『知らなくていいコト』4話ネタバレ感想、5話・重岡のキスが話題!?

2020年1月6日、校了日を迎えた週刊イーストは、全員徹夜作業でようやく校了となりました。

1月1日に乃十阿徹が住む自転車屋へケイトは言ったものの、店から出てきた乃十阿は、ケイトを見ると再び家の中へと戻って行ったため、自転車屋を後にしました。

ケイトは「年末年始の休みは怖い、なんであんなところへ行ってしまったんだろう。」と思うのでした。

全話あらすじ・ネタバレはこちらからどうぞ

『知らなくていいコト』 4話あらすじ

正月休みに乃十阿(小林薫)のいる街を訪ねたことで心を乱されたケイト(吉高由里子)。

しかし校了直後に起きた事故の緊急取材に駆り出され、相変わらずの忙しさの中で仕事モードに切り替える。

無事入稿を終えた翌日、バスの中で女子高生たちがカリスマ塾講師“ジーザス富岡(新納慎也)”の話で盛り上がっているのを耳にしたケイトは、難関医学部の小論文の問題をジーザスが3年連続で当てたという話に興味を持ち、詳しく話を聞くことに。

女子高生の彼氏でジーザスの少人数制の“特Aコース”を受けて去年医学部に合格した大学生・向井翔(井上瑞稀)を取材したケイトは、月謝30万の“特Aコース”の受講生の合格率が100%と聞いて疑念を持つ。予備校は対外的には『70%』と公表しているのだが……。

早速黒川(山内圭哉)にネタを上げたケイトはジーザス周辺の取材へ。

一方、編集長の岩谷(佐々木蔵之介)とデスクたちの会議では連載班がジーザスの新刊インタビューを企画していることが発覚。岩谷は翌日春樹(重岡大毅)が行く予定だったインタビューにケイトも同行させることに。

そんな中、尾高(柄本佑)のスタジオを訪ねたケイトは、30年も前の乃十阿の事件に尾高が興味を持ったきっかけについて意外な話を聞く……。

さらに、ジーザス周辺のスクープを狙って特集班総出の張り込み計画がスタートする……!

引用:https://www.ntv.co.jp/shiranakuteiikoto/story/04.html

登場人物・キャスト

真壁ケイト … 吉高由里子
尾高由一郎 … 柄本佑
野中春樹 … 重岡大毅(ジャニーズWEST)
真壁杏南 … 秋吉久美子
岩谷進 … 佐々木蔵之介
乃十阿徹 … 小林薫
黒川正彦 … 山内圭哉
東山秀則 … 本多力
倉橋明美 … 小林きな子
鮫島裕二 … 和田聰宏
小泉愛花 … 関水渚
佐藤幸彦 … 森田甘路
小野寺明人 … 今井隆文

登場人物についての詳細はこちらからどうぞ

4話ゲスト

ジーザス富岡 / 新納慎也

栄進ゼミナールのカリスマ人気講師です。東源出版で本を出版するため、春樹が取材をする予定です。

向井翔 / 井上瑞稀

昨年度ジーザス富岡の特Aコースを受講し、医大に合格しました。

テレビ局のディレクター / 望月理恵

ケイトたちに、ジーザス富岡が番組にレギュラーで出演することを話してくれました。

『知らなくていいコト』 4話ネタバレ

新刊インタビューのためジーザス富岡に会いに行く春樹についていくことになったケイトは、取材方針の違いで編集部内で春樹と口論となります。

ケイトが席に着くと編集部から尾高が出て行く姿が見えたため、尾高を追いかけ「今夜スタジオいる?正月、乃十阿徹に会いに行ったの。会社じゃ話せないから行ってもいい?」と尋ねると、尾高は「わかった。」と答えるのです。

その様子を春樹は物陰で見ていたのでした。

続きを読む

その日の夜、ケイトは尾高のスタジオで、乃十阿の自転車屋へ行った時に乃十阿と目が合ったことを告げ、「ジーって見てた私のこと。怖い顔して。」と話します。

そして「スタインベックを研究していた大学教授だったなんて到底見えなかった…。 ママが愛した人って言われても全然。」と伝えます。

そんなケイトに尾高は「25年も刑務所に入ってたら、変わってしまうさ誰だって。」と告げます。

ケイトは尾高に「あの自転車屋の場所知ってたでしょう。ねえもう全部教えて、全部話して。尾高さんこそ、乃十阿徹と話したことあるんじゃないの?」と尋ねると、尾高は「あるよ。」と答えます。

3年前、尾高が乃十阿徹を追いかけていた時、乃十阿に声を掛け、「本当に25年前に人を殺したんですか?」と尋ね、「これからもあなたの写真を撮らせてもらえますか?また弁護士さんを通じて連絡させてもらいます。」と伝えたと話すのです。

ケイトが「そんなに乃十阿徹に興味を持ったのはなんで?」と尋ねると、尾高は「毒草ハリヒメソウを飲み水に混入し、2人殺し、3人も後遺症が残るほどの重傷を負わせたのに、一切動機を語らず、でも罪は認め、25年も服役したっていう犯人に、違和感を覚えたからなぁ。」と告げます。

ケイトが「冤罪かもしれないってこと?」と尾高に尋ねると、尾高は「いや、罪は認めているんだから、冤罪ではないけど…。まあ本当のことは乃十阿本人にしか分かんないんだ。」と伝えると、ケイトは「私の父親が殺人犯じゃないといいな。」と呟くのです。

ケイトは「もう一つ聞いていい?これ聞いたら帰るから。」と言い「尾高さんがニュースカメラマン辞めたのはなんで?」と尋ねると尾高は「向いてないと思ったんだよ。」と告げるも、ケイトは納得しませんでした。

ケイトがさらに問い詰めると尾高は「人間関係がどうであろうと、追いかけようと思ったものは追いかける、それがジャーナリストであり、ニュースカメラマンだろ…。」と話し始めます。

そして「だけど、そういうの俺にはできないなって思ったんだ。カメラマンって、レンズに写ったものと、自分の心って案外遠いんだ。目の前に死にそうな人がいても、助けるよりもシャッターを切ることの方が大事じゃないとできない仕事なんだよ。」と告げます。

続けて「もっと言えば、撮っちゃった写真には責任感を感じないっていう図々しさがないとダメだ。だけど、お母さんの話し聞いて考えが変わった。今、レンズの向こう側に乃十阿徹が現れたら…、冷静にはシャッター切れないなって思ったんだ…。 そんなぬるい自分に幻滅した…。」と伝えるのでした。

ケイトが「私とママがいなかったら、尾高さんニュースカメラマンを辞めてなかったんだ。もっともっと世界に羽ばたいてたかも知れない…。 ごめんなさい」と謝ると尾高は「なに自惚れてるんだバカたれ。」と答えるのでした。

尾高のスタジオからの帰り道、ケイトは「尾高さんを手放した私は、本当に大馬鹿野郎だな。」と心の中で呟くのでした。

翌日ケイトと春樹がジーザスと話しをすると、その日予定されていた特Aクラスの授業が急遽休講になったと聞かされます。

その後春樹は、ジーザスが出版する本の著者インタビューを始めます。

ケイトはインタビューを遮り「特Aコースはなぜ休講になったんですか?」と尋ねると、ジーザスは校長に目をやります。

校長が首を横に振ると、ジーザスは「降りてこないんですよ。」と小論文のテーマが降りてこないと言い「今日は生徒に何をどう指導していいのか見えないんですよ。そんな日にやるのは生徒に失礼でしょ。」と伝えるのでした。

その後慶英大学へ話を聞きに行ったケイトは、試験の問題は2パターンあり、どちらが使われるかは当日まで分からないと聞かされます。

さらに医学部の小論文のテーマは現在10個あり、まだ2つに絞れ切れておらず、近々医学部長が2つに絞ると言うのです。

そこでケイトは医学部長の生方康三に話を聞かせて欲しいと告げると、生方は現在入院中だと聞かされたのでした。

編集部に戻ったケイトは編集長とデスクに、生方医学部長が入院しているため、小論文デーマが2つに絞り切れておらず、そのためジーザスの特Aクラスが休講になったとすれば辻褄が合うと話すのです。

そして「ジーザスさん土曜日に振り替え授業をすると言ってるんですから、もし問題漏洩があるとすると、今日から土曜日の朝までに何か必ず動きがあるハズです。」と告げます。

そこでジーザス、医学部長、予備校校長の3人を張り込むことになったのでした。

初日は全く動きがなかったものの、翌日になると校長や医学部長が動き始めたのでした。

校長は医学部長が入院している病院ロビーで、紙袋を横に置いて座っていました。

医学部長は校長が持っている紙袋と全く同じ紙袋を持って、校長の後ろに近付き、素早く紙袋を交換し、去って行ったのです

周りの取材班は誰もその現場をカメラに収めることが出来なかったものの、ケイトは校長の前の席に座り、その時の様子をスマホで動画に収めていたのでした。

その後特集班の柴崎が医学部長の後を追い、エレベーターの中で紙袋の中の現金を確認しました。

その連絡を受けたケイトはジーザスの元へ直撃取材をしようとするのですが、編集長の岩谷は名誉棄損にならない証拠が必要だと、ケイトの直撃取材を止め編集部へ呼び戻したのです。

ケイトが編集部で腐っていると、鮫島班の木嶋が慌ててやってきて、鮫島に「サメさん、文科省、大学教育区の人間が、局長と、慶英大学医学部長とのやりとりを、録音してました。 医学部の新キャンパスの許可が、ワイロ渡してます。」と伝えます。

その報告を受けた編集長の岩谷は「小論文のテーマ漏洩の代金として、帝進ゼミナールの神崎校長が生方医学部長に支払った金は、文科省大学教育局長に流れている…。 証拠は固まった。 明日、大学局長、生方医学部長、神崎校長そしてジーザス、4人同時に直撃をかける。連絡を取り合う時間を与えてはならない。4人同時にかけるんだ。」と全員に指示します。

続けて「待たせたな、ケイト。」と岩谷が伝えると、ケイトは「どうも!」と元気な声で返事をするのでした。

翌日ケイトはジーザスに直撃取材するものの、ジーザスは口を閉ざしてしまいます。

食い下がるケイトはジーザスに「あなたが事前に問題を漏らさなくても、自力で合格できたかも知れない学生だって不正入学をした学生にしてしまうんです。それ酷くないですか?あなただってつらくないですか?」と訴えます。。

するとジーザスが「世の中には知らなくていいコトだってあるんだよ。」と答えたため、ケイトは「知らなくていいコト?それはつまり、不正に問題を入手しことを認めたということですよ。」と伝えます。

「いいがかりだよ、それ。」と話すジーザスにケイトは「今同時に、生方医学部長、神崎校長、文科省大学教育局長のところに別の記者が証拠の映像と録音データを突きつけています。」と告げます。

「文科省?」と驚くジーザスにケイトは「神崎校長から生方医学部長に流れたお金は、最終的に文科省に流れています。慶英大学大学医学部新キャンパス認可のワイロとして。」と言い「あなたはただ利用されていただけなんです。あの人たちがそれを認めたら、あなたはもう逃げられません。」と伝えるのでした。

栄進ゼミナールを後にしたケイトは足取りも軽く編集部に帰っていきます。

久しぶりの大スクープに編集部ではみんなが忙しく働いていました。

そこにやってきた尾高にケイトは「世の中には知らなくていいコトがあるんだって言ったの、ジーザス富岡は。 でも私には知らなくていいコトなんてないの。」と告げます。

尾高は「みんな話したけどもう。」と告げ、その後ケイトと尾高の2人は乃十阿徹が事件を起こした犯行現場を訪ねたのでした。

『知らなくていいコト』 4話まとめ・感想

今回の4話で初めて週刊イーストで特ダネらしい特ダネをスクープして、ようやく雑誌記者のお仕事ドラマらしい内容となっていました。

それでも学校長と医学部長が特になんのひねりもなく直接つながっているとか、あんなすぐ近くで堂々とケイトがスマホで動画撮影してても誰も気付かないとか・・・なにかWifiやbluetooth接続の小型カメラで撮影するとか、もっと良い方法があったんじゃないかなと思ってしまいましたね。

しかしそこからケイトを一旦引き上げさせ、その後他班が入手した文科省大学教育局長の情報を元に、4人同時の直撃取材へと物語が進んでいく流れは楽しめました。

また、今回も春樹の嫌なヤツっぷりは健在でしたが、ネット上ではそのことより、次週の予告映像での、関水渚さん演じる小泉愛花とのキスシーンの方が話題になっているようですね。

そして肝心の乃十阿徹が起こしたとされる無差別殺人事件ですが、乃十阿は犯行は認めているものの、動機を一切語っていないということです。

本当は乃十阿は誰かを庇っているんじゃないでしょうか?

ひょっとしたら、幼いケイトがなにも知らず無邪気にハリヒメソウを飲み水に入れちゃったとかなんとか・・・。

そして次週、元警察署長の沖田秀則が、実の孫を殺害した罪を認め反論しないということや、その事件にはなにか本当の動機があるのでは?ということと乃十阿の事件とが繋がっていくのではないでしょうか?

『知らなくていいコト』 5話あらすじ

30年前に乃十阿(小林薫)が事件を起こしたキャンプ場を尾高(柄本佑)と共に訪れたケイト(吉高由里子)。未だに動機不明の事件に思いを馳せ、複雑な気持ちを抱く……。
翌週、記事のネタを求めて元警察署長・沖田秀則(勝野洋)がスパルタ教育の末に実の孫を殺害したとされる事件の判決を傍聴したケイトは、罪を認め反論しない沖田の姿に直感的に引っかかるものを感じる。

ケイトは沖田本人に面会を取り付けることを黒川(山内圭哉)に宣言し、早速事件の周辺取材へ。

近隣住民から沖田のスパルタを裏付ける証言がある一方で、「孫を甘やかしすぎだった」という報道とは逆の証言にも行き当たる。事件の“本当の動機”を知りたいと思うケイトだが、頑なにマスコミを避ける沖田からは面会申請を断られてしまう。

そんな中、編集部では連載班の小泉(関水渚)が春樹(重岡大毅)に交際を申し込んでいた!春樹はケイトと尾高の関係が気になるが……。

そして、沖田に殺された孫・弘人の周辺を取材していたケイトは、事件の新たな情報を手にする。さらにスクープへと繋がる糸口は意外なところに隠されていて……。

岩谷(佐々木蔵之介)は沖田本人と話す機会を得るため弁護士の接見について行くようケイトに指示するが、真実への道のりは甘いものではなかった……。

引用:https://www.ntv.co.jp/shiranakuteiikoto/story/

『知らなくていいコト』 見逃し動画配信サービス

『知らなくていいコト』の見逃し配信はHuluでどうぞ。

配信内容、話数などの詳細はサイトにてご確認ください。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました