が住んでいることを知ってしまった佐倉七瀬ですが、はたして天堂と同居している美女は誰なんでしょうか?

それでは『恋はつづくよどこまでも』2話について書いていきます。

『恋はつづくよどこまでも』の見逃し配信はParaviでどうぞ。

Paravi(パラビ)の評判は?長く使っているからわかるメリット・デメリット
Paravi(パラビ)の評判や使用感は?といったことが気になる方も多いことでしょう。ここではParaviの評判やメリット・デメリット、サービス内容や使用感について紹介していきます。 また、H...

『恋はつづくよどこまでも』2話あらすじ

5年振りに再会した天堂浬(佐藤健)が、偶然にも隣の部屋に住んでいることが分かり、有頂天となる佐倉七瀬(上白石萌音)。

しかしその直後、謎の美女・流子(香里奈)と一緒に住んでいると知り、七瀬は落胆。
さらには、なんと流子から強引に2人の“愛の巣?”に招かれることに…!?

初めて、天堂のプライベートな姿を垣間見て淡い妄想を膨らませる七瀬だが、天堂からは「うちの科にくるなら手加減しない」と一喝されてしまう。

そんな中、循環器内科に正式配属された七瀬は、天堂の下に付くことに。

天堂に一人前の看護師として認められたい七瀬だが、相変わらずミスを連発し、罵声を浴びせられていた。

一方、急な不整脈で入院中の家電量販店の従業員・神田光喜(金子大地)の緊急オペが決まる。

しかし、オペの不安からか、神田は食欲不振に…。

そんな神田に対し、天堂は投薬療法を見直し、食欲増進を図ろうとする。

七瀬は院内で開催するスペシャルイベントに神田を誘うことを思いつくのだった。

七瀬の優しい気遣いに、食欲と前向きな気持ちを持ちなおした神田は、退院後に七瀬へオススメの炊飯器を提案することを約束する。

笑顔を取り戻した神田の表情に安心する七瀬だが、オペの前に神田の容態が再び急変し…。

引用:https://www.tbs.co.jp/koitsudu_tbs/story/ep2.html

登場人物・キャスト

佐倉七瀬 … 上白石萌音
来生晃一 … 毎熊克哉
小石川六郎 … 山本耕史
結城沙世子 … 片瀬那奈
根岸茉莉子 … 平岩紙
石原こずえ … 瀧内公美
沼津幸人 … 昴生(ミキ)
酒井結華 … 吉川愛
菅野海砂 … 堀田真由
仁志琉星 … 渡邊圭祐
若林みのり … 蓮佛美沙子
流子 … 香里奈
小林文江 … 堀本雪詠
高津若菜 … 見上愛
中野藍 … 瑛蓮
大淵知子 … 原扶貴子
原静香 … 安藤聖

詳しい登場人物や相関図については1話をご覧ください。

『恋はつづくよどこまでも』1話ネタバレ感想、話題はドS魔王VS仮面ライダー
2020年1月期のTBS火曜ドラマである、円城寺マキの人気ラブコメマンガを原作とし、主役の佐倉七瀬を上白石萌音さんが演じ、相手役の天堂浬を佐藤健さんが演じる『恋はつづくよどこまでも』がスター...

2話ゲスト

神田光喜 / 金子大地

七瀬と天堂が勤める日浦総合病院の入院患者で、心臓にアミロイドが蓄積し機能が低下し発病するという難治性の病気「心アミロイドーシス」です。

ユウ / 大幡しえり

神田が思いを寄せていた女性です。

『恋はつづくよどこまでも』2話ネタバレ

流子に部屋へと呼ばれ、一緒に飲むことになった七瀬は、流子が天堂浬の姉であることを知ったのです。

そのことで、天堂とイチャイチャする妄想をしていた七瀬は、天堂に「なに人の部屋見てニヤニヤしてんだ。いいかお前、もし本当にウチの科に来る気なら、俺は一切手加減しない。ジャマするだけなら容赦なく切る。今ならまだ間に合う、切られるのがイヤなら、他の科へ行けよ。」と言われてしまいます。

そんな天堂に七瀬は「いきません…。看護師として、必ず戦力になります。」と告げ、天堂が部屋から出ると七瀬はなぜか「勝った…。」と思うのでした。

続きを読む

そんな中、循環器内科に配属となった七瀬をみんなは喜んで迎え入れるのです。

しかし循環器内科チームは、優秀な新人ナース・酒井結華が循環器内科を希望して来てくれたことを、七瀬以上に大歓迎するのでした。

複雑な表情をする七瀬に、副院長で循環器内科部部長でもある小石川六郎は、天堂の担当となることを告げました。

天堂は七瀬にに「本当に俺の下につくなら、今から言うことを守れ。 まず、患者さんには誠意を持って、不快な思いをさせない。自主的にどう動くか考える。それから、余計な期待はするな。今後、俺とお前がどうこうなる可能性は0.0001%もない。先に断っておく。」と告げるのです。

すると七瀬は「お言葉ですが、先生。この世に絶対なんてことはないと思います。」と告げるも、天堂に「ない!」と一喝されてしまうのでした。

その後七瀬は天堂の下でミスを連発してしまい、挙句の果てには採血後の針を自分に刺してしまうという大失態を犯してしまい、感染対策室へいくことになりました。

そんなことがあったため、天堂は酒井結華を連れ、回診を再開するのです。

一方、急な不整脈で入院中の家電量販店の従業員・神田光喜は、心臓の状態が良くなく、オペも決まったことから、不安を抱え食欲も落ちているのです。

七瀬はなんとか神田に食欲を取り戻してもらおうと、神田が着ているパーカーの絵から海好きだと思い、病院のハワイアンデーイベントに連れてきて特別食を提供するのです。

「海お好きなんですよね。」と告げる七瀬に、神田は「これは近所のスーパーで適当に。」と特に南国の海好きではないと伝え、「なんかすいません。」と謝ると、七瀬も「私の方こそ当てずっぽうですみません。」と謝るのでした。

そんな風に七瀬と話しをしている内、神田はお腹がすいてきたと言い、特別食をバクバク食べ始めたのです。

その後七瀬は天堂に「あまり一人の患者に深入りするな。」と注意されるのでした。

そんな中、突然神田の不整脈が悪化し、カテーテル手術による治療をすることになったため、七瀬がサポートを名乗り出るものの天堂に却下され、酒井が外回りの担当をすることになったのです。

カテーテルで、不整脈の原因となっている箇所を焼き切るアブレーションは無事に成功しました。

七瀬はオペ室から出てきた酒井に「すごいね酒井さんは。」と話すと、酒井は「私は勉強したい。あなたは好かれたい。その違いじゃない?」と伝えるのでした。

そんな中神田の正式なオペの日程が決定したため、七瀬は自分にも立ち会わせてほしいと願い出るものの、天堂に「お前がいても邪魔なだけだ」と断られてしまいます。

しかし七瀬は「現場で勉強しないと、いつまでたっても邪魔な岩石のままです。」と食い下がると、天堂にバックアップでの立会を許されたのでした。

いよいよ神田のオペがはじまるという直前になって再び神田の容体が悪化し、心室細動となってしまったのです。

その時七瀬は他の患者の買い物に出ていて不在でした。

七瀬が病室に戻ったときには、もう神田は運ばれたあとだったので、七瀬は急いで手術室へと向かうのです。

手術室では天堂たちが、再び神田の心臓を動かすべく心臓マッサージや電気ショックなどの処置をしていましたが、VF状態が続いていたのです。

結局、そのまま神田の心臓が動き出すことはなく、亡くなってしまったのでした。

その数日後七瀬の元に、神田が想いを寄せていたユウが訪ねてきて、神田が準備してくれていた、七瀬へのお勧め炊飯器に、ビッチリと商品の特徴を書いた付箋を貼ってあるカタログを手渡してくれたのです。

そのカタログを見た七瀬は、目に涙を浮かべるのでした。

神田の死に打ちひしがれた七瀬は、その日の夜家の前で倒れてしまいます。

その時偶然外へ出てきた流子が七瀬を見つけ、部屋まで運び入れてくれて寝かせてくれたのでした。

その後目を覚ました七瀬の横には天堂がいて、七瀬に「その様子じゃろくに食ってないな。微熱、顔色が悪い。血糖値もかなり下がってるんじゃないか?」と言い、続けて「まだ寝てろ、こういう別れ方もある。」と言って慰めてくれたのです。

七瀬は「信じられない、神田さんがもういないなんて…。私は最後、見てることしかできなくて…、何の役にも立たない…。先生の言う通り向いてないです。もう辞めます。こんなにつらいなんて思いませんでした。辞めます。」と天堂に伝えます。

そんな七瀬を天堂は抱きしめ「みんなそうだ。みんな今はつらい。それでも前に進む。進むんだ。」と告げるのでした。

それでも泣きじゃくる七瀬の背中を天堂はやさしくさすってくれるのです。

そして「ちゃんと食べて寝ろよ。」と七瀬をそっとベッドへ戻すと、七瀬は「なんでですか?あんなに言ってたのに。」と伝えます。

すると天堂は「お前は天童担だろ。」と告げ、部屋を出て行ったのです。

その後カバンを忘れたことに気付いた天堂が七瀬の部屋を再び訪れると、そこには来生晃一の姿があったのです…。

『恋はつづくよどこまでも』2話感想・まとめ

このドラマはラブコメという目でみていたので、ひたすらドタバタするだけかと思っていましたが、医療部分のストーリーもしっかり見ることができました。

また、軽い感じの主人公に対して、チクリと一撃を入れる吉川愛さんが中々いい味をだしていて、彼女がいるからこそまた主人公も引き立っていますね。

そしてなんだかんだ言いながら、七瀬もしっかりと患者に向き合い、ノートなんかもつけてましたし、食欲のない神田のためにイベントに連れ出し、食欲を取り戻してもらおうとしていたりと、頑張っていたと思います。

それだけ神田に入れ込み過ぎたため、後のショックも大きくなってしまったんでしょうね。

一方入院患者の神田ですが、原作でも亡くなっていましたのでいつかは亡くなるとは思っていました。

しかし演じているのが金子大地さんなので、もう少し出番があるんじゃないかな?とも思っていましたが、意外にも早くも亡くなってしまいました。

このあたりの七瀬の奮闘ぶりや、神田が亡くなってからの「もういないなんて」と七瀬が苦しむ姿は、その気持ちが分かるだけにしんみりとさせられました。

さらに、なんとなくなんですが、人が欲しがるものが欲しくなるというシュークリーム作戦を手助けしてくれている来生先生ですが、実はガチで七瀬のことが気になっているような気がしてしょうがないんですが・・・

まあ、3話のあらすじではまだ「シュークリーム作戦」と言ってますが・・・。

そして、今話には仮面ライダージオウのヒロイン・ツクヨミ が・・・

『恋はつづくよどこまでも』3話あらすじ

佐倉七瀬(上白石萌音)が倒れたと聞き心配でお見舞いにきた来生晃一(毎熊克哉)と、七瀬の部屋に忘れた鞄を取りに来た天堂浬(佐藤健)が鉢合わせ、その状況に七瀬は動揺を隠せずにいた。

来生は自分が七瀬を看病するから天堂には帰っていいと促すも、それは来生の「シュークリーム作戦」。

作戦は成功し、なんと七瀬は部屋で天堂と一晩2人きりに…。

翌日、目が覚めると天堂の姿はなく、病院ではいつも通り天堂に厳しく指導される日々が始まる。

しかし天堂を意識してか、針を得意としていた七瀬は、入院患者の巣鴨をはじめ、立て続けに注射の針刺しに失敗してしまう。

患者からの目も同僚からの目も厳しくなる中、天堂には研修医時代を一緒に過ごした恋人がいたという過去を知ってしまい…。

複雑な思いを隠しきれない七瀬だが、一人前の看護師として認めてもらうため、注射の練習を始めると、来生が腕を貸し練習台に。

同じく研修医時代に仲が良かった来生から、当時の様子を聞いた七瀬は…。

一方、仁志琉星(渡邊圭祐)は映画館で出会って一目ぼれした流子(香里奈)と院内で再会することに。

実は仁志の上司である結城沙世子(片瀬那奈)と犬猿の仲だったことが発覚!?
仁志の恋の行方に暗雲が立ち込め…。

引用:https://www.tbs.co.jp/koitsudu_tbs/story/

『恋はつづくよどこまでも』見逃し配信

『恋はつづくよどこまでも』の見逃し配信はParaviでどうぞ。

配信内容、話数などの詳細はサイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました