『絶対零度』7話ネタバレ感想、サトエリの悪女役が凄い!

その時井沢は、過去のまだ家族がいて、幸せだった時のことを思い出していました。

娘からは「一つだけ約束して。死なないで、死んじゃダメだよ、お父さん。」と言われていたのです。

しかし現在井沢は生きているものの、井沢の妻と娘が殺されてしまったのです。

そしてその犯人とされる宇佐美洋介は現在収監されていますが、彼が井沢の妻と娘を殺害するため家に忍び込んだ時には既に先客がいたのでした。

全話あらすじ・ネタバレはこちらからどうぞ

ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』7話あらすじ

ミハンルームで作業をしていた香坂(水野美紀)は、やってきた井沢(沢村一樹)に声をかける。

香坂は、家族を持ってはいけないと思って生きてきた自分には井沢が抱えている悲しみを共有できないかもしれないが、犯罪を未然に防ぎたいという思いは一緒だと言うと、あなたとならミハンの法制化を実現できると思っている、と続けた。

香坂は、間もなく開催される東京サミットと、その後に控えるオリンピックがミハンの重要性をアピールする良い機会だと捉えていた。

井沢たちは、大手フィットネスクラブの社長・仁科紗耶香(佐藤江梨子)を危険人物として捜査する。

紗耶香は、5年前に起きた強盗殺人事件で社長だった夫の輝幸(青戸昭憲)を殺され、自身も瀕死の重傷を負った被害者だった。

輝幸の死後、会社を引き継いだ紗耶香は、着実に業績を伸ばして経営者としての才能を発揮していたが、検出されない危険な毒物を密かに入手していた。

井沢はスポーツインストラクターとして、山内(横山裕)と小田切(本田翼)は、ジムの会員として潜入捜査を始める。

最初に捜査線上に浮んだのは、紗耶香の会社が所有する実業団チームでコーチを務める辰巳(阿部亮平)だ。

辰巳は、紗耶香を脅迫し、金銭を要求していた。しかし、調査を進めると、彼は男気のある性格で、お金にも困っていないことがわかる。

一方、山内たちは、紗耶香の秘書・江波(本宮泰風)が格闘技経験者であることを見抜く。彼女はいったい誰を殺そうとしているのか――!?

そんな中、新たな人物が紗耶香に接触する。それは科学捜査研究所の主任研究員・真鍋(宮川一朗太)だった。

真鍋は、どんな手間も惜しまず被害者のために真実を追究する人物で、これまでに数々の難事件を解決に導いていた。

そして彼は、輝幸と紗耶香が襲われた5年前の事件も担当していたことがわかり……。

彼女は聖女か、それとも悪女か――!?

謎が謎を呼ぶ展開の中、紗耶香が殺害を狙った意外な人物とは――!?

そして、井沢らミハンチームがたどり着いた真相の先には、衝撃の展開が待っていた――!!

引用:https://www.fujitv.co.jp/zettaireido/story/index07.html

登場人物・キャスト

井沢範人 … 沢村一樹
山内徹 … 横山裕
小田切唯 … 本田翼
香坂朱里 … 水野美紀
吉岡拓海 … 森永悠希
加賀美聡介 … 柄本明
北見俊哉 … 上杉柊平
曽根崎正人 … 浜田学
早川誠二 … マギー
門田駿 … 粗品(霜降り明星)
篠田浩輝 … 高杉真宙

登場人物についての詳細はこちらからどうぞ

7話ゲスト

仁科紗耶香 / 佐藤江梨子

大手フィットネスクラブ「シャイニー」の社長で、短時間で毒性が消えて検出されることのない、ゲノム編集により生み出された「スーパー新薬」の開発途中で発見された毒物を入手したことから、ミハンがはじき出した危険人物です。彼女は5年前に、当時社長だった夫の仁科輝幸と共に強盗犯に襲われ、輝幸は死亡し自身も瀕死の重傷を負いました。

仁科輝幸 / 青戸昭憲

大手フィットネスクラブ「シャイニー」の元社長で、5年前に強盗犯に襲われ死亡しました。

辰巳勇吾 / 阿部亮平

大手フィットネスクラブ「シャイニー」が所有するウィンタースポーツの実業団でコーチを務めています。紗耶香を脅迫し、金銭を要求していたことから、紗耶香が殺害しようと狙っている人物ではないかという疑惑がありましたが、調べていく内、亡くなった輝幸をいまだに慕っており、男気のある性格でお金にも困っておらず、恐喝するような人間ではないことが分かりました。

江波元治 / 本宮泰風

かつては興信所に勤めていて格闘技経験があり、紗耶香の秘書兼ボディガードをしている人物です。

真鍋哲郎 / 宮川一朗太

科学捜査研究所の主任研究員で、山内とは10年来の知り合いです。被害者や被害者家族のためにはどんな手間も惜しまず妥協を許さない性格です。5年前の輝幸と紗耶香が襲われた事件の血液鑑定の担当をしていました。

『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』 7話ネタバレ

大手フィットネスクラブの社長・仁科紗耶香がミハンシステムにより危険人物としてはじき出されたため、井沢はスポーツインストラクターとして、小田切と山内はジムに通うバカップルに扮し、潜入捜査をしていました。

潜入時に小田切と山内は、辰巳の選手時代の写真を目にしその撮影者が篠田であったため、小田切は篠田に会い辰巳について尋ねます。

篠田は、辰巳はコーチとして今の実業団に迎え入れてくれたことで亡くなった輝幸に感謝しており、人を脅すような人間ではないと話すのです。

また加賀美が調べたところ、辰巳はお金にも困っていないようでした。

そんな中、紗耶香に第3の男が接触してきました。加賀美が顔認証で身元を特定しようとすると、山内はその男は捜査一課時代に何度もお世話になった科学捜査研究所の主任研究員・真鍋哲郎だと伝えるのです。

真鍋は完ぺきな鑑定結果を出すためにはどんな手間も惜しまず、いつでも被害者のために真実を追求してきた人物だと山内は話すのでした。

続きを読む

5年前の輝幸と紗耶香の強盗殺人が気になったため、井沢と吉岡は捜査一課の早川刑事に事件におかしな点はなかったのかを尋ねます。

すると早川刑事は「おかしいと言い出したのは真鍋さんだ。」と言い、続けて「飛沫血痕の状況が気になるってな。」と告げ「妻の仁科紗耶香が刺された傷痕について、医師の話を聞きたいと言い出した。」と伝えるのです。

「で、どうだったんですか?」と吉岡が訪ねると、早川は「数日間検証した結果問題はないという結論を出した。」と言い「あの人には頭が下がる。少しでも不審な点があれば、徹底的に…。」と告げるのでした。

その後、吉岡と加賀美がジムに潜入し、会員女性から話を聞いていると、死亡した仁科輝幸には当時付き合っていた女性がいて、アレルギーにより突然亡くなったことを知るのです。

そして、婚約者が亡くなったため落ち込んでいた輝幸を紗耶香が慰め、それが切っ掛けで2人が付き合い、結婚することになったと聞き出したのです。

ミハン本部で香坂は、仁科前社長が婚約していた女性は安斎貴美子という女性で、ナッツアレルギーによるアナフィラキシーショックで亡くなっていたことや、安斎貴美子と仁科紗耶香は小学校から高校まで同級生だと話します。

そして香坂は「安斎は裕福な家庭で育ち、紗耶香は父親の工場がつぶれ、その後両親が他界し、親戚の家で育っている」と告げたのでした。

その時井沢は「それだけじゃない、5年前、彼女と旦那が襲われた事件。」と言い、「真鍋の方も気になる」と話すのです。

すると山内が「真鍋さんの息子さんは、拡張型心筋症で心臓移植をしていた。手術には多額の費用が必要だった。その手術が行われたのも5年前、事件と同じ時期でした。 当時事件を担当していた真鍋さんは、仁科紗耶香が入院している病院に出向いていた。そこで2人は出会った。」と伝えたのです。

そんな中小田切が保険調査員に扮し、篠田に呼び出してもらった辰巳に話を聞くのです。

小田切は辰巳に「5年前の強盗殺人事件で、妻の紗耶香が多額の遺産や保険金を受け取とりましたね。」と言い「あなたはその彼女を恐喝してましたよね。」と伝えます。

続けて「全てわかっています。あなたが恐喝していたのは、正義のため、亡くなった仁科輝幸さんのためだということ。」と告げ、すべて話すように促すのです。

辰巳は「生前、輝幸さんは妻の紗耶香に裏の顔があるんじゃないかと調べたそうなんです。それで彼女の経歴は全て嘘だと分かった。そして彼女は亡くなった婚約者の同級生だということに気付いた。」と言います。

「その方は、アレルギーで亡くなったとか?」と小田切が訪ねると、辰巳は「ええ、亡くなった日、婚約者だった安斎さんは、久しぶりに同級生に会いに行くと言っていたそうです。」と告げます。

そして「輝幸さんは妻に直接話を聞く。と言っていたその矢先、あの事件が起きたんです。」と伝えます。

小田切が「5年も経った今になってなぜ動き出したんですか?」と尋ねると、辰巳は「1ヶ月前、墓参りである男性を見かけました。科捜研の方でした。」と告げます。

小田切が「真鍋哲郎さんですね?」と告げると、辰巳は真鍋に「犯人は本当に強盗犯なんですか?仁科紗耶香、彼女の周りで不可解な死を遂げているのは輝幸さんだけじゃないんです。」と伝えた時真鍋はひどく驚いていたと告げます。

そして真鍋になんとしても真実を話して欲しいとお願いしていた辰巳は、今晩真鍋と会うことになったと告げるのでした。

その頃紗耶香は、吉岡と山内の見張りをまいて、女子更衣室の非常口から誰にも気づかれないようにジムを抜け出すのでした。

紗耶香に情報が洩れていることに気づいたミハンチームは、辰巳の部屋に何かあると考え、小田切が辰巳の部屋を探すと、盗聴器が仕掛けられていたのを見つけるのです。

そのことから、もし辰巳が真実にたどり着いていれば、紗耶香は入手した毒で辰巳を殺すつもりだったと考え、盗聴内容から、まだ辰巳が確証を得てなかったということを知った紗耶香はターゲットを変更したと考えたのです。

その結果、紗耶香が今殺そうとしている相手は、すべての真実を知る真鍋哲郎だという答えにたどり着いたのでした。

かつて輝幸の婚約者・安斎貴美子を呼び出し、ナッツ入りのクッキーを食べさせアレルギーによるアナフィラキシーショックを起こさせ殺害したのは紗耶香だったのです・・・

真鍋を廃工場へ呼び出した紗耶香は「もし真実が明らかになれば、息子さんはどう思うか。尊敬する父親が殺人を隠蔽した。そう、今自分の身体にある心臓、それは父親が殺人犯をかばって得たお金で買ったもの。耐えられるかしら?」と告げるのです。

続けて「どうするか、あなたが決めて。」と告げるのでした。

その頃、真鍋と紗耶香が会っている工場に到着した井沢たちは紗耶香が持っているハズの毒を捜しますが、どこを探しても見つかりません。

井沢は紗耶香に「あんたは同級生の安斎貴美子さん、そして夫の輝幸さん、2人の人生を奪った。そして今またもう一人を。」と告げます。

そして真鍋に「あなたは科捜研の仕事に誇りを持ってやってきた。あなたにはまだやるべきことがあるんです。5年前の真相を知ってるのはあなただけなんですよ。」と訴えるのでした。

真鍋は「私は弱い人間です。」と言い、井沢たちがやって来る前に、紗耶香から渡された検出できない毒が含まれてたタバコに火を点け、深く吸い込むのでした。

タバコを吸ったため真鍋は死んでしまいました。

紗耶香の夫・輝幸も紗耶香が刺殺したのち、自分を刺し強盗犯に見せかけた自作自演だったのでした。

結局。毒物の入手ルートも、タバコからも毒物が検出されなかったことから、紗耶香を立件することも裁くこともできなかったのです。

香坂は山内に、井沢の自宅に妻と娘を殺害した時の凶器が届いたことと、2人の殺人事件には宇佐美洋介以外の真犯人がいるということを告げたのです。

その後公安部長の部屋で曽根崎は香坂に「あなたは井沢のことが好きなんですねぇ。山内も井沢のことが大好き、人望があるんだな、井沢は。」と告げます。

続けて「でも残念ながら、やつは人殺しだ。」と言い香坂に3人のリストを見せ「やつはすでに一線を越えてる。」と告げるのでした。

そんな中、犯罪を犯しながらも逮捕されることもなかった紗耶香は知人2人との食事を終え「ごちそうさまでした。私、下でタクシー拾って帰ります。」と告げ、一人になったとき、何者かが紗耶香の背後に近付き彼女が振り向いた瞬間に頭を撃ち抜いたのでした。

『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』 6話まとめ・感想

シーズン3からずっと引っ張り続けてきた井沢の妻と娘の殺害ですが、もう間もなく真相が明らかになってきそうな様子を見せています。

しかし、まだまだ伏線を張りっぱなしで、多くの事柄が回収されていません。

そんな中、ミハンシステムが危険人物としてはじき出し、実際に殺人まで犯した紗耶香は罪に問われることもなく、野放しとなっていまいました。

しかし、そんな紗耶香を謎の人物が射殺してしまいました。ここでもまた新たな伏線が張られましたが、最終話までに誰もが納得できる結果で全ての伏線が回収できるのでしょうか?

ここまでで、過去や未来のミハンチームにまつわる事柄は、香坂が射殺された現場で井沢が拳銃を持って立っていたことと、その姿を小田切が見つけたものの、井沢は逃げてしまいその後、小田切は辞職することとなりました。

一方香坂は、過去に映画館で神経ガスをまいた事件を起こした男の娘で、その過去を消し去っていました。その事件が起きたあと香坂が現場に献花しようとしながらもできずに戻って行ったときに加賀美とすれ違っています。加賀美はその事件の時に罪を犯したと告げています。

加賀美が罪を犯したと告げた時に、加賀美に銃口を向けていたのは北見でした。また、その時加賀美の近くに、小さな男の子が映っている写真がありました。

さらに腕を怪我してトンネルの中を走っていた門田と、トンネルの出口で待ち伏せていた吉岡。そして、腹部を刺されて篠田が血まみれで倒れていた事件も発生しています。

これだけの事柄がこの先どんな風にまとまっていくのか、今のところ皆目見当もつきません。

想像できる範囲では、井沢は香坂を殺害しておらず、加賀美の近くにあった写真に写っていた少年は北見だろうということくらいだけです。

一方今回の物語としては、佐藤江梨子さんが見事と言っていいくらい悪女役を完ぺきに演じていて、ネット上でも話題になっていました。

ストーリー自体は、今回ミスリード要員がほぼおらず、誰もが事件に関係していたので展開が読みやすくミステリーとしては弱いモノの、次回以降につなげるための内容という色が濃かったようですね。

なんと言っても野放しとなった犯罪者が闇に葬られるというラストは、シーズン3の平田満さんを彷彿させられます。

そしてそれを裏付けるかのように、次回のあらすじでは、法で裁けない犯罪者をひそかに闇に葬っていたミハン捜査員の田村薫巡査部長の話が語られるうえ、その役割が引き継がれていると曽根崎が話します。

さらには今回ラストで射殺された、仁科紗耶香もその後姿を消しているということなので、闇の始末屋が存在していて、曽根崎は井沢を疑っているということなんでしょうね。

いずれにしろ、その話を公安部の部長・曽根崎が話すということは、警察内での噂とかではなく、確信があってのことなんでしょうか?

『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』 8話あらすじ

ミハンが探知していたものの、捜査できていなかった3人の危険人物が失踪していた。

地権者から土地をだまし取り、殺害しようとしていた不動産詐欺師、借金を返せない相手に保険金をかけて殺そうとしたSNS闇金の経営者、水上バイクで女性をひき殺した事故をもみ消したうえ目撃者の命まで狙った政治家の息子――。

井沢(沢村一樹)たちの元へやってきた公安部部長の曽根崎(浜田学)は、かつて、法で裁けない犯罪者を闇に葬っていたミハン捜査員の田村薫巡査部長の話を持ち出し、その役目が引き継がれていると指摘する。

実は、井沢たちが逮捕することが出来なかった大手フィットネスクラブ社長の仁科紗耶香(佐藤江梨子)も失踪していた。

凶悪犯が拉致され、殺害されている――!? ミハンメンバーの誰かが一連の連続失踪事件に関わっているのか――まるで井沢が犯人だと言わんばかりの口ぶりで話す曽根崎。

それに対して香坂(水野美紀)は、ミハンメンバーの中に殺人者がいないことを証明するために真相を突き止める、と宣言する。

3件の失踪者を調べると、彼らが拉致されたと思われる場所には、いずれも防犯カメラがなかった。

だがミハンは、ドライブレコーダーなど足を使った捜査で、犯人と思しき人間が映った画像を入手する。その画像とミハンメンバーを歩容認証で照合してみる。

浮かび上がる意外な人物。犯人はいったい誰なのか――!?

そして、物語は未来の謎へと繋がっていく――。

引用:https://www.fujitv.co.jp/zettaireido/story/

『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』 見逃し動画配信サービス

『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』を1話から見たいという方、見逃し配信はFODプレミアムでどうぞ。

配信内容、話数などの詳細はサイトにてご確認ください。

無料体験はこちらからどうぞ
FOD 1ヶ月無料体験期間に登録

コメント

タイトルとURLをコピーしました