恋はつづくよどこまでも8話ネタバレ感想、佐藤健のバックハグが話題に

天堂から暴力を受けたと訴えを起こしたVIP患者の上条周志でしたが、実は病室で殴りかかって行ったのは天堂ではなく、上条でした。

上条は天堂に暴力を受けたと、肩の打撲傷の画像を提示してきたのですが、あの日騒ぎで病室に入って来たみおりが確認した時には、そんな打撲傷は無かったと言うのでした。

『恋はつづくよどこまでも』の見逃し配信はParaviでどうぞ。

Paravi(パラビ)の評判は?使ったからわかるメリット・デメリット
Paravi(パラビ)の評判や使用感は?といったことが気になる方も多いことでしょう。ここではParaviの評判やメリット・デメリット、サービス内容や使用感について紹介していきます。また、HuluやNetflix、FODを初めとし、様々な動...

無料期間を利用すると、1話から見直せます。

『恋はつづくよどこまでも』8話あらすじ

佐倉七瀬(上白石萌音)に好意を持つ入院患者・上条周志(清原翔)は、天堂浬(佐藤健)から暴力と精神的苦痛を受けたとして、訴えを起こした。

上条の容態を見られなくなったことが気がかりな天堂は、代わりに七瀬にその想いを託す。

循環器内科では七瀬だけではなく看護師たち皆で、上条の看病と精神的な支えになれるように協力し合うことを決意。

そんな中、入院中の杏里(住田萌乃)のオペが可能となり、心臓外科と循環器内科で合同チームが発足されることになる。

しかし、上条から訴えられてしまった天堂は、表立ったオペに参加することが厳しくなってしまい…。

七瀬は上条をなんとか説得しようと試みるが、条件を出されてしまう。

考え抜いた七瀬は、誰にも何も告げずにある行動に出て‥‥。

引用:https://www.tbs.co.jp/koitsudu_tbs/story/ep8.html

登場人物・キャスト

佐倉七瀬 … 上白石萌音
天堂浬 … 佐藤健
来生晃一 … 毎熊克哉
小石川六郎 … 山本耕史
結城沙世子 … 片瀬那奈
根岸茉莉子 … 平岩紙
石原こずえ … 瀧内公美
沼津幸人 … 昴生(ミキ)
酒井結華 … 吉川愛
菅野海砂 … 堀田真由
仁志琉星 … 渡邊圭祐
若林みのり・みおり(二役) … 蓮佛美沙子
流子 … 香里奈
小林文江 … 堀本雪詠
高津若菜 … 見上愛
中野藍 … 瑛蓮
大淵知子 … 原扶貴子
原静香 … 安藤聖

詳しい登場人物や相関図については1話をご覧ください。

『恋はつづくよどこまでも』1話ネタバレ感想、話題はドS魔王VS仮面ライダー
2020年1月期のTBS火曜ドラマである、円城寺マキの人気ラブコメマンガを原作とし、主役の佐倉七瀬を上白石萌音さんが演じ、相手役の天堂浬を佐藤健さんが演じる『恋はつづくよどこまでも』がスタートしました。引用:火曜ドラマ『恋はつづくよどこ...

8話ゲスト

上条周志 / 清原翔

難しい症例の病を抱えたイケメン御曹司で特別室のVIP待遇で日浦総合病院に入院しています。七瀬に好意を持っているため、七瀬が慕っている天堂のことはよく思っておらず、天堂に暴力を受けたと訴えを起こしました。

白浜杏里 / 住田萌乃

心臓の疾患により、何度も入退院を繰り返していましたが、心臓病が悪化し退院が延び延びとなっていました。ようやく小児用補助人工心臓の治験段階が終わったため、オペをすることができるようになりました。

『恋はつづくよどこまでも』8話ネタバレ

訴えられたことで、上条の容体が見られなくなった天堂は、七瀬に「俺はもう上条さんの容態は見られない。代わりにお前が支えてやってくれ。お前は勇者だろ。」と伝えます。

その言葉に対し「先生の想い、しかと受け取りました。上条さんに治っていただきます。そして、先生を助けます。」勇者コスプレ姿の七瀬は答えるのでした。

その翌日から、循環器内科の看護師全員のサポートによる、上条の心臓リハビリが始まったのです。

一方、小児用補助人工心臓の治験段階が終わり認可が正式に下りたことで、ようやく杏里のオペが出来ることとなり、天堂も含めた循環器内科と心臓外科の合同チームが発足されたのです。

そんな中、上条の圧力により、天堂は杏里のオペチームから外されることになってしまったのでした。

続きを読む

七瀬は訴えを取り下げてもらおうと上条の病室へと行き「天堂さんは、上条さんの容体をずっと心配されてました。」と訴えると、上条は「訴え、いいよ取り下げても。」と告げます。

その代わりとして、上条が次に行くシンガポールにあるクリニックに、七瀬が専属ナースとして一緒に来てくれるならと話すのでした。

杏里のオペが近付く中、オペチームに参加できない天堂は、みおりに全てを託すと伝えますが、みおりは「杏里ちゃんには天堂先生が必要です。」と告げるのです。

その様子を七瀬は複雑な気持ちで遠くから見ていたのでした。

そんな中、七瀬は天堂をボーリングに誘い、無茶苦茶ボーリングが上手い天堂がストライクを連発すると、弱弱っちいフォームと低速ボールスピードの七瀬もストライクを連発し勝負は最終フレームまで持ち込まれました。

ここでスペアを取ったら七瀬の勝ちとなる勝負でしたが、非常に難しい真横に並ぶ位置のスプリットで、倒せる可能性はゼロに近いものの、七瀬は「もし私があれを取ったら、一生一緒にいさせてください。」と告げたのちにスペアを決めて、天堂に逆転勝利したのでした。

その帰り道七瀬はいつもの「卵かけご飯に納豆ごはん~♪まぜると元気の出るご飯~♪」と歌っていると天堂が「だから、なんだその歌。」と尋ねるのです。

七瀬は「勉強してた時の歌です。絶対看護師になるって、必死で勉強して、夜食に卵かけ納豆ご飯作りながら。」と話すのです。

続けて「天堂先生に会いに行く、必ず再会するって願いながら歌ってたんです。」と伝えるのでした。

その話を聞いた天堂はそっと七瀬の手を取り、2人は手を繋いで歩くのですが、どこか七瀬の様子は寂しそうでした。

その翌朝天堂たちは、小石川から「上条による訴えが取り下げられた」と聞かされたのです。

そのことで、天堂は杏里のオペに入ることができるようになり、無事に杏里のオペを成功させることができたのでした。

一方七瀬は急に病院を辞めることを告げ、病院から姿を消してしまっていたのです。

七瀬は上条宛に「上条さん、退院する日まで看護できなくて、ごめんなさい。上条さんと一緒に行くことはできません。でも、先生とは離れます。私にとって、とてもつらいことです。なので、それに免じてどうかお許しください。上条さんは、必ず元気になります。元気になったら、たくさん好きなことをしてください。これまでのことより、これからのことを考えてください。私もそうします。お大事に。 佐倉」という手紙を残し旅立ったのでした。

その後上条の部屋を訪ねた天堂を、上条は病院の外へ誘いだしたのです。

天堂が「その後、どうですか?体調のほうは」と尋ねると、上条は「あんた見てるとムカつくんだよ、涼しい顔しやがって…。」と言い天堂に「なんで責めないんだよ。」と尋ねます。

すると天堂は「私にとって、あなたは大切な患者さんです。」と言い、続けて「ただ、一人の男としては、正直厄介なヤツが現れたなと思いましたよ。」と告げます。

上条は「俺には誰も興味を示さない。…みんな俺を、いつ壊れるか分からない不良品みたいな目で見る。…それに引き換えあんたは、何もかも持ってる。」と話します。

天堂は「持ってませんよ…。 医者と言う仕事だけです。それ以外は、全て切り捨ててきた。…みんなそうです。足りないものがあって、それでも必死に生きてる。…足りないものを誰かと補い合って生きてるんです。」と伝えます。

続けて天堂は「それにあなたは気付いたじゃないですか、あいつの良さに。俺は気付くのに時間がかかりました。」と言い「大丈夫、どこにでも進んで行けますよ。」と告げるのです。

そんな天堂に、上条は「七瀬ちゃんと連絡は?」と尋ね、続けて「俺のせいか…、すまなかった。 …もし連絡がついたら伝えてほしい、片想い楽しかったよ。って。」と伝えるのでした。

翌日、上条が退院していくと、酒井は来生に「結局問題は収まったわけだから戻ってくればいいのに。」と話し、「佐倉ちゃん?」と尋ねる来生に「彼女は頼りなくて、ミスも多いし、イライラすることもありましたけど、いるだけでみんなが笑顔になる、優秀なナースでした。」と告げます。

「しばらくはみんな佐倉ちゃんロスだな。」と来生は話すと、酒井は「私じゃ代わりは無理でしょうか?来生先生のロスを埋めたいです。」と告白するのでした。

その頃七瀬は実家近くの小さな病院で既に働き始めていて、病院のコピー用紙が切れたため、買い出しに出たのです。

道を歩いていると、ふとボーリング場が目に入り、その瞬間次々と天堂との思い出が頭の中を駆け巡るのです。

すると七瀬のスマホに流子から着信が入ったため、電話に出た七瀬は「すいません流子さん、何度もお電話頂いて。敷金のことですね。」と告げます。

すると電話の向こうから「何考えてんだバカ!誰の電話にも出ない。この俺がかけても。」と天堂の声が聞こえてきたのです。

七瀬は「だ…、だって、先生の声聞いたら、私…、せっかくの決心が…。」と告げ「どうするつもりなんだ、お前?」と尋ねる天堂に「実はもう再就職してて、毎日忙しく働かせてもらってます。」と伝えます。

続けて「やっぱり私、花の東京よりも地方の空気の方が合ってるような気がします。」と言い「先生と会えないのはちょっとだけ寂しいですけど、でも、そばにいると甘えちゃうし、成長できないような気がして。」と告げるのです。

さらに「ここで、一人前になれるように、修行しようと思ってます。なので…、もうそんな心配しないでください。」と明るく伝えていたものの、最後は泣き出してしまいました。

すると七瀬は、いきなり後ろから、天堂に優しく抱きしめられたのです。

天堂は七瀬に「勝手にいなくなるな!」と言い、続けて「ずっと一緒にいるって言っただろ!」と告げたのでした。

『恋はつづくよどこまでも』8話感想・まとめ

前回ラストで、天堂と七瀬の2人の間に割って入ることが難しいということを知った上条は、最後の手段として自分の肩の内出血まででっち上げて、天堂を訴えるという荒業に出てきました。

おまけに父親の権力を使い、病院に寄付をしないことをちらつかせて天堂を杏里ちゃんのオペチームからも外してしまいました。

昭和時代ならいざ知らず、令和のこの時代に親の権力を使ってとか、しかも天堂を辞めさせるとかではなく中途半端にオペチームから外すだけとか…嫌がらせのレベルが子供のソレと一緒な気が…

ただ七瀬にとっては、天堂がオペから外されたというのは相当キツかったようでしたね。

まさかそのせいで七瀬が病院を辞めてしまうとは思いませんでした。

上条はちょっとした嫌がらせをするつもりが、七瀬が辞めてしまったことで上条本人が一番びっくりしたのではないでしょうか?

まあ結局はそのせいで七瀬が地元へ帰ってしまったわけで、七瀬が東京から離れたからこそ、天堂が七瀬を追いかけてきてからの、必殺のバックハグを繰り出すことができたワケで…

実際なんとなく来るな来るなとは思っていましたが、いくら定番とは言え、やっぱりこの展開はズルすぎますよね…ネットも騒然とするワケですよね。

結局このラストのシーンだけで、前半の天堂が訴えられてムカついたことや、七瀬が意を決して天堂との別れを選び地元へ帰ってしまった寂しさとかが全部吹っ飛んで、なんだか幸せな気分で見終えることができました。

そして今回ついに、七瀬の謎の歌「卵かけご飯に納豆ごはん~♪まぜると元気の出るご飯~♪とろろご飯に、おくらごはん♪まぜるとネバネバ、ネーバネバ♪」の秘密が解き明かされました。

萌音ちゃんと言えば、歌手活動もしてますので、この曲をちゃんと完成させてサントラ盤とかになったりしないんでしょうかね?

そして最後に、ついに酒井結華が来生に想いを告げました!さすがに今回はちゃんと伝わったと思いますので、こっちの2人も上手く行ってほしいですね。

『恋はつづくよどこまでも』9話あらすじ

鹿児島の小さな診療所で、看護師として新たな生活を始めていた佐倉七瀬(上白石萌音)を迎えに来た天堂浬(佐藤健)。

ひょんなことから、家族に天堂を紹介することになるが、結婚の挨拶だと舞い上がる佐倉家をよそに、「先生に好きって言ってもらったことがない」と気づいた七瀬は不安な気持ちに。

そんな中、七瀬は、診療所の院長を務める中沢(モロ師岡)の医師としての志に心動かされ、天堂と共に東京へ戻り、患者の命と真摯に向き合う決意を新たにする。

日浦総合病院の副院長・小石川六郎(山本耕史)の計らいもあり、循環器内科に復職することができた七瀬。

再び看護師として奮闘しながらも、なかなか気持ちを伝えてくれない天堂に不安を覚え、どうにかして誘惑しようと躍起になっていた。

そんな矢先、七瀬と天堂は、歩行者を巻き込んだ交通事故の現場に遭遇し…。

引用:https://www.tbs.co.jp/koitsudu_tbs/story/

『恋はつづくよどこまでも』見逃し配信

『恋はつづくよどこまでも』の見逃し配信はParaviでどうぞ。

Paravi(パラビ)の評判は?使ったからわかるメリット・デメリット
Paravi(パラビ)の評判や使用感は?といったことが気になる方も多いことでしょう。ここではParaviの評判やメリット・デメリット、サービス内容や使用感について紹介していきます。また、HuluやNetflix、FODを初めとし、様々な動...

Paraviへの申し込みはこちらからどうぞ。

上記の内容は2020年3月4日現在のものです。最新の配信内容、話数などの詳細はサイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました