『知らなくていいコト』6話ネタバレ感想、ケイト尾高と不倫の道へ進む?

乃十阿徹に水を掛けられてしまったケイトは寒さで震えながら漁港を歩いていました。

そこへ尾高がやってきて、彼女に上着を掛け車に乗せたあと、ラブホテルへと連れて行き、そこで暖を取らせたのでした。

全話あらすじ・ネタバレはこちらからどうぞ

『知らなくていいコト』 6話あらすじ

自分が杏南(秋吉久美子)の娘だと乃十阿(小林薫)に告げたケイト(吉高由里子)。しかし乃十阿は突然ホースの水をケイトに向ける!!

心配して駆けつけた尾高(柄本佑)は、乃十阿がなぜ事件を起こしたのか“本当のこと”が知りたいというケイトの言葉を聞き、当時乃十阿の担当をしていた弁護士・高村(平田満)の元にケイトを連れて行くが……。

そんな中、次週の記事のネタを探すケイトは実力派人気棋士・桜庭洋介(田村健太郎)の妻・和美(三倉茉奈)から、女優の吉澤文香(佐津川愛美)と夫が不倫していると直々のタレコミを受ける。

二人のラブラブな不倫メールを証拠として差し出し、桜庭が社会的制裁を受けて自分のもとに戻ってくるようにしてほしいと話す和美。

しかし密会場所の連絡には将棋の棋譜を使った奇妙な暗号が使われていて……。早速二人を尾行するケイトたちだが不倫現場を押さえるのに難航。

そんな中、和美が入手した新たな暗号メールを見たケイトは、高校時代に将棋部主将だった春樹(重岡大毅)に棋譜の解読を頼むが……。

その夜、和美から続々送られてくる不倫の証拠メールを自宅で一人見ていたケイトは、『会いたい』という言葉の応酬に、自分の中の尾高に会いたい気持ちを強く自覚する……。

翌日、岩谷(佐々木蔵之介)によって桜庭の不倫が次週のネタに本採用され、不倫現場を狙った特集班のチームワークが本格始動するが……!?

引用:https://www.ntv.co.jp/shiranakuteiikoto/story/06.html

登場人物・キャスト

真壁ケイト … 吉高由里子
尾高由一郎 … 柄本佑
野中春樹 … 重岡大毅(ジャニーズWEST)
真壁杏南 … 秋吉久美子
岩谷進 … 佐々木蔵之介
乃十阿徹 … 小林薫
黒川正彦 … 山内圭哉
東山秀則 … 本多力
倉橋明美 … 小林きな子
鮫島裕二 … 和田聰宏
小泉愛花 … 関水渚
佐藤幸彦 … 森田甘路
小野寺明人 … 今井隆文

登場人物についての詳細はこちらからどうぞ

6話ゲスト

高村弁護士 / 平田満

乃十阿の無差別殺人事件の弁護をしました。事件当時、今はもう別れている乃十阿の奥さんは「夫は外に好きな人がいるような気がする。」と言っていたと話しました。ケイトに「この事件はもう終わっています。」と言い、乃十阿が事件以前の人に関わるのは望んでいたいため、これ以上近づかないでくれと話します。

桜庭洋介 /田村健太郎

実力派の人気棋士で、家にいて将棋の勉強をするか対局に出かけるかしかしていませんでしたが、半年ほど前に将棋番組に出演して その時のアシスタントをしていた吉澤文香と不倫関係となり、それ以来朝まで帰ってこないこともあるようになりました。

桜庭和美 / 三倉茉奈

洋介の妻で、半年ほど前から洋介に女がいると感じ、洋介の携帯を見たところ吉澤文香との暗号のようなやり取りのメッセージを見つけました。洋介が社会的な制裁を受けて、自分のところへ帰ってくることを望んで、週刊イーストに情報を提供し、記事にしてくれるように訴えてきました。

吉澤文香 / 佐津川愛実

将棋番組でアシスタントをやったことで洋介と出会い、不倫関係となりました。最近になって売れてきて映画の主演も務めました。

『知らなくていいコト』 6話ネタバレ

桜庭洋介の妻・和美から届いた証拠の、洋介と文香との「会いたい」とひたすら続くメッセージを見たケイトは「私も会いたい」とつぶやくのです。

そして自分と尾高のことを「そんなに悪いコトしてるとは思えないけど、あのままそうなってたら、完全…、不倫…。 今はまだ不倫じゃない…。 尾高さん…会いたい。」と思うのです。

さらに「心は既に不倫だなこりゃ…。 ママも不倫、私も不倫、仕事も不倫。」と思うのでした。

一方週刊イースト編集部では、春樹が洋介と文香の暗号を読み解き、ホテルで密会することを知ったため、特集班は二人が落ち合う予定のホテルを張り込むのでした。

続きを読む

やがて洋介がホテルへチェックインし、部屋に入っていったのを確認したケイトは、ルームナンバーをチェックし福西がその隣の部屋を押さえます。

その後文香も部屋へ入ったことを確認した後、ケイトと福西は隣の部屋へ入り様子を伺うのです。

しかし全く隣の音が聞こえないため、やむを得ずケイトは2人の部屋の前に隠しカメラを取り付け、2人が出てくるのを待っていたのです。

その後文香が先に出たため外の車で待機している佐藤に連絡し写真を撮らせ、続けて洋介が出てきたことも確認できたため、2人の写真をそれぞれ撮影することができました。

しかし2ショット写真が撮れなかったため、このまま記事にしてもインパクトが不足していることや、直撃取材をしたいということから引き続き追うことになったのでした。

その時ケイトは「この2人の恋を暴いて、誰が幸せになるんだろう? 奥さんだって不幸になるのに…。」と思うのでした。

そんな中洋介の妻・和美から洋介が高知の子供将棋教室へ出かけるという知らせがあったため、文香も動くと予測したケイトと佐藤は高知へ飛ぶのでした。

高知の海辺で洋介と文香の2人の姿をとらえたケイトと佐藤は、物陰で隠れて2人のツーショット写真を撮影するのです。

「ここで直撃しますか?」と佐藤が話すと、ケイトは「この幸せを、私が奪ってっもいいんだろうか?」と心の中でつぶやき、「キスしないかな?」と話しもう少し待つことにしたのでした。

一方尾高が自分の写真スタジオで仕事をしていると、尾高の妻が自分の母親と子供を連れて急に訪ねて来たのです。

妻の母は「一度見たいと思ってたんです、由一郎さんのお仕事場。」と言い「ここで写真を撮るんですか?」と尋ねたため尾高は「今は撮った写真の後処理ですかね。」と告げ、写真の加工処理の様子を説明するのでした。

その頃意を決したケイトは、洋介と文香の2人に直撃取材を敢行するのです。

洋介は「私たちは、友人です。今日もたまたま、2人ともこっちで仕事があったので。」と不倫を否定しようとしますが、文香は「私は桜庭先生を愛しています。友達じゃないです。」と2人の関係を認めたのです。

文香は続けて「奥さまには申し訳ないと思います。でも、後から出会ったっていうだけで、私の愛が薄汚いもののように言われるのは違うと思います。」と告げます。

ケイトは洋介にも尋ねると、洋介も同じ気持ちで、離婚したいとも思いますと答えるのでした。

文香はケイトたちに「そんな目で見ないでください。私たちは犯罪者じゃありません。週刊イーストにいいとか悪いとか言われることじゃないと思います。」と訴えるのでした。

週刊イーストが発売となり、2人の不倫が話題となると、和美は「週刊イーストに書かれていることが、もし本当であれば…、 吉澤さん、夫を返してください!」とテレビで白々しく訴えるのでした。

ケイトは2人の第2弾記事として、吉澤文香に取材を試みるものの、文香は「世間に向かって語ることは何もないです。」と拒否するのでした。

取材を拒否されたケイトは、編集長に「もし記事が出なければ、桜庭は人知れず離婚して、吉澤さんと一緒になれたのかもしれませんよね。」と告げます。

岩谷は「あの奥さんは離婚しないよ。 それに、先のことは俺たちの知ったことじゃない。」と答えるのでした。

2月17日の夜ケイトは尾高のスタジオにワインを持って訪ねてきて、尾高に「何かすっきりしないんだよね。」と話します。

そんなケイトに尾高は「後味が悪いのは、俺と不倫みたいなことをしてるから」と言い「そういうことを話したくて来たんだろ?」と告げます。

「やっぱり不倫なんだ私たち」と話すケイトに、尾高は「違うよ。」と言い「俺とケイトは乃十阿徹のことで、まぁ、最近よく合うし、秘密も共有しちゃったけど、なんにもないだろ。」と話すのです。

続けて尾高は「けど、問題が1個ある。」と言い「俺の心の中にいつもケイトがいる…。 家族に不満はないよ、大事にも思ってる…。 けど…、 ケイトを思わない日がない。 で、また…、 これが罪なのかって言われると、そうも思えない…。 でもまぁ、ギリギリだよな。」と伝えます。

ケイトが「3年前まで私たちは恋人同士で、尾高さんにも奥さんもいなかった。何かその感じが今も続いてるような気がして、悪いことしてるって思えないんだよね。」と話すと尾高は「俺も…。 だから、こうやって正直に言葉にすれば、踏みとどまれるって思ったんだけど。」と伝えるのです。

そんな尾高にケイトが「けど?」と問いかけると、尾高は「踏みとどまろう。」と告げ、やがて尾高はケイトにがっつりキスをするのでした。

『知らなくていいコト』 5話まとめ・感想

冒頭、乃十阿にこの寒い最中に水をぶっかけられて寒さで震えているケイトをなぜか尾高が助けに来ました。

尾高は出版社の入り口ですれ違った時にケイトが乃十阿に会いに行くって顔をしていたとか言っていましたが、どうしてもケイトのことが気になって追っかけて来たってところなんでしょうね。

そしてなぜか尾高はびしょ濡れのケイトを見たときに「海に入って死のうとしたのかと思って焦ったよ。」と思ったと話していましたが、なんでケイトが死のうとしたと思ったんでしょうか?

ケイトが死にたくなるような真実を乃十阿が握っているってことなんでしょうか?そして尾高もそのことを知っているってことなんでしょうか?

また、弁護士のなにか隠しているような口ぶりも、なにやらケイトにとって、これ以上「知らなくていいコト」がありそうな感じでしたね。

一方1話完結の物語は、最近の不倫騒動を意識してなのか不倫を題材にストーリーが展開して行き、現実世界での不倫叩き報道に警鐘を鳴らすかのように、不倫は悪とは言い切れないのでは?という疑問を投げかけてきました。

まあ昔の日本でいったら一夫多妻制の時もありましたし、通い婚の時代もありましたから、その時代時代で考え方は変わってくるってことですね。

だからと言って、現時点ではケイトが言うように文香がカッコいいっていうのは、奥さん側の立場で見ると絶対に言えないと思いますし、ケイトが文香に自分を重ねてしまっているからなんでしょうね。

一方ケイトに自分の想いを伝えてしまった尾高ですが、それを口にしちゃったことでなんだか今までのカッコよさが全て台無しになってしまった感じを受けました。

つか、これまではもしかしたら結婚していなかったのでは?とかもう離婚してたのでは?という目でも見れたので、優しいいい男に見えていましたが、今回、しっかりと奥さんや子供と義理のお母さんまで登場していましたので、普通に今の奥さんに対する裏切りってことになっちゃいますよね。

さらに今回の小泉愛花ですが、確か先週春樹と付き合うことになり、今回一緒に家でご飯を食べていたような気がするのですが、なんだか佐藤にも思わせぶりな態度をとっていましたね。

彼女には何か特別な狙いでもあるのでしょうか?それとも単なる八方美人なんでしょうか?なんとなく嫌な感じのキャラクターですね。

さて、次回のあらすじや予告動画を見る限り、春樹がケイトの過去をバラしてしまうという風に描かれています。

もし本当にバラしてしまうのであれば、心の底から最低の男と言ってあげましょう。

ただ、動画を見る限り心の声にも聞こえますし、あらすじでも漏らそうとしていた……

ってことなので、漏らさないのかもしれませんね。いずれにしろ次週を見ればはっきりすることでしょう。

『知らなくていいコト』 6話あらすじ

尾高(柄本佑)も自分と同じ気持ちだと知ったケイト(吉高由里子)は、不倫を追う立場でありながら道ならぬ恋に惹かれることに罪悪感を抱くが……。

翌日、高熱を出した黒川(山内圭哉)に代わりデスク代理に指名されたケイトは校了前日の編集部で激務に追われる。

そんな中で編集部には次々とトラブルが発生!マネージャーの恫喝を記事にされた演歌歌手(小沢真珠)が殴り込みに訪れたと思ったら、右トップを飾る予定だった政治記事の告発者が突然掲載の撤回を要求しスクープ記事が飛ぶピンチに!

連載を抱える大物作家の接待に駆り出された岩谷(佐々木蔵之介)が不在の中、編集部は一丸となってトラブル解決に駆け回る。

一方、岩谷は気難しい作家との食事会を盛り上げると後を連載班に任せて急いで編集部へ向かうが……。

さらに、疲労と活気と混乱が渦巻く編集部には、あることでケイトに恨みを抱いた人物が刃物を手に近づいていた……!

週刊イースト始まって以来の大惨事、襲撃事件が発生する!ケイトは襲撃者に刺され……!!

そして、ケイトと尾高の関係に屈折した思いを抱く春樹(重岡大毅)は、ケイトの父が殺人犯・乃十阿徹(小林薫)であることをある相手に漏らそうとしていた……。

引用:https://www.ntv.co.jp/shiranakuteiikoto/story/

『知らなくていいコト』 見逃し動画配信サービス

『知らなくていいコト』の見逃し配信はHuluでどうぞ。

配信内容、話数などの詳細はサイトにてご確認ください。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました