病室で念仏を唱えないでください6話ネタバレ感想、濱田の優しさ?

松本照円が父のように慕う幼馴染の父・憲次は、松本に取り除けない肺腺癌だと告げ治療はしないと話します。

憲次は松本に「人はみな、いつかは死ぬ…。たとえ家族がいても…。 誰だって死ぬときは一人だ。」と告げるのでした。

全話あらすじ、ネタバレはこちらからどうぞ。

TBS金曜ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』伊藤英明が坊主頭で僧医に
2020年TBSの1月期・金曜ドラマは、現在ビッグコミック増刊号で連載中の『病室で念仏を唱えないでください』です。主演はTBSの連ドラ主演が12年ぶりという伊藤英明さんです。いったいどんなド...

1,『病室で念仏を唱えないでください』6話あらすじ

幼馴染の父・憲次(泉谷しげる)から、手術では取り除く事が出来ない肺腺癌にかかっていることを告白された松本(伊藤英明)は、延命治療を拒む憲次に治療を受けるべきだと薦める。

だが、医者として治療を薦める松本は、憲次は「お坊さんとしてなら?」と問われると、延命治療をせず親族に看取られ亡くなった石川の姿が脳裏をかすめ、医者として、僧侶として思い悩む。

あおば台救命救急センターのスタッフルームでは、転科してきた児嶋先生(松本穂香)を囲んで和やかな時間を過ごしていた。

すると、いつものようにホットラインが鳴り、倒壊事故で意識不明の30代の男性と60代の男性二人を受け入れることに。

さらに、新たにボウリング場でケガをしたという40代の男性も搬送されてきたが、救急車から運びだされた患者は、なんと整形外科医の藍田先生(堀内健)だった…!?

松本・児嶋・吉田(谷恭輔)・長見(うらじぬの)らが懸命に処置を続けていると、先にホットラインが入っていた倒壊事故により意識がない患者・和田洋平(吉沢悠)が搬送されてきた。

アラーム音が響く危機的状況の中、洋平の処置に入った三宅(中谷美紀)は愕然とする…。

ある日、濱田(ムロツヨシ)は、理事長の澁沢(余貴美子)から、状態が悪くリスクは大きいが、病院の宣伝に使えると大物芸能人御代田(藤井隆)の手術を持ち掛けられる。

いよいよオペの日、オペの見学に行った児嶋は、患者のある異変に気が付く…。

引用;https://www.tbs.co.jp/nembutsu_tbs/story/v6.html

2,登場人物・キャスト

松本照円(照之) … 伊藤英明
三宅涼子 … 中谷美紀
濱田達哉 … ムロツヨシ
児嶋眞白 … 松本穂香
澁沢和歌子 … 余貴美子
玉井潤一郎 … 萩原聖人
田中玲一 … 片寄涼太
藍田一平 … 堀内健
長見沙穂 … うらじぬの
堀口瑠衣 … 土路生優里
清掃員のおばちゃん … 宮崎美子
瀬川修二 … 安井順平
宮寺憲次 … 泉谷しげる
宮寺あや … 土村芳

登場人物についての詳細はこちらからどうぞ

TBS金曜ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』伊藤英明が坊主頭で僧医に
2020年TBSの1月期・金曜ドラマは、現在ビッグコミック増刊号で連載中の『病室で念仏を唱えないでください』です。主演はTBSの連ドラ主演が12年ぶりという伊藤英明さんです。いったいどんなド...

2-1,6話ゲスト

和田洋平 / 吉沢悠

倒壊事故で脳ヘルニアを起こし、意識不明となりあおば台病院に搬送されてきました。一時はVFとなり心臓が上手く機能しなくなっていましたが、治療の甲斐がありどうにか持ち直しました。ろれつが回らない、ふらつきなどの症状があり、発症後5年から10年で亡くなることが多い、オリーブ橋小脳萎縮症に罹患しており、発症から5年経過しています。もともとは動物学者で、一年中野生動物を海外で追いかけているような人物で明るい性格でしたしたが、病気が判明してからは人と関わらなくなってしまい心を閉ざしています。三宅涼子医師の元カレです。

和田晴香 / 文音

洋平の妻で、2人の間に一人娘の里紗を授かっています。洋平の病気が判明してからも夫を支えていきたいという気持ちは持っているものの、夫が変わってしまったようになってしまったため、つらく悲しい思いをしています。

御代田信 / 藤井隆

大物お笑い芸人で、冠動脈バイパスのオペができる医師を探していたため、濱田が執刀してオペをすることになりました。オペ前もオペ後も明るく元気にふるまっています。

3,『病室で念仏を唱えないでください』6話ネタバレ

倒壊事故による外傷の60代男性とボウリング場で意識を失い骨折した藍田先生と続けて搬送されてきたため、松本たちは急いで治療に取り掛かります。

やや遅れて倒壊事故により意識消失の30代男性・和田洋平が搬送されてきたため、三宅が治療に入り、容体を見て「脳ヘルニアね。」と告げその男性患者の顔を見るのです。

患者の顔を見た三宅が「洋平?… うそ!」とつぶやくと、バイタルセンサーからアラームが鳴り響き、洋平はVFとなったのです。

そんな中、三宅は愕然としたままなにもできずにただ立ち尽くすのでした。

見かねた松本が「替わる」と三宅に告げると、三宅は「ごめん、大丈夫だから。こっち私やる。」と言い、処置を再開するのでした。

続きを読む

処置を終え、ICUに運び込まれた洋平の元へ妻の晴香が娘を連れてあわてて病院に駆け込んできました。

晴香は洋平が眠るベッドの横で、三宅に「実は5年前、オリーブ橋小脳萎縮症と言われて。」と“ろれつが回らない、ふらつきなどの症状があり、発症後5年から10年で亡くなることが多い病気”に罹患していると告げるのです。

続けて晴香は「それから人と関わらなくなって、身の回りの大事な本も写真も何もかも捨てて、私や娘にも他人行儀で……」と話すのでした。

三宅の様子がおかしかったため、松本が三宅の様子を伺うと、三宅は「元カレ、和田洋平。」と告げたため、松本は「えーっ?えっ?えーっ?」と驚くのです。

三宅はさらに「彼、学者で変人だったの、でも底抜けに明るい人で、奥さんが言うようなそんな変った人じゃなかったのに。」と話し、続けて「OPCA…、 オリーブ橋小脳萎縮症なんだって彼、5年前に発症して、既に手足の運動機能にも障害が出始めてる…。 残された時間は少ない。」と告げるのでした。

一方その頃理事長の澁沢和歌子は、脳外の濱田達哉と食事をしながら「分かりました、では政界への働きかけについては、濱田先生からのルートに当たってみてください。」と話します。

続けて理事長は「賢明な人材は一人でも多く必要ですからねぇ。」と告げると、濱田は「はい、ただ、まずは金です。」と告げます。

すると理事長は「ある大物芸能人が、冠動脈バイパスのオペができる医師を探していると。」と話すと、濱田は「いい宣伝に使えそうですね。」と答えるのでした。

そんな中藍田の病室では、松本が藍田に「ここだけの話しだけど和田洋平が三宅の元カレだ」と伝えると、その話はあっという間に救急にも広まったのです。

話が広まったことで三宅が松本を責めていると、看護師の長見沙穂が「あっ、三宅先生。元カレさんなんですけど…。」と話し始めたため、三宅は松本を睨みつけます。そんな2人を気にせず長見は続けて「目を覚ましました。」と伝えたのです。

三宅が洋平の様子を見に行くと、洋平は「どうせ近い将来死ぬのに、なんで助かったんだろうな?意味あるのかな?この身体で助かって、あと数年寿命が延びることに…」と告げるのです。

そして「悩んでも結果は変わらないから。覚悟はもうできた。」と洋平は三宅に伝えるのでした。

その後濱田が大物お笑い芸人・御代田信のオペすることを知った児嶋がオペを見学したいと玉井に告げると、玉井は「しっかり勉強してきてください。」と伝えるのです。

その頃脳外では、御代田がオペの説明時にハイテンションで明るく聞いていたため、瀬川が「芸能人は鉄のメンタルなんですかね?あの病状であんなに明るくいれるなんて。」と濱田に話すと、濱田は「患者は嘘をつくんだ。」とつぶやき部屋を後にするのでした。

一方藍田の病室では、松本に「患者になってみて初めて分かった。痛くても痛くないって見え張ったり、痛くないのに、寂しいから痛いって嘘ついたりするんだよ。患者になると。」と藍田が話すと、松本は「嘘かぁ。」とつぶやくのです。

その後松本は、電話で肺腺癌の治験薬についての情報を集めます。一方松本の様子を見た三宅は、オリーブ橋小脳萎縮症についての権威に電話を掛けるものの断られていました。

その後三宅が洋平の病室へ行くと、洋平が血栓で肺動脈が詰まっているため苦しんでいて、やがて意識を失ってしまいました。

心外では御代田のオペが入っていて、児嶋も休みだったため、松本は濱田の元へ駆け込み濱田に「肺血栓塞栓症のオペお願いします。」と頼み込みます。

しかし濱田は「できません。オペのリスクそしてメリットを考えて断ったんです。発症から5年経過したOPCAの患者に、肺動脈の血栓を摘出するオペをした場合、かえって命を危機にさらす可能性が高い。」と告げます。

松本が「今オペしなかったら死ぬんだよ。」と話すと、濱田は「そんな博打のようなオペして、自分の治療成績まで下げたくない。」と話します。

松本が「そんなに自分の名声が大事なのか?」と尋ねると、濱田は「大事です。大事…なんです。」と告げ、松本の「そんなことに何の意味があんだよ?」と言う訴えに拳を強く握りしめ去って行くのでした。

濱田に手術を断られたことで、松本は三宅と共に洋平の手術を始めたのですが、バイタルが下がりオペ室にアラームが響きます。するとその時オペ室に児嶋が現れ、松本からオペを引き継ぎ無事に成功させたのでした。

オペを終えたあと児島は松本と三宅に、濱田から「資料を持って来いと電話があった」と伝え、その時「救急のOPCAの患者、肺血栓塞栓症で緊急オペするらしいよ、肺動脈傷つけたら修復できないのに、ありえないね救急は。」と濱田が話していたことを告げ「それで偶然分かったんです。」と話すのでした。

その後、御代田のオペを見学した児嶋は、オペ終了後に瀬川へ「鼠径部に膨らみが見えたんですが、鼠径ヘルニアの可能性はないですよね?」と告げるも、瀬川は「君に言われなくても、そんな異変見たら気付く。」と怒られるのでした。

その後目覚めた洋平に三宅は「おめでとう今日誕生日でしょう?12時過ぎた。」と話すと洋平は「ありがとう……と言えると思うか?」と話します。

三宅は「もし私が、洋平の状況だったなら、苦しくて、やっぱり心塞ぎたくなると思うよ。でもね…。」と話すも、洋平は「もし俺の状況だったら、一人にして欲しい…。そう思うよ、きっと。三宅先生。」と告げるのです。

その翌日洋平の妻・晴香が、誕生日プレゼントで娘が作ってくれた誕生日のメダルを持ってくるも、洋平は「適当に置いといて。」とそっけない態度をとるのでした。

一方オペ後、御代田と共に出演したテレビでの緊急記者会見を終えた濱田に、シンガポールからテレビを見たからと電話が入るのです。その頃、御代田は病室のベッドでどこか苦しそうにしていました。

そんな中、松本は洋平のベッド横で「すいません、医者なのに患者さんの気持ちが分からなくて。」と謝ります。

続けて「僕の医師の仲間が、先日骨折で入院した時に、初めて患者さんの気持ちが分かったと言っていました。 …患者は嘘をつくと。」と話し始めます。

そして「痛いのに平気だって強がったり、自分の身体を受け入れて悟ったふりして、カッコつけるしかなかったり…。周りにも自分自身にも。もっと本音をぶつけて、甘えてもいいんじゃないでしょうか?せめて身内くらいには。」と伝えます。

さらに「お釈迦様は、サイのツノのように一人で歩めとおっしゃいました。だけど明敏な同伴者を得たなら、共に歩めと。…和田さんの周りにもいるはずです。 …あなたのつらさや、痛みを分かってくれる人生の同伴者や仲間が。」と話すのでした。

洋平が「説法みたいなことを言いますね?」と言うと、松本は「僕は医者でもあり、僧侶でもあるのです。」と告げます。

すると洋平は「じゃあ、その僧侶の先生が僕の立場だったらどうしますか?妻はまだ若い、子供も小さい。僕が死んだあとの人生の方が長い…。 だったら、何も残さない方が…。 忘れて、次に、その方がいいでしょ。」と訴えるのです。

そんな洋平に松本は「和田さん。…一人で自立して立つのと、一人で引き籠るのは違います。 …死んだら寂しくさせるのに、今から家族を寂しくさせて、どうするんですか?」と訴えるのでした。

洋平は松本に「死ぬとかちゃんと言ってくれるんだ…。 お坊さんですもんね。」と言い松本に頼み事をするのでした。

その頃、脳外の入院患者・御代田が鼠径ヘルニアから、腸閉塞を起こしたと瀬川から濱田に連絡が入り、瀬川は児嶋から指摘を受けていたが、ケアしなかったと伝えました。

慌てて濱田が病室へ行くと、既に児嶋が応急処置を終えており、これから消化器外科で緊急オペをすると伝えるのでした。

やがて回復した洋平が退院することになり、迎えに来た娘の里紗が洋平の元へ駆け寄って来ました。

妻の晴香は三宅に「ありがとうございました。」と告げ、洋平に「三宅先生のご紹介で、有名なOPCAの先生に診てもらえることになったの。」と伝えるのです。

洋平は里紗に「遅くなってごめんね、お誕生日のお返事。パパね、お誕生日のメダル今まででいっちばんうれしい誕生日プレゼントだったよ。」と告げ、松本に撮ってもらった白サイの写真を切り抜いて貼り付けたお礼状を渡すのです。

その後三宅を必死に追いかけてきた洋平に三宅は「大丈夫なの?そんなに走って来て」と尋ねると、洋平は「大丈夫じゃない。手足も上手く動かないし。だけどありがとう、助けてくれたから40歳にもなれた、娘からカードももらえた。一日生きてれば、一日分いいことがあるかもしれない。本当はこんな身体になってもまだ期待してるんだ。何かいいことないかなって。」と告げます。

そして「嘘ついちゃった。死ぬ覚悟なんて無理だ。一日でも長く生きたい。そう思えるくらい俺の人生悪くなかったんだなって。」と言い「ありがとう。俺の人生にいてくれて。」と伝えるのでした。

一方、哉(はじめ)の父・憲次の家を訪ねた松本は、哉の妹あやも呼び寄せ憲次に「今日は嘘をつかないでください。」と伝えるのでした。

4,『病室で念仏を唱えないでください』6話まとめ・感想

今回は、哉(はじめ)の父で、松本にとっても父親同然の憲次の肺腺癌告白と治療拒否に始まり、死が近付く洋平の様子や大物お笑い芸人・御代田にまつわる手術に関する物語と、その3つが上手く絡まり合っていました。

そして一貫して今回のストーリーのテーマとなっていたのは、6話のタイトルにもなっていた患者は嘘をつくということでした。

松本はバカやって入院してきた藍田医師によってその真実に気付かされ、同時に自分の未熟さにも気付かされたことで、また一つ成長できたことでしょう。

なにより意外だったのが、お笑い芸人御代田がオペを笑い飛ばして豪快な態度を取っていたにも関わらず、濱田は既に「患者は嘘をつく。」と知っていたことです。

今回、暗に洋平のオペの執刀を児嶋が行うように誘導していたことから、濱田は自分の名声ではなく、何らかの認定なり設備なりを作るために、自分の治療成績を下げたくないのではないか?という気がしてきました。

今回濱田が着替えた時に映し出された胸部の手術痕や、次回14歳の少年のオペを松本を突き飛ばすように行うことから、濱田は少年の頃なにか心臓に病気があり、それを治してもらったことで心臓外科医になり、なんらかの子供の心臓治療に関する施設を作るためお金が必要なのではないでしょうか?…考えすぎでしょうか?

一方、松本は「患者は嘘をつく」ということを気付かされて、洋平を開放してあげることができました。

この松本が「患者は嘘をつく」と気付いてから、洋平の心を開放し、ラスト憲次に「今日は嘘をつかないでください。」と進行するストーリーが非常に素晴らしく、涙を誘われました。

そして、今回「お釈迦様はサイのツノのように、ただ独りで歩めとおっしゃいました。だけど賢明で協同し、礼儀正しく明敏な同伴者を得たなら共に歩め。」という言葉が物語と上手くリンクし、「患者は嘘をつく」と同様に物語のキーとなっていました。

第1話と比較し最近数話は上手い具合に仏教と医療が絡み合って、これぞ「病室で念仏を唱えないでください。」というタイトルにふさわしい内容になっていますね。

次回は、松本と末期の乳がん患者前田鮎子のデートも面白そうですが、松本が濱田の胸の傷を見つけたことで、濱田の過去や濱田が暗躍している理由がいくらかでも明らかになるのでしょうか?

5,『病室で念仏を唱えないでください』7話予告・あらすじ

あおば台救命救急センターにスーパーで転倒し意識不明の前田鮎子(戸田菜穂)が搬送されてきた。

三宅(中谷美紀)は鮎子が持っていたメモを見つけるが、そこには「自分は末期の乳がんで心肺蘇生は望まない」ということが書かれていた。

鮎子の意識が戻り、松本(伊藤英明)は、チャプレンとして彼女の心に寄り添う。そんな中、松本は突然鮎子をデートに誘う。

次いで、交通事故の患者が搬送されてきた。ケガをしたのは桑島悟という14歳の少年で、緊急手術しなければならない状態だった。

松本は悟の心臓あたりに小さな古い手術痕を見つけ、早々に手術を始めようとしたとき、濱田(ムロツヨシ)と瀬川(安井順平)が突如オペ室に入ってきて、松本を突き飛ばすように少年の手術を開始。

救急に協力しない濱田が手術を手伝ってくれた話は、救急で話題になっていたがその真意は…?

さらに濱田は、謎の投資家・リチャード(近藤公園)や医療コンサルタントの長谷(淵上泰史)と、秘密裏に会っているようで…。

一方、度重なる暴言に耐えかねた瀬川は、濱田へ初めて反論し、2人は言い争いに。

その現場に居合わせた松本は、つかみ合いになる二人を制止すると、濱田の胸元に手術痕があることに気づいてしまう…。

引用:https://www.tbs.co.jp/nembutsu_tbs/story/

6,『病室で念仏を唱えないでください』見逃し動画配信サービス

『病室で念仏を唱えないでください』の見逃し配信はParaviでどうぞ。

Paravi(パラビ)の評判は?長く使っているからわかるメリット・デメリット
Paravi(パラビ)の評判や使用感は?といったことが気になる方も多いことでしょう。ここではParaviの評判やメリット・デメリット、サービス内容や使用感について紹介していきます。 また、H...

配信内容、話数などの詳細はサイトにてご確認ください。

またParaviでは、登場人物で片寄涼太さんが演じる研修医・田中玲一を主人公としたスピンオフドラマ『病室で念仏を唱えないでください~サトリ研修医・田中玲一~』も配信されています。

Paravi(パラビ) - 人気番組が楽しめる動画配信サービス
【まずは2週間無料体験!】定額制見放題を中心とした動画配信サービス「Paravi」では、ドラマやバラエティ、映画、アニメ、ニュース、ライブ配信がいつでも楽しめる。放送中の最新作やオリジナルコ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました