『病室で念仏を唱えないでください』5話ネタバレ感想、生命の救いと魂の救い

義父による愛羅ちゃんへの虐待により、我を忘れ、感情的に義父を殴ってしまった松本照円は、懺悔のお経を唱えていました。

その頃スタッフルームでは、救命救急センター部長の玉井潤一郎が救命救急がチームに、殴られた義父は自分の児童虐待裁判の心象が悪くならないよう、松本の被害届は出さないと言い、既に松本は釈放されているものの、無期限の出勤停止が決定したと伝えるのでした。

全話あらすじ、ネタバレはこちらからどうぞ。

1,『病室で念仏を唱えないでください』5話あらすじ

虐待によって救急に運び込まれ、亡くなってしまった少女。その少女を虐待していた義父に怒りを抑えられず殴ってしまった松本(伊藤英明)は、警察に逮捕された挙句あおば台病院から無期限の出勤停止処分となってしまった。

そんな中、謹慎中の松本は、師匠・円明(団時朗)の昔からの友人、石川祐三(品川徹)が老衰で臨終が近いと知らせを受けたことを知り、直ぐに医療用具を持参し円明の弟子・唯円(葵揚)と共に石川家へと向かった。

だが、死を覚悟した様子の石川家の家族たちを前に、医者として、僧侶として、何かできることはあるのかと松本は葛藤するのであった。

一方、濱田(ムロツヨシ)の反応を気にしていた心臓外科医の児嶋(松本穂香)が救命救急への配置換えを直訴し、転科してきた。しかし、謹慎中の松本は知る由もなく…。

ある夜、憲次(泉谷しげる)に誘われ一緒に飲みに行くと、もう息子・哉が川遊びで溺死したことは忘れ、医者として普通に頑張れと憲次から励まされる。

その帰り偶然にもビルの工事現場で事故を目撃した松本は…。

引用;https://www.tbs.co.jp/nembutsu_tbs/story/v5.html

2,登場人物・キャスト

松本照円(照之) … 伊藤英明
三宅涼子 … 中谷美紀
濱田達哉 … ムロツヨシ
児嶋眞白 … 松本穂香
澁沢和歌子 … 余貴美子
玉井潤一郎 … 萩原聖人
田中玲一 … 片寄涼太
藍田一平 … 堀内健
長見沙穂 … うらじぬの
堀口瑠衣 … 土路生優里
弁天祥子 … 宮崎美子
宮寺憲次 … 泉谷しげる
宮寺あや … 土村芳

登場人物についての詳細はこちらからどうぞ

2-1,6話ゲスト

石川祐三 / 品川徹

松本の師匠・円明の古くからの友人で、危篤状態となったものの主治医がギックリ腰をやっちゃったため、代わりに松本が自ら買って出て行くことになりました。

石川美津子 / 榊原郁恵

祐三の子供の一人で、祐三の最後を看取ります。

石川祐介 / 温水洋一

祐三の子供の一人で、祐三の最後を看取ります。

有賀浩平 / 千葉哲也

末期癌で、緩和ケア病棟に長いこと入院していた患者でしたが、今回は寝たきりになっており、夜中に急変し亡くなってしまいました。

大貫義彦 / きたろう

日本心臓外科学会理事長で、濱田に「民間に出向したんだって? 方々に随分引き抜き掛けてるみたいだけど、何企んでんの?」と尋ねます。

謎の男性 / 淵上泰史

大貫の公演会場にいて、濱田が首尾よくいってますかと尋ねたとき「ええ、まだ15億に欠ける程度です。40億までは程遠い。」と話し、濱田に「本当に信じて良いんですね?早く永田町に食い込まないといけませんねぇ、外に漏れるとつぶされますからね。」と話していました。

唯円 / 葵揚

松本の師匠・円明の弟子で、松本の弟弟子です。

3,『病室で念仏を唱えないでください』5話ネタバレ

出勤停止処分となり師匠の寺にいる松本は、師匠・円明に「あの男を殴ったこと、反省はしていますが、後悔はしていません…。 義理とは言え、我が子にあんなことを。」と告げます。

円明は「正義の…、 鉄槌ってやつか?」と言いながら拳を松本の顔面ギリギリに振り下ろし「その鉄槌で、誰か救われたのか?」と告げ、松本の前から去って行くのでした。

その言葉に松本は「あの子の命も…、魂も救えなかった。」と呟くのでした。

その後松本は老衰で臨終が近い円明の古くからの友人、石川祐三の元へ医療用具を持って向かったものの、家族は延命治療はしないことに決めていると告げます。

松本は「人間の五感の中で、聴力は最後まで残ると言われています…。 旅立ちの前に、どうぞみなさん、お声がけしてあげてください。」と話すのです。

その言葉で息子の石川祐介たちは、みんなで笑って送ろうと、にぎやかにダジャレを言い始めたのでした。

やがて祐三は、大勢の家族に見守られながら、息を引き取るのでした。

続きを読む

一方、松本が無期限出勤停止処分となっていたことを知らない児嶋は、救命救急に転科してきて、救急で運ばれてきた患者を「松本先生だったら…」とその場で開頭し脳ヘルニアの患者を救いました。

そんな中、あおば台南小学校の植木先生が救命救急のスタッフルームを訪れ「直接松本先生にお礼を言いたくて、お邪魔したんですが…。」と話し始めます。

玉井が「お礼?」と問いかけると、植木は「愛羅、ずっと理不尽な暴力に耐えて、どんなに辛かったかなって…。 教師なのに、なんにもできないまま、助けられないで、情けなくて、可哀想で。」と話します。

続けて「ただ、愛羅が、最後気を失う直前、松本先生が安心してって声を掛けた時、愛羅、ホッとしたような顔で目を閉じて、それだけは、あの瞬間だけは救われたんじゃないかな?って。」と告げます。

そして「最後に、必死に自分を助けようとしてくれた大人に会えて、きっと嬉しかったんじゃないかな?って……。 ありがとうございました。」と伝えるのでした。

その頃松本も、植木先生から届いたお礼の手紙を読んでいて、一言「ゆるせねえ。」と畳を殴るのでした。

そんな夜、松本は哉(はじめ)の父親・宮寺憲次と一緒に飲んでいました。

その時石川のおじいさんを自宅で看取った時の話しをし「穏やかに亡くなっていく姿を見て、いい送り方だなぁって。」と話します。

すると憲次が「いい死に方って、なんだろうねぇ。」と言い「自分で死に方を決められたらいいなって思って…。 僕はねぇ、自分の望むように死にたい。」と伝えます。

続けて「照くんがねぇ、医者を志した理由が、なんとなく想像がつく…。 もし、償いのつもりなら、もうそういうのはいらない!」と告げます。

そして「哉(はじめ)が死んだことが、照くんが医者になったのに繋がって、それがたくさんの人の命に繋がって…、 哉が生きていた意味があったなって…。」と話します。

続けて「だけど、もう哉のことはいいんだよ。 普通の医者として、何も背負わず、普通に悩んで、普通に頑張って欲しい。子供にはねぇ、立派じゃなくてもいい、幸せになって欲しいんだ、親ってのはねえ。 照くんは、息子みたいなもんだからさぁ。」と伝えるのです。

その言葉を聞いた松本は、涙を浮かべるのでした。

そこへ哉の妹・宮寺あやもやってきて一緒に飲むことになったのです。

店からの帰り道、松本は事故現場に出くわしたため、あやと憲次に先に帰るように告げ、治療に向かうのです。

「飲んでるのに大丈夫かな?」と心配するあやに、憲次は「飲んでないよ、照くんは最初からずーっと酒のふりしてウーロン茶だ。立派な医者だ。」と告げるのでした。

そこにはあおば台病院の三宅医師たちも来ていて、松本も一緒に治療にあたることになったのです。

患者と共に病院に着いた松本がオペをしようとすると、センター部長の玉井は「あんた今謹慎中でしょ。なんかあったらクビなんだぞ。」と止めようとします。

松本は「俺のクビなんてどうでもいいですよ。助けたいんですよ。」と訴えます。

そこに理事長がやってきて「本日付けで松本先生は…、 正式に復帰したということで。」と告げるのです。

続けて「たしかにのっぴきならない事情のようですから…、 それに、玉井先生にあそこまで頭下げられたらね。」と伝えるのでした・・・

玉井は松本の謹慎中、理事長に「お願いします。松本先生を復帰させてください。」と頭を下げていました。

「だって、医者が、病院で、思いっきり殴っちゃったからねぇ。」と話す理事長に、玉井は「バカなんです…。 でも、誰か殴ってくれないかなぁ?って…。 自分以外の誰かが、あの父親をぶん殴ってくれないかなぁ?って、正直私も思ってました。」と告げていました。

続けて「代わりに殴ってくれて、スッキリしたって言うか…、 ずるいですよねぇ……。 お願いします、ウチには松本先生みたいなバカが、救急バカが必要なんです。」と必死にお願いしていたのでした・・・

無事にオペを終えた松本は、児嶋に「児嶋先生もありがとう、救急のフォローに来てくれて。」とお礼を告げます。

すると児嶋が「いいえ……、 来ちゃった、私、救急に。」と告げたため、松本は「えっ!」と驚くのでした。

その後松本は師匠の円明に「あの男を殴ったせいで、自分がここにいる間、助けられた命がいくつもあったと思ったら、反省しました……。 やっぱり、後悔してます。」と伝えます。

そして「殴ったことより…、 あの子を、愛羅ちゃんを、たとえ1分でも1秒でも多く生かしたい…。 笑顔にできなかったことを悔やんでます…。 どうしても救いたかった…。」と話します。

続けて「救えないんなら、たとえ一瞬魂を救えたとしても、安心させられたとしても…、 自分が悔しくて、許せなくて。」と話します。

さらに「あの男を殴ったのは、自分の無力のいら立ちを、正義ぶって、あの男にぶつけた、僕の我です、我を張っただけでした……。」と言い「医師として、頑張って行きます。」と訴えるのでした。

そんな中、事故で重傷を負ったものの命が救われた男性・浅木和也は三宅に「あのまま死んでたら、保険金入ったんだ。せめて借金返せたら、家族だけは守れたんだ。」と告げます。

「それでも、命を救うのが我々の仕事ですから。」と話す三宅に、その浅木は「あんた、鬼だな。」と訴えるのでした。

僧衣に着替えた松本が、緩和ケア室の有賀のベッドへ行くと、清掃のおばちゃん弁天祥子がいて「夜中に急変したみたいね。」と誰もいないベッドで話すのです。

まだ話が出来た時、祥子が有賀に松本が謹慎になった理由を話したら、有賀は笑って「クソ坊主らしいな。」と言っていて「ありがとうって、松本先生に伝えてくれ。」と話していたことを教えてくれました。

そして祥子は「有賀さん、救われたと思うよ。」と伝えるのでいた。

そんな中宮寺あやから「照くん、お父さんが…。」と深刻そうな声で電話が入ったため、松本は急いで宮寺家へ駆けつけると、憲次は穏やかな表情で「肺癌だよ、肺癌。」と松本に告げるのでした。

4,『病室で念仏を唱えないでください』5話まとめ・感想

前回愛羅を死なせる原因となった義父を殴ってしまったため、無期限の謹慎となり、松本は色々なことを考えることができたようです。

あんな最低な義父でしたのでテレビを見ていた人はもちろん、玉井も松本が殴ったことでスッキリしたようでした。

松本は自分の本当の怒りの原因が、愛羅ちゃんを救えなかったことにあったように話していましたが、絶対にそれだけではなく、義父が愛羅ちゃんに自分の罪をなすりつけようとしたところにもあったと思います。

それに、仮にあのとき愛羅ちゃんが助かったとしても、悪びれる様子もなく「向こうが誘って来たんだ。」と話す義父を見たら、結局殴っていたんじゃないでしょうか?

円明は「その鉄槌で誰か救えたのか?」と尋ねていましたが、本質的な救いはないにしても、少なくとも玉井や植木先生など、その場にいた人たちや視聴者の悲しい気持ちを一時的とは言え、少しは救うことができたのではないでしょうか?

でもそう思うことですら、視聴者としてのこちら側のだってことを表現したかったのかもしれません。

今回は、石川のおじいさんと緩和ケア病棟に入院していた末期がん患者・有賀の2人が亡くなりました。

2人とも松本自身はなんの治療もすることは出来ずに亡くなって行きました。

石川のおじいさんは家族に見守られながらの大往生で、一方有賀は病院でたった独りで亡くなっていくという全く正反対の亡くなり方をしていました。
(Paraviのスピンオフでは、有賀の奥さんも登場していましたが。)

しかし治療はできなくても、石川のおじいさんは大勢の家族の手によって、一方有賀は死期が近付いていた自分に寄り添ってくれた松本により、いずれも命は救われないものの、魂は救われたのではないでしょうか。

一方事故により、骨盤骨折で治療した患者・浅木は、松本の手により命は救われたものの、本人は生を望んでおらず、魂は救うことが出来なかったと言う、魂の救いと命の救いのコントラストが上手く描いてありました。

松本はこれからも医師であり続ける以上、命を救い続けていくことになるのですから、今後もこの2つの救いに葛藤していくことになるのでしょうね。

ところで、これまで松本との因縁しか描かれていなかった濱田でしたが、なにか企んでいるらしいことが描かれていました。

そしてそのことに理事長も絡んで救命救急をつぶすようなことも言っていましたが、松本の師匠・円明の友人でもあり、松本を雇い入れた本人ですから、悪い人ではないと思うのですが・・・

そしてこれまで名前が不明だった宮崎美子さん演じる掃除のおばちゃんですが、ようやく判明しました。

今回、謹慎が解けた松本と一緒に有賀の病室にいた時にネームプレートがはっきりと見て取れ、それによると「弁天祥子」という名前のようです。

今後公式ページやクレジットなどで名前が出るようになるのでしょうか?

またParaviでは『病室で念仏を唱えないでください~サトリ研修医・田中玲一~』で、緩和ケア病棟に入院していた有賀が亡くなる前の様子が描かれており、こちらも良い物語でした。

次回は松本が父親のように大切に思っている、亡くなった親友・哉(はじめ)の父・憲次が延命治療を拒んで自分の思うように死にたいと訴えることで、再び生命の救いと心・魂の救いで悩むことになるようです。

そのほか、藍田先生が運ばれてきたり、三宅先生の難病の元カレが運ばれてきたりと盛りだくさんの内容となっているようです。これは次回も見逃せませんね。

5,『病室で念仏を唱えないでください』6話予告・あらすじ

幼馴染の父・憲次(泉谷しげる)から、手術では取り除く事が出来ない肺腺癌にかかっていることを告白された松本(伊藤英明)は、延命治療を拒む憲次に治療を受けるべきだと薦める。

だが、医者として治療を薦める松本は、憲次は「お坊さんとしてなら?」と問われると、延命治療をせず親族に看取られ亡くなった石川の姿が脳裏をかすめ、医者として、僧侶として思い悩む。

あおば台救命救急センターのスタッフルームでは、転科してきた児嶋先生(松本穂香)を囲んで和やかな時間を過ごしていた。

すると、いつものようにホットラインが鳴り、倒壊事故で意識不明の30代の男性と60代の男性二人を受け入れることに。

さらに、新たにボウリング場でケガをしたという40代の男性も搬送されてきたが、救急車から運びだされた患者は、なんと整形外科医の藍田先生(堀内健)だった…!?

松本・児嶋・吉田(谷恭輔)・長見(うらじぬの)らが懸命に処置を続けていると、先にホットラインが入っていた倒壊事故により意識がない患者・和田洋平(吉沢悠)が搬送されてきた。

アラーム音が響く危機的状況の中、洋平の処置に入った三宅(中谷美紀)は愕然とする…。

ある日、濱田(ムロツヨシ)は、理事長の澁沢(余貴美子)から、状態が悪くリスクは大きいが、病院の宣伝に使えると大物芸能人御代田(藤井隆)の手術を持ち掛けられる。

いよいよオペの日、オペの見学に行った児嶋は、患者のある異変に気が付く…。

引用:https://www.tbs.co.jp/nembutsu_tbs/story/

6,『病室で念仏を唱えないでください』見逃し動画配信サービス

『病室で念仏を唱えないでください』の見逃し配信はParaviでどうぞ。

配信内容、話数などの詳細はサイトにてご確認ください。

またParaviでは、登場人物で片寄涼太さんが演じる研修医・田中玲一を主人公としたスピンオフドラマ『病室で念仏を唱えないでください~サトリ研修医・田中玲一~』も配信されています。

Paravi(パラビ) - 人気番組が楽しめる動画配信サービス
【まずは2週間無料体験!】定額制見放題を中心とした動画配信サービス「Paravi」では、ドラマやバラエティ、映画、アニメ、ニュース、ライブ配信がいつでも楽しめる。放送中の最新作やオリジナルコ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました