絶対零度10話ネタバレ感想、香坂の弟は篠田だった!最終回はどうなる?

香坂朱里が射殺されていた現場へ駆けつけてきたSATを、井沢が次々と次々と倒し出て行くと、小田切から「止めて」と告げられた山内は威嚇射撃をして止めようとしますが、暴走した井沢はそれを無視して歩き続けます。

山内は叫び声を上げながら、井沢に狙いを定めますが、その時拳銃で井沢を狙っている門田の姿が目に入ったため山内は門田を撃つのでした。

全話あらすじ・ネタバレはこちらからどうぞ

フジ月9ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』2020キャスト相関図、あらすじ
2020年のフジテレビ月9ドラマは、これまで3作放送された絶対零度で、今作は前作に引き続き沢村一樹さんが井沢範人として主役を演じる『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』です。前作は2019年4月に...

ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』10話あらすじ

東京サミットを狙ったテロは未然に防がれた。だがその最中、テロに関与していると思われた香坂(水野美紀)が射殺される。

銃声を聞いて駆けつけたSATは、拳銃を持って香坂の遺体の前に佇む井沢を拘束しようした。井沢は、SATや駆けつけた山内(横山裕)を倒し、立ち去ろうとする。

そんな井沢に銃を向け、撃つ山内――。

取り調べを受けた曽根崎は、テロへの関与を完全に否定した。一方、警視庁の上層部は、すべての責任を死亡した香坂に押し付け、ミハンも解体の危機に。

ミハンルームにガサ入れが入り、取り調べを受ける面々。

そんな矢先、小田切(本田翼)の交際相手・篠田(高杉真宙)が何者かに撃たれるという事件が起きる。

小田切は、篠田が自分を撮影した写真を見て、同じ人物が映り込んでいることに気づく。それは今回のテロに関わっていたクラッカーの諏訪樹生(松尾諭)だった。

篠田は、ミハンに関わったから事件に巻き込まれたのか――!? 責任を感じる小田切。

香坂の死を無駄にしないため、真犯人を捕まえるため、立ち上がるミハンチーム。

そんな中、香坂が殺されたことで、加賀美がようやく重たい口を開き始める。

26年前に起きた映画館の毒ガス事件で救った一人の少年の話を――。

それぞれに想いを抱えながら、真犯人を突き止めるためミハンチームが動き始める。その先には何が待っているのか!? ついにクライマックスへ――。

引用:https://www.fujitv.co.jp/zettaireido/story/index09.html

登場人物・キャスト

井沢範人 … 沢村一樹
山内徹 … 横山裕
小田切唯 … 本田翼
香坂朱里 … 水野美紀
吉岡拓海 … 森永悠希
加賀美聡介 … 柄本明
北見俊哉 … 上杉柊平
曽根崎正人 … 浜田学
早川誠二 … マギー
門田駿 … 粗品(霜降り明星)
篠田浩輝 … 高杉真宙

登場人物についての詳細はこちらからどうぞ

9話ゲスト

諏訪樹生 / 松尾諭

加賀美も認める凄腕のクラッカーで、これまで篠田が小田切を撮影した写真に写りこんでいました。テロ計画を阻止されてからは姿を消していました。

『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』 10話ネタバレ

腕を撃たれた門田がその場から逃走したため、山内はミハンの本部車両に門田が逃走したことを告げ、井沢の後を追いかけたのです。

知らせを受けた吉岡が門田の逃走ルートを先回りし、トンネルの出口で待ち伏せして、逃げてきた門田を逮捕しました。

一方曽根崎は「井沢はどこへ消えた?見つけ次第射殺しろ、井沢を殺せ!」とトランシーバーで捜査員に告げながら、ミハンルームへ入ろうとしていたところ、井沢が現れたのです。

井沢は曽根崎に「なぜだ、なぜ殺した?香坂朱里を!」と告げ、曽根崎をミハンルームの中へ引き入れ、殴り続けるのです。

そこへ山内がやってきて、井沢を止めようとするものの、井沢は無視して曽根崎を殴り続けたため、山内は銃を抜き、井沢へ向けます。

井沢が山内の前に歩み寄ってくると、後ろから曽根崎が井沢へ向けて銃を構えたため、山内は曽根崎に「銃を下ろせ!あなたを逮捕する。あなたは門田に命じて、井沢さんを射殺しようとした。」と告げるのでした。

続きを読む

早川刑事に取り調べを受ける曽根崎は、証拠がないのをいいことに全ての犯行を否定し、門田に下した井沢の射殺命令について「ああ、あれは出した。やつが香坂朱里と共謀して、テロを起こそうとした。そう思ったんだよ。」と告げるのでした。

その様子を見ていた山内を首席監察官が「山内監察官 副総監がお呼びだ。」と呼びに来たのでした。

一方香坂がテロを企てたということから、ミハンルームからは書類やパソコンなどが押収されてシステムも止められ、小田切や吉岡、そして加賀美も事情聴取を受けることになったのです。

そんな中、副総監は曽根崎がテロの関与を否定していることから、警察外部の人間である香坂一人に、全ての責任をなすりつけようとし、ミハンは解体すると告げます。

山内は「テロはまだ終わっていません。…首謀者は別にいます。首謀者の目的はまだ果たされていない。次こそホントにテロが起こるかも知れません。ただ、ミハンなら、その人間を捕まえることができる。」と訴えるのでした。

一方、事情聴取を終えた小田切がミハンルームへ戻ると、篠田から電話が入り「あなたに伝えたいことが。」と息も絶え絶えに話します。

電話を受けた小田切が慌てて駆けつけると、そこには腹部を撃たれ大量に血を流した篠田が意識を失って倒れていたのでした。

そんな中、保釈となった井沢を待っていた山内が、井沢に「ミハンが解体されます。ただ猶予をもらいました。それまでに俺たちが真犯人を捕まえる。そうすればミハンの存続は認められる。」と告げます。

その時、山内に小田切から電話が入り、篠田が撃たれたと聞かされるのでした。

そんな中、篠田が撮影した自分の写真を見ていた小田切は、全ての写真に諏訪が移りこんでいたことに気付き、チームに話すのです。

そのことでチームは、諏訪が小田切を見張っていて、それに気付いた篠田が巻き込まれて撃たれたのでは?と考え、諏訪と真犯人は共謀していると推測するのです。

井沢は香坂の死を無駄にするわけにはいかないと言い「真犯人を捕まえるよ、僕たちの手で。」と宣言するのでした。

その後メンバーはミハンルームへと戻り、加賀美の手によりシステムを起動することに成功します。そして井沢は加賀美に「そろそろ話してもらえませんか?香坂さんの弟について。」と尋ねるのです。

加賀美は「水島恵一が神経ガスをまいた映画館で、彼を助けたのは僕なんだ。」と語り始めます。

続けて「この事件の後、彼は児童養護施設に入ることになった。僕は定期的に彼を訪ねたよ。」と告げ、そして香坂の弟・水島歩は人殺しの息子ということでのイジメなどにより彼の眼は淀んでいったのです。

水島が8歳の時に、アメリカの企業へ呼ばれた加賀美はキャリアを優先してにアメリカへ渡り、その後日本へ戻って来た時には、多くの人の悪意を向けられた水島は既に心を閉ざしていました。

加賀美は水島を励まそうと開発途中のミハンのことを告げ、作業場へ呼びプロトタイプのシステムを見せて、完成させ犯罪がなくすことを目指していると告げたのです。

それからしばらくして加賀美が作業場へ行くとプログラミングデータが盗まれていて、水島はデータ上からも失踪したのです。

加賀美は「彼が姿を消してから、彼がいた施設の施設長・大迫が事故死し、それから暫くして、プロトタイプからはじき出された危険人物が失踪していることが分かったんだ」と告げます。

そのことから、危険人物の殺害はその頃から始まっていて、それが水島歩の犯行だと考えられたのでした。

加賀美は危険人物が失踪したことで、救われた人物・小宮山を見つけ出し、北見と同様に協力者になったと考えたのでした。

小宮山を調査した結果、小宮山は半年前にサイバーセキュリティ課からクラッカー情報を入手し、二流クラッカーの副島と接触していたことが判明しました。

一方、水島歩がいた施設に話を聞きに行った山内と小田切は、そこで当時の施設長・大迫が悪党で、少年たちに睡眠薬を処方し、性的虐待を繰り返していたという証言を得たのです。

そして施設では大迫が死んだことにより、多くの少年たちが救われたと言うのでした。

その話を聞いたあと、加賀美は山内と小田切に「小宮山が接触していたクラッカー副島は、諏訪と連絡を取る方法を知ってたんだ。」と言い、続けて山内が「テロ計画でクラッカーを仲間に引き入れたかった水島のために小宮山が動いた。」と話すのです。

その時吉岡が「でも、なんでテロなんて…。」と話すと、山内は「歴史が物語っている。テロ少年犯罪、大きな事故。悲劇が起きて、初めてそれに対応する法律が生まれる。」と言うと、井沢が「この世から犯罪をなくしたいという強い思いにとらわれ、水島は暴走してる。」と告げるのでした。

加賀美は、悪党の諏訪となぜ手を組んだのかを不思議に思うものの、テロが起きれば防衛関連の株が上がることから、防衛関連の意株を大量に買いあさっていた人物を特定し、防犯カメラから諏訪のアジトらしき廃工場を見つけたのです。

井沢たちがその廃工場に到着すると、そこで心臓をナイフで刺され、拳銃を手にした諏訪の遺体を発見したのです。

井沢と山内は「水島は犯罪を憎んでいる。水島と諏訪が協力したのはあくまでテロに協力させるためだけで、人を死に追いやったこともある犯罪者の諏訪を、最後は殺すと決めていたのかもしれない。」と話すのです。

その後廃工場を捜索するものの、クラッカーのアジトにしてはパソコンなどが全くないことを疑問に思い、さらに箱の中に拳銃と黒ジャンパーがあったことから、諏訪のアジトではなく、水島のアジトだということに気付いたのでした。

その頃加賀美は子供の頃の水島の顔写真から凹凸やパーツなどを読み込み、大人になった顔をシュミレートしていました。

一方、井沢は「諏訪と水島はネット上でしかつながっていない。お互いに顔は知らなかったんだよ。」と言い「諏訪が写真に写りこんでいたのは小田切君を探っていたからなじゃい。」と告げます。

そして「諏訪が探っていたのは…、写真を撮っていた人物…。水島は…、篠田だったんだ。…篠田はミハンを探るために、僕たちのすぐそばにいたんだよ。」と話すのです。

一方、加賀美がシュミレートをして現れた、大人になった水島の顔も篠田の顔だったのでした。

水島が篠田だということに気付いた井沢は、加賀美に「篠田のことを詳しく調べてもらえますか?」と伝えるものの、加賀美は携帯の電源を切って姿を消していました。

その時、ミハンシステムが危険人粒として加賀美をはじき出したのです。

加賀美は水島歩を救いミハンのことを教えたことにより、それが殺人鬼を生み出すことになってしまったことの罪悪感にさいなまれ、ミハンに志願して自らの手で水島歩を見つけ出し、ケリをつけようとしていたのです。

加賀美はその時拳銃を手に、篠田が入院している病室へと向かっていたのでした。

『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』 10話まとめ・感想

ようやく10話になり、香坂の弟が篠田であるということ、曽根崎が門田に井沢の殺害を命じたことなどが判明しました。

前回「絶対零度9話」の考察で、篠田はテロとつながっていないのでは?と書きましたが、今回の話からすると、篠田こそテロの真犯人で、諏訪と篠田の殺し合いで諏訪が死に、篠田が銃で撃たれて重体になったという流れになってきていますね。

テロ事件で死にかけた篠田が、いくら大事件がないとそれに対応する法律が作られないと言っても、まさか実際にテロ事件を起こすとは考えられませんでした。

また犯罪をなくしたいと願う水島=篠田が、罪を逃れた犯罪者を自らの手で裁いて犯罪者となり、その罪を逃れているというのも、矛盾ですよね。

ミハンの法整備が済んだら、自らの手で自分を裁くつもりなんでしょうか?

そして香坂の殺害についてですが、予告からも篠田が犯人で決定ということですが、仕置き人である篠田が罪を犯していない香坂を殺害するというのが、理屈に合わない気がするんですが…

しかし、仮に犯罪を憎むあまりミハンの法制化を篠田が誰よりも願っていたとすると、その邪魔となる人物なら誰でも殺害した可能性もありますし、予告で篠田が行っていた「僕だよ、僕が殺した。」という言葉には、ミハンの法制化の邪魔になるテストケースゼロ号の冤罪事件が表に出ることを恐れ、宇佐美が現れる前に既に井沢の妻と娘を殺害していたというラストも考えられます。(…ただ「僕が殺した」と言うのは、町田やその他多くの罪を逃れた行方不明者のことを言っているのかもしれません。)

そして暴走した井沢が篠田を射殺しようとするものの、井沢を想う多くの声が頭をよぎり、射殺を断念して篠田を逮捕するという流れなのではないでしょうか?

それとどうやら篠田がもう一つ爆弾を持っているようなのですが、ここまで来てまたテロ事件を起こすことに何の意味があるのでしょうか?

ミハンを法制化して犯罪をなくすためにテロを行うハズなのに、ここでテロを企ててもミハンシステム自体が関係なくなりそうなんですけど…

さらに篠田が香坂の弟だと判明した今、姉弟揃ってテロを計画し、ミハンを法制化に導こうとしてたとなると、逆にミハンの廃止にもなりかねないと感じるのですが…

ただ、未来に起きる犯罪をAIが防ぐという設定でありながら、AIが前に出ずに人の捜査によって事件が解決するという構図自体は面白かったので、ラスト1話も楽しみに待ちたいと思います。

あっ、そうそう、最終回は曽根崎の悪事も暴かれて、更迭されるというエピソードにも期待します。

『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』 11話あらすじ

井沢(沢村一樹)たちは、テロ計画の黒幕と思われた水島歩の正体が篠田(高杉真宙)だったことに気づく。

そのとき、ミハンが加賀美(柄本明)を危険人物として検知した。

26年前、映画館で起きた神経ガステロの際に、犯人の息子である歩を救った加賀美は、彼にミハンのことを話していた。

加害者家族ゆえに激しいバッシングに遭いながら生きてきた歩は、ミハンに強くひかれ、この世から犯罪をなくしたいという思いに囚われて暴走したのだ。

加賀美がミハンに志願したのも、そんな歩を自らの手で葬るためだった――。

加賀美は、拳銃を手に、篠田が入院している病院へと向かっていた。

井沢と吉岡が、加賀美を止めるために駆けつけるが――。

山内(横山裕)は、クラッカーの諏訪(松尾諭)が刺殺されていた篠田のアジトで捜査一課の早川(マギー)らに合流する。

そこで早川は、諏訪が篠田を拳銃で撃ったものの反撃にあって刺殺されたこと、そして小田切(本田翼)の骨伝導ベルトに精巧な盗聴器が仕掛けられていたことを山内に告げる。
無線で香坂(水野美紀)を呼び出し、射殺したのも篠田だった。

小田切は監察官から聴取を受ける。香坂の死で自分を責めていた小田切は、警察を辞める決意をする。

そんな折、ミハンが篠田を危険人物として探知する。篠田は、元傭兵の里谷(高岩成二)と行動を共にしていた。

篠田がまだ爆弾を所持していることを知った井沢たちは、すべてを終わらせるために動き出す――。

井沢と篠田が対峙したとき、一体何が起こるのか――!?

引用:https://www.fujitv.co.jp/zettaireido/story/

『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』 見逃し動画配信サービス

『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』を1話から見たいという方、見逃し配信はFODプレミアムでどうぞ。

FODプレミアムの評判は?長年使ったからわかる、メリット・デメリット!
これまでFODを初めとし、HuluやNetflix…etc.など様々な動画配信サービスを利用してきた経験を踏まえ、評判や特徴、メリット・デメリットなどを書いて行きますので、参考になれば幸いで...

配信内容、話数などの詳細はサイトにてご確認ください。

無料体験はこちらからどうぞ
FOD 1ヶ月無料体験期間に登録

コメント

タイトルとURLをコピーしました