『恋はつづくよどこまでも』5話ネタバレ感想、魔王が七瀬に陥落!蓮佛美沙子が生きていた?

天堂浬に「キスの治療」をしてもらった佐倉七瀬は、部屋の前で天堂に「さっきのあれは、その…。 先生にとっては何百…、何千回目かのキスかもしれまえんが、私にとっては1回目で…、 だって普通彼氏とするもだと思うから、このままじゃ、明日から仕事なんてとても無理です。」と訴えます。

そんな七瀬に天堂は「だったら、付き合ってやる…。 彼氏になってやる!」と告げ、部屋へ入っていくのでした。

『恋はつづくよどこまでも』の見逃し配信はParaviでどうぞ。

Paravi(パラビ)の評判は?使ったからわかるメリット・デメリット
Paravi(パラビ)の評判や使用感は?といったことが気になる方も多いことでしょう。ここではParaviの評判やメリット・デメリット、サービス内容や使用感について紹介していきます。また、HuluやNetflix、FODを初めとし、様々な動...

『恋はつづくよどこまでも』5話あらすじ

佐倉七瀬(上白石萌音)のストーカー・元入院患者の田沢伸(森廉)と天堂浬(佐藤健)がもみ合いになり、ケガを負った七瀬は救急車で搬送される。

意識が朦朧とする七瀬は、「先生とデートしたり、キスしたりしたかった…」と胸の内を告白し、意識を失う。

そんな七瀬に必死に声をかけ続けた天堂は、「乗り切ったら、願いを何でも叶えてやる」と約束し、「彼氏になってやる」と告げる。

公私混同したくないという天堂に交際の事実を周囲に明かさないように口留めされるが、5年越しの片想いが実り舞い上がる七瀬は…。

一方、循環器内科の主任ナース・根岸茉莉子(平岩紙)の長男・真司が不整脈治療のため、入院してくる。

年齢も近い七瀬は、真司の不安を軽減できたらと自らアブレーション治療の介助に加わりたいと名乗り出るが、七瀬の未熟さを知る茉莉子は息子を思うあまり、天堂に対して七瀬を介助メンバーから外してほしいと告げ…。

引用:https://www.tbs.co.jp/koitsudu_tbs/story/ep5.html

登場人物・キャスト

佐倉七瀬 … 上白石萌音
来生晃一 … 毎熊克哉
小石川六郎 … 山本耕史
結城沙世子 … 片瀬那奈
根岸茉莉子 … 平岩紙
石原こずえ … 瀧内公美
沼津幸人 … 昴生(ミキ)
酒井結華 … 吉川愛
菅野海砂 … 堀田真由
仁志琉星 … 渡邊圭祐
若林みのり … 蓮佛美沙子
流子 … 香里奈
小林文江 … 堀本雪詠
高津若菜 … 見上愛
中野藍 … 瑛蓮
大淵知子 … 原扶貴子
原静香 … 安藤聖

詳しい登場人物や相関図については1話をご覧ください。

『恋はつづくよどこまでも』1話ネタバレ感想、話題はドS魔王VS仮面ライダー
2020年1月期のTBS火曜ドラマである、円城寺マキの人気ラブコメマンガを原作とし、主役の佐倉七瀬を上白石萌音さんが演じ、相手役の天堂浬を佐藤健さんが演じる『恋はつづくよどこまでも』がスタートしました。引用:火曜ドラマ『恋はつづくよどこ...

4話ゲスト

根岸真司 / 醍醐虎汰朗

看護師主任・根岸茉莉子の息子で、不整脈が見つかり投薬治療をしていたものの、上手くいかなかったため日浦総合病院にアブレーション治療を行うため入院することになりました。

『恋はつづくよどこまでも』5話ネタバレ

天堂と付き合うことになった七瀬は、院内では秘密となっているため、表面上は普段通りにしているものの、心の中では完全に舞い上がっており、周囲のちょっとした言葉で顔がユルユルに緩んだり、挙動不審になったりするのでした。

そんな中、循環器内科の主任看護師・根岸茉莉子の長男・真司に不整脈が見つかり、投薬治療していたのですが、上手くいかなかったためアブレーション治療のため、日浦総合病院へ入院してきたのです。

そんな中、主任看護師・根岸茉莉子は天堂に「真司のアブレーション、佐倉さんを入れるのは、まだちょっと早いかと思います。」と言い「私には、佐倉さんが天堂先生と一緒にいると、なんとなく浮ついて、冷静さを失ってしまうように見えるんです。」と告げ、「七瀬を介助から外して欲しい」訴えるのでした。

その時その会話を、影のソファーに座っていた来生も聞いていたのでした。

続きを読む

一方仕事を終えた七瀬は、流子から天堂がクリームコロッケ好きだということを聞き出し、作って待っていることにしたのです。

七瀬がクリームコロッケ作りのために買い出しに出ると、そこに来生先生が現れ七瀬のクリームコロッケ作りを手伝ってくれたのです。

来生と2人で仲良くクリームコロッケを作っていると、やがて天堂が帰って来たため、あわてて来生は帰っていきます。

七瀬がもうすぐクリームコロッケが出来ると告げるものの、天堂は「検査が入った、すぐ戻る。お前、ちゃんと勉強しろよ。」と告げ、再び病院へ戻って行ったのでした。

大量にクリームコロッケが余ってしまったため、天童の部屋で菅野海砂、仁志琉星と酒井結華の同期のみんなにそのクリームコロッケを振舞うことにしました。

クリームコロッケ作りを来生先生が手伝ってくれたと聞いた酒井結華は「お料理上手と噂では聞いてたけど。」と言いそのコロッケを写真に収めたのでした。

そこに流子が突然現れたため、おみくじの縁で流子と付き合うことになった仁志は、流子が天堂の姉だということを知ったことにより、ビビってあわてて家へ帰っていったのです。

その翌日、仁志は結城沙世子医師に、流子は昔この病院で研修医だったものの、途中で医者は向いていないとドロップアウトしたこと、かつて日浦総合病院の副院長であり、循環器内科の医師部長・小石川六郎と付き合っていたことを聞かされたのです。

一方来生は天堂に、七瀬が一生懸命作ったクリームコロッケを食べてあげなかったことを責め、自分も今後好きにやっていくと自分も七瀬争奪戦に立候補することを宣言したのです。

その頃七瀬は、一生懸命にアブレーションの勉強をしていて、先輩の看護師・石原にも積極的に質問し覚えようとしていました。

そんな七瀬の姿を見た主任の根岸は、母親として七瀬を真司の介助につけないように、天堂にお願いをしたのです。

結果、真司のアブレーションは七瀬の先輩看護師・石原と中野が介助することになったのでした。

七瀬は根岸に「真司君のアブレーション、私が入れなかったのはなにか…?」と尋ねるも「天堂先生が決めたことだから」の一点張りです。

そこで七瀬は天堂に「真司君のアブレーション、私が入れないのはどうしてですか? 先生は私を一人前の看護師に育てるって言ってくれたじゃないですか? 先生と恋人になって私が浮かれてるから?介助なんて務まらない、そう思ったんですか? 私を、一人の看護師として判断して欲しかったです。公私混同してるのは先生の方じゃないんですか?」と訴えます。

「本気で言ってるのか?」と尋ねる天堂に、七瀬は「悔しいです。」と告げ、去って行ったのでした。

アブレーションに入れなかったことや、天堂に文句を言ったことで、七瀬は来生に話を聞いてもらっていました。

来生が七瀬に「もう好きじゃなくなった?」と尋ねると、七瀬は「無神経で、不愛想…。 無頓着…。 なのに、大好きです。」と答えるのでした。

その答えを聞いた来生は「親心には勝てないよ。」と言い「あいつ、主任に頼まれたんだ…。 佐倉ちゃんが努力してたことは十分わかってると思うよ。今から戻って、もう一度ちゃんと話してみたら。」と告げ「行け、勇者!」と伝えるのでした。

七瀬は天堂とちゃんと話を使用と病院へ戻ると、真司がVT発作を起こし、天堂が緊急アブレーションに入っていると聞かされたのです。

七瀬がその様子を見に行くと、天堂は原因個所の特定に苦戦していました。

その時七瀬は真司がメンソールのタブレットを食べていたことを思い出し、天堂に「造影剤の副作用で、喘息発作が出てるのかもしれません。」と話すのです。

「どう言うことだ?説明しろ」と尋ねる天堂に「真司君が少し、咳込んでいるのを2~3回見たことがあります。あとメンソールのタブレットをよくなめてて、もしあれが、咳を楽にするためのものだったとしたら、真司君、喘息かもしれません。」と伝えるのでした。
佐倉の意見を聞いた天堂はステロイドの投入と酸素を5リットルに上げるように指示を出し、根岸の許可も得て、七瀬を介助につかせたのでした。

結果真司のアブレーションは無事に成功したことにより、根岸は天童に礼を言い、七瀬にも謝ったのでした。

その後外のベンチで七瀬が一息ついていると、そこに天童がやってきっました。

七瀬が天童に「昨日は、感情的になってしまいまして、すみませんでした。」と謝ると、天童は七瀬に「ほらっ、食うか?」と言いパンを差し出しました。

七瀬は天童の隣に座り「さっき凄かった…。 いつか支えられるようになりたいです。」と告げるのでした。

そして「こうして、先生とお疲れパンできるなら、これが最高のデートです。」と天童に伝えるのでした。

そしてそのパンがチョココロネだということを不思議に思いながらも、七瀬はおいしいと言いながら食べるのです。

その日はバレンタインデーのため、病院のパン屋には「今日はバレンタインデー。 パンで想いを届けよう。チョココロネいかがですか?」と書いてあったのですが、それに気付かず七瀬はパン屋の前を通り過ぎるのでした。

その後、看護主任の根岸が翌月夫休みの希望をみんなに聞くと、七瀬は「特に希望はありません。」と話したため、根岸が「早速で悪いけど、8日の日曜日出てくれる?」と話すのです。

七瀬は「喜んで。」と話すものの、横から天童が「主任、その日はダメです。 この日は空けといてください。 一緒にメシ食います。」と告げます。

みんなは「メシ? なんで勇者が?」と不思議に思っていると、天童は「俺の彼女だから!」と伝えるのでした。

みんなは「良かったね勇者!やったね勇者、おめでとう勇者!」という言葉を、勇者のコスプレをした七瀬に掛けるのです。

その時、突然「天童先生!」と、亡くなったハズの天童の元恋人・若林みのりと瓜二つな女性が天童に声を掛けながら近付いてきたのです。

その様子を七瀬は複雑な表情で見ていたのでした。

『恋はつづくよどこまでも』5話感想・まとめ

前回、治療のキスで終わったのかと思っていたものの、治療キスだけではなく、なんと天童が七瀬の彼氏にまでなってしまいました。

なんだか本当にあれっ?と思ってしまうくらい、魔王が勇者に見事に陥落してしまい、おまけに最終的には天童が七瀬を自分の彼女宣言までしてしまいました。

あまりにも展開が早すぎる気もしますが、それでも今回のストーリーは、細かいことを抜きにしたら、医療ドラマとしても面白かったですね。

根岸主任は、天童の前ではついつい浮かれてしまう七瀬が、自分の息子のオペ介助に入られるのは不安でしょうし、天童に七瀬を入れないで欲しいと言う気持ちもわかります。

しかし、そのマイナスの期待を裏切り、七瀬は素晴らしい働きを見せてくれました。

あんなに浮かれまくっていた七瀬ですが、やるときにはやるもんだな!と感心してしまいました。

そして、今回は中々七瀬の勇者コスプレが出てこなかったので、今回はないのかな?と思っていたところ、しっかりと最後に登場してくれて一安心しました。

もうこのコスプレはなくてはならないものになってきましたね。

そんな七瀬にとって、今回は良いエピソードが続いたのですが、ラストで天童の元カノ・若林みのりそっくりな人物が登場してきました。

さすがに亡くなったエピソードはしっかりと物語中で描かれていたので、本人ではないと思います。

となると、双子の兄弟とかなんでしょうね。ってか、次週のあらすじで名前が「若林みおり」と言うことなので、双子ってことでいいんでしょうね。

それでも蓮佛美沙子さんファンとしては、回想以外で登場してくれるのは嬉しいものですね。

そして個人的には、来生と吉川愛ちゃん演じる酒井結華の恋愛模様をもっと見てみたいですね(Paraviでのエピソードが終わっちゃいましたからね。)

ってことで、次週は酒井結華メインのエピソードがあるようなので、次回も絶対に見逃せません。

『恋はつづくよどこまでも』6話あらすじ

循環器内科のナースステーションで、佐倉七瀬(上白石萌音)の予定をあけてほしいと頼んだ天堂浬(佐藤健)は、理由を尋ねられると「一緒にメシ食います」「俺の彼女だから」と公言。

その言葉に七瀬や来生晃一(毎熊克哉)、同僚たちも驚き、歓喜に沸く。

しかし、そこへ現れたのは、天堂の亡くなった恋人、若林みのり(蓮佛美沙子)に瓜二つの、若林みおり(蓮佛美沙子・二役)。

天堂と来生は、突然現れたみのりにそっくりな、みおりに言葉を失う。

そんな中、天堂が七瀬と合わせた休暇の日に、急遽天堂へ大阪でのセミナーの登壇依頼が来てしまう。

さらに、そのセミナーには、みおりも参加すると聞き、2人の動向が気になる七瀬は天堂のあとをつけ、大阪へついていくことを思いつくが…。

一方、循環器内科では酒井結華(吉川愛)が患者・和田の対応に追われていた。

元看護師である和田に厳しい自分の母を重ね、苦手意識を感じる結華だが、突然、和田の容態が急変し…。

引用:https://www.tbs.co.jp/koitsudu_tbs/story/

『恋はつづくよどこまでも』見逃し配信

『恋はつづくよどこまでも』の見逃し配信はParaviでどうぞ。

配信内容、話数などの詳細はサイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました