『恋はつづくよどこまでも』4話ネタバレ感想、天堂のキスと「これは治療だ」で騒然

佐倉七瀬は、新人歓迎会の時に「先生のことが好きです。だからこそ今は、立派な看護師になりたいです。」と宣言したため、「今後は身を清め、看護師として精進すると決めました」と神社で神様に報告していました。

その時隣にいた流子は「毎日美味しいお酒が、たくさん飲めますように。」とお祈りしていたのです。

『恋はつづくよどこまでも』の見逃し配信はParaviでどうぞ。

Paravi(パラビ)の評判は?使ったからわかるメリット・デメリット
Paravi(パラビ)の評判や使用感は?といったことが気になる方も多いことでしょう。ここではParaviの評判やメリット・デメリット、サービス内容や使用感について紹介していきます。また、HuluやNetflix、FODを初めとし、様々な動...

『恋はつづくよどこまでも』4話あらすじ

循環器内科の仕事にも慣れてきた佐倉七瀬(上白石萌音)が患者の退院を見送った矢先、心不全の患者・鶴岡恵子が緊急搬送されてくる。

馴れない緊急対応に成す術なく落ち込む七瀬だったが、デスク業務に戻るとそこには七瀬を労うメモが…。

皆に優しい来生晃一(毎熊克哉)からのメモだと思っていた七瀬だが、来生は自分が書いたメモではないという。

しかし、自宅のポストにまでメモが残されていることから、天堂浬(佐藤健)の姉でマンションの管理人も務める流子(香里奈)はストーカーの仕業ではないかと指摘。

流子が七瀬の身を案ずる一方で、七瀬を心配するそぶりをまったく見せない天堂。

そんな天堂の姿に、来生は七瀬のボディガードを買って出るが……。

一方、心不全で入院中の恵子の手術が決まる。

しかし恵子は手術は受けたくないと拒否し、そんな恵子の態度に戸惑う七瀬はその理由を探ることに。

生き別れた娘の結婚式を間近に控えており、どうしても出席したいという恵子の気持ちを知った七瀬は、先輩ナースの根岸茉莉子(平岩紙)にある提案をする。

引用:https://www.tbs.co.jp/koitsudu_tbs/story/ep4.html

登場人物・キャスト

佐倉七瀬 … 上白石萌音
来生晃一 … 毎熊克哉
小石川六郎 … 山本耕史
結城沙世子 … 片瀬那奈
根岸茉莉子 … 平岩紙
石原こずえ … 瀧内公美
沼津幸人 … 昴生(ミキ)
酒井結華 … 吉川愛
菅野海砂 … 堀田真由
仁志琉星 … 渡邊圭祐
若林みのり … 蓮佛美沙子
流子 … 香里奈
小林文江 … 堀本雪詠
高津若菜 … 見上愛
中野藍 … 瑛蓮
大淵知子 … 原扶貴子
原静香 … 安藤聖

詳しい登場人物や相関図については1話をご覧ください。

『恋はつづくよどこまでも』1話ネタバレ感想、話題はドS魔王VS仮面ライダー
2020年1月期のTBS火曜ドラマである、円城寺マキの人気ラブコメマンガを原作とし、主役の佐倉七瀬を上白石萌音さんが演じ、相手役の天堂浬を佐藤健さんが演じる『恋はつづくよどこまでも』がスタートしました。引用:火曜ドラマ『恋はつづくよどこ...

4話ゲスト

鶴岡恵子 / 美保純

心不全で緊急搬送されてきた患者です。心臓バイパス手術が必要なものの、娘の結婚式に出席したいために手術を拒みます。

田沢伸 / 森廉

日浦総合病院の入院患者でしたが、今回退院していきました。その際七瀬に手作りの「減塩食事ブック」をもらいます。

恵子の娘 / 高山侑子

鶴岡恵子の娘で、20年前に両親が離婚してから母親の恵子に会っていませんでした。結婚を間近に控えています。

『恋はつづくよどこまでも』4話ネタバレ

来生が七瀬のボディーガードを買って出たことで、2人が朝も一緒に通勤し、病院内でも仲良くしている姿を見て、酒井結華は複雑な思いを抱いていました。

そんな折、同期の看護師を部屋に招いた七瀬はストーカーに遭っているいることを話し、来生先生が心配して時間のある時に送り迎えしてくれていると話すのです。

いつも来生と七瀬が朝一緒にいる理由を知った酒井は、ホッと安心して、七瀬に「やっぱり優しい?… 先生?」と尋ねるのです。

その後話題が仁志の流子への想いに変ると、仁志は「やっぱり沙世子先生にあれだけ反対されると…、それにもし本気で誘って断られたら、立ち直れないし。」と話すと、七瀬も菅野海砂も「ヘタレ」と告げるものの、酒井だけは「わかる…。」と呟くのでした。

一方隣の部屋では、流子がしきりに携帯を気にしているため、天堂浬が「また携帯…、そんなに気になんなら連絡しろよ。」と告げると、流子は「一度は行ったのこっちから…。 二度は行けない…。 いい女のルールに反するから。」と伝えるのでした。

続きを読む

その翌日、来生は心不全の入院患者・鶴岡恵子の治療を、負担が少なく娘の結婚式まで間に合うよう、バイパス手術ではなくカテーテル治療で行うと話します。

そんな折七瀬が恵子に食事を持って行くと、彼女は発作で苦しんでいました。

七瀬は慌ててドクターコールを要請し、慌てながらも緊急対応を終えたところに来生がやってきたため、七瀬は恵子の発作を告げ来生の指示により処置を始めたのでした。

容体が安定した恵子の枕元にいる七瀬に「私、もう危ないんでしょう…? もうだめだ、これが最後って時…、 どうしてもって願ったの…。 娘に会いたい…、あの子の花嫁姿を見届けたい…。 お願い、結婚式に、行かせて…。 一目あの子に会えたら、あとはどうなったっていいの。お願い、叶えて。」と恵子は涙ながらに訴えるのでした。

その頃恵子の病状を鑑みた来生は、循環器内科部長の小石川に「鶴岡さんですが、やはり説得して、オペに踏み切ろうと思います。」と言い「じゃあ娘さんの結婚式は?」と尋ねる小石川に来生は「命には代えられません。」と伝えるのでした。

来生がオペを決定したことで、七瀬は主任看護師の根岸茉莉子に相談を持ち掛けるのです。

カンファレンスの席上で、七瀬は大勢の医師たちを前に、娘の結婚式当日に恵子に3時間ほど看護師付きでの外出許可を申し出ます。

主治医の来生が「とても許可できない。」と告げると、根岸が「ですが、今のままではオペを承諾されないと思います。」と訴えます。

当日七瀬が休みを取って付き添うと訴えるものの、医師たちからは否定的な意見ばかりが出て、来生からも「鶴岡さんとはあとで時間を取って話してみるよ…。 長生きしていただくために。」と話すのです。

すると七瀬は、自分が恵子を説得しようとしたときに、恵子が「何のために生きるの? その日が最後でもいいの、あの子が…、 一番幸せな日に一緒にいたい…。 それが、私の最後の望みなの。」と話していたと伝えます。

そして医師たちに「ひと目娘さんに会って、“生きたい”思ってほしいんです…。 病気を治したその先を考えてほしいんです…。 岩石同然の新人ですが“無理”、“できない”、“しょうがない”じゃなくて“やる!” そうすることで、鶴岡さんにも治療は諦めないで“やるんだ!”、“生きるんだ!”って思ってほしいんです。」と訴えるのです。

すると天堂が「俺が行きます。 その日、俺が休んで付き添います。計画も責任を持って見直します。なので…、 当日、緊急事態が起きた時のために、受け入れ態勢を整えてください。」と医師たちにお願いするのでした。

そして結婚式の当日、勇者のコスプレ姿で病院を出た七瀬と天堂が付き添い、恵子の容体を管理しながら結婚式場へ向かいます。

結婚式場に到着し、七瀬に車いすを押されながら恵子が会場へ到着すると、そこに娘の姿を発見するのです。

娘も恵子に気づき、父親に促され恵子のそばに歩み寄っていき、2人はきつく抱きしめあうのです。そしてその後、娘は恵子に旦那を紹介して、父親とも一緒に4人で写真撮影をします。

その様子を見ていた七瀬は号泣し、天堂に「あれを見て、泣かない人がこの世にいるんですか?」と告げ「やっぱり魔王。」と心の中でつぶやくのでした。

その後七瀬と恵子、天堂は無事に病院へ戻ってきましたが、七瀬は携帯電話を式場に忘れたことに気づき、一人で式場まで取りに戻ります。

式場へ戻った七瀬を、携帯を手に「探してるのはこれ?」と言い、先日退院していった田沢が待ち伏せして待っていたのです。

田沢は七瀬に「見るたびにいつも別の男といて、今日こそちゃんと話そう。」と言い、七瀬につかみかかるのです。

七瀬が「放して! 放してください!」と抵抗していると、そこに天堂が現れ田沢を一撃で倒します。

しかしその時の振動で上に置いてあった鉄パイプが天堂めがけて落ちてきたため、あわてて七瀬が天堂に覆いかぶさり、天堂を守ろうとするのです。

そのため鉄パイプを頭に受けた七瀬は大量に出血し、救急車を呼んだ天堂が七瀬に付き添い処置をしながら病院へ向かいます。

もしかしたらもう最後かもしれないと思った七瀬は、救急車の中で「今日みたいに先生と出かけて…、 できれば…… 。恋人同士みたいに、手つないで…、デートしたり…、 キスしたり……。 でも分かってます…。先生には…、思う人がいて、私なんか届かないって…。 でも…。 好きです。」と天堂に思いを告げると七瀬の意識が遠のき始めます。

そんな七瀬に天堂は「しっかりしろもうすぐ着く。乗り切ったら、何でも願いを叶えてやるから、キスでもデートでもしてやるから! だから佐倉。」と告げるものの、やがて七瀬は静かに目を閉じるのでした。

病院に着いた時には既に意識もなかったため、重症かと思われた七瀬ですが、怪我は2針縫うだけの小さな傷で他に異常はなく、意識を失ったのではなくただの寝落ちだったため、すぐに退院できたのです。

帰り道で七瀬は天堂に、「もしかしたらただの妄想かも知れないんですけど、確か救急車の中で言いましたよね? ここを乗り切ったら何でも願い叶えてやるって。」と告げると、天堂は「妄想だな。」と言い捨てます。

しかし七瀬は「だんだん思い出してきました。確か…、 キスでもデートでもしてやるって…、 約束は守ってもらわないと。」と力強く訴えます。

「俺はそんな約束してない。」と天堂が話すと、七瀬は「日本男児に二言はないですよね。」と切り返すものの天堂に「バカ」と言われたため、七瀬は「あれっ?やっぱり妄想かな?」と首をかしげます。

すると天堂がいきなり七瀬にキスをしてきて、驚く七瀬に「これは治療だ。」と告げるのでした。

『恋はつづくよどこまでも』4話感想・まとめ

今回の物語は母と娘の物語やストーカーの物語、そして七瀬と天堂の関係に変化があるなど、盛りだくさんでしたが、クドくならずスッキリと面白い内容でした。

母と娘の物語は、長い間離れていても母親が娘を思う気持ちが強く伝わって来て、2人がしっかりと抱き合うシーンは涙なしには見れませんでした。

その後、七瀬が携帯電話を忘れたあたりは嫌な予感がしましたが、やはりストーカー犯が登場しました。

そしてそのストーカー犯が、まさか最初に退院していった元患者の田沢だとは全く思っていませんでしたので、この辺はちょっとしたミステリードラマ風でしたね。

そして七瀬のピンチに登場するヒーロー! という流れは定番と言えば定番なのかもしれませんが、その定番さ具合がまた良かったりするんですよね。

また、その後のなんであんな所に鉄パイプが置いてあって、あのタイミングで落ちてくるのか?や、天堂が「俺はそんな約束してない。」からの突然のキス、そして「これは治療だ。」って・・・もうこのドラマは細かいシチュエーションなんかは気にせずに、ひたすら七瀬と天堂のやり取りを楽しむためのドラマですね。

そしてそんな風に単純にラブコメとして見ると、本当に面白いドラマです。

もちろん佐藤健さんの「これは治療だ。」にネット界隈が大騒ぎになったのは、言うまでもありません。

そして今回は第3話で書いた以上に、酒井結華は来生と七瀬が仲良くしているのを気にしていましたね。今後増々「天堂←七瀬←来生←酒井」の四角関係が強まっていきそうです。

そしてそして、今回もなにげなく七瀬が勇者コスプレで登場しましたが、これもちょっとした楽しみになってきました。

一方なにかと仮面ライダーに縁のあるこのドラマですが、2話のゲスト・仮面ライダージオウでヒロインのツクヨミを演じた大幡しえりさんに続いて、今回は仮面ライダーウィザードで大門凛子役を演じた高山侑子さんが、恵子の娘役で出演していました。

なにげにひっそりと仮面ライダー関係の役者さんを登場させていますが、次は誰を登場させるのか?という楽しませ方も狙ってるんでしょうね?

次回なんですが、5話あらすじに今回のラストシーンが入っていて、彼氏になってやるという願いを叶えるようですが、そしたら今回のキスは??という疑問が浮かんできます。

今回のキスもありでその上天堂が彼氏になるということなのか?それとも今回のキスは妄想で天堂が彼氏になるというのが本当なのか?それとも天堂が彼氏になるというのが妄想で今回のキスだけが真実なのか?…

これは次回を見てみないと答えは出ないでしょうね。

『恋はつづくよどこまでも』5話あらすじ

佐倉七瀬(上白石萌音)のストーカー・元入院患者の田沢伸(森廉)と天堂浬(佐藤健)がもみ合いになり、ケガを負った七瀬は救急車で搬送される。

意識が朦朧とする七瀬は、「先生とデートしたり、キスしたりしたかった…」と胸の内を告白をし、意識を失う。

そんな七瀬に必死に声をかけ続けた天堂は、「乗り切ったら、願いを何でも叶えてやる」と約束し、「彼氏になってやる」と告げる。

公私混同したくないという天堂に交際の事実を周囲に明かさないように口留めされるが、5年越しの片想いが実り舞い上がる七瀬は…。

一方、循環器内科の主任ナース・根岸茉莉子(平岩紙)の長男・真司が不整脈治療のため、入院してくる。

年齢も近い七瀬は、真司の不安を軽減できたらと自らアブレーション治療の介助に加わりたいと名乗り出るが、七瀬の未熟さを知る茉莉子は息子を思うあまり、天堂に対して七瀬を介助メンバーから外してほしいと告げ…。

引用:https://www.tbs.co.jp/koitsudu_tbs/story/

『恋はつづくよどこまでも』見逃し配信

『恋はつづくよどこまでも』の見逃し配信はParaviでどうぞ。

配信内容、話数などの詳細はサイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました