『病室で念仏を唱えないでください』3話ネタバレ感想、松本穂香キックで八つ当たり

運転中にノーブレーキで壁に激突し、搬送され入院していた宮島隆弘は、点滴やセンサーを外して病室を抜け出して行ったのです。

翌日、医局で救命救急センターのスタッフルームで休憩時に雑談をしていた医師たちに、宮島がいなくなったという知らせが届くのでした。

全話あらすじ、ネタバレはこちらからどうぞ。

1,『病室で念仏を唱えないでください』3話あらすじ

束の間の休息で救命救急センターのスタッフルームで雑談する松本(伊藤英明)や三宅(中谷美紀)のもとに、看護師の堀口(土路生優里)が駆け込んできた。

交通事故で搬送されてきた患者・宮島(ナオト・インティライミ)が、いなくなったというのだ。みんなで手分けして探していると、中庭で倒れている宮島を三宅が発見した。ICUに戻り松本は「なぜ病院を抜け出したのか」聞こうとするが、虚ろな表情の宮島は謝るだけ。

その様子を心配する松本は、三宅に「宮島は“鬱”ではないか」と相談するが、松本の行動は救命医の使命の域を脱していると非難し、言い争いになってしまう。

そして三宅は、松本の救命医の使命の一線を超える行動について中庭で思案していると、そこに20年来の付き合いの消防隊員隊長・藤森(宇梶剛士)と出会い、話を聞いてもらうのだった。

ある日、救命救急センターに男性患者が運ばれてくる。その場ですぐに開胸手術が必要と判断した松本は、心外に支援要請するが、駆け付けてきたのは児島(松本穂香)一人だった。

執刀医の経験が浅い児島はひるむが、松本が手助けするからという言葉を信じ執刀を決意するが児島はひるんでしまう。

一方で、執刀中だった濱田(ムロツヨシ)のもとに児島の手術の話が入り、松本に嫌味たっぷりの不満をぶつける。

そこに、自殺を図ったと思われる男性が運ばれてくる。それは、先日退院したはずの宮島だった。

夜になり、救命救急センターに、ドクターカーの出動要請が入る。松本と三宅が駆け付けると、会社の倉庫で火災が発生し、数人のケガ人が出ていた。さらに、二次災害が起こり意識不明の消防隊員が運ばれてくるが…。

引用;https://www.tbs.co.jp/nembutsu_tbs/story/v3.html

2,登場人物・キャスト

松本照円(照之) … 伊藤英明
三宅涼子 … 中谷美紀
濱田達哉 … ムロツヨシ
児嶋眞白 … 松本穂香
澁沢和歌子 … 余貴美子
玉井潤一郎 … 萩原聖人
田中玲一 … 片寄涼太
藍田一平 … 堀内健
長見沙穂 … うらじぬの
堀口瑠衣 … 土路生優里
清掃員のおばちゃん … 宮崎美子
宮寺憲次 … 泉谷しげる
宮寺あや … 土村芳

登場人物についての詳細はこちらからどうぞ

2-1,3話ゲスト

宮島隆弘 / ナオト・インティライミ

運転中にノーブレーキで壁に激突し、搬送されあおば台病院に入院していた患者です。やがて退院していきますが、自殺を図り再び救急で搬送されてきました。

藤森貴文 / 宇梶剛士

消防隊員隊長の体調で、三宅とは研修医時代から20年の付き合いがあります。まもなく60歳となり定年を迎える予定です。

宮島佳菜 / 朝見心

宮島隆弘の奥さんです。

3,『病室で念仏を唱えないでください』3話ネタバレ

仕事を終えた松本照円はいつものようにスポーツジムでひと泳ぎして、その後若い女性と目が合いニヤニヤしていました。

するとそのすぐそばで「左利きで悪かったね! いやがらせすんなっつーの! データデータうるせえんだよ濱田!」サンドバックを思いっきり殴ったり蹴ったりと怒りをぶつけていた女性がいたため、松本はそっと近づいていきました。

続きを読む

その女性は心臓外科の医師・児嶋眞白で、近くで唖然としている松本を見つけ「ゲッ、ドクター坊主。」と呟くのでした。

その後松本が「溜まってんだね。」と言うと、児嶋は「いや、濱田先生が来る前は、執刀も任されるようになってたんですけど、濱田先生が来てからは、病棟勤務に行くことが増えてて。」と告げます。

「まあ執刀しないと、腕は上がんないよな。」と松本が言うと、児嶋は「一度、濱田先生のオペで前立させてもらったんですけど、私トロくて左利きだし、呼吸が合わなくて、イライラさせちゃって。」と言いそれから干され気味だと伝えるのです。

松本が「濱田先生は腕は一流かもしれないけど、ハートは二流三流五流」と話すと児嶋は「悪い人じゃないですよ。」と言い、「オペ件数も多くて、たくさん働いてますし。だから他の人は、言えない空気って言うか圧があって。」と告げます。

さらに「そんな人に“君、医者だろ?”って上から言われちゃうと、もう言い返せなくて。」と言い、「本人は俺良いこと言ってるという感じだし、意外と嫉妬深くて他の人の悪口言ったりするし。でも褒められるの好きだから、意外と単純なんですよね。」と話します。

その話を聞いた松本は、自分の行動を振り返り、自分と全く同じだと感じたものの、慌ててその考えを振り払ったのです。

その翌日も救命救急センターには次々と患者が搬送され、松本たちは忙しく働いていました。

そんな中、大動脈損傷の患者が搬送されてきたため、心外に連絡をすると児嶋が執刀医は誰もいないと言いにきたため、松本は児嶋に下行大動脈置換手術を依頼するのです。

2回しか経験がないと話す児嶋に、松本は自分が前立をするからと児嶋を説き伏せ手術を開始することになりました。

しかし緊張やプレッシャーにより手が止まってしまった児嶋に対し松本は、「怖いよな、ミスったら患者は死ぬ、ミスらなくても、今 瘤が破裂したら終わりだ。やめるか?」と話すと児嶋が首を振ったため「だったら腹くくれ。今君がいるのはそういう場所だ。」と話すのです。

その言葉で我に返った児嶋は、その後のオペをスムーズに進め、無事に手術を成功させることができたのでした。

そんな中、救急で自殺を図った男性が運ばれてきたため、三宅が声を掛けながら顔を見ると、先日退院した宮島でした。

自宅の風呂場で硫化水素を発生させ、意識障害となった宮島は、VFから心停止となったものの、必死で治療をした結果どうにか再び心臓が動き出したのでした。

松本たちがスタッフルームで束の間の休息をしていると、再び緊急コールが入り、ドクターカーの要請があったのです。

火災現場には怪我人が数名いるという連絡に、松本と三宅が現場に向かうと、続々と患者が運び出されてきたため、2人はトリアージにあたり救急車での搬送を急がせます。

すると消防隊が、救助の際に火の中で倒壊したパネルの下敷きになっていて意識不明の重体となった、三宅と20年来の知り合い・藤森隊長を運び出してきたのです。

病院へ搬送した藤森隊長を調べると重度の気道熱傷と一酸化炭素中毒で、100を超えると助かるのが厳しいという、PBI(熱傷予後指数・熱傷患者の死亡率を予測する指数。)は110だったのです。

その後心停止となった藤森を三宅が必死に心臓マッサージを続けるものの、藤森の心臓は動き出すことはなく、亡くなってしまいました。

急いで駆けつけた藤森の妻は藤森に「お父さん、お疲れ様。これでもうよく眠れるね。」と言い、続けて「この人、助けられなかった人の夢見て、飛び起きる夜もあって…。 ぐっすり寝てね、お父さん。」と告げます。

その時三宅は、以前藤森が言っていた「たとえ無茶でも、火の中飛び込んじまったほうが楽なんだ俺は。その方がよく眠れる。悩まず毎晩ぐっすりだぁ。」という言葉を思い出し、一人廊下へ出て行って、涙を流して座り込むのでした・・・

ーー

そんな中自殺を図った宮島が、ようやく目を覚ましたので、三宅が宮島の様子を見にいきます。

三宅は宮島に「もう抜け出さないでくださいね。」と言い「この前どうして中庭にいたんですか?」と尋ねると、宮島は「僕は産業エンジニアやってまして…。 好きで就いた仕事だったんですけど…。 上司が変わって、お前は何の価値もない人間だって言われるようになって…。 事故もボーっと仕事のこと考えてたら…、気付いたらぶつかってて…。 まさか助かるとは…。」と告げます。

三宅が「頑張って助けましたから。」と話すと、宮島は軽く笑い、続けて「ここにいたら医療機器の音がどうしても気になって、仕事のことを思い出して、眠れなくなって。 ただここから逃げたくて、歩いてたら中庭に…。」と話します。

そして「退院して頑張ろうと思ったんです。でもまた、あの上司のいる会社に戻るのかと思ったら…。 病院じゃ僕なんかより大変な人が、頑張って生きてるのに、僕なんか…。 生きてる価値あるのかなって。」と伝えるのです。

三宅は「病気も怪我もなくても、ただ生きてるだけで、しんどい時もありますよね。」と告げると、宮島は「お医者さんでもあるんですか?」と尋ねます。

三宅は「人間そういうものらしいですよ。仏の話しによると…。」と言い「でも、あなたが自殺したら、あなたの周りの大事な人たちが、眠れなくなるんじゃないですか? 生きてるのがつらくなる…。 上司がなんと言おうと、奥さんにとって宮島さんは、宝物です…。 あなたがやろうとしたことは、あなたの上司と同じこと…。 人の、奥さんの気持ちを考えていないと、私は思います。」と訴えるのでした。

その後松本がチャプレンとして宮島のベッドにやってきて「生まれて、老いて、病になって、死んで…。 そもそもこの世に生まれて生きて行くこと自体、苦行なんです。」と告ます。

すると突然宮島が笑い出し「三宅先生の言った通りだなと思って…。 さっきお話して、松本先生はが、きっとありがたいお話をしに来るだろうって…。 ごくまれに役に立つこともあるから、いいとこ取りすればいいって。」と話すのです。

そして宮島は松本に「今は自分のため、妻のため、キチンと心の治療をして、ジタバタするだけしてみようと思います。」と伝えるのでした。

その後松本は、中庭で寝ている三宅を訪ね「ごめん…。」と三宅に謝り「三宅先生も患者を思う気持ちは同じで、僕は自分の考えを、押し付けて。」と言いかけます。

すると三宅は「みてこれ、杉苔」と言い「一線、たまには超えて、感情で動いてみてもいいのかもね? どの道眠れない夜があるなら。」と告げ横になるのです・・・

ーー

その後松本は児嶋に「あっ、そう言えばあのあと大丈夫だった?クソ濱田先生?」と尋ねると、児嶋は「いえ、まあ…。 病棟勤務は続いてますけど。」と答えます。

松本は児嶋に「なあ、救急に来ないか?」と言い、児嶋をアーナンダに例え「アーナンダと言うのは、お釈迦様と最後まで一緒にいた弟子で、そのお釈迦様にも示唆を与えた。」と伝えるのです。

そのころ濱田は児嶋に執刀させることを決め、児嶋の元へ向かうのです。

丁度その時、救急に血管損傷の患者が運ばれたことで児嶋が呼び出されたのです。

濱田が児嶋に「児嶋先生、折り入って重要な話が…」と告げると、児嶋は「すいません、救急、救急に!」と告げ、去っていきました。

4,『病室で念仏を唱えないでください』3話まとめ・感想

今回は2話から登場した割には前回は最後のワンシーン以外全く触れられることなく終ってしまったナオト・インティライミさんと、今回のゲスト宇梶剛士さんの物語が、上手く平行してストーリーが作られていて、どちらの物語も涙を誘われました。(涙腺がユルユルなのもありますが。)

一方は自らの死を望み命を絶とうとしながら救われると共に生きる力を与えられて、もう一方は他人の命を救いながらも自らの命を落としてしまうという相反する2人を描いた物語でした。

ナオトさん演じる宮島隆弘は元々希死念慮があったために、自動車でノーブレーキで壁に激突してしまったようです。

松本は宮島の行動や言動などから鬱を疑ったようですが、入院中の短期間で精神科医ではない救命医が判別するのは難しいのでしょうから、三宅のような反応になるのもしょうがないことでしょう。

また三宅は、すべての患者を救おうと、なんでもかんでも患者を受け入れ、何が何でもどんなことをしてでも助けようとする松本に対し、少し苛立ちのようなものも感じていて、つい松本を非難してしまったのではないでしょうか。

しかしそこから三宅は、20年来の知人で宇梶剛士さん演じる藤森貴文の事故を受けて、何としても助けたい死なせたくないという思いがこれまで以上に強く出てきたことと、最終的にその死を受け入れざるを得なかったことから、「たまには一線を超えて感情的に動くのもいいのかもね」と心が移って行きました。

それがあったからこそ、三宅は一段階前へ進むことができ、宮島を前向きにさせることができたのでしょう。

一方相変わらず対立を続ける松本と濱田ですが、今回も言い方はかなり嫌味な部分はありますが、濱田の言い分は正しいですよね。

ただ人間という生き物は正論だけだと息苦しくなって、松本のような感情で動く生き方に惹かれる人も出てくることでしょう。

今回の児嶋眞白がいい例で、心臓外科医として一番必要なのは知識と技術だと言うことが分かっていても、1分1秒を争う救急の場で命を救うことにやり甲斐を感じてしまったのでしょうね。

今回も、濱田はかつて倒れている人を助けようとしていた時に松本に押しのけられ、どやしつけられたことを思い出していました。そして「ホント、トラウマだよ」とまで話していました。

今後のこの2人の対立がどうなっていくのか、また児嶋はどちらの道にすすんでいくのか、非常に気になります。

話は変わりますが、今回濱田がモロッコ風ちまきが何味なのかを後輩の瀬川に聞きにいかせるところが面白かったですね。自分が行かせたくせに後ろの人に「詰めて詰めて」とか。

5,『病室で念仏を唱えないでください』4話予告・あらすじ

緊急オペを終えスタッフルームに戻ってきた松本(伊藤英明)はじめとする救命救急のスタッフたち。松本は、心臓血管外科医の児島(松本穂香)が駆け付けてくれたおかげで手術は成功したと感謝を伝える。

だが、疲労困憊の吉田(谷恭輔)や研修医の田中(片寄涼太)から、「すべての患者を受け入れたい」という松本の考え方を反対される。それは、部長の玉井(萩原聖人)や三宅(中谷美紀)、ヘルプで参加した整形外科医の藍田(堀内健)も同意見だった。

松本は「全ての命を漏らさず救済する千手観音のように…」と自らの意思を語るが、サトリ世代の田中には全く通じず、言い合いになってしまう。

その夜、手術が成功しホッとしていた児島に、濱田(ムロツヨシ)から「今後は第一助手に入ってもらうから、救急に関わるのはやめるように」と宣告される。

同じ頃、救命救急センターに階段から転落した長沢功一(本並健治)という患者が運ばれてきた。術後の後遺症も考えられるので早急なオペが必要とされ、松本は手術の立ち合いも含め、脳外の医師と共に手術室へ向った。
だが、知らせを聞き駆け付けた長沢の妻・奈穂(中島ひろ子)と娘・沙織(美山加恋)は、吉田と田中が、功一の予後に関して話しているのを聞いてしまい、手術中止を訴えてくるのだった。

ある日の夜、ジム帰りの松本は、小学生の男の子・品川凱斗(齋藤絢永)が一人で公園のブランコを漕いでいるのを見つける。近づいてみると、凱斗の手が腫れ、不自然な赤みや体に無数の傷があることに気が付く。

「転んだ」としか言わない凱斗の症状を調べようとするが、その様子を見た主婦に、変質者と間違われ警察に通報されてしまう。

その夜、あおば台病院に、小学校教諭・植木(松角洋平)に伴われ、女の子が運ばれてきた。その子は、以前公園で虐待を疑った少年・凱斗の姉・愛羅(石田凛音)だった。

引用:https://www.tbs.co.jp/nembutsu_tbs/story/

6,『病室で念仏を唱えないでください』見逃し動画配信サービス

『病室で念仏を唱えないでください』の見逃し配信はParaviでどうぞ。

配信内容、話数などの詳細はサイトにてご確認ください。

またParaviでは、登場人物で片寄涼太さんが演じる研修医・田中玲一を主人公としたスピンオフドラマ『病室で念仏を唱えないでください~サトリ研修医・田中玲一~』も配信されています。

Paravi(パラビ) - 人気番組が楽しめる動画配信サービス
【まずは2週間無料体験!】定額制見放題を中心とした動画配信サービス「Paravi」では、ドラマやバラエティ、映画、アニメ、ニュース、ライブ配信がいつでも楽しめる。放送中の最新作やオリジナルコ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました